エントリー

カテゴリー「ファンダイブ」の検索結果は以下のとおりです。

ファイル sea20060930.jpg

◎三段壁:
(天候)くもり(水底温度)26.1℃(透明度)14~16m
(主な生物)カスミチョウチョウウオ、フタスジタマガシラ、フエヤッコダイ、シラコダイ、タキゲンロクダイ、ムスジコショウダイ幼魚、レンテンヤッコ、アオブダイ、キンギョハナダイ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイ、ソラスズメダイ、スズメダイ、キンセンイシモチ、イセエビ、オトヒメエビ、キイロウミウシ、タマゴイロイボウミウシ など
◎沈船:
(天候)くもり(水底温度)26.0℃(透明度)14~16m
(主な生物)ヨスジフエダイ、キンメモドキ大群、アジ群れ、イサキ群れ、メジロ(ブリ)、カンパチ、ハナミノカサゴ、オオモンハタ、アカヒメジ、キンチャクダイ幼魚、コロダイ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイ、キンセンイシモチ、ネンブツダイ、ガラスハゼ、ヘラヤガラ、キタマクラ、アカホシカクレエビ、ムラサキウミコチョウ、など
◎色津:
(天候)くもり(水底温度)26.3℃(透明度)10~12m
(主な生物)イロイザリウオ親子(黒)、ベニイザリウオ(白)、ウミウサギガイ、キンメモドキ大群、ブダイ、メジロ、キンセンイシモチ、ジ、イサキ群れ、キカモヨウウミウシ、ムラサキウミコチョウ、キンギョハナダイ など

雨はなかったけど1日曇り空。
でも海はベタ凪!
ウエットスーツはどうしようか迷った挙句「半袖」にしました。
まだいけそう(ボートで風に当たると・・・)

ボートで3ダイブ。どのポイントも良かったです。
三段はやっぱり水の色が青め。
沈船のキンメの大群がまた増えてます。
大き目のハマチ3尾と小さ目のカンパチ3尾がグルグルランデブー。
キンメの大群は色津のアーチにも!
色津ではイザリウオが3固体確認。
満足満足( ´∀`)

今日は京都からお越しの仲良しご夫婦S山さんご夫妻とスペシャルSPダイブ。
ディープ、エンリッチ、PPB、ナチュラリスト。
ディープ以外は修了してしまいました。
明日のディープが終わったらMSD認定の運びとなります。
ということで明日もボート行ってきます。

 

※下部「コメント(0)」クリックでコメント投稿もできます。是非一言!
※その他の掲載しきれなかった水中等の画像は写真集へ掲載しています。

ファイル sea20060923.jpg

◎三段壁:
(天候)くもり(水底温度)27.2℃(透明度)8~15m
(主な生物)イサキ大群、キンギョハナダイ、ソラスズメダイ、スズメダイ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイ、キンチャクダイ、レンテンヤッコ、ツノダシなど
◎沈船:
(天候)くもり(水底温度)27.1℃(透明度)4~8m
(主な生物)キンメモドキ大群、ネンブツダイ、アジ群れ、オオモンハタ、ハナミノカサゴ、キンギョハナダイ、ソラスズメダイ、コロダイ、ブダイ、キス、クサフグ、アカヒメジ、ヒレナガハギ、ハタタテダイ、ブダイ など

あいにくの曇り空、海の方もうねりが入ってきている中、ボートダイブいってきました。
午前中の三段壁は、浅場のうねりが大きめでしたが、底へいくとほとんど感じなかったです。
視界は良好!
今回の目玉はイサキの大群!
イサキの群れは沈船とかでよくみますが、今回のは沈船でみる量の5倍以上の量でした。
(ワイドレンズ付きのカメラを持っていけたら・・・)

沈船のキンメモドキは相変わらず。
こちらは風波はありましたが水中に入ってしまえばうねりはあまり感じなかったです。

今日は8月以来で先週の台風で順延になった二組、Sさんご夫妻とK木さんのAOWに、W辺さんと地元T中さんのSPファンダイブを加えた6名でボート。
K木さんは先月OWDなったばかりの初ボート!
2本ともベストコンディションではなかったものの、たくさんの魚が観れて、1日のんびりと楽しんでもらえたみたいでした。

これからいよいよベストシーズン!
まだまだたくさん潜りましょう!

 

※下部「コメント(0)」クリックでコメント投稿もできます。是非一言!
※その他の掲載しきれなかった水中等の画像は写真集へ掲載しています。

ファイル sea20060921.jpg

◎三段壁:
(天候)晴れ(水底温度)27.5℃(透明度)10~15m
(主な生物)キンチャクダイ、レンテンヤッコ、キハッソク、イサキ、ガラスハゼ、キンギョハナダイ、ソラスズメダイ、ナガサキスズメダイ、オトヒメエビ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイ、スズメダイ、ツノダシ など
◎沈船:
(天候)晴れ(水底温度)27.5℃(透明度)5~10m
(主な生物)キンメモドキ大群、アジ群れ、イサキ群れ、カンパチ、キンギョハナダイ、ネンブツダイ、オオモンハタ、ハナミノカサゴ、ワカウツボ、オニカサゴ、フサカサゴ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイ、ブダイ、イラ、コロダイ、など

今日も朝からいい天気。
海も凪。
透明度は!・・・良くなってきました。
台風14号は!・・・予報では東側にそれていくみたいで、逆転透明度UPなんてのも可能性ありかも!

昨日に引き続き、T上さんと二人で今度は2ボート。
やはり伊豆に比べると熱帯魚がたくさん観れて気持ちよかったみたいでした。
沈船の全景や魚群も雑誌どおりで!(^^)! みたい。

AOWテーマの方も無事完成し、晴れてAOW修了。
さらに、今日が○十歳の誕生日ということで、認定カードにはしっかり誕生日な認定日が刻み込まれる模様!
めでたしめでたし!

明後日には飛行機で埼玉へ戻るみたいですが、また帰省の際には潜りにきてください!

明日は今日の振り替えで、お店お休みとさせていただきます。

 

※下部「コメント(0)」クリックでコメント投稿もできます。是非一言!
※その他の掲載しきれなかった水中等の画像は写真集へ掲載しています。

ファイル sea20060920.jpg

◎権現崎:(天候)快晴(水底温度)27.5℃(透明度)5~7m
(主な生物)ヨスジフエダイ、クロユリハゼ成魚、ハナハゼ、イサキ群れ、ホウセキキントキ、アカエイ、ヒラメ、ハタタテダイ、ツノダシ、フウライチョウチョウウオ幼魚、トゲチョウチョウウオ幼魚、チョウチョウウオ、ソラスズメダイ、ミツボシクロスズメダイ、キヘリモンガラ、ニジギンポ。クロホシイシモチ、クロイシモチ など

快晴!いい天気!心地よい風!
気持ちのいい1日でした。
昼から少し風が強くなりましたが、透明度も回復に向かってます。

今日は黄色のラインが鮮やかなヨスジフエダイとクロユリハゼの編隊が目を引きました。
大好きなヨスジフエダイが久しぶりに観れて嬉しかったです。

今日は埼玉から実家の白浜に帰省中のT上さんと二人でビーチダイブ。
伊豆がホームゲレンデということで、スーツはもちろんドライスーツ。
反して僕はというと、まだ半袖ウエット。それでも暑いんだからドライはまだ暑いハズ・・・

ご一緒するうちに、午後からのダイブは急遽ナビゲーションダイブに。
明日のボートでAOW完成予定。
天気も良さそうだし、楽しみ楽しみ。

 

※下部「コメント(0)」クリックでコメント投稿もできます。是非一言!
※その他の掲載しきれなかった水中等の画像は写真集へ掲載しています。

ファイル sea20060915.jpg

◎権現崎:(天候)晴れ・くもり(水底温度)17.9℃(透明度)1~5m
(主な生物)ソラスズメダイ、ハナミノカサゴ幼魚、ヒラメ、ハタタテダイ、クマノミ、トゲチョウチョウウオ幼魚、チョウチョウウオ、ハリセンボン、ニジギンポ、アオヤガラ、クロイシモチ、ハコフグ幼魚、グレ、ニセカンランハギ、ニザダイ、タカノハダイ、ソメンヤドカリ、オニカサゴ、サツマカサゴ、など

大きな台風が近づいてます。
既に今朝、今日以降しばらくの間ボートダイブがクローズになることが決定。
中止連絡などいそいそやってると、滋賀県より1本の電話。
なんとちょうど2年前に体験ダイビングをご一緒したMさん。
「今日今から行ってファンダイブできますか?」
「今現在(朝の時点で)なら潜れますが時間が経つにつれどうなるか???」
「だめもとでドライブがてら向かいます(滋賀から)」
夕方お二人到着。
新婚さん(おめでとうございます)。
早速3人でビーチへ現場確認。

で、結局もぐりました。
DM学科等しにきてくれてるしょうちゃんも一緒です。
波→あります
水→濁ってます
中→うねってます
でも、浅場を超えるとそれなりに視界もあり、熱帯魚もたくさん。
大きなうごかないヒラメ・・・
しっかり40分余り楽しんでエキジット。

Mさんとは来週アドヴァンスダイブすることになりました。

また楽しみにしてます。

 

※下部「コメント(0)」クリックでコメント投稿もできます。是非一言!
※その他の掲載しきれなかった水中等の画像は写真集へ掲載しています。

ファイル sea20060910.jpg

◎沈船:(天候)晴れ・くもり・雨(水底温度)28.4℃(透明度)8~10m
(主な生物)クエ、カンパチ、ヨスジフエダイ、キンチャクダイ幼魚、キンメモドキ大群、ネンブツダイ群れ、イサキ群れ、タカベ群れ、アジ、オオモンハタ、ハナミノカサゴ、オキゴンベ、アカヒメジ、オキナヒメジ、イラ、ブダイ、キンギョハナダイ、ソラスズメダイ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイ、スズメダイ、アオリイカ、キイロウミウシ、など

暑い(*_*;
まだまだ背中がジリジリ焦げるような日差しです。
半袖のウエットスーツでも暑い・・・
今日も強い陽射しの中、雨が降ったり曇ったり色んな天気でした。

予定通り今日はレックスペシャルティーコース3ダイブ目から開始。
いよいよ沈船への潜入です。
白浜の沈船は船底内部で迷子になってしまうほどには、真っ暗で広すぎるスペースはありません。
でも、そういう場面を想定しての実習には最適な広さと明るさがあります。
それでもフィンで水底をバタバタさせるとたちまち沈殿物が巻き上がって真っ暗に・・・

「中にクエでもいてくれたらな~・・」とか話してた矢先にほんとにクエが潜んでて拍手(^_^)v
あまり大きくはなかったですが、ちょうど食べ頃サイズでした。

T内さんもK宮さんもそれぞれ新しい発見があったり、ドキドキ体験できたり身になった2日間のようでした。
お二人ともありがとうございました。
またいつか再会できる日を楽しみにしてます。

 

※下部「コメント(0)」クリックでコメント投稿もできます。是非一言!
※その他の掲載しきれなかった水中等の画像は写真集へ掲載しています。

ファイル sea20060909.jpg

◎沈船:(天候)雨・くもり・晴れ(水底温度)28.7℃(透明度)8~12m
(主な生物)キンメモドキ群れ、ネンブツダイ群れ、アジ群れ、イサキ群れ、タカベ群れ、オオモンハタ、ハナミノカサゴ、キンギョハナダイ、ソラスズメダイ、コブダイ、ヒレナガハギ、グレ、イラ、ブダイ、ニザダイ など

どしゃ降りの雨からカンカン照りまで、色んな天候の中でのダイブでした。
今日明日の2日間で久しぶりのレックスペシャルティーコース。
埼玉からK宮さんと三重からT内さんのお二人とご一緒してきました。

元々各地の「沈船」に入ってみたくてダイビングを始めたというK宮さん。
少し沈船内へ潜入するだけでドキドキだった様子。
明日は本格的に船内船底まで潜入です。
楽しみです。

 

※下部「コメント(0)」クリックでコメント投稿もできます。是非一言!
※その他の掲載しきれなかった水中等の画像は写真集へ掲載しています。

ファイル sea20060907.jpg

◎千石丘:
(天候)くもり(水底温度)28.0℃(透明度)10~15m
(主な生物)ツユベラ幼魚、ケサカケベラ幼魚、ユカタハタ、ハマフエフキ、イシダイ、イットウダイ、シラコダイ、キンチャクダイ、レンテンヤッコ、オトヒメエビ、キンギョハナダイ、キンメモドキ群れ、ミナミハタンポ、イサキ、ソラスズメダイ、スズメダイ、コガネスズメダイ、ツノダシ、ハナミノカサゴ、オニカサゴ、ワカウツボ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイ、羽ばたくムラサキウミコチョウ など
◎沈船:
(天候)くもり(水底温度)28.3℃(透明度)10~15m
(主な生物)ピカチュー(ウデフリツノザヤウミウシ)、キンチャクダイ幼魚、カンパチ、キンメモドキ大群、ネンブツダイ、アジ、イサキ、キンギョハナダイ、ナガサキスズメダイ、ソラスズメダイ、オオモンハタ、ハナミノカサゴ、ブダイ、コロダイ、イラ、ミナミハコフグ幼魚、ツノダシ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイ、トラウツボ、キカモヨウウミウシ、イガグリウミウシ、など

昨晩の豪雨による濁りを覚悟して望んだボートダイブでしたが、以外に透明度も悪くなく極めて気持ちのいい2ダイブでした。
両ポイントとも魚満載。

カラフルな熱帯魚が多いのは千石丘。
今日ぐらい見えてれば地形と砂地探索の両方を楽しめます。

相変わらずの魚群な沈船では、ななんとこの時期にピカチューが!
ラッキーでした。
たまにあるんですよね~・・ひょっこり暖かい時期にピカチューに会えることが。
やはり何といってもウミウシの中ではこのピカチューが一番カワイイ(^^♪

昨日今日とAOWコースということでご一緒させていただいたT村さんとは、昨年にごにご沈船でご一緒したきりだったので、今回いい海をご一緒できて良かったです。
そしてAOW修了おめでとうございます。
これからの白浜の海は良くなってくる一方。
まだまだ他にもたくさんある色んなポイントを、また紹介させてくださいね。

明日は振り替えでお店お休みとさせていただきますm(__)m

 

※下部「コメント(0)」クリックでコメント投稿もできます。是非一言!
※その他の掲載しきれなかった水中等の画像は写真集へ掲載しています。

ファイル sea20060901.jpg

◎権現崎:(天候)くもり・雨(水底温度)28.5℃(透明度)5~8m
(主な生物)キリンミノカサゴ、ハナミノカサゴ幼魚、フウライチョウチョウウオ幼魚、トゲチョウチョウウオ幼魚、チョウチョウウオ、ソラスズメダイ、二ジギンポ、ヒメユリハゼ、ネンブツダイ、アジ群れ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイ、ハナハゼ、ツマジロモンガラ、キヘリモンガラ、コロダイ、カスミアジ幼魚、カワハギ、クロホシイシモチ など

天気は今一の曇り空(雨)でしたが、海は穏やかで水中視界もまずまず。
今日まで地元白浜民(?)の二人、ookuちゃんとkayokoちゃんのOWDコース最終日。
明日朝には帰っちゃうということで、ハイピッチでバタバタとした1日でしたが、最終的にはなんとか無事修了。
おめでとうございます。
きついこともいったりしましたが、乗り越えて二人とも認定の運びとなったこと嬉しい限りです。
僕の中では二人ともカワイイ妹達。
元気にまたあえることを楽しみにしてます。

19歳大学生のS上さんともファンダイブとして午後から一緒に潜ることができました。元気なトークも楽しかったですよ。またよろしく。
バディはお馴染みショウちゃん(?!)課題の地図の進捗状況は・・・のようでしたが、色んなシーンから得られるものはあったと思います。課題の方はまたボチボチいきましょう!

 

※下部「コメント(0)」クリックでコメント投稿もできます。是非一言!
※その他の掲載しきれなかった水中等の画像は写真集へ掲載しています。

ファイル sea20060829.jpg

◎千石丘:
(天候)くもり・雨(水底温度)28.0℃(透明度)15~17m
(主な生物)ハマフエフキ、ユカタハタ、セナキルリスズメダイ、アマミスズメダイ、ソラスズメダイ、オオモンハタ、キンギョハナダイ、キンメモドキ群れ、イサキ、トラウツボ、ハナミノカサゴ、クマノミ、レンテンヤッコ、クロユリハゼ幼魚、ヒレグロベラ幼魚、など
◎沈船:
(天候)くもり(水底温度)28.3℃(透明度)12~15m
(主な生物)キンチャクダイ幼魚、キンメモドキ大群、コロダイ、ネンブツダイ、イサキ、タカベ、オオモンハタ、ハナミノカサゴ、イラ、ブダイ、クマノミ、キンギョハナダイ、ソラスズメダイ、ウツボ、アカヒメジ、オキゴンベ、フジイロウミウシ、タマゴイロイボウミウシ など
◎権現崎:
(天候)くもり(水底温度)28.7℃(透明度)5~10m
(主な生物)オニオコゼ×オニカサゴ、キリンミノカサゴ、ホウセキキントキ、ミナミハコフグ幼魚、アジ、ネンブツダイ、コロダイ、オオスジイシモチ、クマノミ、ソラスズメダイ、トゲチョウチョウウオ幼魚、フウライチョウチョウウオ幼魚、アナゴ、サラサエビ、ミドリイシエビ、ヒメサンゴガニ、ハナハゼ、ソメンヤドカリ、オヤビッチャ、チヌ、ニザダイ など

朝から曇り空とちらつく雨。
ですが海の中は視界抜群で快適快適。
2ボートはAOWの最終残り分のM輪くんとH間くん。
千石丘きれいでした。
魚群有り、熱帯魚の幼魚達、ソフトコーラル・・・
地形も見渡せて◎
続く沈船。
いつもの魚達はみんな健在。
今日は久しぶりにカワイイキンチャクダイの幼魚に出会いました。

今日まで地元のM輪くん。
名古屋に帰っても元気でね。
H間くん新職場が落ち着いたらまた。

午後唐は昨日から引き続きS木さんとのOWD。
昨日に比べてめちゃくちゃいい感じでした。
ゆっくり魚達とも遊べて・・
同サイズのオニオコゼとオニカサゴを並べてみました。
どうもオニカサゴの方が避けようとするみたい・・・

 

※下部「コメント(0)」クリックでコメント投稿もできます。是非一言!
※その他の掲載しきれなかった水中等の画像は写真集へ掲載しています。

ページ移動

ユーティリティ

archive/過去ログ

No Data
ブックマークはありません。

page

  • ページが登録されていません。
052019/0607
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -