エントリー

ファイル eiga20070402.jpg

期待以上に楽しめた映画でした。

まず、画面いっぱいに体感できる、あの緑の大平原と青い空、青い群集・・・
実に壮大で、是非ともあの場所に行ってみたいって気分にさせられました。

それと音。
映像と一体になって全身で快感(?)を味わえました。
エンディングソングが流れ始めるまでは・・・・

日本映画にしては、めずらしく音が良かった!

と気分良く余韻に浸ろうと思ったら、なんなんだ!この安っぽい音は!!
いえいえ、歌とか楽曲とかのことではなく音響の話です。

3次元的な世界から、一気に2次元(というか1.5次元?)に変わってすっかり興ざめ。
腹立たしく思いながら納得もいかず、最後までエンディング聞きながら、スクロールしていく文字を眺めていると、

「エイベックス」

という文字が・・・

なるほど。

しかし、あの取ってつけたような歌謡曲。
ちゃんと全体にマッチするように、リミックスくらいしてくれよ!
って思いました。

折角タイタニックを思わせるようないい楽曲なのに、肝心の音が・・・もったいない。

さて、観てる途中、どうしてもドラマ「華麗なる一族」が頭の中に浮かんで消えて・・

チンギスハーンは、育ての父親と血の繋がった子供なのかどうかわからない。
そして、チンギスハーンの息子は、彼と血の繋がった息子なのかどうかわからない。
息子が死んでしまって初めて愛情を爆発させる父親。

反町隆史の演技は好きではないけど、クライマックスシーンの戴冠式の時の彼には見とれてしまった。

あと、好きなんですよねー、菊川怜。
かわいかった。韓国のARAっていうこも良かった(^^♪

最後に、景色と一体となってとてもきれいだった青い旗。
旗に描かれているのは、鷹だか鷲だかの鳥。

なんで狼じゃないんだろう?
って疑問が、ず~っと頭から離れなかった。

ページ移動

他にもこんな記事があります


トラックバック

  • トラックバックはまだありません。

トラックバックURL

https://blog.spadive.com/trackback/403

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限
「温泉」のよみは?ひらがな4文字で(スパム対策)


正当なHTMLです! 正当なCSSです!

ユーティリティ

archive/過去ログ

No Data
ブックマークはありません。

page

  • ページが登録されていません。
102018/1112
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -