エントリー

カテゴリー「ファンダイブ」の検索結果は以下のとおりです。

ファイル sea20060629.jpg

◎千石丘:(天候)晴れ(水底温度)24.0℃(透明度)7~10m
(主な生物)クマノミ、キンギョハナダイ、コガネスズメダイ幼魚、ホンソメワケベラ、レンテンヤッコ、シラコダイ、アオブダイ、コブダイ、コロダイ、ヘラヤガラ、イサキ、ハタンポ群れ、グレ、ヒトデヤドリエビ、ムラサキウミコチョウ など
◎沈船:(天候)晴れ(水底温度)24.2℃(透明度)7~10m
(主な生物)キンメモドキ大群、クロホシイシモチ、ネンブツダイ群れ、アジ群れ、タカベ群れ、イサキ群れ、キンギョハナダイ、ソラスズメダイ、トラウツボ、ワカウツボ、オオモンハタ、イシダイ、ハナミノカサゴ、オニカサゴ、コガネスズメダイ、コロダイ、クマノミ、など

今日も天気予報の予想に反していい天気。
海も凪。透明度も軽い登り潮の影響で少しずつ良くなっている感じ。

昨日AOWを終えたお二人とボートでファンダイブとオーシャンハウスで日向ぼっこ。
千石丘ではカラフルな熱帯魚レンテンヤッコがたくさんいて目立ってました。
大きなアオブダイ等も。

でもやはり2本目「沈船」のキンメモドキの量は圧巻!
まさに魚の海!!
どうしても突っ込みたくなってしまいます。
しかし、お気をつけください!
魚群を掻き分けて向こうへ行こうとして、何年ぶりかで船の出っ張りにぶつかりそうになりました。
もう魚群を透かして向こう側の物を識別することはできません・・・

お二人がアングリとした表情を見せてくれているとき、レギュレータが口から外れてしまわないか心配でした・・・
2日間ありがとうございました。
また待ってますね。

 

※下部「コメント(0)」クリックでコメント投稿もできます。是非一言!
※その他の掲載しきれなかった水中等の画像は写真集へ掲載しています。

ファイル sea20060627.jpg

◎権現崎:(天候)快晴(水底温度)23.9℃(透明度)5~10m
(主な生物)ソラスズメダイ、アジ群れ、カマス、クマノミ、ミツボシクロスズメダイ、チヌ、コロダイ幼魚、アオリイカ卵、ロクセンスズメダイ、ハリセンボン、ヒメユリハゼ、ハコフグ、コブヌメリ、オオスジイシモチ、クロホシイシモチ など
◎権現崎-黄色浮標下:(天候)晴れ(水底温度)23.9℃(透明度)5~10m
(主な生物)ツノダシ、チョウチョウウオ、イシガキフグ、グレ群れ、オヤビッチャ、チヌ、ワカウツボ、ニセカンランハギ、スズメダイ、ハタンポ群れ、クロホシイシモチ、キンギョハナダイ、タカノハダイ、イシダイ、ハリセンボン、コロダイ、テンクロスジギンポ、シマウミスズメ、クマノミ、ソラスズメ など

天気予報の予想とは裏腹にめちゃくちゃいい天気でした。
いやほんと!(夕方までは)
朝から二人っきりで2ビーチ。

今日初めてご一緒したのは、先週から地元になったK本さん。
気持ちよく休日らしい休日を過ごせたって、ありがとうございました。

マンツーマンでビーチファンダイブするときにはすっかりお馴染みになりつつある黄色浮標への長距離ダイブを今日も慣行!
ちょっと腰にきてしまった。(なんか弱ってるな~)
水中スクーターを持っていったら良かったなーと後で思いました。

K本さん今度は中世浮力遊びしましょうね。

明日も天気予報外れて天気良くな~れ!

 

※下部「コメント(0)」クリックでコメント投稿もできます。是非一言!
※その他の掲載しきれなかった水中等の画像は写真集へ掲載しています。

ファイル sea20060612.jpg

◎色津:(天候)晴れ(水底温度)23.1℃(透明度)5~10m
(主な生物)イサキ群れ、クロホシイシモチ群れ、アジ、イセエビ、コロダイ、ブダイ、ハコフグ、ソラスズメダイ群れ、キンギョハナダイ、ムラサキウミコチョウ、シラユキウミウシ、など
◎沈船:(天候)くもり(水底温度)23.1℃(透明度)5~10m
(主な生物)クマドリイザリウオ、キンメモドキ群れ、クロホシイシモチ群れ、ネンブツダイ群れ、アジ群れ、イサキ群れ、ハマチ、ハナミノカサゴ、オオモンハタ、トラウツボ、ワカウツボ、キンギョハナダイ、ソラスズメダイ、クマノミ、ブダイ、アオブダイ、シロウミウシ、タテヒダイボウミウシ など

今日は朝一の急遽助っ人依頼を受けて、ボートダイブいってきました。
ボートを動かすのもたまには気持ちいいものです。
うねりの影響で(ちょっと言い訳・・)アンカリングのためのヤマダテを一回やり直しになってしまったのがちょっと悔しい・・

水中もやはりうねりがそこそこあり、透明度も今一。
それでも所々10m超ほど見えるところもありました。

沈船のキンメモドキの大群はさらに圧巻でした。
今回登場したハマチは単体。
一人でぐるぐる回り続けてました。
それにしても、ハマチやカンパチは何度も観てるけど、捕食の瞬間には中々出会えない・・・
クマドリイザリウオも健在!
サイズがまた大きくなってます。
(そろそろ旅立ちの頃なのかな~?)

 

※下部「コメント(0)」クリックでコメント投稿もできます。是非一言!
※その他の掲載しきれなかった水中等の画像は写真集へ掲載しています。

とまあこんな事情で、夕方までまたお店を不在にしてました。
何度かお電話いただいた方には申し訳なかったです。
そうまでして手伝いにいったボートダイブでしたが、ひじょ~に後味の悪い楽しくないダイビングでした。

朝からいきなり、よく話す間も無く7名の方をガイドし、さらにお一人が何度言ってもバディシステムを理解してくれない・・・
一貫して「僕は上級者だから初心者みたいなダイバーとバディーを組むのはごめんだ!」と言いたげな態度!

最後の最後にはぐれたまま一人で写真を取り続けて・・・
後で言うことには、「こっちも金払って遊びにきてんねん!バディバディって一人で遊びに来て、よく知らん人とバディなんか無理やろっ!」って怒られました・・・

こういう考えだと、バディを組んだ相手からは嫌われます・・・
どこへ行ってもバディから嫌われるようなダイバーにはなりたくないものです。

お一人であちこち潜られている方にたまに見受けられる傾向です。

一人で潜りにいくと、現地で必ず誰かとバディを組むことになります。
(誰からも指示が無ければ、自分で探すくらいの意識が必要)
その時点で、指定された相手とバディになるのが嫌なら断ってください。
断らずに了解したのなら、バディシステムを守ってダイビングすることを了解したということです。
ちなみに、ここでガイドも含め誰ともバディを組みたくない!と表明いただければ、そのグループでのダイビングはご遠慮いただく形になります。
ダイビングは最低限バディ単位のグループで楽しむ遊びですから、それを無視した方がグループに存在すると、グループ全体の安全が脅かされます。

バディを組むってそんなに嫌なことかな~?
何も難しいことはないです。
バディを気遣って一緒に楽しめばいいんです。
ここで、新しい人と人との触れ合いも生まれ、楽しみも広がるのに・・
自分の方がかなりの上級者だったら、初心者をフォローしてあげたら喜んでもらえます。それも嬉しいものなのに・・

ダイビングとはそういう遊びです。

そういえば、もうしばらくしたらサッカーのワールドカップ日本戦がはじまる。
これで今日の気分もスカッと爽快!になるといいな~。

ファイル sea20060602.jpg

◎カスミの根:
(天候)くもり(水底温度)22.4℃(透明度)20~25m
(主な生物)オオカワリギンチャク群生、キハッソク、ルリハタ、アカオビコテグリ、スジアラ、アカエイ、レンテンヤッコ、キンチャクダイ、タキゲンロクダイ、シラコダイ、コガネスズメダイ、キンギョハナダイ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイ、イシダイ、イセエビ、オトヒメエビ、ムラサキウミコチョウ、ミチヨミノウミウシ など
◎沈船:
(天候)くもり(水底温度)22.4℃(透明度)12~15m
(主な生物)クマドリイザリウオ、キンメモドキ大群、ネンブツダイ群れ、アジ群れ、イサキ群れ、クロホシイシモチ、シマアジ、コブダイ、ブダイ、イッテンフエダイ、オオモンハタ、ハナミノカサゴ、ワカウツボ、コロダイ、コガネスズメダイ幼魚、キンギョハナダイ、ハコフグ、コスジイシモチ、ヨコスジイシモチ、グレ、ニザダイ、イラ、クマノミ、ムラサキウミコチョウ、シロウミウシ、サガミリュウグウウミウシ、ミツイラメリウミウシ など

朝から生憎の曇り空。
海況は良かったのと少人数が功を奏し(?)1ヶ月半ぶりにカスミの根へ。

やっぱりここまでくると、見るからに水の色が違います。
深~い青。
しかし!水中は結構流れてました・・・
南から黒潮のいい潮がきていて、ロープから手を離すともっていかれそう・・・

今日はI江さんとマンツーマン。
そしてI江さんもイントラ。
潮の流れも何のその(?)どっぷり満喫ダイブでした。

2本目の沈船ではあい変わらず増え続けているキンメモドキの大群に加え、イサキが目立ちました。
クマドリイザリウオも場所を変えて健在!(ちょっと成長しているような)

これからが楽しみ楽しみ(^^♪

 

※下部「コメント(0)」クリックでコメント投稿もできます。是非一言!
※その他の掲載しきれなかった水中等の画像は写真集へ掲載しています。

ファイル sea20060531.jpg

◎権現崎:
(天候)晴れ(水底温度)23.0℃(透明度)10~15m
(主な生物)アカエイ、ツノダシ、アオリイカ、アオリイカの産みたて卵、クマノミ、チョウチョウウオ、サツマカサゴ、アジ群れ、ニザダイ群れ、グレ群れ、クロホシイシモチ、ニジギンポ、ハナハゼ、ダテハゼ、オニハゼ、タカノハダイ、ミギマキ、コロダイ幼魚、ソラスズメダイ、ハコフグ、タコ、アイゴ、アオウミウシ など
◎権現崎-黄色浮標下:
(天候)晴れ(水底温度)23.1℃(透明度)10~15m
(主な生物)ヒラメ、ヒメユリハゼ、ハナミノカサゴ、ロクセンスズメダイ、ニセカンランハギ、羽ばたきムラサキウミコチョウ、キンギョハナダイ、シマアジ、アジ群れ、グレ群れ、ニザダイ群れ、アオブダイ、ブダイ、ハタンポ群れ、アオリイカ、オトヒメエビ、サラサエビ、キビナゴ群れ、アイゴ、チョウチョウウオ、テンクロスジギンポ、キタマクラ、シマキンチャクフグ、コロダイ、ワカウツボ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイ、スズメダイ、など

昨日から引き続きのインストタクターコース海洋は、ファンダイブ参加のO森さんを加えて開催。
午前中の前半で無事終了。

ファイル sea20060528.jpg

◎沈船:(天候)晴れ(水底温度)22.3℃(透明度)8~12m
◎沈船→色津→沈船:
(天候)晴れ(水底温度)22.2℃(透明度)5~8m
(主な生物)キンメモドキ大群、ネンブツダイ群れ、アジ群れ、タカベ群れ、イサキ群れ、ブリ、オオモンハタ、ハナミノカサゴ、ブダイ、ワカウツボ、トラウツボ、グレ群れ、ニザダイ、ハナイカ、ソラスズメダイ、キンギョハナダイ、コロダイ、など

沈船のキンメモドキが激増!!
水温も程よく寒さも感じることは無かったのですが、午後からうねりが大きくなり、砂や海草がユラユラ巻き上がって・・・

今日は先週ご一緒したM島さんと、お馴染みtakaさん、kayoちゃんとの2ボートダイブ。
ありがとうございました。
午後からのうねりにより、2ダイブ共沈船エントリーになってしまいました。
とはいえ折角だからということで、2本目はエントリー後水中移動で色津へいってきました。

全体的に魚のボリュームがUPしてきているのがとても気持ちいいです。
さらに、1日中太陽も照ってくれていてゆったり日焼けも!
仕上げは、しらら浜で行われていた「砂祭り」。
潜った後にお店へ戻ってくると、しっかり色んな砂景色が出来上がってました。
(ちょっと去年より精巧度が下がってるような気も・・)

みなさんお疲れ様でした!

 

※下部「コメント(0)」クリックでコメント投稿もできます。是非一言!
※その他の掲載しきれなかった水中等の画像は写真集へ掲載しています。

ファイル sea20060524.jpg

◎権現崎 黄色浮標下:(天候)快晴(水底温度)22.1℃(透明度)10~12m
(主な生物)ハタタテダイ群れ、カゴカキダイ群れ、ヒメユリハゼ、ハナハゼ、ダテハゼ、グレ群れ、チヌ、ニザダイ群れ、アオブダイ群れ、コブダイ、スズキ、アイゴ、チョウチョウウオ、クマノミ、アオリイカ卵、アジ群れ、カマス稚魚群れ、クロホシイシモチ、ネンブツダイ、オオスジイシモチ、ヒラメ、オトメベラ、コモンウミウシ など

朝から空はスーパー快晴!海も比較的穏やかで、水中も暖かで気持ち1日でした。
水中は昨日の雨の影響か、浮遊物は多かったですが、何しろ暖かくて・・・
昼間は久しぶりに、1日上半身はだかんぼうですごせました。

水中がまた一段と色んな稚魚・幼魚達で賑やかになってきてます。ハタタテダイやカゴカキダイの群れも見れるようになりました。
さー夏本番!?

ご一緒したのは東京から接待でお越しのM島さん。
のんびり且つ水中長距離移動も楽しい2ダイブでしたね。
ありがとうございました。
また28日のボートもいけるといいですね。

さて、明日の定休日と明後日昼過ぎか夕方くらいまでお店をお休みさせていただきます。

 

※下部「コメント(0)」クリックでコメント投稿もできます。是非一言!
※その他の掲載しきれなかった水中等の画像は写真集へ掲載しています。

ファイル sea20060506.jpg

◎権現崎:(天候)くもり(水底温度)19.3℃(透明度)2~8m
(主な生物)ソラスズメダイ、キビナゴ群れ、ヒメジ、クマノミ、チョウチョウウオ、クロホシイシモチ、オオスジイシモチ、タカノハダイ、ニザダイ、ヒメジ など
◎沈船:(天候)くもり(水底温度)20.1℃(透明度)6~10m
(主な生物)クマドリイザリウオ、ネンブツダイ群れ、キンメモドキ群れ、アジ群れ、イサキ群れ、ハマチ(ブリ)、ハナミノカサゴ、オオモンハタ、ワカウツボ、トラウツボ、キンギョハナダイ、ソラスズメダイ、ブダイ、ニザダイ、マトウダイ、クマノミ、コロダイ、コロダイ幼魚、ミギマキ、ハコフグ幼魚、シロウミウシ など

太陽が中々姿を見せず曇り空の1日でしたが、今日はK藤さんのOWD3日目最終日。
朝から張り切ってビーチへ行ってみると、波打ち際が赤い・・・
広範囲では無かったのですが赤潮発生してました。
で、水中は・・・やっぱり浅場はプランクトン等浮遊物で視界悪。
水中を沖へ向かって移動していくと徐々に透明度が上がってドラえもん付近では問題なしでしたが。

3日目のお二人は初日からするとほんと見違えるようでした。
プカプカ漂って楽しそう(^^♪
残りのスキルもさっさとクリアし、殆どが楽々ファンダイブ。

飛び入りでご一緒したIトウさんも久しぶりのダイブということで、ちょうど一緒にのんびり出来たようです。
ありがとうございました。
また白浜へ起こしの際には立ち寄ってくださいね。

午前中の1ダイブで見事K藤さんはOWDコースを修了し、晴れてNEWダイバー誕生です。
おめでとうございます。
と認定式もそこそこに早速ボートダイブで沈船へいってきました。

船上はちょっと船酔い気味のお二人でしたが、水中では魚の多さにキョロキョロ。今回はいきなりハマチが5尾ほど回って歓迎してくれました。
貴重なクマドリイザリウオもしっかりおさえて、今回の最終ダイブを終えました。

T中さん!K藤さん!3日間ありがとうございました。一緒になって楽しく嬉しく過ごせました。
二人仲良くずっとダイビングをenjoyしていってください!
東京-白浜と距離はありますが、僕の大事な大事なOWD受講生ということは一生変わりません。
ダイビングのことで相談があればいつでも連絡くださいね(^_-)-☆

 

※下部「コメント(0)」クリックでコメント投稿もできます。是非一言!
※その他の掲載しきれなかった水中等の画像は写真集へ掲載しています。

ファイル sea20060503.jpg

◎三段壁:(天候)晴れ(水底温度)18.0℃(透明度)6~10m
(主な生物)イサキ群れ、キンギョハナダイ、キンチャクダイ、ソラスズメダイ、クマノミ、ニザダイ、スズメダイ、コガネスズメダイ、オトヒメウミウシ、チータ(マダライロ)ウミウシ など
◎沈船:(天候)晴れ(水底温度)17.3℃(透明度)6~10m
(主な生物)クマドリイザリウオ(白赤)、イロイザリウオ(ピンク&黒)、キンメモドキ群れ、ネンブツダイ群れ、アジ群れ、イサキ群れ、ハナミノカサゴ、オオモンハタ、トラウツボ、キンギョハナダイ、ソラスズメダイ、コロダイ、ブダイ、マトウダイ、ミヤコウミウシ、ボブサンウミウシ など
◎権現崎:(天候)晴れ(水底温度)19.3℃(透明度)6~10m
(主な生物)マトウダイ、キビナゴ群れ、ハマチ、カワハギ、ハリセンボン、ソラスズメダイ など

朝から太陽の光がサンサンと降り注ぐ抜群の天候に恵まれ、気持ちいい1日がスタート!
そして、しらら浜は今日が「海開き」!
時間が経つ程に人で賑わい、午後にはすっかり夏模様(^^♪
(あちこちに男女の水着姿風景も!!)

夏の賑わいのしらら浜を横目に、今日は朝から2ボートの後1ビーチの3ダダイブ。
海はベタ凪か!?という予想を裏切り、ボートでは波風ありました。
アドヴァンスのディープとボートのテーマは無難に終え、海中の獲物も一通りクリアしたものの、水中はちょっと寒い・・・

とはいえ沈船のイザリウオ連隊は健在!
今回も3個体観れました。(1.5cm程のクマドリはいつみてもカワイイ!)

午後から権現崎でナビゲーション。
午前中の波風とは打って変わって、ポカポカ陽気、周りの夏のような明るい雰囲気、穏やかな海にホッ(^^♪
休憩中に気持ちよく昼寝モードに入りそうになる前に明るい海へナビゲーション。

結果はパーフェクト!
気持ちいいほど寸分違わずスタート地点に戻ってきてくれました。

ということで、今回でアドヴァンス修了となったのは、昨年11月以来の再会となった、地元和歌山のMさん。
おめでとうございます!(^^)!
コースでの経験を上手に活かして、今後たくさんの色んなダイビングを楽しんでください。
今年はいっぱい潜りましょうね。

それと、一足先にAOWは認定済みのお馴染みT中さんは、今回が初myウエットダイブ。
ウエットのカラー選択は大正解!
きれいでよく似合ってました。
ボートのときはさすがに「ドライの方が・・・」の声もありましたが、権現崎では快適でしたね(^_-)-☆

お二人とも来月楽しみにしてますね。
次回は無理せず2ダイブでね。

 

※下部「コメント(0)」クリックでコメント投稿もできます。是非一言!
※その他の掲載しきれなかった水中等の画像は写真集へ掲載しています。

ファイル sea20060501.jpg

◎権現崎:(天候)晴れ(水底温度)19.2℃(透明度)6~8m
(主な生物)ソラスズメダイ、クマノミ、アジ稚魚群れ、キビナゴ群れ、クロホシイシモチ群れ、グレ群れ、ハコフグ、チョウチョウウオ、ハリセンボン、ハナミノカサゴ、ニザダイ、コケギンポ、コロダイ、アイゴ、シロウミウシ など
◎沈船:(天候)くもり(水底温度)19.7℃(透明度)6~8m
(主な生物)ブリ、クマドリイザリウオ(白赤)、イロイザリウオ(黒)、イザリウオ(黄)、アジ群れ、イサキ群れ、キンメモドキ群れ、ネンブツダイ群れ、ハナミノカサゴ、トラウツボ、マトウダイ、クマノミ、イシダイ、コロダイ、オオモンハタ、コモンウミウシ、ニシキウミウシ、ミアミラウミウシ、シロウミウシ、アオウミウシ、ユビノウハナガサウミウシ など
◎ミスオーシャン前ビーチ:(天候)くもり(水底温度)18.5℃(透明度)6~8m
(主な生物)クロホシイシモチ、チョウチョウウオ、クマノミ、タツノオトシゴ、グレ、スズメダイ など

5月に入って一番!ウエットでの3ダイブでした。
水に入った瞬間ヒヤッとしますが、中に入ってしまえば慣れます。
水温も17、8℃を想定していたところ結果19℃前後でまずまず。
ビーチの浅場では21℃前後でした。

ビーチはたくさんの海草に色づけされてガラッと感じが変わってます。
いよいよ夏前の風景に!
そしてお馴染みソラスズメやクマノミの数も増え、稚魚達で賑わいはじめています。

ボートの沈船では、スパダイブのマスコットキャラクターでお馴染み(?)イザリウオを3種類も確認!
そして、ハマチというには大き過ぎ、ブリとしては少し小さいサイズのやつが5,6尾グルグルずっと回ってました。

やっぱり海はいい(^^♪

今日ご一緒したのは、僕のサラリーマン時代の先輩K野さん。
2年ぶりに東京から奈良経由で、ふたたび愛車ハーレーと共にお越し下さいました。
嬉しい限りです!ありがとうございましたm(__)m

昨日からのうねりの影響で、2年前に比べると透明度がいまいちだったのが残念でしたが、海中では目玉になる様な獲物(?)もみれて良かったです。

残りの休暇の間ゆっくり心身を休めて、東京へ戻る際にはくれぐれも安全運転で(^_-)-☆

 

※下部「コメント(0)」クリックでコメント投稿もできます。是非一言!
※その他の掲載しきれなかった水中等の画像は写真集へ掲載しています。

ページ移動

ユーティリティ

archive/過去ログ

No Data
ブックマークはありません。

page

  • ページが登録されていません。
122019/0102
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -