エントリー

カテゴリー「海情報」の検索結果は以下のとおりです。

ファイル sea20061011.jpg

◎沈船:
(天候)雨(水底温度)25.3℃(透明度)12~15m
(主な生物)キンメモドキ大群、タカベ大群、イサキ群れ、カンパチ、クロホシイシモチ群れ、イワシ群れ、ヨスジフエダイ、アジ、アカヒメジ、オオモンハタ、カゴカキダイ、ハナミノカサゴ、イラ、ワカウツボ、キンギョハナダイ、ソラスズメダイ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイ、オトヒメエビ、オキゴンベ、ブダイ、コロダイ、アオリイカ、など
◎千石丘:
(天候)くもり(水底温度)25.3℃(透明度)12~15m
(主な生物)ネジリンボウ、スジアラ、ハマフエフキ、イシダイ、レンテンヤッコ、シラコダイ、スズメダイ、キンギョハナダイ、ソラスズメダイ、ニザダイ、ミギマキ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイ など

今日はレックSPの仕上げ。
朝一のボート出港時になってどしゃぶりの雨。
しかも今日も半袖ウエット・・・
こうなってくると、ボート上より水中の方が暖かいハズ。っと案の定水に飛び込むと「モワー」っと温かったです。

そして水中は!
昨日にもまして透明度UP!!
沈船では一番いいところで透明度20mはあったと思います。
相変わらずのキンメの大群に加え、蛍光イエロー色のラインが美しいタカベの量の多いこと!
イサキの群れと合わさって、カンパチにず~っと追い回されてて、沈船上の中層も魚群フィーバー!!
安全停止中まで魚群に巻かれて休む暇無し・・

っと、今日は沈船内への潜入ダイブを2ダイブでした^_^;
そうそう、沈船内部もイシモチなんかの魚でいっぱいだった。
水中ダイブというより魚群中ダイブといった方が・・

そういえば、課題の潜入用ロープの水中結び。これまた魚が邪魔で・・・
そして船内では移動するごとに何故か真っ暗闇空間が増えたり・・
3人とも色んな体験ができて良かったですね。

とはいえ沈船ダイブばかりだったということで、コース課題終了時点で一旦エキジットして余った時間を別のポイントへ移動して潜ることに。
行き先は千石丘。
こちらもきれいでした。
特に砂地はさながら沖縄を思わせました。
ネジリンボウにまで会えてたっぷり満喫の1日でした。

S本さん、M本さん、A生さん2日間ありがとうございました。
各々が各々とも何か得るものを持って帰ってくれたみたいで嬉しいです。
またご一緒しましょうね。

話は変わって、
まことに勝手ながら、明日明後日の2日間は私用でお休みさせていただきます。
14日(土)はお店は開ける予定ですので電話受付もしておりますが、その日のダイビングについてのみお休みとさせていただきます。
ご了承くださいm(__)m

 

※下部「コメント(0)」クリックでコメント投稿もできます。是非一言!
※その他の掲載しきれなかった水中等の画像は写真集へ掲載しています。

ファイル sea20061010.jpg

◎沈船:
(天候)快晴(水底温度)25.0℃(透明度)10~12m
(主な生物)キンメモドキ大群、クロホシイシモチ群れ、タカベ群れ、イワシ群れ、イサキ、カンパチ、ヨスジフエダイ、アジ、アカヒメジ、オオモンハタ、ネッタイミノカサゴ、ハナミノカサゴ、イラ、ワカウツボ、キンギョハナダイ、ソラスズメダイ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイ、オトヒメエビ、オキゴンベ、ブダイ、コロダイ、アオリイカ、など
◎四双島沖ポイント発掘ダイブ:
(天候)くもり(水底温度)25.5℃(透明度)10~12m
(主な生物)イシダイ群れ、ハマフエフキ、アオブダイ、ブダイ、レンテンヤッコ、コガネスズメダイ群れ、シラコダイ、スズメダイ、キンギョハナダイ、ソラスズメダイ、クロユリハゼ、ニザダイ、ミギマキ など

昼過ぎまでは抜群の天候にベタ凪の海。
その中でのレックスペシャルティーコースの沈船2ダイブでした。
全体的に少し浮遊物があったりで、まだベストコンディションとはいきませんが、10m以上の視界はあり十分沈船を見渡せました。
ちょうどコース中にメジャーで沈船計測したりしたので、数値がはっきり出たりして・・・

しかしなにより小魚の群れはまたすごくなってました。
圧巻です。
寸法を測るときは、この小魚たちを追いやらないと船の測定ポイントが見えません・・・
しかも追いやっても追いやってもすぐに戻ってきたり。

ご一緒したのは、S本さん、A生さん、M本さんの3名で全員レックSP希望者。隊長(!?)のS本さんは広島より来てくださいました。

昼食後夕方から追加で1ダイブすることになり、みんなで「NEWポイント開拓・発掘便のボート」に便乗!
場所は四双島沖あたり。

水底地形に魚探をあてながら目星をたててアンカリング、その後方向を決めて移動(決めたのと反対に進んでしまいましたが・・)していき、任意の場所でフロートをあげて船に迎えに来てもらう、というドリフトモドキダイブの形で1本潜ってきました。

水底が25m弱くらいのとこに、色んな形に入り組んだウォールや岩があったりって感じで、地形もおもしろかったです。
イシダイが群れてたり、ハマフエフキやアオブダイが・・・
千石丘を深くしたような感じかな!?
これにアーチでも見つかったらポイントに設定してもいいんじゃないかと思いました。
たまにはこんなアドヴェンチャーなダイビングもワクワクドキドキできて楽しいものです。

明日も引き続きレックSPダイブ。
午前中は雨かな??

 

※下部「コメント(0)」クリックでコメント投稿もできます。是非一言!
※その他の掲載しきれなかった水中等の画像は写真集へ掲載しています。

ファイル sea20061008.jpg

◎権現崎、権現崎黄色浮標下:
(天候)晴れ(水底温度)24.7~25.2℃(透明度)6~10m
(主な生物)イシダイ群れ、イサキ群れ、グレ、チヌ、ヨスジフエダイ、フタスジリュウキュウスズメダイ、ウミウサギガイ、カマス、ハタンポ群れ、イシモチ類、アジ、アイゴ、スズキ、シラコダイ、カゴカキダイ、キンギョハナダイ、フタスジタマガシラ、タキゲンロクダイ、キヘリモンガラ、ツマジロモンガラ、アカエイ、キリンミノカサゴ、シマウシノシタ、ホウセキキントキ、アオヤガラ、アカエイ、トゲチョウチョウウオ幼魚、フウライチョウチョウウオ幼魚、チョウチョウウオ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイ、ソラスズメダイ、ハタタテダイ、シマキンチャクフグ、モクズショイ、キカモヨウウミウシ、など

風は少し残ってましたが、1日通して天気良し、透明度良しの中朝からスタートしたシーサイドでした。
今年は台風での延期やら何やらで参加人数は少なかったですが、そのぶんとってものんびりリラックスムードで、シーカヤックで遊んだり、ファンダイブの時間もゆったりとれたりで楽しく過ごせた1日でした。

風が少し残ってたのでどうかな?と思いつつ、半袖ウエットで挑んでみたんですが、水中ではまだ大丈夫でした。
潜水時間が短時間だった最初の3ダイブは全く問題なかったんですが、最終ダイブとなった黄色浮標下までの往復では、水に浸かってる時間が1時間半近く・・・後半はさすがにブルッときましたが・・・

恒例のナビゲーションゲームはやっぱりおもしろい(^^♪
スパダイブからの参加はtakaさん1名でしたが、ナビのときはスタッフを捕まえて参加。結果タイムは2番目でしたが特筆すべきは移動量。おそらく倍の距離を縦横無尽に駆け回ってたので・・・

最終のファンダイブではたくさんの魚たちが。
やっぱり夏場に比べ、この時期の方が大漁!もちろん熱帯魚の幼魚達もまだまだ健在です。

みなさんお疲れ様でした!!

 

※下部「コメント(0)」クリックでコメント投稿もできます。是非一言!
※その他の掲載しきれなかった水中等の画像は写真集へ掲載しています。

ファイル sea20061001.jpg

◎ミサチ:
(天候)雨(水底温度)26.6℃(透明度)15~20m
(主な生物)ハナミノカサゴ、イセエビ、キンギョハナダイ、サクラダイ、タカベ群れ、スジアラ、ハマフエフキ、ゼブラガニ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイ、ソラスズメダイ、コガネスズメダイ、イラ、イシダイ、など
◎ショウガセ:
(天候)雨(水底温度)26.4℃(透明度)8~15m
(主な生物)オオカワリギンチャク、カザリイソギンチャクエビ、イソギンチャクモエビ、アカホシカクレエビ、オルトマンワラエビ、モンハナシャコ、キカモヨウウミウシ、ニシキウミウシ、イシダイ、キンギョハナダイ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイ、キビナゴ、キンセンイシモチ、など

ディープSPの仕上げ。
今回はおとなり南部でミサチとショウガセのダブルディープポイントで潜ってきました。
朝から降り続く雨・雨・・・
さすがに今日は長袖ウエットにしました。
ボート上は雨風に吹かれてブルブルでしたが、水の中はいい感じでした。
透明度もgood!
たまに違うところで潜るのも気分が変わっていいものです。

昨日から引き続きご一緒したS山さんご夫妻。今日で5つのSP認定も揃い、見事マスタースクーバダイバー完成です。おめでとうございます。(^-^)//""
これからも色んなダイビングを夫婦仲良く楽しんでいってください。
またご一緒しましょう!

 

※下部「コメント(0)」クリックでコメント投稿もできます。是非一言!
※その他の掲載しきれなかった水中等の画像は写真集へ掲載しています。

ファイル sea20060930.jpg

◎三段壁:
(天候)くもり(水底温度)26.1℃(透明度)14~16m
(主な生物)カスミチョウチョウウオ、フタスジタマガシラ、フエヤッコダイ、シラコダイ、タキゲンロクダイ、ムスジコショウダイ幼魚、レンテンヤッコ、アオブダイ、キンギョハナダイ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイ、ソラスズメダイ、スズメダイ、キンセンイシモチ、イセエビ、オトヒメエビ、キイロウミウシ、タマゴイロイボウミウシ など
◎沈船:
(天候)くもり(水底温度)26.0℃(透明度)14~16m
(主な生物)ヨスジフエダイ、キンメモドキ大群、アジ群れ、イサキ群れ、メジロ(ブリ)、カンパチ、ハナミノカサゴ、オオモンハタ、アカヒメジ、キンチャクダイ幼魚、コロダイ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイ、キンセンイシモチ、ネンブツダイ、ガラスハゼ、ヘラヤガラ、キタマクラ、アカホシカクレエビ、ムラサキウミコチョウ、など
◎色津:
(天候)くもり(水底温度)26.3℃(透明度)10~12m
(主な生物)イロイザリウオ親子(黒)、ベニイザリウオ(白)、ウミウサギガイ、キンメモドキ大群、ブダイ、メジロ、キンセンイシモチ、ジ、イサキ群れ、キカモヨウウミウシ、ムラサキウミコチョウ、キンギョハナダイ など

雨はなかったけど1日曇り空。
でも海はベタ凪!
ウエットスーツはどうしようか迷った挙句「半袖」にしました。
まだいけそう(ボートで風に当たると・・・)

ボートで3ダイブ。どのポイントも良かったです。
三段はやっぱり水の色が青め。
沈船のキンメの大群がまた増えてます。
大き目のハマチ3尾と小さ目のカンパチ3尾がグルグルランデブー。
キンメの大群は色津のアーチにも!
色津ではイザリウオが3固体確認。
満足満足( ´∀`)

今日は京都からお越しの仲良しご夫婦S山さんご夫妻とスペシャルSPダイブ。
ディープ、エンリッチ、PPB、ナチュラリスト。
ディープ以外は修了してしまいました。
明日のディープが終わったらMSD認定の運びとなります。
ということで明日もボート行ってきます。

 

※下部「コメント(0)」クリックでコメント投稿もできます。是非一言!
※その他の掲載しきれなかった水中等の画像は写真集へ掲載しています。

ファイル sea20060927.jpg

◎権現崎:(天候)快晴(水温)27℃(透明度)5~8m
(主な生物)オビテンス幼魚、カゴカキダイ、オヤビッチャ、ソラスズメダイ、トゲチョウチョウウオ幼魚、チョウチョウウオ、アオヤガラ、キヘリモンガラ、グレ、マダイ幼魚、ニザダイ、オトメベラ、ニシキベラ、イワシ群れ、ボラなど

快晴のお天気にちょっと強めの風。
水着だけで水に入ってると、風にあたってさすがに冷えます。
今日はスノーケリングということで、浅場を水面から観察。
相変わらず熱帯魚達は健在で、他にホシテンスの幼魚はクネクネと砂地を漂ってました。

参加いただいたのは今回のスノーケリングのために、大阪と山口からお越しいただいた会社同僚5人組。
大阪と山口・・・個人的に両方とも愛着の深い故郷です。
ありがとうございました。
今度は水中体験しましょうね。

 

※下部「コメント(0)」クリックでコメント投稿もできます。是非一言!
※その他の掲載しきれなかった水中等の画像は写真集へ掲載しています。

ファイル sea20060924.jpg

◎権現崎:(天候)快晴(水底温度)26.9~27.1℃(透明度)4~7m
(主な生物)アカエイ、ソラスズメダイ、フウライチョウチョウウオ幼魚、トゲチョウチョウウオ幼魚、チョウチョウウオ、クマノミ、イサキ、アジ、ハコフグ幼魚、キヘリモンガラ幼魚、ホウセキキントキ、ハリセンボン、ニジギンポ、カサゴ、ハナハゼ、ダテハゼ など

台風も逸れていき、波も収まってきて天気も抜群で程よい風があって気持ちいい1日でした。
水中視界も午前→午後と時間が経つにつれ良くなってきてます。

今日は朝から昨日に引き続いてK木さんのAOW。
今回は中性浮力とナビゲーションがテーマ。ちょっと手こずってたかな。
朝一はちょっと濁り気味な海中でしたが少しずつ回復、そして午後からO田さんK浦さんペアと体験ダイビングの頃には大分視界もクリアに。
希望のクマノミや熱帯魚達もたくさんみれて良かったですね。

また会える日を楽しみにしてます。

 

※下部「コメント(0)」クリックでコメント投稿もできます。是非一言!
※その他の掲載しきれなかった水中等の画像は写真集へ掲載しています。

ファイル sea20060923.jpg

◎三段壁:
(天候)くもり(水底温度)27.2℃(透明度)8~15m
(主な生物)イサキ大群、キンギョハナダイ、ソラスズメダイ、スズメダイ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイ、キンチャクダイ、レンテンヤッコ、ツノダシなど
◎沈船:
(天候)くもり(水底温度)27.1℃(透明度)4~8m
(主な生物)キンメモドキ大群、ネンブツダイ、アジ群れ、オオモンハタ、ハナミノカサゴ、キンギョハナダイ、ソラスズメダイ、コロダイ、ブダイ、キス、クサフグ、アカヒメジ、ヒレナガハギ、ハタタテダイ、ブダイ など

あいにくの曇り空、海の方もうねりが入ってきている中、ボートダイブいってきました。
午前中の三段壁は、浅場のうねりが大きめでしたが、底へいくとほとんど感じなかったです。
視界は良好!
今回の目玉はイサキの大群!
イサキの群れは沈船とかでよくみますが、今回のは沈船でみる量の5倍以上の量でした。
(ワイドレンズ付きのカメラを持っていけたら・・・)

沈船のキンメモドキは相変わらず。
こちらは風波はありましたが水中に入ってしまえばうねりはあまり感じなかったです。

今日は8月以来で先週の台風で順延になった二組、Sさんご夫妻とK木さんのAOWに、W辺さんと地元T中さんのSPファンダイブを加えた6名でボート。
K木さんは先月OWDなったばかりの初ボート!
2本ともベストコンディションではなかったものの、たくさんの魚が観れて、1日のんびりと楽しんでもらえたみたいでした。

これからいよいよベストシーズン!
まだまだたくさん潜りましょう!

 

※下部「コメント(0)」クリックでコメント投稿もできます。是非一言!
※その他の掲載しきれなかった水中等の画像は写真集へ掲載しています。

ファイル sea20060921.jpg

◎三段壁:
(天候)晴れ(水底温度)27.5℃(透明度)10~15m
(主な生物)キンチャクダイ、レンテンヤッコ、キハッソク、イサキ、ガラスハゼ、キンギョハナダイ、ソラスズメダイ、ナガサキスズメダイ、オトヒメエビ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイ、スズメダイ、ツノダシ など
◎沈船:
(天候)晴れ(水底温度)27.5℃(透明度)5~10m
(主な生物)キンメモドキ大群、アジ群れ、イサキ群れ、カンパチ、キンギョハナダイ、ネンブツダイ、オオモンハタ、ハナミノカサゴ、ワカウツボ、オニカサゴ、フサカサゴ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイ、ブダイ、イラ、コロダイ、など

今日も朝からいい天気。
海も凪。
透明度は!・・・良くなってきました。
台風14号は!・・・予報では東側にそれていくみたいで、逆転透明度UPなんてのも可能性ありかも!

昨日に引き続き、T上さんと二人で今度は2ボート。
やはり伊豆に比べると熱帯魚がたくさん観れて気持ちよかったみたいでした。
沈船の全景や魚群も雑誌どおりで!(^^)! みたい。

AOWテーマの方も無事完成し、晴れてAOW修了。
さらに、今日が○十歳の誕生日ということで、認定カードにはしっかり誕生日な認定日が刻み込まれる模様!
めでたしめでたし!

明後日には飛行機で埼玉へ戻るみたいですが、また帰省の際には潜りにきてください!

明日は今日の振り替えで、お店お休みとさせていただきます。

 

※下部「コメント(0)」クリックでコメント投稿もできます。是非一言!
※その他の掲載しきれなかった水中等の画像は写真集へ掲載しています。

ファイル sea20060920.jpg

◎権現崎:(天候)快晴(水底温度)27.5℃(透明度)5~7m
(主な生物)ヨスジフエダイ、クロユリハゼ成魚、ハナハゼ、イサキ群れ、ホウセキキントキ、アカエイ、ヒラメ、ハタタテダイ、ツノダシ、フウライチョウチョウウオ幼魚、トゲチョウチョウウオ幼魚、チョウチョウウオ、ソラスズメダイ、ミツボシクロスズメダイ、キヘリモンガラ、ニジギンポ。クロホシイシモチ、クロイシモチ など

快晴!いい天気!心地よい風!
気持ちのいい1日でした。
昼から少し風が強くなりましたが、透明度も回復に向かってます。

今日は黄色のラインが鮮やかなヨスジフエダイとクロユリハゼの編隊が目を引きました。
大好きなヨスジフエダイが久しぶりに観れて嬉しかったです。

今日は埼玉から実家の白浜に帰省中のT上さんと二人でビーチダイブ。
伊豆がホームゲレンデということで、スーツはもちろんドライスーツ。
反して僕はというと、まだ半袖ウエット。それでも暑いんだからドライはまだ暑いハズ・・・

ご一緒するうちに、午後からのダイブは急遽ナビゲーションダイブに。
明日のボートでAOW完成予定。
天気も良さそうだし、楽しみ楽しみ。

 

※下部「コメント(0)」クリックでコメント投稿もできます。是非一言!
※その他の掲載しきれなかった水中等の画像は写真集へ掲載しています。

ユーティリティ

archive/過去ログ

No Data
ブックマークはありません。

page

  • ページが登録されていません。
042018/0506
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -