インフォメーション

 ★スキューバ体験向けジャンケン割引イベント!

お陰様で体験ダイビング実施50名様超で終了しました。ありがとうございました。


 FeedアイコンRSS1.0 、 FeedアイコンRSS2.0 、 Feedアイコンfeedburner最適化Feed


エントリー

タグ「ダイビング」の検索結果は以下のとおりです。

ファイル sea20100605.jpg 午前中に体験ダイビングで1本潜ってきました!
今日は去年の秋ぶり(?)で、海に浸かった瞬間から「ん~ん♪気持ちイイ!」って感じるぐらい、水温・透明度・太陽の日射しのバランスのとれたいいコンディションでした。

ファイル sea20100605-2.jpg

水底の温度は23.5℃の記録でしたが、水面付近はおそらく25℃超えてたくらいでは?ってくらい快適でしたよ。

ファイル sea20100605-3.jpg

白良浜では今日から「海人祭」ということで海水浴客が増え、水着姿でビーチを過ごす人に加え、実際に海に浸かってパシャパシャ遊んでる人も目立つようになりました。

ちなみに娘とAYANOも午後から海水浴しに!
「え~!? 6月ってこんなに水温高かったっけ?」ってくらい冷たいって感じが無かったようです。

ファイル sea20100605-5.jpg

魚の方は、いつものメンバー達が元気に泳いでた中、青い熱帯魚のソラスズメダイの数が増えてた感が目立ちました。
ファイル sea20100605-4.jpg 今いるのはみんな大人のヤツばかり。稚魚というか幼魚達で溢れ返るのはもう少し先の夏です。

今日ご一緒したのは愛知県からの男子3人組。
体験ダイビングが初めての方も2度目の方もみんな楽しんで帰ってくれたようで良かったです。

◎権現崎:
(天候)晴(水底温度)23.5℃(透明度)8~12m
(主な生物)クマノミ、ソラスズメダイ、チヌ、チョウチョウウオ、コブヌメリ、シマアジ幼、カサゴ、イシモチ、ユビノウハナガサウミウシなど

 

※下部「コメント(0)」クリックでコメント投稿もできます。是非一言!
※その他の掲載しきれなかった水中等の画像は写真集へ掲載しています。

ファイル sea20100601.jpg 朝一番に白浜を出発し大阪の天保山付近でゴミ拾いダイブしてきました。
今回は初めての水域だったのですが、今までの中で一番汚かったです。(5年位前のときと同じくらいかそれ以下)
水面付近で透明度1mほどで、水の色は「黄」色、水底付近へいくと「茶」色、ヘドロが巻き上がると「黒」色です。
そういえば今回はミズクラゲも1体しか見なかった...ちなみに水温16.0℃

ファイル sea20100601-2.jpg そしていつもそうなのですが、海が油臭いのが難点。
海から上がってホースの水で洗ったくらいでは油臭さというかドブ臭が消えないのです。
今回もウエットスーツで潜った私...全身に染み付いた(?)臭いは一日中消えない..
運転して夜中に白浜へ帰りついて、シャワーを浴びてもまだ消えないww(脳にこびりついた臭いのイメージが消えないのかもしれない)

昨年はなんかの大きなイベントがあって流れた「大阪湾クリーンアップ~」でしたが、今年はやるようです。
今回は海遊館前では無いみたい..

ってことで明日は朝から大阪。

あっ、行くのは私だけで看板娘達は残るのでお店は開いてます。

ファイル sea20100529.jpg ボートで2本ファンダイブしてきました!!
朝一は曇りがちだった天気もエントリー前位から晴れ始め、日中はカンカン照りの好天でした。
海の方も穏やかで絶好のダイビング日和。
水中は浮遊物が目立ちましたが、昨日よりかなり回復した感じでした。
ファイル sea20100529-2.jpg(午後の沈船はちょっと濁り気味...っていうか、午前中に潜ってた大勢のダイバー達の足ヒレキックにより、蹴りたおされた浮遊物が巻き上げられたと思われ...)
ファイル sea20100529-3.jpg水温は昨日同様20℃付近でした。

ご一緒したのは7ヶ月ぶりのK目さん。
遠いところ四国からいつもありがとうございます。

ファイル sea20100529-4.jpg

午前中の「コブ島」は沈船の船首から少し離れた大きな根で、正味この根だけをジックリ1本ダイブするのは初めて。
根づたいに北上していくと、水路や小さなアーチなんかがあって面白かったです。
確実に捕まえられそうな位置に手頃なイセエビがいましたが触ってません..

ファイル sea20100529-5.jpg

午後からは「沈船」。
キンメモドキが帰ってきてました(たぶん一時的)
やっぱりここはキンメ玉といわれる群れ玉があると賑やかです。
小魚の群れが賑やかだと必然的にハタやカサゴ、フエダイ等の捕食側も活発で、下手くそ(?)な捕食活動に勤しんでました。

そうそう、サザナミヤッコの成魚がいましたよ(∩´∀`)∩

明日も二人でボート予定です。

◎コブ島:
(天候)晴(水底温度)20.6℃(透明度)8~12m
(主な生物)イサキ群れ、イシモチ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイ、ソラスズメダイ、ハナミノカサゴ、ウツボ、イセエビ、オトヒメエビ、ムラサキウミコチョウ、イガグリウミウシ、、など
◎沈船:
(天候)快晴(水底温度)20.4℃(透明度)5~10m
(主な生物)サザナミヤッコ、イシガキダイ、キンメモドキ群れ、イサキ群れ、アジ群れ、キンギョハナダイ、オオモンハタ、イッテンフエダイ、ハナミノカサゴ、オニカサゴ、ヘラヤガラ、コロダイ、グレ、チョウチョウウオ、ブダイ、サガミリュウグウウミウシ、サラサウミウシ、アオウミウシなど

 

※下部「コメント(0)」クリックでコメント投稿もできます。是非一言!
※その他の掲載しきれなかった水中等の画像は写真集へ掲載しています。

ファイル sea20100528.jpg 今日は午後から1ダイブしてきました。
北風が強かったですが、ここ権現崎は位置的に北風には強い!

朝心配した濁りの方も、午後に入って段々良くなって

ファイル sea20100528-2.jpg

思ったより綺麗でした。
ただ、水中ではそれ程感じなかったんですが水温が20℃前後に下がってました..

ファイル sea20100528-3.jpg

ご一緒したのは平日に揃って休みがとれたという女子3人組。

残念ながら途中リタイアが1名出てしまいましたが、残る2名様はフルタイムで初めての海中を楽しんでくれてました。
また揃ってご一緒できるといいな~(^ω^)

ファイル sea20100528-4.jpg

話は変わって、彼女達が今日宿泊されるお宿「景勝の宿 浜千鳥の湯 海舟
今年オープンした新しい旅館なのですが、忘れ物を受け取りにちょっといってみました。
ファイル sea20100528-5.jpg新しいということもありますが、外観や駐車スペース周辺の造りが異空間で綺麗でした。

そして、花の良い香りが!と思って匂いのする方を見たら「白浜 岬バラ園」との看板。
赤・白・ピンク・・とたくさん咲いてました!見物です。

ちなみに、全然関係ないことですが、うちの看板娘の名前"リン"の漢字は"麟"
勝"海舟"麟太郎から1字いただいたんですよね~^^;

◎権現崎:
(天候)晴(水底温度)19.9℃(透明度)4~8m
(主な生物)ソラスズメダイ、クマノミ、チョウチョウウオ、カサゴ、コブヌメリ、チヌ、マダイ、グレ、ボラ、など

 

※下部「コメント(0)」クリックでコメント投稿もできます。是非一言!
※その他の掲載しきれなかった水中等の画像は写真集へ掲載しています。

ファイル sea20100520.jpg 午前中に2本ビーチダイブしてきました!!
今日は朝から曇り空でうねりが残っていて水の色も...。
ファイル sea20100520-2.jpgでも、昼に追加づくにつれて透明度が徐々に上がりはじめ、うねりも収まってきていい感じになりました。

ファイル sea20100520-3.jpg

一方、白良浜では週末の「砂まつり」の準備が着々と進められ、昼過ぎには殆の砂山が積み上げられてましたよ。
週末が楽しみです。

ファイル sea20100520-4.jpg

今日ご一緒したのは香港から旅行中のLさん。
昨日お店を訪ねてくれて今日潜ることになりました。
まだランセンス取り立てとのこと、マンツーマンでじっくり潜れて良かったですね(* ^ー゚)ノ
2本目は長距離移動だったので水面移動バテ気味ではありましたが...
また日本へお越しの際には!

◎権現崎:
(天候)晴(水底温度)21.7℃(透明度)5~8m
(主な生物)ヒラメ、ソラスズメダイ、クマノミ、イワシ群、シマアジ、チョウチョウウオ、カサゴ、チヌ、ニセカンランハギ、イシモチ、ユビノウハナガサウミウシなど
◎権現崎沖-黄色浮標下:
(天候)晴(水底温度)21.5℃(透明度)5~8m
(主な生物)ウツボ、グレ群れ、イシダイ、ブダイ、ニザダイ、スズキ、ハマチ、イワシ群れ、チョウチョウウオ、ソラスズメダイ、クマノミ、イシモチ、カサゴ、ボラ群れ、など

 

※下部「コメント(0)」クリックでコメント投稿もできます。是非一言!
※その他の掲載しきれなかった水中等の画像は写真集へ掲載しています。

ファイル sea20100518.jpg ちょうどお昼頃にビーチで体験ダイビングしてきました!!
黒潮の影響からかいい潮が入り、3日ほど前から急に水温が上がり透明度もアップとのこと...
確かに水温は23度近くあり、1週間前から3度も上昇!だいぶ違いますよ。
透明度の方は特別クリアという訳ではなくソコソコって感じでした。

ファイル sea20100518-2.jpg

水中は水温UPを受けチョウチョウウオやグレの子供達が元気に群れてきてます。
そしてホンダワラが成長著しい...

一方、浜では今週末23日に行われるイベント「第42回 砂まつり」の準備が始まってます。

ファイル sea20100518-3.jpg

今日ご一緒したのは、白浜桟橋にあるホテルルアンドン白浜より紹介いただいたお二人。
ダイビング全く初めてとのことでしたが、プカプカふわふわ水中世界を楽しんでもらえたようです。
クマノミのチュー攻撃も体験(゚∀゚)
また遊びにきてください!

◎権現崎:
(天候)晴(水底温度)22.8℃(透明度)5~10m
(主な生物)ソラスズメダイ、クマノミ、チョウチョウウオ群れ、イワシ群、グレ、イシモチ群れ、チヌ、イシモチ群れ、カサゴ、テンクロスジギンポ、アカエイ死骸など

 

※下部「コメント(0)」クリックでコメント投稿もできます。是非一言!
※その他の掲載しきれなかった水中等の画像は写真集へ掲載しています。

まずは、謹んでお悔やみ申し上げます。
今日の昼前にtwitterでこのことを知りました。
「沖縄・本部でダイビング事故 -スキューバダイビング.jp」

この記事内にも参照サイトの記載がありますが、元のソース記事は
沖縄でダイビングの女性が死亡 – MSN産経ニュース
ダイビング中におぼれ?神戸の女性死亡 沖縄・水納島:asahi.com(朝 日新聞社)
の2つ。

ダイビング状況に関してまとめると、

【日時】15日の昼過ぎ
【場所】沖縄県本部町沖7kmほど
【海況】海上は比較的穏やか
【ダイビングスタイル】ボートファンダイブ
【メンバー】インストラクター1名、ダイバー2名(62歳男性と48歳女性のご夫婦)、その他船長1名
【ダイバーの経験】3年前後(おそらくCライセンス保持者)
【事故時状況要約】ダイビング開始直後、事故者が1人で先にダイビングを始めて行方不明になり、約1時間後に付近を航行していたフェリーに発見され、搬送先の病院で死亡が確認された。

他には一切の詳細不明です。

直接的に誰がが悪い何がどうだ等々申し述べるつもりは一切ないのですが、こういう事件があると、仕事柄どうしても自分に置き換えて考えてしまいます。
そして、どうやったら未然に事故を防げるか?
を考えることは必要だと思いますので、思うところを述べたいと思います。

ファイル sea20100512.jpg やっと晴れました。朝からとってもいい天気。
やや心配していた風ですが、午前中は穏やかでいてくれていいコンディションの中、OWDコース最終ダイブが出来ました。

ファイル sea20100512-2.jpg

透明度も水温も雨が降っていた昨日、一昨日より落ちてたんですが、太陽の日差し様様綺麗で暖かく感じてしまいます(特に今の微妙な時期..)

ファイル sea20100512-3.jpg

昨日、一昨日がんばったお陰で、今日はダイブ余裕をもってリラックスして...そして水中を楽しめたようでした
これまでは講習としてやるべきことがたくさんあり、対応していくのにやっとだったと思いますが、こういうリラックスモードがダイビングの本来。

ファイル sea20100512-4.jpg

今後はこんな感じでたくさん海中を楽しんでいってくれたらと思います。
(もちろんこれまでやったことの意味を忘れ、注意事項を怠ったりルールを無視すると、講習したことを思い知ることになるのでその辺はクレグレも..)

ってことで無事修了し新たなダイバー誕生です。
おめでとうございました!
これからは楽しむことを目的に、また一緒に潜りましょう!

◎権現崎:
(天候)晴(水底温度)19.9℃(透明度)5~8m
(主な生物)イワシ群れ、イシモチ群れ、カマス、ハナミノカサゴ、ソラスズメダイ、クマノミ、ニセカンランハギ、タカノハダイ、ニザダイ、グレ、チョウチョウウオ、ホンソメワケベラ、タツナミガイ、ユビノウハナガサウミウシなど

 

※下部「コメント(0)」クリックでコメント投稿もできます。是非一言!
※その他の掲載しきれなかった水中等の画像は写真集へ掲載しています。

ファイル sea20100511.jpg 引き続きOWDコースです!!
水中は、いつもと変わらずクマノミが歓迎してくれたようですね( ^ω^ )
ファイル sea20100511-2.jpg朝から、曇り空。もう降らないかな・・・と期待してたんですが、お昼過ぎ、海へと出発すると同時くらいにパラパラと。

学科は午前中で無事終了( ゚Д゚ノノ"☆パチパチパチパチ

明日、最終です。イイ天気に恵まれますように☆

◎権現崎:
(天候)雨(水底温度)20.2℃(透明度)5~8m
(主な生物)シマアジ群、クマノミ、チョウチョウウオ、イシモチの群、ダテハゼ、ユギノウハナガサウミウシ、タツナミガイなど

 

※下部「コメント(0)」クリックでコメント投稿もできます。是非一言!
※その他の掲載しきれなかった水中等の画像は写真集へ掲載しています。

ユーティリティ

archive/過去ログ

No Data
ブックマークはありません。

page

  • ページが登録されていません。
052019/0607
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -