エントリー

ファイル sea20061231.jpg

◎三段壁:
(天候)晴れ(水底温度)19.2℃(透明度)15~20m
(主な生物)フリソデエビ、コナユキツバメガイ、ピカチューウミウシ、トゲイバラウミウシ、センテンイロウミウシ、ヒロウミウシ、アオウミウシ、イガグリウミウシ、シロミノウミウシ、ウミウサギガイ、イサキ群れ、イワシ群れ、ブリ、スジアラ、ツノダシ、ソラスズメダイ、キンギョハナダイ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイ など
◎沈船:
(天候)晴れ(水底温度)18.5℃(透明度)15~20m
(主な生物)クマドリイザリウオ、イサキ群れ、タカベ群れ、ヨスジフエダイ群れ、アカヒメジ群れ、キンメモドキ群れ、クロホシイシモチ群れ、アオヤガラ、ハナミノカサゴ、オオモンハタ、ウツボ、キンギョハナダイ、ソラスズメダイ、ヨウジウオ、コロダイ、オニハゼ、ホンソメワケベラ、センテンイロウミウシ、アオウミウシ、ツブツブコイボウミウシ など

今年ラストダイブ(厳密にはこれからもう1本あるけど)は、天気良し!透明度良し!水温良し!(18~20℃)の満足ダイブでした。

三段壁はいよいよウミウシフィーバーに突入です。
コナユキツバメガイ!きれいでした。
ピカチューも出始めました。
フリソデエビも健在。
でも、やっぱりここは地形が見渡せるほど水中視界が良いととても気持ちいい(^^♪

沈船のクマドリイザリウオも健在でした。
今日はキンメモドキの量に不満が残りましたが、鮮やかな黄色が美しいヨスジフエダイが群れになって湧いてきてました。
ここ数年あまり群れでは見れてなかったので、個人的にはこれが一番嬉しかったです\(^o^)/

今日は、昨日から引き続いて富山からのT中さんと、岐阜からお馴染みtakaさんとの東海北陸バディに加え、オーシャンハウスオーナーのご子息夫妻(新婚さん)との2ダイブでした。

白浜では初ボートのT中さん。
普段の日本海とはまた全く違った魚達や景色にかなり喜んでもらえたみたいで良かったです。
お二人とも遠いところありがとうございました。

この1年間、ほんとにたくさんの皆様とめぐり合い、海をご一緒できたこと感謝感激です。
ありがとうございました。

また来年もよろしくお願い申し上げます。

皆様のご多幸とご健康をお祈りしながら新年を迎えたいと思います。
ちなみに新年は「海中で!」迎えたいと思います。
という訳で、これから

「海中でカウントダウン花火を観ながら年越しダイブ即初詣!」

をtakaさんと二人で決行してこようと思います。

ではまた来年!
皆様良いお年を!

 

※下部「コメント(0)」クリックでコメント投稿もできます。是非一言!
※その他の掲載しきれなかった水中等の画像は写真集へ掲載しています。

ページ移動

他にもこんな記事があります


トラックバック

  • トラックバックはまだありません。

トラックバックURL

https://blog.spadive.com/trackback/438

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限
「スパダイブ」をひらがなで(スパム対策)


正当なHTMLです! 正当なCSSです!

ユーティリティ

archive/過去ログ

No Data
ブックマークはありません。

page

  • ページが登録されていません。
072018/0809
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -