エントリー

Musicradar.comによるベスト・ギター・リフ・ランキングが発表されています。

「v.a.(洋楽) : ベスト・ギター・リフ、トップ10発表 / BARKS ニュース」
「ベスト・ギター・リフ・ランキング50発表 (Musicradar.com):メタリカ情報局」

ジミヘンですか・・・

まあ、そうなるんだろうな~という結果かな。
これはどの世代の人が主に投票(?)したかで変動はあると思うけど、あまりに70年代あたりの古い曲に偏っているようで・・・

当時の音楽事情からすると、ジミヘンやツェッペリン、クラプトンあたりがやったことのインパクトが強かっただろうことが想像できるのでアレなんですが、「ギターリフ」が一番出回って研究され尽くした時期は80~90年代だと思うんですよね。
考えてみると現代は電子楽器が手軽になりすぎて、シンプルでかっこよくて、頭に焼き付いて離れなくなるようなリフ的メロディーで勝負するバンドが少なくなってしまっているようで寂しい限りです。

さて、「ギターリフ」には少なからず思いいれが強い私としては、少々納得いかなかったので、完全な独断と偏見でトップ50を並べてみました。
中々時間がかかってしまって・・・

やりだしたときは楽しかったのですが、たくさんある中から50に絞ったりするのは難しい。
詳細な根拠とか考えて順序を決めるとなると、果てしなく時間がかかりそうで、最後の方はだんだん順序はどうでもよくなってきて、極力同じバンドばかりに偏らないようにすることを重視しながらピックアップしただけみたくなてしまいました。

改めて申し上げますが、完全に私の独断と偏見ランキングです。
特に、トップ3は「どう考えてもコレやろ~!」って思いますけどね~。

1. Panama : VANHALEN
2. Back In Black :AC/DC
3. All Right Now : Free
4. Captain Nemo : Michael Schenker Group
5. Smoke on The Water : DEEP PURPLE
6. Crossroads : Cream
7. Day Tripper : The Beatles
8. Walk This Way : Aerosmith
9. Cupid's Dead : Extreme
10.H.H.Boogie : XYZ

11.We're An American Band : Grand Funk Railroad
12.Do Me Right : Edwin Dare
13.Day Funk : Badlands
14.Comfortably Dumb : Extreme
15.Smells Like Teen Spirit : Nirvana
16.Tie Your Mother Down : Queen
17.Give It Away : Red Hot Chili Peppers
18.Bark At The Moon : OZZY OSBOURNE
19.Given Up : Linkin Park
20.Seventeen : Winger

21.Mother Head's Family Reunion : Richie Kotzen
22.Round And Round : RATT
23.Body Talk : Poison
24.Technical Difficulties : Racer X
25.Since You've Been Gone : Rainbow
26.Let It Go : LOUDNESS
27.Longway Down : MR.BIG
28.Photograph : DEF LEPPARD
29.Rock In America : Night Ranger
30.Intuition : TNT

31.Led Boots : Jeff Beck
32.Burn : DEEP PURPLE
33.Can't Stop Lovin You : VANHALEN
34.Beat it : Michel Jacson
35.Bedroom Eyes : Yngwie Mlmsteen
36.Highway To Hell : AC/DC
37.Purle Haze : Jimi Hendrix
38.All Automatic : Mourning Widows
39.Believe : Harem Scarem
40.Crazy Train : OZZY OSBOURNE

41.Sunshine Of Your Love : Cream
42.WINNER! : 聖飢魔Ⅱ
43.Are You Satisfied : B.B.&The Screaming Buddah heads
44.Danse Macabre : Dead End
45.Black Dog : Led Zeppelin
46.Voodoo : Vandenberg
47.Wicked Sensation : Lynch Mob
48.Sweet Child O'Mine : GUNS N'ROSES
49.Jumpin Jack Flash : The Rolling Stones
50.WILD CHILD : Scorpions

異論や抜けの指摘等あればコメントよろしくです。

ギターリフの名手として、私のリアルタイムに近い年代から何人かのミュージシャンを挙げるなら、
VANHALENのエディー、Extremeのヌーノ、AC/DCのアンガス・ヤング、OZZY OSBOURNEやBadlandsのジェイクEリー、Wingerのレブ・ビーチ、RATTのウォーレン&ロビン、DEEP PURPLEやRainbowのリッチーブラックモアあたりがたくさんのかっこいいギターリフをやってます。
そうそう忘れてはいけない、LOUDNESSの高崎晃もリフの名人です。
(ジミヘンは私が1歳ぐらいのときには既に他界していたのこともあり、代表曲数曲しか知らない)

最後に「リフ」の定義をWikipediaより引用記載しておきます。

「音楽に於けるリフ(Riff)とは、オスティナート、つまり、繰り返されるコード進行、音型、リフレイン、または旋律の音型であり、主にリズムセクションの楽器によって演奏され、楽曲の基礎や伴奏として成立するものを指す(特にロック、ラテン、ファンク、またジャズに於いては顕著である)。 ラヴェルのボレロの様に、クラシックもまた、時にシンプルなリフの上に成り立っている。 シンプルでありながらキャッチーなリズムの音型をホンキングするサックスの様に、あるいは、カウント・ベイシー・オーケストラのヘッド・アレンジに於ける、リフを基に展開される変奏の様に、リフとは単純でもあり、逆に複雑なものとしても成立する。
ギターによるものが顕著ではあるが、ベースやキーボードも少なからず用いられる。」

12/5/09追記:
(番外ランク)SPINNING TOE-HOLD : CREATION

12/10/09追記:(これ忘れてました)
Are You Gonna Go My Way : Lenny Kravitz

ページ移動

他にもこんな記事があります


トラックバック

  • トラックバックはまだありません。

トラックバックURL

https://blog.spadive.com/trackback/1109

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限
「スパダイブ」をひらがなで(スパム対策)


正当なHTMLです! 正当なCSSです!

ユーティリティ

archive/過去ログ

No Data
ブックマークはありません。

page

  • ページが登録されていません。
102018/1112
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -