エントリー

ファイル eiga20070617.jpg

昨晩、早速観に行ってきました。

期待以上に面白くって、気分良く映画館を後にすることが出来ました。

パイレーツ~での学習から、エンドロール終了まで席を立たないことにしたんですが、そのエンディングに流れていた歌にも聞き入ってしまった。

主役の阿部サダヲらしき歌声に 柴咲コウらしき声が絡んだパンクロック的な歌で結構良かった。
ちなみに『お・ま・え ローテンションガール』って曲名で、「グループ魂に柴咲コウが」ってバンド名。

元もとの「グループ魂」ってバンドのVoが主役の阿部サダヲで、作詞・ギターがこの映画の脚本を書いた宮藤官九郎とのこと。

映画の方は、常に主人公の馬鹿げた超ハイテンションと共に進行するんですが、これがとっても楽しい。

さらに、いきなりプロ野球選手になったり、○○になったりと、堤真一との対決(?)のために、ちょっと非現実的な発想と実現する過程もおもしろい。

舞妓役では、駒子役の小出早織が可愛らしくって、柴咲コウや酒井若菜の舞妓姿は今一だったかな・・・

おもしろかったなー。
僕はこんなの結構好きです。

今回は日本映画特有の「音響的な不快」は全く感じなかった。

柴咲コウ、歌上手だな~。

ページ移動

他にもこんな記事があります


トラックバック

  • トラックバックはまだありません。

トラックバックURL

https://blog.spadive.com/trackback/364

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限
「ジョジョ」をひらがなで書くと?(スパム対策)


正当なHTMLです! 正当なCSSです!

ユーティリティ

archive/過去ログ

No Data
ブックマークはありません。

page

  • ページが登録されていません。
122019/0102
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -