エントリー

カテゴリー「ファンダイブ」の検索結果は以下のとおりです。

ファイル sea20070105.jpg

◎権現崎:(天候)晴れ→くもり(水底温度)19℃(透明度)15m
(主な生物)クロユリハゼ、ヒメユリハゼ、ダテハゼ、ツマジロモンガラ、キヘリモンガラ、ソラスズメダイ、スズメダイ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイ、チョウチョウウオ、フウライチョウチョウウオ、トゲチョウチョウウオ、ハナミノカサゴ幼体、アカエイ、コケギンポ、サツマカサゴ、カサゴ、タカノハダイ、グレ、ニザダイ、チヌ、キビナゴ群れ、ウミウサギガイ など

今日は久しぶりに、朝一から1日中海でした。
(夏の時期を思い起こすような・・)
外も全然寒くなくて、水の中も19℃。
透明度も言うことなし。

午前中はファンダイブを2本、愛知県からお越しいただいたT須さんと二人でいってきました。
T須さんは、僕とインストラクター試験同期生-H田さんの教え子さんで、今回一時的にバトンを引きついての白浜初ダイブ。

午前中は特に水中透明度が抜群だったので、さながら南の国を思い出せたのでは?
絶対数は減ってきてますが、まだまだ熱帯魚達も健在!

午後からは体験ダイブ。
O野さん、K村さん、N村さん三家族のちびっ子小中学生6人に、お母さん1名様を加えた7名様。
T須さんも一緒にファンダイブ参加ということで、8名様とのダイビングでした。

もちろん、1度に全員は入れません。
ドライスーツも交代で使いまわしだし。
ということで、午後から体験ダイビングを3クール。

どうしても耳が抜けなかったり、上に上がってしまって・・など色々ありましたが、締めくくりはドラえもんにも、クマノミにも会ってもらうことができて良かったです。

1日ありがとうございました。
解散時間が予定をはるかに押してしまったのがとってもアレですが、雨に当たらなくて良かったです。
(全員が解散後間もなく雨がやってきました・・)

お疲れ様でした。
今晩はひたすらぐっすり眠れることでしょう(^^♪

明日は1日雨模様・・・
でも、海況は悪くなさそうなので、ビーチでレスキューコース予定です。

 

※下部「コメント(0)」クリックでコメント投稿もできます。是非一言!
※その他の掲載しきれなかった水中等の画像は写真集へ掲載しています。

ファイル sea20070101.jpg

あけまして
おめでとう
ございます

今年もよろしくお願いします

今日はポカポカしてお外暖かいです(^^♪

さて、予告どおり2007年1月1日0時0分0秒の瞬間は海中で迎えることができました\(^O^)/

改めておめでとうございますm(__)m

しらら浜では毎年、年越しカウントダウン花火というものが開催されており、前々から1度その際にナイトダイビングやったら!!って計画はしてたのですが、悪天候だったり一緒に潜る人がいなかったりで実行できないでいました。

そして今年ついに実行!
ご一緒したのは昼間のボートに引き続きtakaさん。

takaさん実は初ナイトダイビング。
初ナイトが年越しダイブで花火まで観れてってどうなんでしょう(^^♪

寒いかな?と思ったり、若干の怖気づき(?)はあったんですが、いざいってみると水中では殆ど寒さは感じなかったです。

水温も18℃超えてたし。
満天の星空、きれいな月明かり、たくさんの花火ギャラリー・・・
なにより、花火が頭上真上でドカ!ドカ!ピカ!ピカ!と大迫力だし・・

水中のドラえもん付近で、光りだした花火を水中で少し観たあと水面へ浮上。
その後は水面に浮かびながら、頭の上で炸裂している花火を眺めてました。
なんとなく今年は例年に比べて花火が打ち上げられてる時間が長かったのは気のせいだろうか・・・

ちなみに、水中で花火を観たときの画像も少し取れました。
さて、真上で上がっている「花火の爆音」は、水中ではどういう感じで聞こえるのか??
知りたい方は是非実際に!(^_-)-☆

今年が良い1年でありますように!

 

※下部「コメント(0)」クリックでコメント投稿もできます。是非一言!
※その他の掲載しきれなかった水中等の画像は写真集へ掲載しています。

◎権現崎ナイト(深夜):(天候)晴れ(水底温度)18.1℃(透明度)10m超
(主な生物)イワシ群れ、モクズショイ、サラサエビ、夜光虫、キタマクラ、ソラスズメダイ、オオスジイシモチ、シマヒメヤマノカミ、コモンフグ、ヒメジ、など

ファイル sea20061231.jpg

◎三段壁:
(天候)晴れ(水底温度)19.2℃(透明度)15~20m
(主な生物)フリソデエビ、コナユキツバメガイ、ピカチューウミウシ、トゲイバラウミウシ、センテンイロウミウシ、ヒロウミウシ、アオウミウシ、イガグリウミウシ、シロミノウミウシ、ウミウサギガイ、イサキ群れ、イワシ群れ、ブリ、スジアラ、ツノダシ、ソラスズメダイ、キンギョハナダイ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイ など
◎沈船:
(天候)晴れ(水底温度)18.5℃(透明度)15~20m
(主な生物)クマドリイザリウオ、イサキ群れ、タカベ群れ、ヨスジフエダイ群れ、アカヒメジ群れ、キンメモドキ群れ、クロホシイシモチ群れ、アオヤガラ、ハナミノカサゴ、オオモンハタ、ウツボ、キンギョハナダイ、ソラスズメダイ、ヨウジウオ、コロダイ、オニハゼ、ホンソメワケベラ、センテンイロウミウシ、アオウミウシ、ツブツブコイボウミウシ など

今年ラストダイブ(厳密にはこれからもう1本あるけど)は、天気良し!透明度良し!水温良し!(18~20℃)の満足ダイブでした。

三段壁はいよいよウミウシフィーバーに突入です。
コナユキツバメガイ!きれいでした。
ピカチューも出始めました。
フリソデエビも健在。
でも、やっぱりここは地形が見渡せるほど水中視界が良いととても気持ちいい(^^♪

沈船のクマドリイザリウオも健在でした。
今日はキンメモドキの量に不満が残りましたが、鮮やかな黄色が美しいヨスジフエダイが群れになって湧いてきてました。
ここ数年あまり群れでは見れてなかったので、個人的にはこれが一番嬉しかったです\(^o^)/

今日は、昨日から引き続いて富山からのT中さんと、岐阜からお馴染みtakaさんとの東海北陸バディに加え、オーシャンハウスオーナーのご子息夫妻(新婚さん)との2ダイブでした。

白浜では初ボートのT中さん。
普段の日本海とはまた全く違った魚達や景色にかなり喜んでもらえたみたいで良かったです。
お二人とも遠いところありがとうございました。

この1年間、ほんとにたくさんの皆様とめぐり合い、海をご一緒できたこと感謝感激です。
ありがとうございました。

また来年もよろしくお願い申し上げます。

皆様のご多幸とご健康をお祈りしながら新年を迎えたいと思います。
ちなみに新年は「海中で!」迎えたいと思います。
という訳で、これから

「海中でカウントダウン花火を観ながら年越しダイブ即初詣!」

をtakaさんと二人で決行してこようと思います。

ではまた来年!
皆様良いお年を!

 

※下部「コメント(0)」クリックでコメント投稿もできます。是非一言!
※その他の掲載しきれなかった水中等の画像は写真集へ掲載しています。

ファイル sea20061230.jpg

◎権現崎:
(天候)晴れ(水底温度)16.2~16.6℃(透明度)8~12m
(主な生物)イサキ群れ、カマス群れ、グレ群れ、オヤビッチャ、ソラスズメダイ、キヘリモンガラ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイ、アカホシカクレエビ、チョウチョウウオ、フウライチョウチョウウオ、トゲチョウチョウウオ、ハタタテダイ、スズメダイ、アオリイカ、コブダイ、イシダイ、タカノハダイ、ニセカンランハギ、ニザダイ、ハリセンボン、コロダイ、サツマカサゴ、カサゴ、コケギンポ、ニジギンポ、ダテハゼ、キイロウミウシ など

昨日の嵐のような天候でちょっと心配だった今日のダイビングですが、全く問題なし。
太陽の明るい日差しと、10m前後の水中視界、相変わらず健在の熱帯魚たちのおかげで、非常に快適な2ダイブでした。
さすがに水温は先週とは一変・・・

今日は富山在住のT中さんとマンツーマン。
日本海は能登島ダイビングリゾート
の我がお師匠さんからの紹介です。
そう、イルカで有名な・・・
僕も行きたいけど中々これが、遠い。
そう、遠いんです。
その道のりをT中さん、9時間かけて車でお越しくださいました。
ありがとうございますm(__)m

朝から二人、まあとんでもなくのんびりした1日をご一緒出来ました。
年末ですから!???
なんと明日はもう今年最後の1日・・・
明日も一緒に締めくくりボートダイブいってきます。

話は変わりますが、例のテレビ出演は無事果たされていたようです。
ほんのちょっとの時間だったそうですが・・
和歌山ではテレビ大阪写らなくて観れなかったんですよね~。
また来年にビデオで観るのが楽しみ(^^♪

 

※下部「コメント(0)」クリックでコメント投稿もできます。是非一言!
※その他の掲載しきれなかった水中等の画像は写真集へ掲載しています。

ファイル sea20061202.jpg

◎三段壁:
(天候)くもり(水底温度)21.8℃(透明度)10~12m
(主な生物)クエ、イサキ群れ、ハタタテハゼ、ヒメユリハゼ、コブダイ、ツノダシ、レンテンヤッコ、オキゴンベ、キンギョハナダイ、ソラスズメダイ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイ、ニザダイ など
◎沈船:
(天候)晴れ(水底温度)21.1℃(透明度)10~15m
(主な生物)クマドリイザリウオ(1cm前後)、イロイザリウオ(オレンジ、3cm前後)、ブリ、イサキ群れ、キンメモドキ大群、ネンブツダイ、タカベ、ヨスジフエダイ、オオモンハタ、ハナミノカサゴ、キンギョハナダイ、ソラスズメダイ、トラウツボ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイ、オキゴンベ、ブダイ、アカヒメジ群れ など

ちょっと朝夜の冷え込みが強くなってきました・・
日中は比較的穏やかな天気に恵まれ、2本ボートいってきました。
でも、最後のダイブ終了時には北風と波が大きくなってて、ボートはユサユサ・・・

今日はN口さんのAOWで初ボート。
1本目はいっぱいいっぱいで殆ど講習だけしか!みたいな1ダイブでしたが、2本目はそれなりに・・

沈船は、いつもの魚群やそれを追いかけるブリなどに加え、今日は小っちゃなイザリウオが2体も見れました。
ほんとに手頃な一番カワイイサイズの小ささで、クマドリとオレンジイロイザリ。

次回はこういった魚達や水中景色を、のんびり落ち着いて眺めたりして楽しめるといいですね。

 

※下部「コメント(0)」クリックでコメント投稿もできます。是非一言!
※その他の掲載しきれなかった水中等の画像は写真集へ掲載しています。

ファイル sea20061201.jpg

◎権現崎:(天候)晴れ(水底温度)20.3℃(透明度)8~10m
(主な生物)ハタタテダイ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイ、クロユリハゼ群れ、ヒメユリハゼ、コケギンポ、タコ、フウライチョウチョウウオ、トゲチョウチョウウオ、ハリセンボン、ソラスズメダイ、オニオコゼ、ニセカンランハギ、ニザダイ、タカノハダイ、オオスジイシモチ、ヨコスジイシモチ など

ついに12月突入!
絶好の好天の中、1週間ぶりに海に入ってきたのですが、水温が下がりました・・・・
一応20℃は超えているのですが、もうウエットスーツでは厳しいかも・・・

とはいっても、カラフルな熱帯魚達は相変わらず元気そうです。
そして透明度もgood!
ご一緒したのは、2週間ぶりのN口さん。
1本目PPBコース中はすこぶる調子よさげだったんですが、気楽になったはずの2本目は何故か・・・
明日のボートはもっと力抜いていきましょう!

 

※下部「コメント(0)」クリックでコメント投稿もできます。是非一言!
※その他の掲載しきれなかった水中等の画像は写真集へ掲載しています。

ファイル sea20061118.jpg

◎エビセ:
(天候)晴れ・くもり(水底温度)23.8℃(透明度)15~18m
(主な生物)フエヤッコダイ、キンチャクダイ幼・成魚、レンテンヤッコ、キハッソク、アカハタ、キンギョハナダイ、タキゲンロクダイ、ツノダシ、ウイゴンベ、オキゴンベ、イシダイ、スズメダイ、アマミスズメダイ、コガネスズメダイ、シコクスズメダイ、ナガサキスズメダイ、ミツボシクロスズメダイ、ソラスズメダイ、クマノミ、クダヤギクモエビ など
◎沈船:
(天候)くもり(水底温度)23.5℃(透明度)15~18m
(主な生物)カンパチ、ハマチ、キンメモドキ大群、イサキ大群、アカヒメジ群れ、クロホシイシモチ群れ、タカベ、アジ、キンギョハナダイ、ヨスジフエダイ、ヒレナガハギ、オオモンハタ、ハナミノカサゴ、コブダイ、アオブダイ、グレ、トラウツボ、コロダイ、キンセンイシモチ、オオスジイシモチ、ナガサキスズメダイ、ソラスズメダイ、アオリイカ、クマノミ、など

午前中は晴れ間もうかがえる天気の中、ベタ凪の海へボートを滑らせ、土日には珍しくエビセへ。
透明度もまあまあで流れも殆ど無し。
海中は深さ40mを超える水底から立ち上がるダイナミックなウォール沿いに熱帯魚達がワンサカ!
気持ちよかったです。

午後からは曇り空=寒い・・
(水の中に入ると大丈夫なのですが)
沈船の魚群はさらに増え続けている模様。加えて飛び回るカンパチによって美しい水中ショーが!

今日はお馴染み岐阜からtakaさん、高松からK目さんとファンダイブ。
二人とも今年はこれがウエットスーツの潜り収めになるのかな?
海が良くて良かったです(^^♪

明日はK目さんの初ドライスーツダイブ。
・・・雨 かな?

 

※下部「コメント(0)」クリックでコメント投稿もできます。是非一言!
※その他の掲載しきれなかった水中等の画像は写真集へ掲載しています。

ファイル sea20061112.jpg

◎沈船:(天候)晴れ(水底温度)22.5℃(透明度)10~15m
(主な生物)ブリ、キンメモドキ大群、クロホシイシモチ群れ、イサキ群れ、アカヒメジ群れ、タカベ、オオモンハタ、ハナミノカサゴ、ヨスジフエダイ、ヒレナガハギ、ヘラヤガラ、イシダイ、キンギョハナダイ、ソラスズメダイ、ナガサキスズメダイ、シコクスズメダイ、ミツボシクロスズメダイ、クマノミ、コロダイ、トラウツボ、ミアミラウミウシ幼体、など
◎沈船⇔色津:(天候)晴れ(水底温度)22.7℃(透明度)10~15m
(主な生物)キンメモドキ群れ、キビナゴ群れ、ハナミノカサゴ、ソラスズメダイ、ニザダイ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイ、ツノダシ、キンギョハナダイ、シラコダイ、ヨスジフエダイ、キカモヨウウミウシ、ウミウサギガイ など

予想通り強風!
気持ちいい青空が広がっていただけに残念。
危ぶまれていたボート出港の方は!?
午前中のみ出港ということで続けて2本いってきました。

ポイントは沈船限定。
ということで、2本目は沈船でエントリーして色津へ水中移動ということに。
昨日のナビゲーション講習を早速活かせるチャンス到来!っと思ったら、T内さん全くコンパス見なかったとか・・・
今日は四日市よりK田さんも合流してのファンダイブでした。

透明度は思ったより良くて、うねり等も殆どなく、寒さもそれほど感じなくて、「水中は」とても気持ちいい快適なダイブでした。
沈船の魚群と色津の地形を余すことなく満喫できて良かったです。

ただ!
ボート上が・・・
北からの冷たい強風と風波が・・
反面ダイブ後の温泉がより気持ちよくて、昼食後には完全復活!

お二人ともまた再会できるの楽しみにしてます。

 

※下部「コメント(0)」クリックでコメント投稿もできます。是非一言!
※その他の掲載しきれなかった水中等の画像は写真集へ掲載しています。

ファイル sea20061105.jpg

◎三段壁:
(天候)晴れ(水底温度)24.5℃(透明度)20~25m
(主な生物)クマドリイザリウオ、ハタタテハゼ、イロブダイ幼魚、フタスジタマガシラ、ムスジコショウダイ幼魚、レンテンヤッコ、ガラスハゼ、イサキ群れ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイ、スズメダイ、アマミスズメダイ、コガネスズメダイ、キンギョハナダイ、など
◎沈船:
(天候)晴れ(水底温度)24.8℃(透明度)15~20m
(主な生物)キンメモドキ大群、クロホシイシモチ群れ、イサキ群れ、グレ群れ、アカヒメジ群れ、タカベ、ヨスジフエダイ、オオモンハタ、ハナミノカサゴ、ブダイ、イシダイ、コロダイ、キンギョハナダイ、ソラスズメダイ、スズメダイ、クマノミ、ニシキウミウシ、ムラサキウミコチョウ(1mm)幼体羽ばたき、キイロウミウシ など

昨晩~朝方まで降ったり止んだりの雨。
でもちょうどボート出港時間が近づくにつれ太陽の日差しが強くなり、昼間はちょっと暑かった・・

海は最高のコンディションといってもいいほど。
ベタ凪で軽い潮があり、透明度は抜群。
ボート移動中に「浅エビセ」ポイント付近で、上から底が見えてたので「ヤッタ透明度20m以上!」って嬉しくなりました(^^♪

案の定、三段壁の海中はほんとに透き通っててきれいでした。
心なしか熱帯魚の湧き具合も多め。
クリアな地形を眺めつつ、いなくなった!との噂のクマドリイザリウオを探しに。結構始動してましたがまだ居ました。

そして沈船は、またキンメモドキが増えてる感じです。
たくさんいすぎて逆に「酔いそう」との声も・・・

今日は1年ぶりの再会となったこなりさんと二人でボートダイブ。
夏にオープンをご一緒したかっちゃんも白浜まで一緒に来てくれたのですが、今回は別件の用事があり見送り。
(少しの間だったけど、お話したりギターで遊んだりできて良かったです)
そうそう二人ともaikoお大ファンとのこと。クリスマスにaikoコピーバンドライブイベントを開催・出演するそうです。場所は大阪。二人はそれぞれギターとボーカル。
興味ある方ご一報ください。

ところで今日の2ダイブ。
1本目はエントリー直前のこなりさん→フィンストラップ陸に忘れ→紐で結んでGO!
2本目はブーツを陸に忘れた僕→素足でブカブカのフィン履いてGO!
揃ってちょっとづつ抜けてた二人でした^^;

 

※下部「コメント(0)」クリックでコメント投稿もできます。是非一言!
※その他の掲載しきれなかった水中等の画像は写真集へ掲載しています。

ファイル sea20061031.jpg

◎三段壁:
(天候)晴れ(水底温度)24.7℃(透明度)15~20m
(主な生物)ピカチューウミウシ、クマドリイザリウオ(2cm)、イロイザリウオ(12cm)、フリソデエビ、ハタタテハゼ、ヒメユリハゼ、アカハチハゼ、クロユリハゼ、ガラスハゼ、ツルガチゴミノウミウシ、シロミノウミウシ、アデヤカミノウミウシ、トラフケボリタカラガイ、ベニキヌヅツミガイ、アヤメケボリダカラガイ、カゲロウカクレエビ、オシャレカクレエビ、クシノハカクレエビ、クダヤギクモエビ、スジアラ、イサキ群れ、キンチャクダイ、キンギョハナダイ、ソラスズメダイ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイ、アマミスズメダイ、コガネスズメダイ、タキゲンロクダイ、オヤビッチャ など
◎色津→沈船:
(天候)晴れ(水底温度)24.5℃(透明度)10~15m
(主な生物)ハマチ、カンパチ、ヨスジフエダイ、キンメモドキ大群、タカベ群れ、イサキ群れ、クロホシイシモチ群れ、アカヒメジ群れ、オオモンハタ、ハナミノカサゴ、トラウツボ、ワカウツボ、キンギョハナダイ、ナガサキスズメダイ、イラ、ブダイ、コロダイ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイ、スズメダイ、ソラスズメダイ、ムラサキウミコチョウ など

今日は最高のダイビング日和!!
なのにお客さんは無し・・・
ということで、朝からプライベート?でボートダイブいってきました。

行って良かった\(^o^)/

三段壁はカワイイ系の人気マスコット(!?)達が揃い踏み!
ピカチューやクマドリイザリウオ、フリソデエビなんかは、これら単体だけでも一見の価値あるものばかり。
ハタタテハゼやトラフケボリタカタガイはめっちゃ久しぶり。
ミクロウミウシ達もあちこちに出始めてます。
透明度もgood!

2本目は色津エントリーで沈船エキジット。
色津のアーチはキンメモドキの大群と穴に差し込む太陽の光の加減ですばらしい光景に!
きれいな水路もクッキリ。

砂地をコンパス移動して、沈船いくといきなりハマチとカンパチがブンブン!!
同時にキンメモドキ達小魚の大群がキラキラ!
その上から蛍光イエローラインがきれいなタカベの群れがクルクル!

もうお腹一杯、大満足な1日でした。
もちろんウエットで快適。
こんな日に潜らないなんてもったいなすぎるー!

 

※下部「コメント(0)」クリックでコメント投稿もできます。是非一言!
※その他の掲載しきれなかった水中等の画像は写真集へ掲載しています。

ページ移動

ユーティリティ

archive/過去ログ

No Data
ブックマークはありません。

page

  • ページが登録されていません。
122019/0102
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -