インフォメーション

 ★スキューバ体験向けジャンケン割引イベント!

お陰様で体験ダイビング実施50名様超で終了しました。ありがとうございました。


 FeedアイコンRSS1.0 、 FeedアイコンRSS2.0 、 Feedアイコンfeedburner最適化Feed


エントリー

タグ「ボート」の検索結果は以下のとおりです。

ファイル sea20080122.jpg

◎三段壁:
(天候)くもり
(水底温度)18.1℃
(透明度)15~20m
(主な生物)イサキ群れ、スジアラ、フタスジタマガシラ、ツノダシ、ヘラヤガラ、キンギョハナダイ、ソラスズメダイ、スズメダイ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイ、ピカチューウミウシ、オトヒメウミウシ、アオウミウシ、など
◎中島観測塔:
(天候)くもり→雨
(水底温度)18.3℃
(透明度)12~18m
(主な生物)ブリ、コブダイ、イサキ群れ、アジ群れ、キビナゴ群れ、アオリイカ、クロホシイシモチ群れ、ハタンポ群れ、キリンミノカサゴ、ハナミノカサゴ、オヤビッチャ、スズメダイ群れ、キンギョハナダイ群れ、レンテンヤッコ、カゴカキダイ、キンチャクダイ、シラコダイ、ツノダシ、ハタタテダイ、クマノミ、ソラスズメダイ、など

今日はあいにくの曇り空でしたが、海の方はすこぶる穏やかで透明度も良くすばらしいコンディションでした。

三段壁では綺麗な地形、魚群の行列、ピカチュー・・・
中島では夏場を思わせる熱帯魚の種類の多さ、魚群を追い回すブリ、白浜一の量の多いソフトコーラル・・・

なのに!

カメラが!!

という訳で、1本目の途中までは撮れてるんですが、その後からはO堂さんのデジカメにお任せ(^^♪
なれない中一生懸命撮ってたのを拝借公開。

2日間ありがとうございました。

さて。
また間開きます。
次は26日かな。

 

※下部「コメント(0)」クリックでコメント投稿もできます。是非一言!
※その他の掲載しきれなかった水中等の画像は写真集へ掲載しています。

ファイル blog20071223.jpg

◎色津:
(天候)くもり
(水底温度)19.6℃
(透明度)12~15m
(主な生物)イサキ群れ、タカベ群れ、アジ群れ、イシモチ群れ、ハタタテダイ群れ、ヨスジフエダイ群れ、コロダイ、オオモンハタ、イシダイ、ブダイ、キリンミノカサゴ、ハナミノカサゴ、オキゴンベ、カゴカキダイ、イセエビ、オトヒメエビ、トラウツボ、クマノミ、キンギョハナダイ、キカモヨウウミウシ、アオウミウシ など
◎沈船:
(天候)くもり→晴れ
(水底温度)19.4℃
(透明度)12~15m
(主な生物)アジ群れ、イサキ群れ、イシモチ群れ、クマドリカエルアンコウ、ヨスジフエダイ、イッテンフエダイ、キンセンフエダイ、ハナミノカサゴ、キンギョハナダイ、ソラスズメダイ、ナガサキスズメダイ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイ、ブダイ、コロダイ、ゴンズイ群れ、など

今日はO堂さんのエンリッチドエアSPコース兼ボートダイブ。
海の方は少しうねりが入っていて近場ポイント限定になりましたが、天候は回復し昼からは晴れてポカポカ暖かかったです。

色津は今回いつものルートはとらず、地形に沿って西側へ移動。
途中、破壊された沈船(おそらく)の破片が流れ着いて停留している場所がいくつかあって、結構タカベやイサキ、ヨスジフエダイ等魚が集まってて良かったです。
現時点では色津はこっち側の方がいいかも(^^♪

沈船はかなり台風対策の改良がされてます。
それと、南の根の先端付近に新たに巨大な漁礁が設置されました。
まだ魚は付いて無いけど、見た感じ間違いなく魚群が形成されそう(^^♪
ただ、沈船とでどちらかに分散されそうな気もする。

O堂さん3日間ありがとうございました。
今回はちょっと勉強要素の多いエンリッチSPに四苦八苦な感じになりましたが、その分得られたものは大きいはず。
また来年楽しみにお待ちしてます!

 

※下部「コメント(0)」クリックでコメント投稿もできます。是非一言!
※その他の掲載しきれなかった水中等の画像は写真集へ掲載しています。

ファイル sea20071222.jpg

◎千石丘:
(天候)雨
(水底温度)19.5℃
(透明度)15~20m
(主な生物)イサキ大群、スジアラ、カゴカキダイ群れ、キハッソク、イシダイ、アオブダイ、シラコダイ、サツマカサゴ、キンチャクダイ、キンギョハナダイ、レンテンヤッコ、クロホシイシモチ群れ、ハタンポ群れ、ウメイロモドキ、ハナミノカサゴ、キイロハギ幼魚、ツユベラ幼魚、トゲチョウチョウウオ、アマミスズメダイ、オヤビッチャ、ソラスズメダイ、オニカサゴ、ヘラヤガラ、オトヒメエビ、モクズショイ、ニシキウミウシ、ミヤコウミウシ、アカテンミノウミウシ、アカセンミノウミウシ、アオウミウシ、ウミウサギガイ幼体 など
◎M:
(天候)雨
(水底温度)19.1℃
(透明度)15~20m
(主な生物)アジ群れ、イサキ群れ、オビテンスモドキ幼魚、ハリセンボン、ヌノサラシ、フタスジタマガシラ、オオモンハタ、イシダイ、クマノミ、フタスジリュウキュウスズメダイ、ミツボシクロスズメダイ、イセエビ、オトヒメエビ、サラサウミウシ、アオウミウシ、ムカデミノウミウシ、シロギヌミノウミウシ、キイロウミウシ など

朝からシトシトと雨・・
風も冷たい・・
中でのボートダイブ。
こうなると、ボート移動中は冷え冷え。
でも、水に入ってしまえば、体感ではポカポカ暖かくて温泉に浸かったような感じになります。

昨日に続いて透明度も抜群。
海況も穏やかで水中はとっても気持ちよかったです(^^♪

今日は美味しそうな魚やエビ達が満載!
スーパーマクロなウミウシもたくさん!
そういえば、小さなウミウシと思って手のひらに乗せて撮影してものを拡大してみたら、ウミウサギガイの幼体でした。
指紋2行分程の体の大きさでした。
なのにしっかり貝ガラ包んでえビックリ!

明日も海綺麗だといいなー・・・

 

※下部「コメント(0)」クリックでコメント投稿もできます。是非一言!
※その他の掲載しきれなかった水中等の画像は写真集へ掲載しています。

ファイル sea20071206.jpg今日は予報どおり昨日とは打って変わって快晴&凪ぎ(^^♪

朝方は風の冷たさがアレでしたが、1ダイブ後の帰りにはけっこう暖かくなって中々快適でした。

エビセではボートダイブが久々のayanoちゃんがドタバタ(?)するうちに終わってしまったような・・・
でも、流れもなく視界も良好でよかったです。

午後からの三段壁の方も、ダイナミックな地形を堪能できて、可愛いウミウシ等マクロ系も観れて・・
でも今回はウミガメ!!

海がめ観たのは個人的にも何年ぶりだろう・・・
かなり興奮して追いかけてるうちにエア消費が(^_^;)

O堂さん!3日間ありがとうございました。
年内にも一度またご一緒しましょう!

 

※下部「コメント(0)」クリックでコメント投稿もできます。是非一言!
※その他の掲載しきれなかった水中等の画像は写真集へ掲載しています。

◎エビセ:
(天候)快晴
(水底温度)20.8℃
(透明度)15~20m
(主な生物)シラコダイ群れ、キンギョハナダイ、スズメダイ、コガネスズメダイ、アマミスズメダイ、マツバスズメダイ、ウイゴンベ、アカハタ、グレ、タカノハダイ など(イトヒキアジがいたらしい・・)
◎三段壁:
(天候)快晴
(水底温度)20.8℃
(透明度)15~20m
(主な生物)ウミガメ、カンナツノザヤウミウシ、トルンナ・ダニエラエ、セトイロウミウシ、イガグリウミウシ、タマゴイロイボウミウシ、イサキ群れ、ニザダイ群れ、ヘラヤガラ、キンチャクダイ、レンテンヤッコ、ガラスハゼ、トラウツボ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイ、など

ファイル sea20071205.jpg

◎沈船 北の根:
(天候)くもり
(水底温度)19.6℃
(透明度)10~15m
(主な生物)イロカエルアンコウ、アジ群れ、イサキ群れ、ミナミハコフグ幼魚、コロダイ、ヨスジフエダイ、クマノミ、ソラスズメダイ、シロミノウミウシ など
◎沈船:
(天候)くもり
(水底温度)19.5℃
(透明度)19.5℃
(主な生物)クマドリカエルアンコウ、アジ大群、イサキ群れ、クロホシイシモチ群れ、クエ、オオモンハタ、ハナミノカサゴ、ウツボ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイ、ソラスズメダイ、アマミスズメダイ、金魚鼻材、タカサゴ、ウメイロモドキ、イシダイ、ヨスジフエダイ、アカヒメジ、アオリイカ群れ、など

昨日から引き続きO堂さんとボートダイブ。
今日も風波が強く、近場の内湾ポイントのみでしたが、両ダイブとも一番手ごろで可愛らしいサイズのカエルアンコウが観れました。
そおれにしても、今年は去年にも増してカエルアンコウがよく観れる。

明日は天候・海況ともよさそう(なハズ)なので、沖へ出れたらなー。
ちなみにエビセ予定なんだけど・・・

 

※下部「コメント(0)」クリックでコメント投稿もできます。是非一言!
※その他の掲載しきれなかった水中等の画像は写真集へ掲載しています。

ファイル sea20071121.jpg

◎Wアーチ:
(天候)晴れ
(水底温度)22.2℃
(透明度)15~20m
(主な生物)シラコダイ、タキゲンロクダイ、キハッソク、オオモンハタ、セナキルリスズメダイ、ナガサキスズメダイ、ソラスズメダイ、メガネスズメダイ、マツバスズメダイ、キュウセンフエダイ、クロユリハゼ、キンギョハナダイ、キンチャクダイ、レンテンヤッコ、イサキ、イロカエルアンコウ、イセエビ、オトヒメエビ、など
◎沈船:
(天候)晴れ
(水底温度)22.1℃
(透明度)12~15m
(主な生物)ハマチ&カンパチ群れ、アジ群れ、クロホシイシモチ群れ、ヨスジフエダイ、オオモンハタ、ハナミノカサゴ、ワカウツボ、キンギョハナダイ、クロイトハゼ、クロユリハゼ、オグロクロユリハゼ、ソラスズメダイ、イシダイ、コロダイ、など

天気は良かったのですが、冷たく強い北風がボートに吹き付けて・・・

でも、水温はまだ22度超をキープ。
ボート上で受けるがあまりに冷たいので水中に入ると、水がまるでお湯のように感じます。
透明度も良くて水中はかなり快適(^^♪

メガネのように2つ並んだ大きなアーチもきれいに見渡せたし、たくさんの熱帯魚やカエルアンコウも観れたWアーチも良かったのですが、やはり今日は沈船かな!?

食べごろ(?)のハマチとカンパチのが混ぜこぜになった群れが、ずーと回っててかなり寄れましたV(^0^)
気持ちよかったです。

3日間ご一緒したO堂さん!
ありがとうございました。
3日間ともマンツーマンで一緒に満喫できましたね~。
また来月待ってますね(^_-)

 

※下部「コメント(0)」クリックでコメント投稿もできます。是非一言!
※その他の掲載しきれなかった水中等の画像は写真集へ掲載しています。

ファイル sea20071120.jpg

◎三段壁:
(天候)晴れ
(水底温度)22.5℃
(透明度)15~20m
(主な生物)ピカチュー(ウデフリツノザヤ)ウミウシ、シロギヌミノウミウシ、キイロウミウシ、アオブダイ、イサキ群れ、キンギョハナダイ、ソラスズメダイ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイ、マツバスズメダイ、コガネスズメダイ、アマミスズメダイ、ミゾレチョウチョウウオ、ハナミノカサゴ、アジアコショウダイ幼魚、ヨコシマクロダイ幼魚 など
◎色津:
(天候)晴れ
(水底温度)22.6℃
(透明度)15~20m
(主な生物)マダライロウミウシ、ヒプセロドリス・ゼフィラ、アオウミウシ、不明ウミウシ幼体、アジ群れ、クロホシイシモチ群れ、ヨスジフエダイ、キンギョハナダイ、ソラスズメダイ、ミスジリュウキュウスズメダイ、ナガサキスズメダイ、ウメイロモドキ、タカサゴ、オオモンハタ、コロダイ、など

朝方曇り空だったのも潜る頃にはすっかり太陽が照っていい天気。
昨日に引き続きO堂さんとボートダイブいってきました。
結局スーツはドライ。
水中はウエットでもいけそうですが、ボート移動中の風の冷たさを考えると・・・

今日は2本とも地形&プカプカ中性浮力&ウミウシなダイビングでした。
O堂さんとは前回のカスミの根でピカチューを見逃したことがあるので、今回観れて良かったです。
「まんまやん!」とのことです。

明日ももう1日一緒にボートです。

 

※下部「コメント(0)」クリックでコメント投稿もできます。是非一言!
※その他の掲載しきれなかった水中等の画像は写真集へ掲載しています。

ファイル sea20071104.jpg

◎三段壁:
(天候)快晴
(水底温度)24.7℃
(透明度)10~15m
(主な生物)ピカチュー(ウデフリツノザヤ)ウミウシ、カンナツノザヤウミウシ、ゾウゲイロウミウシ、キカモヨウウミウシ、コイボウミウシ、アオウミウシ幼体、スズメダイ群れ、キンギョハナダイ群れ、コガネスズメダイ、イワシ群れ、イサキ大群、ヘラヤガラ、フタスジタマガシラ、クロユリハゼ、ヒメユリハゼ、シラコダイ、ツノダシ、レンテンヤッコ、キンチャクダイ、クマノミ、ソラスズメダイ、など
◎浅エビセ:
(天候)快晴
(水底温度)24.5℃
(透明度)8~12m
(主な生物)ネッタイミノカサゴ、アカハタ、キホシスズメダイ、マツバスズメダイ、アマミスズメダイ、ソラスズメダイ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイ、ヨコシマクロダイ、フタスジタマガシラ、グレ群れ、イサキ群れ、ニザダイ、タカノハダイ、オトヒメエビ、タテヒダイボウミウシ など

昨日から引き続き、同じメンバーで、天気も海もばっちりで気持ちいい2ダイブでした。

1本目の三段壁ではイサキに取り巻かれたり、講習に気を取られてるあいだ、K目さんが苦もなくピカチューもどき(?)ウミウシは見つけてカメラをやってるなーと思うまもなく、移動途中に今度はピカチューを見つけて呼んでくれて・・・

アレです。
僕はどうも、水中で獲物(?)を自分が見つけるよりも、一緒に潜ってる人が見つけて喜んでるのを観るほうが嬉しいです(^^♪
もちろんグループやバディ潜水等の安全管理は普通に身につけた上で、各自が自分なりに楽しみ、それをみんなで共有する・・・
それ自身も楽しいし、そういうレベルに成長していっているのを確認できるとすごく嬉しい(^^♪

久しぶりに行った2本目の浅エビセでは、早速genkiくんも自分でウミウシを見つけてお母さんへ見せに行ったりとか見てて嬉しかったです。

2日間ありがとうございました。
両日ともコンディション良くて本当に良かったです。
またの再会を楽しみにしてます。

 

※下部「コメント(0)」クリックでコメント投稿もできます。是非一言!
※その他の掲載しきれなかった水中等の画像は写真集へ掲載しています。

ファイル sea20071031.jpg

昨日に引き続きO堂さんとAOWコース。
朝から快晴で海も穏やかで平日、ボート乗り合いも少数で・・・
ということで、カスミの根!いってきました。
ちょっと上級ポイントということもあり、シーズン中や土日は中々いくことが出来ないんですが(^_^;)

期待してた透明度ではなかったですが、流れも殆ど無くてオオカワリギンチャクもしっかり開いていてくれてよかったです。

2本目の沈船ではお馴染みの小魚の群れに加え、30尾以上かと思われる少し大きめなカンパチの群れ、さらにクマドリイザリウオを3尾も。
大き目のヤツは可愛くなくてあれですが、小さいのは小指の爪の3分の1程の大きさ!!!
めちゃめちゃ可愛い!!

しばらく居ついてくれることを祈ります。

O堂さん2日間お疲れ様でした。
AOW修了おめでとうございます。
これからもたくさん潜って、たくさん楽しめるようになってください。
また待ってます。

 

※下部「コメント(0)」クリックでコメント投稿もできます。是非一言!
※その他の掲載しきれなかった水中等の画像は写真集へ掲載しています。 

◎カスミの根:
(天候)晴れ
(水底温度)24.8℃
(透明度)15~18m
(主な生物)オオカワリギンチャク、スズメダイ群れ、コガネスズメダイ群れ、ウメイロ、キンギョハナダイ、シラコダイ、ウイゴンベ、オキゴンベ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイ など
◎沈船:
(天候)晴れ
(水底温度)24.4℃
(透明度)15~18m
(主な生物)アジ大群、キンメモドキ大群、クロホシイシモチ群れ、イサキ群れ、カンパチ群れ、クマドリカエルアンコウ大・中・小、ヨスジフエダイ、キンギョハナダイ、ウメイロモドキ、ハナミノカサゴ、オオモンハタ、ブダイ、オキゴンベ、コロダイ、ミアミラウミウシ、ミドリリュウグウウミウシ、イガグリウミウシ、コイボウミウシ など

 

ファイル sea20071028.jpg

◎三段壁:
(天候)快晴
(水底温度)24.6℃
(透明度)10~15m
(主な生物)スジアラ、アオブダイ、イサキ群れ、フエヤッコダイ、キンチャクダイ、レンテンヤッコ、フタスジタマガシラ、ニザダイ群れ、チビキ、ヒョウモンダコ、アマミスズメダイ、コガネスズメダイ、ナガサキスズメダイ、ソラスズメダイ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイ、クサカケベラ幼魚、シラコダイ、ニラミギンポ など
◎沈船:
(天候)快晴
(水底温度)23.9℃
(透明度)6~8m
(主な生物)キンメモドキ大群、アジ大群、カンパチ群れ、クロホシイシモチ群れ、ヨスジフエダイ、ウメイロもどき群れ、イシダイ、グレ、ニザダイ、コロダイ、イラ、ブダイ、テンス幼魚、ミナミハコフグ幼魚、オオモンハタ、ソラスズメダイ、キンギョハナダイ、ムラサキウミコチョウ など

1週間ぶりのボートダイブ。
台風の影響残りで特に三段の方はかなり強めのうねりでしたが、意外と透明度の方は問題無しで結構青かったです。
逆に沈船の方はうねりはさほどですが、透明度が悪め。

今日は先週体調こわして延期になったtakaさんとマンツーマンダイブ。
何故かtakaさんとマンツーの時は天気がめちゃいい記憶が多い。
今回はうねりも重なって結構しんどそうな感じが否めない様子でしたが、また体調万全で潜りましょう。
もう1回くらいウエットでいけるかな??

 

※下部「コメント(0)」クリックでコメント投稿もできます。是非一言!
※その他の掲載しきれなかった水中等の画像は写真集へ掲載しています。

ページ移動

ユーティリティ

archive/過去ログ

No Data
ブックマークはありません。

page

  • ページが登録されていません。
052019/0607
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -