インフォメーション

 ★スキューバ体験向けジャンケン割引イベント!

お陰様で体験ダイビング実施50名様超で終了しました。ありがとうございました。


 FeedアイコンRSS1.0 、 FeedアイコンRSS2.0 、 Feedアイコンfeedburner最適化Feed


エントリー

タグ「ボート」の検索結果は以下のとおりです。

ファイル sea20060730.jpg

◎三段壁:
(天候)快晴(水底温度)24.5℃(透明度)10~15m
(主な生物)キンギョハナダイ、クマノミ、ソラスズメダイ、トラウツボ、ワカウツボ、カサゴ、キンチャクダイ、イサキ、シロタエイロウミウシ、ムラサキウミコチョウ、イガグリウミウシ など
◎権現崎:
(天候)快晴(水底温度)27.6℃(透明度)5~10m
(主な生物)ソラスズメダイ群れ、カゴカキダイ、クマノミ、イサキ群れ、グレ群れ、ニザダイ、クロホシイシモチ、オオスジイシモチ、アオヤガラ、ハナハゼ、ハタタテダイ、アオリイカ、ツマジロモンガラ、など

午前中のボートは三段壁。
沈船かどちらか・・だったのですが三段壁に。結果沈船の方は珍しく流れがあったようで大変だったみたい。
三段壁は流れもなく水も程ほど青く(浮遊物はあったものの)気持ちよかったです。
地形が確認できたのと、意外とブツブツ以外の綺麗どころのウミウシがみれたのは良かったのですが、魚の量は少ない・・・

対して、ビーチの権現崎。
たくさんの幼魚・稚魚に囲まれて癒されます。

ファンダイブ、体験ダイビング、スノーケリング・・と、たくさんの方とご一緒出来て幸せでした。
でも、午前中のボートを終えたあたりから全ての方々をお待たせ・時間のズレこみ・・・
皆様ご迷惑をおかけ致しましたm(__)m
夜までゆっくりしていただけたら生ビールの1杯2杯ご馳走させていただいたのですが・・・

それ以上に、ご一緒いただいた皆様や手伝っていただいたスタッフには感謝感謝です。ありがとうございました。

夜は毎年恒例の花火大会。
約1時間ほど、しらら浜真上(スパダイブ目の前)でドンバン大きな花が打ちあがっている中、生ビール片手にたこ焼きをうまく焼くことも適わず、もっぱら補助の補助(になってたかどうか・・・)。
最後まで残ってくれていたtakaさんと、K米さんとはゆっくり話せて飲んで・・が出来て良かったです。

しかし終わった頃には・・・
あえなくメール対応やサイトの更新はリタイヤさせていただきました。
ハイ・・・

 

※下部「コメント(0)」クリックでコメント投稿もできます。是非一言!
※その他の掲載しきれなかった水中等の画像は写真集へ掲載しています。

ファイル sea20060723.jpg

◎沈船:(天候)雨(水底温度)24.0℃(透明度)2~6m
(主な生物)キンメモドキ大群、ネンブツダイ、クロホシイシモチ、イサキ、ハナミノカサゴ、オオモンハタ、コロダイ、キンギョハナダイ、ワカウツボ、ソラスズメダイ、クマノミ、ニジギンポ、ブダイ、マダイ など
◎色津:(天候)雨(水底温度)24.4℃(透明度)3~8m
(主な生物)イサキ、ネンブツダイ、コロダイ、ブダイ、クロホシイシモチ、キンギョハナダイ、クマノミ、ソラスズメダイ、カゴカキダイ、シマウミスズメ など

昨晩の海況から考えると、ちょっと心配な状況でしたが、一晩あけて今朝思ったより落ち着いてました。
今日はボートダイブのみ。
沈船と色津。

やはり透明度は落ちていてうねりも段々と・・・
でも沈船周りは結構見えてて、おなじみキンメ玉にもしっかり飛び込んできました。
色津も水路の地形は十分確認できましたが、うねりが強くなってきててボート経験の浅い二人には少しきつかったみたい。

今日は昨年秋に見事DMとなったH野さんが奥さんと友人と一緒に、それから地元和歌山市よりT中さんと、9ヶ月ぶりのキヨシャチさんは初オールMY器材での参加。
ありがとうございました。

ベストコンディションの沈船でなかたのが残念ですが、魚群とアーチは堪能したことと思います。
またみんなでのんびりできるといいな~。今度はコンディションのいいときに!

カメラが不調なため、画像提供いただきました。
こちらもありがとでした。

 

※下部「コメント(0)」クリックでコメント投稿もできます。是非一言!
※その他の掲載しきれなかった水中等の画像は写真集へ掲載しています。

ファイル sea20060718.jpg

◎千石丘:
(天候)くもり(水底温度)26.1℃(透明度)8~12m
(主な生物)キンギョハナダイ、レンテンヤッコ、イサキ、クマノミ、ソラスズメダイ、ワカウツボ、ネンブツダイ、ハタンポ、グレ、ニザダイ、ハナミノカサゴ、ハリセンボン、コイボウミウシ、キイロウミウシ など
◎沈船:
(天候)くもり(水底温度)25.1℃(透明度)8~12m
(主な生物)キンメモドキ大群、ネンブツダイ、キンギョハナダイ、イサキ、アジ、オオモンハタ、ハナミノカサゴ、ウツボ、ヨコスジイシモチ、キンセンイシモチ、コロダイ、など
◎権現崎:
(天候)くもり(水底温度)27.0℃(透明度)6~10m
(主な生物)タコ、アオリイカ卵、ソラスズメダイ、チヌ、ハナハゼ、ダテハゼ、クロホシイシモチ、オオスジイシモチ、クマノミ、ミナミハコフグ幼魚、ニジギンポ など

朝一番はアレッ?と思うぐらい太陽が照ってましたが、次第と曇り空に・・・
でも曇り空くらいの方が暑くなくていたって快適。

今日は朝からボートダイブ。
台風後1日1日透明度の回復を感じられます。
千石丘では少し波がありましたが、水中は一昨日の三段壁と同様海の色が青め。

沈船の方は、海の色は緑気味なのはあい変わらずですが、視界はかなりよくなりました。
キンメモドキの大群も相変わらずでしたが、今日のあの子達は船の周りをグルグルよく泳いでて、追いかけっこができました。

権現崎も透明度良好でお馴染みの魚たちに加え、浅場で8mmくらいのミナミハコフグの幼魚確認。

1日ご一緒したT田さんご家族のみなさん!ありがとうございました。
家族でダイビング!いいですね~(^^♪
これからもみんな仲良くダイビングも続けていってください。
また白浜でお会いできるの楽しみにしてます。

そしてS司さん!2日間お疲れ様でした。
この夏の間にたくさん有意義な経験していきましょう!

end1(最下部に右記コピペして下記チェック)[$end1]
&nbsp;</p><p class="end1">※下部「コメント(0)」クリックでコメント投稿もできます。是非一言!<br />※その他の掲載しきれなかった水中等の画像は<a href="https://spadive.com/photlibrary/">写真集</a>へ掲載しています。

ファイル sea20060716.jpg

◎沈船:(天候)晴れ(水底温度)24.8℃(透明度)2~6m
(主な生物)キンメモドキ大群、ネンブツダイ群れ、イサキ、アジ、キンギョハナダイ、ソラスズメダイ、クマノミ、グレ、ブダイ、コロダイ、タカノハダイ、オオモンハタ、クマノミ、ハナミノカサゴ、ワカウツボ など
◎三段壁:(天候)晴れ(水底温度)24.5℃(透明度)10~12m
(主な生物)キンギョハナダイ、ウミウサギガイ、ガラスハゼ、コマチコシオリエビ、カイメンガニ、クマノミ、ミヤケテグリ、など

今日もいい天気でした。
お店から港へいってボートでダイビングするまでの間に日焼け後がくっきり入ってしまったとかなんとか・・・

1本目は沈船。
台風以前に比べると、少しキンメモドキが減ったかな?という感じでしたが、それでもすごい大群であることには変わりなし。
しかし、湾内はやはりかき混ぜられた濁りの回復にまだ時間がかかりそう・・・

対して三段壁。
こちらは想像以上にきれいでした。
海の色も違います。その代わりといってはなんですが、時間帯によって強い登り潮が入ってきてて、今日はちょうどエキジットするあたりで水面付近がよく流れてました・・

今日ご一緒したのは二組とも1年近くぶり(?)でした。
S田さん親子とM村さん夫妻。
ありがとうございました。
今日は帰りの渋滞大丈夫だったかな??
またゆっくり潜りましょう!

 

※下部「コメント(0)」クリックでコメント投稿もできます。是非一言!
※その他の掲載しきれなかった水中等の画像は写真集へ掲載しています。

ファイル sea20060701.jpg

◎Wアーチ:
(天候)くもり(水底温度)22.5℃(透明度)10~15m
(主な生物)シラコダイ群れ、レンテンヤッコ、アザハタ、オオモンハタ、キンチャクダイ、イサキ群れ、イセエビ、コマチコシオリエビ、ネンブツダイ群れ、コロダイ、キハッソク、チョウチョウウオ、クマノミ、ソラスズメダイ、ハナミノカサゴ、コガネスズメダイ、オトヒメウミウシ など
◎権現崎:
(天候)晴れ・くもり(水底温度)24.9~28℃(透明度)8~10m
(主な生物)カマス、アジ群れ、クマノミ、ソラスズメダイ、チョウチョウウオ、コウイカ、アオリイカ卵、アオヤガラ、チヌ、コロダイ幼中成魚、カワハギ、など

今日も日中は雨という雨は降らなかったな~。
午前中は曇り空と水面のうねりが昨日より大きくなってきたなと思いながら同じWアーチへエントリー。
水中はうねりも殆ど感じず、そして昨日よりグンときれいになってました。

どうなってるか気になっていたシーラの死骸を真っ先にチェック。
う~ん!かなり肉の量が減少している・・・
心なしか、シラコダイの身体が大きくなっているような・・・
他の魚たちも健在。
Wアーチの深度は25、6mと少し深めなこともあり、水底の方は少し肌寒い。

お昼前からは2ビーチ。
ナビゲーションダイブを2本やって無事スペシャルティーコースが修了!

ご一緒したのは、地元よりお馴染みT中(たけやん)さんとMさん。
お疲れ様でした。

午前中は船上でのうねり、その後のビーチではナビダイブと、少し体力を消耗した感もありましたが、最後のダイブでは特にバディコミニュケーションがすごくいい感じで、しかも自分達で決めた水中コースを見事、寸分違わないナビゲーションを魅せてくれました!お見事!
終わってみれば達成感に満たされた貴重なダイブになったと思います。

次に権現崎で潜るときは、今までと違った感覚でダイビング出来るはずです。

 

※下部「コメント(0)」クリックでコメント投稿もできます。是非一言!
※その他の掲載しきれなかった水中等の画像は写真集へ掲載しています。

話は変わりますが、今日から7月!
しらら浜では早速今日からメッセージ花火が数十発打ち上げれれてました。
これから毎日花火三昧!(のハズ)

ファイル sea20060630.jpg

◎Wアーチ:
(天候)くもり(水底温度)22.1℃(透明度)8~12m
(主な生物)シラコダイ群れ、レンテンヤッコ、キンチャクダイ、キハッソク、アザハタ、ネンブツダイ、チョウチョウウオ、クマノミ、ソラスズメダイ、シーラ死骸、ムラサキウミコチョウ など
◎沈船:
(天候)晴れ(水底温度)23.7℃(透明度)8~12m
(主な生物)キンメモドキ大群、ネンブツダイ・クロホシイシモチ群れ、アジ群れ、イサキ群れ、タカベ群れ、ハナミノカサゴ、トラウツボ、キンギョハナダイ、ソラスズメダイ、オオモンハタ、コロダイ、クマドリイザリウオ、コブダイ、オトヒメエビ など

さすがに今日は朝から曇り空。
昼頃に雨かな~と覚悟していたのに、なんと晴れました・・・

久々のWアーチ。
アンカーロープを降りていくと、いきなり1.5m程の光る魚が浮かび上がってきて☆☆☆と思ったら、死骸でした。
シーラの!
でも、そのまわりにシラコダイが群れていて、そして食べてました。
シーラを!
カワイイ容姿なのにやはり肉食・・

2本目は沈船。
もういうことありません。
今日はまたまた魚群に突っ込んで、いきなりトラウツボとご対面!になり、ちょっとだけかなり焦りました・・

愛知県は刈谷から潜りに着てくれたのはN崎さんご夫妻。
B型同士のとっても息の合ったいい感じのお二人でした。
羨ましい・・
あまりにいい感じだったので、二人にいちゃつき促進しておきました。
遠慮せず、これからも仲良くどんどんいちゃついてください。水中でも、陸上でも(^^♪
またお会いできるの楽しみにしてます。

P.S.刈谷で僕の弟と合うことがあったらよろしくお伝えください。

 

※下部「コメント(0)」クリックでコメント投稿もできます。是非一言!
※その他の掲載しきれなかった水中等の画像は写真集へ掲載しています。

ファイル sea20060629.jpg

◎千石丘:(天候)晴れ(水底温度)24.0℃(透明度)7~10m
(主な生物)クマノミ、キンギョハナダイ、コガネスズメダイ幼魚、ホンソメワケベラ、レンテンヤッコ、シラコダイ、アオブダイ、コブダイ、コロダイ、ヘラヤガラ、イサキ、ハタンポ群れ、グレ、ヒトデヤドリエビ、ムラサキウミコチョウ など
◎沈船:(天候)晴れ(水底温度)24.2℃(透明度)7~10m
(主な生物)キンメモドキ大群、クロホシイシモチ、ネンブツダイ群れ、アジ群れ、タカベ群れ、イサキ群れ、キンギョハナダイ、ソラスズメダイ、トラウツボ、ワカウツボ、オオモンハタ、イシダイ、ハナミノカサゴ、オニカサゴ、コガネスズメダイ、コロダイ、クマノミ、など

今日も天気予報の予想に反していい天気。
海も凪。透明度も軽い登り潮の影響で少しずつ良くなっている感じ。

昨日AOWを終えたお二人とボートでファンダイブとオーシャンハウスで日向ぼっこ。
千石丘ではカラフルな熱帯魚レンテンヤッコがたくさんいて目立ってました。
大きなアオブダイ等も。

でもやはり2本目「沈船」のキンメモドキの量は圧巻!
まさに魚の海!!
どうしても突っ込みたくなってしまいます。
しかし、お気をつけください!
魚群を掻き分けて向こうへ行こうとして、何年ぶりかで船の出っ張りにぶつかりそうになりました。
もう魚群を透かして向こう側の物を識別することはできません・・・

お二人がアングリとした表情を見せてくれているとき、レギュレータが口から外れてしまわないか心配でした・・・
2日間ありがとうございました。
また待ってますね。

 

※下部「コメント(0)」クリックでコメント投稿もできます。是非一言!
※その他の掲載しきれなかった水中等の画像は写真集へ掲載しています。

ファイル sea20060612.jpg

◎色津:(天候)晴れ(水底温度)23.1℃(透明度)5~10m
(主な生物)イサキ群れ、クロホシイシモチ群れ、アジ、イセエビ、コロダイ、ブダイ、ハコフグ、ソラスズメダイ群れ、キンギョハナダイ、ムラサキウミコチョウ、シラユキウミウシ、など
◎沈船:(天候)くもり(水底温度)23.1℃(透明度)5~10m
(主な生物)クマドリイザリウオ、キンメモドキ群れ、クロホシイシモチ群れ、ネンブツダイ群れ、アジ群れ、イサキ群れ、ハマチ、ハナミノカサゴ、オオモンハタ、トラウツボ、ワカウツボ、キンギョハナダイ、ソラスズメダイ、クマノミ、ブダイ、アオブダイ、シロウミウシ、タテヒダイボウミウシ など

今日は朝一の急遽助っ人依頼を受けて、ボートダイブいってきました。
ボートを動かすのもたまには気持ちいいものです。
うねりの影響で(ちょっと言い訳・・)アンカリングのためのヤマダテを一回やり直しになってしまったのがちょっと悔しい・・

水中もやはりうねりがそこそこあり、透明度も今一。
それでも所々10m超ほど見えるところもありました。

沈船のキンメモドキの大群はさらに圧巻でした。
今回登場したハマチは単体。
一人でぐるぐる回り続けてました。
それにしても、ハマチやカンパチは何度も観てるけど、捕食の瞬間には中々出会えない・・・
クマドリイザリウオも健在!
サイズがまた大きくなってます。
(そろそろ旅立ちの頃なのかな~?)

 

※下部「コメント(0)」クリックでコメント投稿もできます。是非一言!
※その他の掲載しきれなかった水中等の画像は写真集へ掲載しています。

とまあこんな事情で、夕方までまたお店を不在にしてました。
何度かお電話いただいた方には申し訳なかったです。
そうまでして手伝いにいったボートダイブでしたが、ひじょ~に後味の悪い楽しくないダイビングでした。

朝からいきなり、よく話す間も無く7名の方をガイドし、さらにお一人が何度言ってもバディシステムを理解してくれない・・・
一貫して「僕は上級者だから初心者みたいなダイバーとバディーを組むのはごめんだ!」と言いたげな態度!

最後の最後にはぐれたまま一人で写真を取り続けて・・・
後で言うことには、「こっちも金払って遊びにきてんねん!バディバディって一人で遊びに来て、よく知らん人とバディなんか無理やろっ!」って怒られました・・・

こういう考えだと、バディを組んだ相手からは嫌われます・・・
どこへ行ってもバディから嫌われるようなダイバーにはなりたくないものです。

お一人であちこち潜られている方にたまに見受けられる傾向です。

一人で潜りにいくと、現地で必ず誰かとバディを組むことになります。
(誰からも指示が無ければ、自分で探すくらいの意識が必要)
その時点で、指定された相手とバディになるのが嫌なら断ってください。
断らずに了解したのなら、バディシステムを守ってダイビングすることを了解したということです。
ちなみに、ここでガイドも含め誰ともバディを組みたくない!と表明いただければ、そのグループでのダイビングはご遠慮いただく形になります。
ダイビングは最低限バディ単位のグループで楽しむ遊びですから、それを無視した方がグループに存在すると、グループ全体の安全が脅かされます。

バディを組むってそんなに嫌なことかな~?
何も難しいことはないです。
バディを気遣って一緒に楽しめばいいんです。
ここで、新しい人と人との触れ合いも生まれ、楽しみも広がるのに・・
自分の方がかなりの上級者だったら、初心者をフォローしてあげたら喜んでもらえます。それも嬉しいものなのに・・

ダイビングとはそういう遊びです。

そういえば、もうしばらくしたらサッカーのワールドカップ日本戦がはじまる。
これで今日の気分もスカッと爽快!になるといいな~。

ファイル sea20060602.jpg

◎カスミの根:
(天候)くもり(水底温度)22.4℃(透明度)20~25m
(主な生物)オオカワリギンチャク群生、キハッソク、ルリハタ、アカオビコテグリ、スジアラ、アカエイ、レンテンヤッコ、キンチャクダイ、タキゲンロクダイ、シラコダイ、コガネスズメダイ、キンギョハナダイ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイ、イシダイ、イセエビ、オトヒメエビ、ムラサキウミコチョウ、ミチヨミノウミウシ など
◎沈船:
(天候)くもり(水底温度)22.4℃(透明度)12~15m
(主な生物)クマドリイザリウオ、キンメモドキ大群、ネンブツダイ群れ、アジ群れ、イサキ群れ、クロホシイシモチ、シマアジ、コブダイ、ブダイ、イッテンフエダイ、オオモンハタ、ハナミノカサゴ、ワカウツボ、コロダイ、コガネスズメダイ幼魚、キンギョハナダイ、ハコフグ、コスジイシモチ、ヨコスジイシモチ、グレ、ニザダイ、イラ、クマノミ、ムラサキウミコチョウ、シロウミウシ、サガミリュウグウウミウシ、ミツイラメリウミウシ など

朝から生憎の曇り空。
海況は良かったのと少人数が功を奏し(?)1ヶ月半ぶりにカスミの根へ。

やっぱりここまでくると、見るからに水の色が違います。
深~い青。
しかし!水中は結構流れてました・・・
南から黒潮のいい潮がきていて、ロープから手を離すともっていかれそう・・・

今日はI江さんとマンツーマン。
そしてI江さんもイントラ。
潮の流れも何のその(?)どっぷり満喫ダイブでした。

2本目の沈船ではあい変わらず増え続けているキンメモドキの大群に加え、イサキが目立ちました。
クマドリイザリウオも場所を変えて健在!(ちょっと成長しているような)

これからが楽しみ楽しみ(^^♪

 

※下部「コメント(0)」クリックでコメント投稿もできます。是非一言!
※その他の掲載しきれなかった水中等の画像は写真集へ掲載しています。

ファイル sea20060528.jpg

◎沈船:(天候)晴れ(水底温度)22.3℃(透明度)8~12m
◎沈船→色津→沈船:
(天候)晴れ(水底温度)22.2℃(透明度)5~8m
(主な生物)キンメモドキ大群、ネンブツダイ群れ、アジ群れ、タカベ群れ、イサキ群れ、ブリ、オオモンハタ、ハナミノカサゴ、ブダイ、ワカウツボ、トラウツボ、グレ群れ、ニザダイ、ハナイカ、ソラスズメダイ、キンギョハナダイ、コロダイ、など

沈船のキンメモドキが激増!!
水温も程よく寒さも感じることは無かったのですが、午後からうねりが大きくなり、砂や海草がユラユラ巻き上がって・・・

今日は先週ご一緒したM島さんと、お馴染みtakaさん、kayoちゃんとの2ボートダイブ。
ありがとうございました。
午後からのうねりにより、2ダイブ共沈船エントリーになってしまいました。
とはいえ折角だからということで、2本目はエントリー後水中移動で色津へいってきました。

全体的に魚のボリュームがUPしてきているのがとても気持ちいいです。
さらに、1日中太陽も照ってくれていてゆったり日焼けも!
仕上げは、しらら浜で行われていた「砂祭り」。
潜った後にお店へ戻ってくると、しっかり色んな砂景色が出来上がってました。
(ちょっと去年より精巧度が下がってるような気も・・)

みなさんお疲れ様でした!

 

※下部「コメント(0)」クリックでコメント投稿もできます。是非一言!
※その他の掲載しきれなかった水中等の画像は写真集へ掲載しています。

ページ移動

ユーティリティ

archive/過去ログ

No Data
ブックマークはありません。

page

  • ページが登録されていません。
052019/0607
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -