インフォメーション

 ★スキューバ体験向けジャンケン割引イベント!

お陰様で体験ダイビング実施50名様超で終了しました。ありがとうございました。


 FeedアイコンRSS1.0 、 FeedアイコンRSS2.0 、 Feedアイコンfeedburner最適化Feed


エントリー

タグ「ボート」の検索結果は以下のとおりです。

ファイル sea20090222.jpg 日中はポカポカ暖かかったですね~(^^♪
海も穏やか。

朝一のボートは三段壁へ行ってきました。
しかし水中は昨日一昨日の影響で濁ってました。

今日のファンダイブはM村さんのアドバンス最終回。
前々回残ってしまったディープテーマでした。
コース自体は何の問題も無かったですが、冬場に今日の濁りはちょっとさびしい・・・
しかも水中でカメラが!・・・
(ということで、今日は陸上画像しかありません)

午後からはビーチでのんびり中性浮力テーマ。
ドラえもんがひっくり帰ってました(~_~;)
一昨日の波の感じは台風みたいでしたからね~。
自然の力のすごさを感じます。

今日でM村さん無事アドバンス修了です。
おめでとうございます。
あと残り1ヶ月ちょっと・・・
時間見つけてまた潜りにきてくださいネ。

 

※下部「コメント(0)」クリックでコメント投稿もできます。是非一言!
※その他の掲載しきれなかった水中等の画像は写真集へ掲載しています。

◎三段壁:
(天候)晴れ、(水底温度)14.7℃、(透明度)3~5m
(主な生物)イサキ群れ、タカベ群れ、キリンミノカサゴ、シラコダイ、レンテンヤッコ、キンチャクダイ、キンギョハナダイ、スズメダイ群れ、クマノミ、ソラスズメダイ、ヌノサラシ、ニセカンランハギ、ニザダイ、サガミコネコウミウシ、オトヒメエビ、モンハナシャコ、イボイソバナガニ など
◎権現崎:
(天候)くもり、(水底温度)13.7℃、(透明度)4~6m
(主な生物)ツノダシ、ソラスズメダイ、カサゴ、イシモチ、キタマクラ、ヨメヒメジ、ウツボ など

ファイル sea20090111.jpg 今日も風が強く波も高め。
(昨日よりもマシか!)

そして今日もやっぱり水温高く19℃オーバー。
ボート上で冷風あびた後に水に飛び込むと「あったか温泉」状態でした。

透明度もいい感じ。
特に午後は15m以上で気持ち良かったです(水中は)
ツバメウオが居付いてますね~。
どのくらいまで居てくれるかな。

水中はいいんですがボート上はさすがに真冬感絶好調でした。
今回ボートでAOWのディープテーマ予定でしたが、波・風のため近場ポイントになり、しかも引き潮時間帯だったこともあり今回は断念。
まあ、M村さんはしばらく地元ということですので、その間にボチボチといきましょう!
2日間とも寒波の中でしたがお疲れ様でした。
ありがとうございました。

今度はグッドコンディションになりますように!

 

※下部「コメント(0)」クリックでコメント投稿もできます。是非一言!
※その他の掲載しきれなかった水中等の画像は写真集へ掲載しています。

◎沈船:
(天候)晴れ、(水底温度)19.1℃、(透明度)8~12m
(主な生物)タカベ群れ、イサキ群れ、アジ群れ、イシモチ群れ、オオモンハタ、ハナミノカサゴ、オニオコゼ、ダイナンウミヘビ、イラ、イロカエルアンコウ、キンギョハナダイ、ソラスズメダイ、ブダイ など
◎沈船 南の根:
(天候)晴れ、(水底温度)19.1℃、(透明度)15~18m
(主な生物)ツバメウオ、ヨスジフエダイ群れ、イサキ群れ、トラウツボ、イシダイ、グレ、コロダイ、キンギョハナダイ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイ、マツバスズメダイ、ヘラヤガラ、アオウミウシ、キイロウミウシなど

ファイル sea20090102.jpg 新年の初潜りしてきました(^^♪

なんと昨年と同じく帰郷中のY田さんと!
それから、これまた関東方面から帰郷中のK川さんのお二人とボートダイブ。

北風が強めで水面は高めの波・・・
ボート移動中向かい風になる行きは特にアレでしたが、水中に入ってしまえば穏やかで透明度も15mほどあり、まずまずのスタートでした。

ただ、近場の沈船周辺のみになってしまいましたけどね(^_-)-☆
冬場らしくのんびりできて良かったです。

お二人ともよい1年をお過ごしになれますようお祈りいたします。

 

※下部「コメント(0)」クリックでコメント投稿もできます。是非一言!
※その他の掲載しきれなかった水中等の画像は写真集へ掲載しています。

◎沈船:
(天候)くもり、(水底温度)16.7℃、(透明度)10~15m
(主な生物)アジ群れ、ハマチ群れ、イサキ群れ、イシモチ群れ、キンギョハナダイ、オニオコゼ、ハナミノカサゴ、オオモンハタ、ヨスジフエダイ、ダイナンウミヘビ、キカモヨウウミウシ、アオウミウシ など
◎南の根:
(天候)くもり、(水底温度)16.6℃、(透明度)10~15m
(主な生物)イサキ群れ、ハタタテダイ群れ、ヨスジフエダイ群れ、インテンフエダイ、キンセンフエダイ、オオモンハタ、ヌノサラシ、グレ、イシダイ、ワニゴチ、キイロウミウシ など

ファイル sea20081109.jpg 朝方の雨と冷たい風・・・
という訳で今日もドライ。
水中はまだ暖かいんですけどね~^_^;
ちなみにK目さんは今日もウエットで"全然寒くない"とのこと!
ドライも持ってるのに自身ウエットって決めたからウエットで!と意志強固さはさすが!

しつこいようですが、水中は暖かくて水温は24℃弱。
視界も良く20mクラス。

しっかり今日もキンメモドキやアジの大群を追い掛け回すカンパチを尻目にレック潜入講習。
スカッと無事修了して残りは魚群にシュワシュワ~っと突っ込み回して・・・あっという間にタイムオーバー!

続く2本目は予測より海況が良かったので予定変更して三段壁。
ブラブラっとピカチユーをゲットするとdecoがらみもあり、後は中層をプカプカ海底遺跡(!?)めぐり!

ほんと「水中は」すこぶる快適でした。
要するに「濡れた体に帰りのボートで風に打たれ」るのがしびれます。
今日はボート移動中に波の影響で浴びる海水が温水をかぶってるようで・・・

無事M本さん念願(?)のレックSPも修了!
おめでとうございます。
九州から遠路はるばる2度に分けてお越しいただく形になりましたが、海の中は快適でいい白浜を堪能いただけたのではないかと思います。

K目さんも四国からいつもありがとう。
次回はドライの時期にまた潜りましょう!

 

※下部「コメント(0)」クリックでコメント投稿もできます。是非一言!
※その他の掲載しきれなかった水中等の画像は写真集へ掲載しています。

◎沈船:
(天候)雨、(水底温度)23.9℃、(透明度)16~20m
(主な生物)キンメモドキ大群、カンパチ、ハマチ、スジアラ、タカベ、アジ、イシモチ、テンジクダイ、ハナミノカサゴ、ヨスジフエダイ、アカヒメジ、キンギョハナダイ、ゴンズイ など
◎三段壁:
(天候)くもり、(水底温度)23.8℃、(透明度)20~23m
(主な生物)ピカチユー(ウデフリツノザヤ)ウミウシ、ヒトデヤドリエビ、ネッタイミノカサゴ、シラコダイ、チョウチョウウオ、キンチャクダイ、キンギョハナダイ、トラウツボ、ワカウツボ、ソラスズメダイ、スズメダイ、など

ファイル sea20081108.jpg 今日は朝から雨、肌寒い空気・・・気温は12℃・・・
ナイトダイブも予定してることもあり、今シーズン初のドライスーツダイブにしました。

水中はまだ24℃前後あり温かいのですけど。
2ヶ月前のボートクローズ時のリベンジということで残りのレックSPダイブ。

リベンジは、山口県からのM本さん。
それから四国からのK目さんも加わって、1本目は沈船。

キンメモドキの大群!!!

やはり沈船はこうでないと\(^o^)/

今回のレックテーマは船内潜入。
キンメの大群に圧倒されて、実はすぐには潜入出来ずボーッと・・・
透明度も良く全景が見渡せる中、カンパチもグルグル。
気持ちよかったです。

色津の方も綺麗に地形が見渡せて◎

明日も沈船でレックSPの仕上げ予定です。

 

※下部「コメント(0)」クリックでコメント投稿もできます。是非一言!
※その他の掲載しきれなかった水中等の画像は写真集へ掲載しています。

◎沈船:
(天候)雨、(水底温度)23.7℃、(透明度)18~22m
(主な生物)キンメモドキ大群、イシモチ群れ、アジ群れ、テンジクダイ群れ、カンパチ、ヨスジフエダイ、ハナミノカサゴ、ゴンズイ群れ、オオモンハタ、ブダイ など
◎色津:
(天候)くもり、(水底温度)23.7℃、(透明度)15~20m
(主な生物)サザナミヤッコ幼魚、キンギョハナダイ群れ、ヨスジフエダイ、コロダイ、キンセンウミウシ、コブダイ、ソラスズメダイ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイ、オニカサゴ、ヒョウモンウミウシ など
◎権現崎(ナイト):
(天候)くもり、(水底温度)23.3℃、(透明度)10m前後
(主な生物)巨大タコ、ハナミノカサゴ、トゲチョウチョウウオ、ハリセンボン、ハコフグ、アカエイ、イシモチ、ニザダイ、ソラスズメダイ、オトヒメエビ、サラサエビ、タツナミガイ など

ファイル sea20081102.jpg 連日の快晴で青空。
そして海のほうも青くて綺麗で気持ちよかったです。

もちろんウエット。
今日の天気だと陸上でもポカポカしててウエットの方がベター。

先週ご一緒したお二人、Y田さんN村さんと今度は1ボート1ビーチダイブ。
それにしても今日の三段壁は良かったです。
改めてここのダイナミックな地形を堪能できたのではないかと思います。
エントリー直後に南国ムード満開な大きいアオブダイが対で悠々とお出迎え。
水深29mまで潜って十分全体が見渡せました。

権現崎も綺麗でした。
太陽の光もたくさん差し込んで、青いソラスズメダイが輝いてました。

お二人とも今度はドライの時期かな?
また楽しみにしてます。

 

※下部「コメント(0)」クリックでコメント投稿もできます。是非一言!
※その他の掲載しきれなかった水中等の画像は写真集へ掲載しています。

◎三段壁:
(天候)快晴、(水底温度)23.7℃、(透明度)15~20m
(主な生物)アオブダイ、スジアラ、イサキ群れ、キンギョハナダイ群れ、ソラスズメダイ群れ、キンチャクダイ、カゴカキダイ、シラコダイ、スズメダイ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイ、など
◎権現崎:
(天候)晴れ、(水底温度)23.0℃、(透明度)10~15m
(主な生物)グレ群れ、チヌ、マダイ、キビナゴ群れ、アカエイ、アオヤガラ、クマノミ、ソラスズメダイ、フウライチョウチョウウオ、チョウチョウウオ、クロホシイシモチ群れ、タカノハダイ など

ファイル sea20081029.jpg 朝方ヒヤッとした風の日が続いてますが、昼前から太陽が差し込んでくるとポカポカ陽気が気持ちよかったです。

午前中にボート、午後からビーチダイブしてきました。
もちろんまだウエットスーツ。

今日は太陽の恵みがたっぷりで、寒さは殆ど感じなかったです。
午前中は久しぶりの三段壁。
微妙なもやはありましたが、水の中は青くて気持ちよく地形が見渡せました。
スズメダイやハナダイなど小さな熱帯魚がワンサカでしたよ。

午後からはビーチでナビゲーションダイブ。
ナビに必死で真横に立ってるドラえもんがわからなかった!?
という声がでていたのがちょっとアレですが・・・
浮き上がったりバタバタはあったものの、ナビゲーションテーマとしては寸ぷん違わずスタート地点に帰ってきてくれて文句なしのフィニッシュを迎えることができて、ホッ

としたのもつかの間・・・・

エキジット間際にオコゼかゴンズイの餌食に・・・・

ダイビング中はむやみやたらと手を付かないことが重要。
も一つ手袋も。

と、上げ下げ波のある1日でしたが、
ご一緒したのは、
能登島ダイビングリゾート
から紹介いただいた高校バスケット部の先輩後輩という50代のお二人、M田さんT口さん。
今日の2ダイブ目で晴れて10本目。
合わせてアドバンス修了おめでとうございます。

ドライスーツシーズンに入る前にまたご一緒できるといいのですが。
っていう前に、手の方お大事に!
早い回復を祈ってます!

 

※下部「コメント(0)」クリックでコメント投稿もできます。是非一言!
※その他の掲載しきれなかった水中等の画像は写真集へ掲載しています。

◎三段壁:
(天候)晴れ、(水底温度)24.1℃、(透明度)10~15m
(主な生物)イサキ群れ、キンギョハナダイ群れ、ソラスズメダイ群れ、シラコダイ、ハナミノカサゴ、フエヤッコダイ、チョウチョウウオ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイ など
◎権現崎:
(天候)快晴、(水底温度)23.8℃、(透明度)8~10m
(主な生物)キビナゴ群れ、アケボノチョウチョウオ、トゲチョウチョウウオ、フウライチョウチョウウオ、チョウチョウウオ、ソラスズメダイ、ナガサキスズメダイ、クマノミ、ハタタテダイ、ツノダシ、チヌ など

ファイル sea20081011.jpg 朝方降っていた雨はダイビングする頃にはすっかり上がっていたものの、1本目は風波が少し強め。
水中に入ってしまえばうねりもなく、視界も程よくて気持ち良かったです。

今日は、約1ヶ月前にOWDコースをご一緒したS本さんと、急遽参加いただくことになったK村さんのアドバンスオープンウォーターダイバーコース。
午前中にボート2本と午後からビーチダイブしてきました。

水面の風波をクリアすると水中はまずまず。
久しぶりの千石丘でしたが、地形全体が見渡せて熱帯魚達も元気。
沈船方面よりやはり水が少し青かったです。

沈船は相変わらずカンパチが元気。
かなり彼らに捕食されているだろうに、アジもイサキもイシモチも増える一方。

権現も透明度上がりました。
ドラ○もんが見渡せます。

明日も引き続きAOW予定。

 

※下部「コメント(0)」クリックでコメント投稿もできます。是非一言!
※その他の掲載しきれなかった水中等の画像は写真集へ掲載しています。

◎千石丘:
(天候)くもり、(水底温度)24.0℃、(透明度)10~15m
(主な生物)キビナゴ群れ、キンギョハナダイ群れ、スジアラ、ソラスズメダイ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイ、レンテンヤッコ、イシダイ、イシガキダイ、ニザダイ群れ、オニヒトデなど
◎沈船:
(天候)晴れ、(水底温度)24.1℃、(透明度)10~15m
(主な生物)アジ大群、イサキ大群、カンパチ群れ、イシモチ群れ、キンメモドキ、オオモンハタ、ハナミノカサゴ、ヨスジフエダイ、ソラスズメダイ、キンギョハナダイ、ヒメユリハゼなど
◎権現崎:
(天候)晴れ、(水底温度)24.6℃、(透明度)8~12m
(主な生物)ミナミハコフグ幼魚、ソラスズメダイ、チョウチョウウオ、トゲチョウチョウウオ、ニセカンランハギ、チヌ、ユビノウハナガサウミウシ など

ファイル sea20081009.jpg 今日も1日中ポカポカダイビング日和。
まだまだ陸上でウエットスーツ来ていると汗かくくらい暑いです。
水中は快適(^-^)

OWDライセンス取得スクールとファンダイブで海入ってきました。

8/21-22のOWDコースの残り最終日のIさん。
今回は準備万端で前回よりは余裕を持って潜れたみたいで、楽しさも少し見えてきた感じです。
学科テストを高得点で難なくクリアし、晴れてダイバーの仲間入りとなりました。
おめでとうございます。
これからもっともっとダイビングの楽しさをお伝えできれば光栄です!

朝一番はビーチで講習兼ファンダイブ。
昨日から引き続きのY崎さんと講習のIさん。
ちょっと水中のもやが目立ちましたが、お馴染みドラ○もんやアジ・ソラスズメダイの群れ、クマノミの赤ちゃんなんかをプカプカ観て回りました。

その後、急遽ボートダイブすることにし色津へ。
ここももやはありましたが水は比較的綺麗で、大小のアーチや水路等の地形、熱帯魚、ソフトコーラルなんかを満喫。
楽しかったです。

お2人ともありがとうございました。
またご一緒しましょう!

 

※下部「コメント(0)」クリックでコメント投稿もできます。是非一言!
※その他の掲載しきれなかった水中等の画像は写真集へ掲載しています。

◎権現崎:
(天候)晴れ、(水底温度)24.8℃、(透明度)4~7m
(主な生物)アジ群れ、キビナゴ群れ、カマス群れ、ソラスズメダイ、キリンミノカサゴ、ニセカンランハギ、フタスジタマガシラ、ホウセキキントキ、トゲチョウチョウウオ、チョウチョウウオ、ツノダシ、ハリセンボン、クマノミ、ミツボシクロスズメダイ など
◎色津:
(天候)晴れ、(水底温度)24.9℃、(透明度)8~12m
(主な生物)イサキ群れ、ヨスジフエダイ、ロクセンフエダイ、コロダイ、ヌノサラシ、キンセンイシモチ、ブダイ、クマノミ、ナガサキスズメダイ、ソラスズメダイ、キンギョハナダイ、シマウミスズメ、 など

ファイル sea20081008.jpg 1日中最高のダイビング日和でした(^-^)
ポカポカ暑くも寒くもなく気持ち良かったです。

海中も潮が入ってたりはありましたが、10月らしい華やかで綺麗で快適で・・・
しかもいいことづくしで(^_-)-☆

娘が産まれてからの初ダイブを祝ってくれてるような・・・
いい1日でした。

ご一緒したY崎さん。
今は能登島ダイビングリゾートにいらっしゃる僕のお師匠さんの一人が、先日お店のツアー途中で立ち寄ってくれたんですが、その時のお客さんの一人が「白浜に忘れ物をした!」ということで、はるばる能登から電車を乗り継いで白浜まできてくれました。

忘れ物とは、カエルアンコウとの対面。
どうやら絶対にこの日は会える!という確信のような閃きがあったようで、その確信だけを糧に急遽・・・

という訳で、必然的にカエルアンコウねらいのダイブに決定!
白浜では沈船や色津、三段壁、ペイマンケーブ等がカエルアンコウ遭遇率が高いのですが、そういう意味では確立の低い中島観測塔が1本目。

エントリーする前から水面にはアジ等の小魚の群れがピョンピョンしてて、魚いっぱいだろうな~・・
案の定水中は魚・魚・魚・・・大きめなカンパチがグルグル・・・
どうしてもそっちに意識がいってしまうのを押さえることが出来ず、プカプカ眺めつつそろそろ一緒に探そうか!とマクロモードに入って2,3分、スレートに「こういう感じのところによく居ます」って書いて指差し説明し始めて横を見ると「ウッ・・」いきなりデカイのがそこに・・・
30cmくらいのがこっちを見ていて・・・
あっさり目的クリア\(^_^)/

こんなことってあるんですね~。
念じればなんとやら。
確信は大当たり!良かったです。

ハイテンションのまま昼食とって2本目沈船。
宿泊先の「オーシャンハウス下川原」のオーナーも一緒に潜ることに。
エントリーしようとしたらY崎さんのカメラがどこにも見当たらない・・・
一瞬にしてテンションが下げ下げ・・・

見つからないまま潜りはじめると、またまたカンパチの運動会。
アジやイサキが逃げ回ること逃げ回ること、魚が回ってるのか目が回ってるのかわからん状態に・・・

これまたそっちを程ほどに、カメラ探ししながらネジリンボウいないかな~と砂地移動。
諦めて沈船へ戻ると船長のMくんが「ハイ!」ってカメラを探してきてくれて。
やっぱり器材装着時に近くに置いていたカメラが水の中に落ちてしまってたみたいです。
それにしても水中の砂原の中、小さなカメラを探し出してくれたのにはビックリ仰天!

その後はまたテンション上がって沈船周りの獲物を・・・
結果的になにもかもいいことづくしで、ほんと良かったです(^^♪

 

※下部「コメント(0)」クリックでコメント投稿もできます。是非一言!
※その他の掲載しきれなかった水中等の画像は写真集へ掲載しています。

◎中島観測塔:
(天候)晴れ、(水底温度)23.7℃、(透明度)8~12m
(主な生物)アジ群れ、カンパチ群れ、イサキ群れ、キンギョハナダイ群れ、ソラスズメダイ群れ、オオモンカエルアンコウ、キンチャクダイ、レンテンヤッコ、フエヤッコダイ、ハタタテダイ、イシダイ、イシガキダイ、アミメハギ、クマノミ、オトヒメエビ、イソギンチャクモエビ など
◎沈船:
(天候)晴れ、(水底温度)24.2℃、(透明度)10~15m
(主な生物)カンパチ群れ、ハマチ、コバンザメ、タカベ群れ、イサキ群れ、イシモチ群れ、キンメモドキ群れ、ハナミノカサゴ、ヨスジフエダイ、ハタタテダイ、クロユリハゼ、ブダイ、など

ページ移動

ユーティリティ

archive/過去ログ

No Data
ブックマークはありません。

page

  • ページが登録されていません。
022019/0304
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -