エントリー

カテゴリー「海情報」の検索結果は以下のとおりです。

ファイル sea20070722.jpg

◎権現崎:
(天候)晴れ
(水底温度)23.9~24.8℃
(透明度)3~7m
(主な生物)ハタタテダイ、カゴカキダイ、グレ、カマス、イシダイ、イサキ群れ、アジ群れ、クロホシイシモチ群れ、ハナミノカサゴ、ロクセンスズメダイ、ソラスズメダイ、クマノミ、オトメベラ、テンクロスジギンポ、スズメダイ、アオリイカ、アオリイカ卵、ユビノウハナガサウミウシ、キイロウミウシ、センテンイロウミウシ など

今日は朝からビーチで、午前中に2本、午後から2本潜ってきました。
全体的には午前中のほうが綺麗だったけど、午後の方がドラ○もんはくっきり見えたなー。

今朝久しぶりに水面に固まって泳いでるアオリイカのちびっ子達を見た。
ちょっと前のアジの大群のせいで、アオリイカ達が大人になれないのでは?
という恐れは解消されました(^^♪

午後の最終にちょっと移動距離を増やして沖へでてみましたが、やはり台風の影響が多々見受けられます。
打ち寄せられてきた(?)多数の岩、浮遊物、それと貴重なサンゴの群生が・・・

今日も午前中、午後とバタバタになってしまったり、お待たせしたり・・
ごめんなさい。
普段はゆったり出来ることが圧倒的に多いんですが(×_×;)

またよろしくお願いします。

 

※下部「コメント(0)」クリックでコメント投稿もできます。是非一言!
※その他の掲載しきれなかった水中等の画像は写真集へ掲載しています。

ファイル sea20070721.jpg

◎権現崎:
(天候)くもり
(水底温度)23.9℃
(透明度)4~7m
(主な生物)イサキ群れ、チョウチョウウオ、オトメベラ、ニザダイ、グレ、アジ群れ、クロホシイシモチ、ソラスズメダイ、アオリイカ卵など
◎千石丘:
(天候)くもり
(水底温度)22.5℃
(透明度)5~8m
(主な生物)ハタタテハゼ、ウツボ、レンテンヤッコ、シラコダイ、イソギンポ、クマノミ、イソギンポ、セムシカサゴ、ミギマキ、コマチコシオリエビ、クチナシイロウミウシなど
◎沈船(跡):
(天候)くもり
(水底温度)23.3℃
(透明度)5~8m
(主な生物)イサキ群れ、クロホシイシモチ群れ、オオモンハタ、イラ、ブダイ、オキゴンベ、など

今日は朝からちょっと(いやかなり?)バタバタ。
そしてずっと海へ出てました。

朝一は雨が降ってるのか降ってないのか微妙な天気でしたが、水中視界は格段に良くなってきてました。
やっとドラ○もんの全身がくっきり見えます(^_^;)
イサキの群れが印象的でした。

そのままボートで三段壁へ!
ところが結構水面が上り潮で流れてて・・・
ポイント変更し千石丘へ。
AOWのディープ講習も含めてのファンダイブだったのですが、降りていっていきなり今年初の、

ハタタテハゼ!

まさしく台風の効用(^^♪
今日のダイビング中に出会った一番嬉しい魚でした。
沖縄とかでは良く見かけるのですが、南紀では貴重。
それに色といい姿といい動きといい、可愛くて個人的に大好きなハゼです。

カメラには・・・ピントが全く合ってなくて全然駄目でした。

他にもイソギンポやクチナシイロウミウシ等可愛いやつがちょくちょく。

午後からの沈船は!

一応きいてはいたけど・・・

無いんです。

全長28m高さ10mの鉄の沈んだ船が・・・
もちろん原因はタイフーン!

大自然の力っていうのは・・・

いやね、数メーターの移動どころじゃないんです。
数十メーターのレベルで移動してしまっているようで・・・
砂地コンパス移動を少し試みましたが、諸事情により探すの断念しました。

イサキやイシモチの大群は観れたんですがね。
やはり消化不良です。
次回は沈船から直接あがってる梵天まで水面移動して潜水開始しようと硬く思いました。
今のところ・・・

今日ご一緒した6名の皆様。
バタバタになってしまってごめんなさい。
そして色々ありましたが、価値ある経験として今後のプラスに生かしていただけると幸いです。
お疲れ様でした。

 

※下部「コメント(0)」クリックでコメント投稿もできます。是非一言!
※その他の掲載しきれなかった水中等の画像は写真集へ掲載しています。

ファイル sea20070720.jpg

◎権現崎:
(天候)くもり
(水底温度)23.6℃~24.4℃
(透明度)4~7m
(主な生物)チヌ、キビナゴ群れ、アジ群れ、イサキ群れ、グレ、ニザダイ、タカノハダイ、オトメベラ、ホンソメワケベラ、チョウチョウウオ、ソラスズメダイ、クマノミ、ゴンズイ、カサゴ、クロホシイシモチ、ヨコスジイシモチ、キイロウミウシ、ユビノウハナガサウミウシ など

昨日から始まったOWDコース2日目。
朝から早速オープンウォーターダイブへ突入。

真っ先の水面移動。

おっ!水底が見える!
まだ見える!

昨日からしたらかなりの回復具合。
視界の話です。
7mくらいまでは見えました。

コースも順調順調。
魚もキラキラ!
所々ソラスズメのかわいい稚魚達もお目見え開始。

順調に進行中だったんですが、突如・・・
やはり苦手の一つや二つ出てくるものです。
それに、強行大阪日帰り連日2日間。
筋力的に(?)足の押さえが利かなくなったようなところが。
最終ダイブで、そのあたりの限界がきていたみたいでしたが、その他は問題なく。

一方で、3日間連続でご一緒したS田さんは見違えるようでした。
いいダイバーでいいバディーでした(^^♪

お二人ともお疲れ様でした。
そしておめでとうございます。
忘れないうちにまた潜りにきてくださいね。

 

※下部「コメント(0)」クリックでコメント投稿もできます。是非一言!
※その他の掲載しきれなかった水中等の画像は写真集へ掲載しています。

ファイル sea20070719.jpg

◎権現崎:
(天候)快晴
(水底温度)24.7℃
(透明度)2~4m
(主な生物)ソラスズメダイ、チョウチョウウオ、テンクロスジギンポ、ハリセンボン、オトメベラ、カサゴ、グレ、タカノハダイ など

朝から快晴。
午前中は大阪からライセンス取得コースを受けにきてくれたfumiちゃんの学科レクチャー。
なんとこの日日帰って、また明日もという強行2日間。
このパターンは私も初。

午後からは、前日もご一緒したS田さんも加え海へ。
海は穏やかで天気も抜群。
そして前日よりは視界が回復してきてると思ったのは浅場だけ。
ドラ○もんのあたりは・・・でした。

浅場で行ったスキル練習は順調順調(^^♪
全部終わってしまいました。
一つ一つゆっくり確実にやっていくfumiちゃん、実にいい感じでした。

やはり運動神経の良さより、「確実に一つ一つ素直に慎重に」が飲み込みの良さの秘訣(^_-)

ところで僕はといえば、前日より半袖ウエット着用しはじめ、この日も同じく半袖。
半一丸々水に浸かっているとやはり、冷えます。とっても・・・。

 

※下部「コメント(0)」クリックでコメント投稿もできます。是非一言!
※その他の掲載しきれなかった水中等の画像は写真集へ掲載しています。

ファイル sea20070718.jpg

◎権現崎:
(天候)快晴
(水底温度)22.2~23.8℃
(透明度)2~5m
(主な生物)ハタタテダイ、クマノミ、ソラスズメダイ、アジ群れ、チョウチョウウオ、オトメベラ、クロホシイシモチ、ヨコスジイシモチ、ニジギンポ、ユビノウハナガサウミウシ など

今日は朝からよく晴れ渡った気持ちいい(暑い)1日でした。
台風後に極端に悪化した水中視界の方は、相変わらず・・・ですが、今日の午後はちょっぴり良くなった感が。

午前中は、昨日お店に立ち寄ってくれたhiromiちゃん、yosieちゃん、kyoukoちゃんの3人組との体験ダイビング。
同じく昨日立ち寄ってくれたS田さんも一緒にファンダイブ。

二人は全く初めてのダイビングだったので、しかも一人は泳げない!とのことで、はじめてしばらくはアレでしたが、後半はすっかり落ち着いて色んな生物を見て楽しんでくれたようです。

それにしても、午前中のドラ○もんあたりの視界の悪さは抜群だったのですが、それでも観れると嬉しそうです。
これで落ち着いていられたんだから、ライセンス取ったらもうバッチリ(^^♪

午後からはS田さんに加え、20歳の二人、M村さんN佐さんペアとの体験ダイビング。

まあどうでもいいことなんですが、二人して僕の年齢を最初25歳→27歳→29歳!と言ってくれて、僕はというとすっかりご満悦(^^♪
まだまだ20代としてやっていく自信(?)がつきました!\(^o^)/
(ような気がする・・)

まそんなことはほんとどうでもいいんですが、浅場の練習もスムーズにいったし、何故かすっかり普通より潜水時間が長めに・・・
結果的に、20歳の若者にすっかりのせられたということでしょうか^_^;

透明度が少し良くなったこともあり、午前中は行けなかったクマノミにもあいにいけて、すっかりリラックスダイブでした。

一人、ファンダイブのS田さんは、試行錯誤に余念がなかったみたいですが・・
明日のライセンス取得コースへもご参加いただくことになりましたが、明日はとにかく楽にいきましょう!

 

※下部「コメント(0)」クリックでコメント投稿もできます。是非一言!
※その他の掲載しきれなかった水中等の画像は写真集へ掲載しています。

ファイル sea20070716.jpg

◎権現崎:
(天候)快晴
(水底温度)21.2~24.1℃
(透明度)1~3m
(主な生物)ソウシハギ、ソラスズメダイ、クマノミ、アカエイ、クロホシイシモチ、など

今日は昼前からすばらしい青空。
the台風一過!
じめじめした感じのしない、程よい風もふいていていい気候でした。
夏モードです。

やっぱり海の日あたりを境に、しらら浜は凄くなります。
毎年、はっきりしてます。
浜だけでなく、その周辺の道路も若い男女が水着姿のまま何の気後れも無くアチコチうろうろ(^^♪

海の方は。
朝方はまだ残っていた波・うねりでしたが、時間が経つにつれみるみる回復。
昼過ぎには全く問題ないレベルまで収まってました。

ただ、水中視界はまだ駄目です。
朝方などは、海を見渡すと一面エメラルドグリーン。
まあある意味、強い太陽の光と合わせって、南国の雰囲気満載の色合いで綺麗なのですが、水中の実情は・・・

特に海へ入る予定は無かったのですが、結果的に午後からビーチダイブを2本潜ってきました。

しかしこれがまた、ちょうダイビング日和で・・・
「水中も綺麗なことを祈って・・・」
など期待は全くしていませんで、視界悪を最大限覚悟。

海水浴客もいっぱい水に浮かんでるし、で、中に入ってみると案の定・・・
それでも砂地の浅場はそれなりにみえてますが、ドラ○もん辺りまで進むと、っていうかドラ○もんが「い・な・い」

いえ居ないんです。

いえ居ました。
5,6m先でうつぶせになって、うねり攻撃を回避して御座ったご様子。
元にお戻しするにはあまりに視界が悪いため、その場で起立いただくに留め置くことにしておきました。

しかしアレです。

今日は、中世浮力とナビゲーションという、2本ともはっきりとしたテーマをもって潜っていたので、色々試行錯誤したり何かを達成したり感で充実できましたが、これがただのファンダイブだと・・・
ガイドする立場も中々きついものがあります。

心配なナビゲーションも、しっかり達成!

終わってみれば、充実した2本でした。

頭の中でちらっと、6月の大阪海遊館前でゴミ拾いダイブしたときの景色がダブったことは内緒。

 

※下部「コメント(0)」クリックでコメント投稿もできます。是非一言!
※その他の掲載しきれなかった水中等の画像は写真集へ掲載しています。

ファイル sea20070709.jpg

◎権現崎:
(天候)くもり
(水底温度)24.9℃
(透明度)3~5m
(主な生物)ハリセンボン、クマノミ、ハタタテダイ、オトメベラ、チョウチョウウオ、クロホシイシモチ、アジ、コロダイ、イシダイ幼魚、グレ、カマス、タカノハダイ、カサゴ、アオヤガラ など

今日は、オーシャンハウス宿泊の3人、M田さんY田さんO崎さんに、オーナーの下川原さんを加え、5人でビーチダイブしてきました。

内2人は体験ダイビング。
最初こそアレだったけど、途中からかなり落ち着いたこともあって、みんなで特別ロングタイムダイブ。
通常の体験ダイビングの3倍ほど潜ったかな。

視界は今一だったけど、たくさんの熱帯魚と一緒に、擬似無重力体験を満喫できたようです。

今頃は帰りのバスの中で爆睡してることでしょう(^^♪
お疲れ様でした。
また白浜の海での再会を楽しみにしてます。

 

※下部「コメント(0)」クリックでコメント投稿もできます。是非一言!
※その他の掲載しきれなかった水中等の画像は写真集へ掲載しています。

ファイル sea20070708.jpg

◎権現崎:
(天候)晴れ
(水底温度)24.1℃
(透明度)3~5m
(主な生物)クマノミ、アオリイカ、コロダイ群れ、アジ群れ、クロホシイシモチ、ソラスズメダイ、ハリセンボン、スズメダイ、チョウチョウウオ、ヨコスジイシモチ など
◎沈船:
(天候)晴れ
(水底温度)24.3℃
(透明度)5~10m
(主な生物)シマアジ(A型)群れ、キンメモドキ大群、クロホシイシモチ群れ、アジ群れ、イサキ群れ、ヨスジフエダイ群れ、イシダイ、グレ、アオブダイ、ブダイ、ハナミノカサゴ、オオモンハタ、クエ、キンギョハナダイ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイ、コロダイ、オニカサゴ、ヒョウモンウミウシ、キイロウミウシ など

昨日ご一緒したT崎さんの晴れ女ぶりが見事発揮され(?)、今日もいい天気。
2年ぶりのS木さんご夫妻と、初めてご一緒するM折さんを加えた5人でビーチとボートを1本ずつ潜ってきました。

ビーチでは水中視界は・・・でしたが、肩慣らし敵にプカプカ浮遊し、午後からボートへ。

沈船の小魚の大群はもう言うまでもなく・・

今日は、ちょっと興奮しました(メ゚皿゚)

最初は、「アッ、カンパチの群れかな?」

でも、「銀色な光り方が違う!」

「ギンガメアジ??」

みたいな5~60cmサイズの7,8尾の回遊魚の群れがグルグル・・・

ある人は、「カツオ!?」
とおもったくらいギラギラの光り方。

この系の群れを観るのは、実は初めてでした!
当然、興奮度は最高潮V(^0^)

カメラの小さな液晶画面では判断が難しく、みんなでイケカツオでは?みたいな落ち着き方をしたのですが、調べてみると「シマアジ」

シマアジはA型とB型に大別されるようで、今回のは黄色の体帯の無いA型のようです。

気持ちよかったです!
これだから止められない(^^♪

 

※下部「コメント(0)」クリックでコメント投稿もできます。是非一言!
※その他の掲載しきれなかった水中等の画像は写真集へ掲載しています。

ファイル sea20070707.jpg雨の七夕・・・のはずだったのに。

朝から1滴の雨ツブにもあたらなかったです。

でも、水中はうねりがあって近場ポイントのみでした。

が、2本とも小魚の大群に取り囲まれて・・・

沈船のキンメモドキは圧巻!
初めて体験する人はさぞかし魂げることと思います。
実際、初めてご一緒した京都のT崎さんはかなりの驚きを表明してくれました(^^♪

バディはお馴染みK目さん。
前回は5月だったけど、その時の沈船からしたら激変。

昼食後は久しぶりの千石丘。
水底にいってしまうと透明度も良く、水の動きも気にならないくらいだけど、浅場は中々のうねり・・・
流れも少し合わさって、エキジットは結構な運動になったみたい(^_^;)

でも、千石丘のキビナゴも凄かった。
キラキラとどこまでも続く流星群のような・・・
そうそう、まるでまさしく

天の川!!!

といった、七夕のダイビングでした。

 

※下部「コメント(0)」クリックでコメント投稿もできます。是非一言!
※その他の掲載しきれなかった水中等の画像は写真集へ掲載しています。

◎沈船:
(天候)くもり
(水底温度)24.1℃
(透明度)5~10m
(主な生物)キンメモドキ大群、クロホシイシモチ群れ、イサキ群れ、ヨスジフエダイ群れ、アジ群れ、ハナミノカサゴ、オオモンハタ、ブダイ、グレ、オニカサゴ、キンギョハナダイ、ソラスズメダイ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイ、コロダイ、サラサゴンベ、アイゴ、ミズダコ、ヒョウモンウミウシ、センテンイロウミウシ、キイロウミウシ など
◎千石丘:
(天候)くもり
(水底温度)22.3℃
(透明度)4~8m
(主な生物)キビナゴ大群、イサキ群れ、アオブダイ、スジアラ、レンテンヤッコ、シラコダイ、チョウチョウウオ、クマノミ、ハナミノカサゴ、オニカサゴ、ウツボ、キンギョハナダイ、など

ファイル sea20070706.jpg

◎権現崎:
(天候)雨
(水底温度)23.7℃
(透明度)5~7m
(主な生物)アオヤガラ、イシガキフグ、ハリセンボン、ウツボ、コロダイ群れ、ニザダイ群れ、アジ群れ、クロホシイシモチ群れ、ソラスズメダイ、チョウチョウウオ、クマノミ、アイゴ、スズメダイ、ミアミラウミウシ など

しかし今日はよく降ります。
雨。

そんな中、大阪のN山さんと大分のK藤さんの二人が旅行途中にお店を訪ねてくれて、そのまま体験ダイビング。

雨、というのは直接的にはダイビングをするのに影響はありません。

むしろ今日のように、水面は鏡のようなべた凪ぎ、水中も穏やかで視界も昨日に比べるとかなり良好。
なんてことが多いです。
水温も変わらず24℃前後。

それに、海の中に入ってしまうと下界の雨は関係なし状態だし。
誰かが言ってたけど、誰もいなくなった静かな浜から、「貸切り状態」の海でのダイビングでした(^^♪

昨日は、ミナミハコフグの幼魚に喜んだのですが、今日はアオヤガラ。
子供のアオヤガラが姿を見せ始めました。

海草の打ちあがり方も強烈!!
あれほどあちこちに散乱していたイカの卵も姿を消し、いよいよ夏が間近!といったところです。

あと、何故かめずらしく巨大なイシガキフグが!
と思えば、大き目のミアミラウミウシなんかが座っていたり・・・

二人ともまた白浜へきた時は是非立ち寄ってください!
(それまであるかな??)

 

※下部「コメント(0)」クリックでコメント投稿もできます。是非一言!
※その他の掲載しきれなかった水中等の画像は写真集へ掲載しています。

ユーティリティ

archive/過去ログ

No Data
ブックマークはありません。

page

  • ページが登録されていません。
092018/1011
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -