インフォメーション

 ★スキューバ体験向けジャンケン割引イベント!

お陰様で体験ダイビング実施50名様超で終了しました。ありがとうございました。


 FeedアイコンRSS1.0 、 FeedアイコンRSS2.0 、 Feedアイコンfeedburner最適化Feed


エントリー

タグ「ボート」の検索結果は以下のとおりです。

ファイル sea20051116.jpg

◎三段壁:
(天候)晴れ(水底温度)21.6℃(透明度)12~14m
(主な生物)イサキ群れ、キンギョハナダイ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイ、ソラスズメダイ、ルリスズメダイ、トラウツボ、ワカウツボ、レンテンヤッコ、ツノダシ、キンチャクダイ、アオリイカ、ハマフエフキ、スジアラ、ヘラヤガラ、ニシキウミウシ、イガグリウミウシ、ムスメハギ、ミギマキ、ガラスハゼ、アカホシカクレエビ、イソギンチャクエビ など
◎沈船:
(天候)晴れ(水底温度)21.6℃(透明度)15~17m
(主な生物)キンメモドキ群れ、ネンブツダイ群れ、クロホシイシモチ群れ、アジ群れ、タカベ群れ、キンギョハナダイ、ハナミノカサゴ、オオモンハタ、ツバメウオ、コロダイ、アオリイカ、ニシキウミウシ、ヒロウミウシ、ムラサキウミコチョウ、ハナガサウミウシの仲間、ヨウジウオ、イロイザリウオ、クマノミ、ミナミハコフグ幼魚、ハコフグ幼魚 など
◎千石丘:
(天候)晴れ(水底温度)21.2℃(透明度)10~12m
(主な生物)アジ群れ、ハマチ(ブリ)群れ、レンテンヤッコ、イシダイ、スジアラ、ハタンポ群れ、オニカサゴ、クロホシイシモチ、クマノミ、キンギョハナダイ、ソラスズメダイ、オトヒメエビ など

今日は石川県よりはるばる「能登島ダイビングリゾート」のスタッフ全員が潜りに来てくれました。
みなさんありがとうございました。
僕の恩師の一人であるオーナーのK村さんとは約1年ぶりの再会でしたが、その間にいい若手スタッフを新しく二人も育てておられました。
(うらやましいかぎりです。うちもそろそろ・・・)

風が少し強かったものの、日本海とは違った熱帯魚達や小魚の魚群、イザリウオなどをのんびり楽しんでもらえたみたいで何よりでした。
そして僕も一緒に楽しませていただきました。(ありがとうございます)

またスパダイブでも能登島へダイビングツアーなど企画できればと思ってます。
野生のイルカと一緒に泳げる貴重な日本海ポイントへ!
特に地元メンバー主体で希望者募ります。

 

※下部「コメント(0)」クリックでコメント投稿もできます。是非一言!
※その他の掲載しきれなかった水中等の画像は写真集へ掲載しています。

ファイル sea20051113.jpg

◎千石丘:(天候)晴れ(水底温度)22.5℃(透明度)10~12m
(主な生物)イサキ大群、タカベ群れ、アジ群れ、クエ、スジアラ、アザハタ、オオモンハタ、アオブダイ、コブダイ、イシダイ、イセエビ、キハッソク、キンギョハナダイ、クマノミ、ヘラヤガラ、ハタンポ群れ、クロホシイシモチ群れ、ニシキウミウシ、サラサウミウシ、キカモヨウウミウシ、アオウミウシ幼体、白いミノウミウシ、ヒトデヤドリエビ など
◎沈船:(天候)晴れ(水底温度)22.4℃(透明度)6~10m
(主な生物)キンメモドキ群れ、クロホシイシモチ群れ、アジ群れ、タカベ群れ、ハナミノカサゴ、キンギョハナダイ、オオモンハタ、ワカウツボ など

先週に引き続き千石丘いってきました。透明度は下がってましたが、やはり生物はたくさん見れて面白いです。
クエ、スジアラ等色んなハタ類やでっかいコブダイ、イサキの大群などおいしそう(?)な魚から小さなウミウシまで堪能できました。

沈船はキンメモドキが少しずつ増えてきているようで入るたびに楽しみです。今回はレックSPダイブだったので船の周りから離れなかったのですが、近くの根にはイザリウオなども出てきている様子。

今回は昨日から引き続きのtakaさんとのバディーダイブ。
2日間ありがとうございました。
また楽しみにしてます。

 

※下部「コメント(0)」クリックでコメント投稿もできます。是非一言!
※その他の掲載しきれなかった水中等の画像は写真集へ掲載しています。

ファイル sea20051106.jpg

◎千石丘:(天候)雨(水底温度)23℃(透明度)20~25m
(主な生物)アジ群れ、ツムブリ、クエ、スジアラ、レンテンヤッコ、ハマフエフキ、ハナミノカサゴ、キンギョハナダイ、ニザダイ、チョウチョウウオ、クマノミ、クロホシイシモチ、ニザダイ、イシガキダイ、ピカチユー(ウデフリツノザヤウミウシ)、シロミノウミウシ など
◎権現崎;(天候)雨(水底温度)23.4℃(透明度)8~10m
(主な生物)キヘリモンガラ幼魚、ムラサメモンガラ幼魚、トゲチョウチョウウオ幼魚、フウライチョウチョウウオ幼魚、クマノミ、ソラスズメダイ、コロダイ、オニオコゼ、ハタタテダイ、ハリセンボン、コロダイ幼・成魚 など

今日の千石丘は軽い潮の流れがあったものの(あったから?)海中コンディションは最高級でした。(雨じゃなくて太陽が降り注いでいればもっと・・・)
青く抜けた透明度の中、終始ツムブリがグルグルとアジの群れを追い掛け回している下、海底ではクエやスジアラなどおいしそうな大魚から今シーズン初のピカチユーまで見れました。

ビーチでは体験ダイビング。
折角このダイビングのためだけに電車日帰りできてくれたI嵐さんとK谷さんでしたが外は雨。
でも水中では色々おもしろかったですね。また近々お会いできるのを楽しみにしてます。

それと、9月から始まったDM講習の最後の課題を今日無事クリアし、H野さんがコース修了!
おめでとうございます。
まだまだこれからもよろしくお願いします。
お店のお手伝いの方等もしっかり当てにしてますね(^^ゞ
またみなさんと顔をあわせる機会が増えると思います。楽しみにしてます。

 

※下部「コメント(0)」クリックでコメント投稿もできます。是非一言!
※その他の掲載しきれなかった水中等の画像は写真集へ掲載しています。

ファイル sea20051105.jpg

◎三段壁:(天候)快晴(水底温度)24.4℃(透明度)18~20m
(主な生物)イサキ群れ、スズメダイ、コガネスズメダイ、クマノミ、キンギョハナダイ、クロホシイシモチ、クロホシフエダイ、トラウツボ、ツノダシ、レンテンヤッコ、クチナシイロウミウシ、タマゴイロイボウミウシ など
◎沈船:(天候)快晴(水底温度)24.1℃(透明度)15~18m
(主な生物)キンメモドキ群れ、クロホシイシモチ群れ、アジ群れ、タカベ、コロダイ、ハリセンボン、オオモンハタ、ハナミノカサゴ、クマノミ、キンギョハナダイ、ブダイ、ソラスズメダイ、ツノダシ、ワカウツボ、ニザダイ、グレ、ムラサキウミコチョウ、ミアミラウミウシ、キイロウミウシなど
◎権現崎(ナイト):(天候)晴れ(水底温度)23.3℃(透明度)10m
(主な生物)マダコ、アカエイ、オオスジイシモチ、ソメンヤドカリ、タツナミガイ、カワハギ、コロダイ、ハリセンボン、ツノウシノシタ、オニオコゼ など

今日も絶好のダイビング日和。
朝からボートで三段壁へ。
透明度も良く青い海と地形を満喫できました。
午後からの沈船ではやはり増えてきているキンメモドキの玉になった群れが印象的でした。
まだまだ増えるハズ!
さらに久しぶりにビーチでナイトダイブ。
タコだらけでした。

1年ぶりの再会となったI田さんは奥様を連れて潜りに来てくれました。
いつまでの仲良くダイビング続けていってくださいね。
また楽しみにしてます。

 

※下部「コメント(0)」クリックでコメント投稿もできます。是非一言!
※その他の掲載しきれなかった水中等の画像は写真集へ掲載しています。

ファイル sea20051103.jpg

◎エビセ:(天候)くもり(水底温度)24.0℃(透明度)12~15m
(主な生物)キンギョハナダイ、スズメダイ、コガネスズメダイ幼・成魚、タカベ、ウツボ、ワカウツボ、アカマツカサ、ソラスズメダイ、レンテンヤッコ、ハタタテダイ、ツノダシ、シラコダイ など
◎権現崎:(天候)雨・くもり(水底温度)23℃(透明度)8~1
m
(主な生物)ニセカンランハギ、ハタタテダイ、ボラ、グレ、ハナハゼ、ダテハゼ、チョウチョウウオ、ニジギンポ、クマノミ、ソラスズメダイ、オグロクロユリハゼ など

ひっさしぶりに水底40m超のドロップオフポイント「エビセ」へいってきました。
水深があり浅瀬の無いことと潮の流れがいつも早いことで土日祝日はあまり行けないポイントなので今回ラッキーでした。
雨上がり直ぐのダイビングにも関わらず「青い海」(海の色だけなら先日の三段壁より良かった・・)気持ち良かったです(^^♪
潮の流れがあまり無かったためか、期待していた魚の量では無かったもののハナダイやスズメダイなどたくさんみれました。

昼からはナビゲーション講習のためビーチへ。
ビーチもよく見えてましたがさすがに午前中の海の色と比べると・・・
でも以前と比べると地形も良く見渡せてきれいになりました。
やっぱりこの時期の海はいいですね~。

今日ご一緒したのは2週間ぶりにAOWの仕上げにきてくれたS木さんご夫妻と1ヶ月半ぶりのM田さんご夫妻とkayoちゃん。
両夫妻とも前回いい海に当たっていなかったのでほんと良かったです。
祈りが通じたのかな!(^^)!

これからの海は透明度がいい状態が多くなってきます。
年を通してダイビングを楽しみましょうね。

 

※下部「コメント(0)」クリックでコメント投稿もできます。是非一言!
※その他の掲載しきれなかった水中等の画像は写真集へ掲載しています。

ファイル sea20051030.jpg

◎三段壁:(天候)晴れ(水底温度)25.0℃(透明度)15~20m
(主な生物)スズメダイ、コガネスズメダイ、ソラスズメダイ、クマノミ、イサキ群れ、バラクーダ(60~70cm)、イセエビ、シマウミスズメ、ハコフグ、ワカウツボ、ウツボ、アオリイカ、クログチニザ幼魚、ニザダイ、アオウミウシ幼体、など
◎色津:(天候)晴れ(水底温度)24.2℃(透明度)10~15m
(主な生物)アジ群れ、コロダイ幼・成魚、キンギョハナダイ、ソラスズメダイ、ブダイ、ハナミノカサゴ、オニカサゴ、アイゴ、イラ、ミギマキ、タカノハダイ、オキゴンベ、ギンガメアジ、コイボウミウシ、アオウミウシ幼体、ムラサキウミコチョウ(片手羽ばたき)、アデヤカミノウミウシ など

三段壁の透明度は今年一番でした!(^^♪
冬場さながらの透明度でありながら水温25℃超!
とても快適でした。

午後からの色津も砂地が広がっている様子や4箇所のアーチに水路などくっきり!
プカプカ気持ちの良い2ダイブでした。

昨日から引き続きの地元kiyoちゃんはAOW修了!おめでとうヽ(^o^)丿
同僚のnatsukiちゃんとも初めてご一緒できました。そして石垣帰りのkayoちゃんで地元美人トリオに岐阜からはtakaさんの4名様とのんびりボート。楽しかったです。
またこのメンバーでの再会が近々あることを楽しみにしてます。

 

※下部「コメント(0)」クリックでコメント投稿もできます。是非一言!
※その他の掲載しきれなかった水中等の画像は写真集へ掲載しています。

それから、先日IDCを修了したO山さんが帰りにお店へ立ち寄ってくれました。
もちろん「IE合格」の連絡を手土産に!
おめでとうございます!
そしてお疲れ様でした。
これからお互いgoodダイバー育成に励みましょう(^^ゞ

ファイル sea20051023.jpg

◎権現崎:(天候)くもり時々晴れ(水底温度)22.8℃(透明度)~3m
(主な生物)キヘリモンガラ幼魚、キタマクラ、ニジギンポ、ソラスズメダイ、スズメダイ、アカエイ、キュウセン、ニシキベラ など
◎沈船:(天候)晴れ(水底温度)19.6℃(透明度)3~5m
(主な生物)キンメモドキ群れ、ネンブツダイ群れ、アジ群れ、イサキ、ハナミノカサゴ、ウミシダヤドリエビ、コマチコシオリエビ、グレ、タカノハダイ、ワカウツボ など

冷たい北風と風波の強い1日でした。
午後からは晴れ間が多くなり、風の無い所ではポカポカしていましたが、午前中のビーチでは寒くて・・・

「沈船にキンメモドキが戻ってき始めました!」
水面の波と透明度が悪いのとでブルーになりかけていたところで沈船にたどりついてみて、「おやっ??この形と光具合は・・・」
久しぶりの「沈船キンメ玉」に実は結構興奮でした。

今日は昨日から引き続きのN尾さんと、2週間ぶりにS木さんご夫妻のAOW講習。
N尾さんは無事AOWを修了!おめでとうございます。
最終ボートいけて目標達成できて良かったですね(^^♪
今度はもっといい海況の白浜でお会いしたいです。
S木さんご夫妻の次回11/3もいいコンディションを祈りながら楽しみにお待ちしてます!

ファイル sea20051015.jpg

◎中島観測塔:(天候)雨(水底温度)22.5℃(透明度)5~10m
(主な生物)スズメダイ、ソラスズメダイ、オキゴンベ、キンギョハナダイ、クマノミ、ニシキベラ、ニザダイ、イシダイ、イシガキダイ、アジ群れ、タカベ群れ、キンチャクダイ、レンテンヤッコ、ヒトデヤドリエビ など
◎権現崎:(天候)雨(水底温度)23.9℃(透明度)8~10m
(主な生物)トゲチョウチョウウオ幼魚、フウライチョウチョウウオ幼魚、キビナゴ大群、オビテンスモドキ幼魚、コブヌメリ、オニカサゴ、クロホシイシモチ群れ など

台風クロースのため2度延期になったbokuちゃんのAOW最終日は3度目の正直で無事修了!おめでとうございます。

そして約3ヶ月ぶりのK戸さん&K山さんご夫妻もAOW最終日を無事修了!おめでとうございます。

さらに地元のkayoちゃんも急遽合流して5名様と雨雨ダイブしてきました。

よく降ってました。
今日は水に手を浸けているときの方が暖かったですねー。
(晴れているときはまだ紫外線対策が必要なのに・・・)

台風20号の影響が出てきました。
うねりが少々。
でも透明度はほどほどでビーチに関しては10m程はあり極めて良好でした。

AOWテーマはナチュラリスト、ディープ、ナビゲーションということで、水中筆記具で生物スケッチする人、計算する人、コンパスを操る(操られる)人、それを眺めている人など様々に楽しめたようです。

またご一緒できるのを楽しみにしてます。

 

※下部「コメント(0)」クリックでコメント投稿もできます。是非一言!
※その他の掲載しきれなかった水中等の画像は写真集へ掲載しています。

ファイル sea20051010.jpg

◎権現崎:(天候)雨(水底温度)25.7℃(透明度)6~8m
(主な生物)ソラスズメダイ、オヤビッチャ、ハナハゼ、ダテハゼ、ホウセキキントキ、クロホシイシモチ、オオスジイシモチ、コロダイ中魚、チョウチョウウオ、スズメダイ、サンゴ(ミドリイシ)群生、ニジギンポ など
◎沈船:(天候)くもり(水底温度)25.8℃(透明度)8~10m
(主な生物)ネンブツダイ群れ、クロホシイシモチ群れ、アジ群れ、タカベ、ハマチ、オオモンハタ、ハナミノカサゴ、キンギョハナダイ、イサキ、ソラスズメダイ、ゴンズイ、など

朝から生憎の雨・・・
海の中に入ってしまえば程よい水温と透明度で気持ちよく潜れました。

3日目最終日に突入のOWDコースは午前中のダイブで修了!
プカプカのんびり!のはずが、浮いて潜って・・・まあこれも浮力感覚を得るためにはいい練習(?)です。
感覚忘れないうちに詰めて潜れると早く楽できますよ。
そして、N部さん、I丸さん、O立さん、A庭さんコース修了おめでとうございます!
また近々ご一緒できるのを楽しみにしてます!

そして1週間ぶりのK枝さんとS木さんご夫婦とは午前中のビーチに加え、午後からボートダイブ!
沈船では「もしかしてキンメモドキでは?」と思われるサイズのイシモチがたくさん群れていました。
それと上空でハマチに追いかけられてぐるぐる逃げ回っているアジの群れの量も半端じゃなかったです。
今回は船まわりだけでしたが、このポイントも広いエリアがあります。
またご一緒しましょう!

 

※下部「コメント(0)」クリックでコメント投稿もできます。是非一言!
※その他の掲載しきれなかった水中等の画像は写真集へ掲載しています。

ファイル sea20051006.jpg

◎沈船:(天候)くもり(水底温度)26.4℃(透明度)12~14m
(主な生物)ネンブツダイ群れ、クロホシイシモチ群れ、タカベ、イサキ、アジ、オオモンハタ、ハナミノカサゴ、クマノミ、グレ、 など
◎ペイマンケーブ:(天候)晴れ(水底温度)26.6℃(透明度)8~10m
(主な生物)フエヤコダイ、ルリハタ、ミナミハコフグ幼魚、シラコダイ、チョウチョウウオ、コガネスズメダイ幼・成魚、クマノミ、ミツボシクロスズメダイ、イセエビ、タカノハダイ、ミギマキ、ムラサキウミコチョウ(羽ばたき)、コロダイ、グレ、イシダイ、イシガキダイ、キンギョハナダイ、イサキ、アオブダイ、ブダイ など

沈船レックSP最終日!
グッドコンディションの中、無事バディーで潜入ダイブも終え修了!
M崎さん、S司さん、おめでとうございます。

2本目のペイマンケーブはほんと久しぶりでした。
ダイナミックなアーチやずっといついているルリハタもみれて、おまけに「晴れ」ました。
お二人ともまたお待ちしてます。

 

※下部「コメント(0)」クリックでコメント投稿もできます。是非一言!
※その他の掲載しきれなかった水中等の画像は写真集へ掲載しています。

ページ移動

ユーティリティ

archive/過去ログ

No Data
ブックマークはありません。

page

  • ページが登録されていません。
022019/0304
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -