エントリー

カテゴリー「ファンダイブ」の検索結果は以下のとおりです。

ファイル sea20070425.jpg

◎権現崎-黄色浮標下:
(天候)くもり
(水底温度)19.7℃
(透明度)3~8m
(主な生物)クエ、コブダイ、イシダイ、アオブダイ群れ、キンメモドキ群れ、クロホシイシモチ群れ、ニザダイ群れ、ニセカンランハギ、グレ、ヒラスズキ、ツノダシ、ハリセンボン、チヌ、モンハナシャコ、ハナミノカサゴ、ウツボ、シマアジ、アジ、イワシ群れ、ミギマキ、タカノハダイ、コロダイ、クマノミ、ソラスズメダイ、キンギョハナダイ、キュウセン など
◎権現崎:
(天候)くもり
(水底温度)19.9℃
(透明度)5~7m
(主な生物)ソラスズメダイ、クマノミ、ハナミノカサゴ、クロホシイシモチ、チョウチョウウオ、ニザダイ、ハナハゼ、ヨコスジイシモチ、オオスジイシモチ など

今日もM島さんと水中スクーターでいってきました。
黄色浮標下まで。

一昨日より一層魚増えてました。
沈船でお馴染みのキンメモドキとイシモチの群れが沸いてました。
そして、大きなクエがペアで!!

残念なことに、今日はカメラを持って入るの忘れた・・・
M島さんが持っててくれたので画像拝借。

いやー、しつこいようですが、クエ。
2体ともちょうど食べごろサイズで、体の模様もくっきりとても綺麗でした。

それにしても水中スクーター楽チン楽チン(^^♪
40分の潜水時間内で余裕で往復。
足ヒレに内蔵したくなってしまいます。

悠々と浜へ帰ってきたところへ、ドンピシャのタイミングでロシアのNさんと合流。
一昨日に引き続いて2度目の体験ダイビングしてきました。

よっぽど気に入ってくれたみたいです。
明日もするかもしれません。

今日は一昨日より水中でリラックスできたみたい。
フィンキックがうまく出来ないのがもどかしいみたいで、「足ヒレの使い方を教えてくれ」とのことです。

明日入るなら、フィンキックレクチャーかな??

明日は午前中M島さん達と一緒に、アドヴェンチャーワールドへいくつもり。

実は僕のダイビングの教え子二人が、数ヶ月前から晴れて、アドヴァンチャーワールドのイルカとアシカの調教師に昇格になったみたいなので、ちょっと応援にいってきます。

久しぶりの再会も楽しみ(^^♪

 

※下部「コメント(0)」クリックでコメント投稿もできます。是非一言!
※その他の掲載しきれなかった水中等の画像は写真集へ掲載しています。

ファイル sea20070423.jpg

◎権現崎→南人工島:
(天候)くもり
(水底温度)18.9℃
(透明度)4~6m
(主な生物)アカエイ(あちこちに)、アジ群れ、グレ、ニザダイ、クロホシイシモチ、ソラスズメダイ、ハリセンボン、ハナミノカサゴ など
◎権現崎→黄色浮標下:
(天候)くもり
(水底温度)18.7℃
(透明度)4~6m
(主な生物)グレ群れ、ニザダイ群れ、ニセカンランハギ、キビナゴ群れ、アオブダイ群れ、ヒラスズキ、クロホシイシモチ群れ、ソラスズメダイ、キンギョハナダイ、クマノミ、トラウツボ、ハナハゼ、ツマジロモンガラ、スズメダイ、ブダイ、タカノハダイ、など
◎権現崎:
(天候)晴れ
(水底温度)18.9℃
(透明度)5~7m
(主な生物)キビレミシマ、マダイ、ソラスズメダイ、チョウチョウウオ、クマノミ、コロダイ幼魚、クサフグ、キタマクラ、キュウセン、ツマジロモンガラ、カサゴ、アオウミウシ など

半月ぶりに東京のM島さんと潜ってきました。
元々ボートでディープダイブの予定だったけど、海況の関係で沈船・色津のみとのことだったので、ビーチで水中スクーターダイブすることに。

この1年間で、何度もボートダイブご一緒してますが、何故かいつも海況悪くて沈船ばかり・・・
そして今日も。
今回は白浜に1週間近く滞在とのことなので、是非とも希望の三段壁他ディープポイントいきたいものです。

水中スクーター。
今までで最高移動距離達成。
というのは、1本目南対岸の人工島までいくつもりが、途中コンパス紛失に気付いて少し探した結果、案の定微妙に進路がズレちゃいまして。
なんと湯崎港の防波堤手前あたりまでいってしまいました。

ちなみにあのあたり、結構地形があって魚もたくさんいます。
帰り着く頃には既にバッテリー切れでした。

バッテリーを交換して続く2本目。
二人乗りで移動したのですが、それでもさすがスクーター。
気がついたら、楽々黄色浮標下手前の漁礁までいってしまってました。
今回は魚いっぱい群れてました。
気持ちよかったです。

昼からはM島さんと一緒に白浜にお越しの、ロシアのNさんが加わって体験ダイビング。
背は高くないのですが筋肉モリモリ。
水中でもとっても力強くて・・・

ウエットスーツはどうやら寒くなかったようです。
こっちにいる間にまたもう1度したいなっていってくれました。
楽しみに待ってます。

 

※下部「コメント(0)」クリックでコメント投稿もできます。是非一言!
※その他の掲載しきれなかった水中等の画像は写真集へ掲載しています。

ファイル sea20070418.jpg

◎三段壁:
(天候)くもり
(水底温度)17.6℃
(透明度)10~15m
(主な生物)イワシ群れ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイ、イサキ群れ、ソラスズメダイ、ツノダシ、キンギョハナダイ、アオブダイ、アラアリウミウシ、イガグリウミウシ、キイロイボウミウシ、など
◎沈船:
(天候)くもり→雨
(水底温度)17.6℃
(透明度)4~8m
(主な生物)イサキ群れ、アジ群れ、キンメモドキ群れ、ネンブツダイ群れ、アカヒメジ群れ、ヨスジフエダイ群れ、オオモンハタ、ハナミノカサゴ、イシダイ、グレ、ニザダイ、イロイザリウオ、ヒレナガハギ、ブダイ、トラウツボ、キンギョハナダイ、クマノミ、トウモンウミコチョウ、ムラサキウミコチョウ、イチゴミルクウミウシ、アオウミウシ、キイロウミウシ、など

昨日に引き続きAOW二日目のM辺さんとのボートダイブ。
久しぶりにオーシャンハウスの下川原さんも一緒に2ダイブ。

今日は朝から寒かったです。
ボート上の風もまたとっても。

1本目の三段壁は水中透明度が想像してたより良くて、ここの売りである地形も楽しめました。

2本目の沈船の方は、透明度も水の色も昨日と大差なくて、最初別のポイントにしとけば・・・と思ったのですが、中に入ってみるとキンメモドキの数も増えてたし、イザリウオは二体いたし、無脊椎動物は無限にあるし、水中ナチュラリストテーマにはぴったりで結果オーライでした。

ボート移動中が特にですが、寒い寒いの連発だったけど、水中では昨日と違って魚とか観て楽しめた様子のM辺さん。
昨日練習した中性浮力も所々でしっかり応用し始めてるのが見受けられたりで嬉しかったです。

夏になるのかな。またご一緒できるの楽しみにしてます。

 

※下部「コメント(0)」クリックでコメント投稿もできます。是非一言!
※その他の掲載しきれなかった水中等の画像は写真集へ掲載しています。

ファイル sea20070404.jpg

◎沈船:
(天候)晴れ
(水底温度)17.8℃
(透明度)3~5m
(主な生物)ハナイカ、イロイザリウオ、ヒレナガハギ、ヨスジフエダイ群れ、アカヒメジ群れ、キンメモドキ群れ、クロホシイシモチ群れ、アジ群れ、イサキ群れ、ハナミノカサゴ、ネッタイミノカサゴ、ブダイ、コロダイ、オオモンハタ、ウツボ、ワカウツボ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイ、ソラスズメダイ、チョウチョウウオ、トウモンウミコチョウ、ムラサキウミコチョウ、キイロウミウシ、アオウミウシ など
◎色津:
(天候)晴れ
(水底温度)17.9℃
(透明度)3~5m
(主な生物)キンメモドキ群れ、キンセンイシモチ群れ、クロホシイシモチ群れ、イサキ群れ、アジ群れ、シマアジ、ブダイ、ヨソギ、オオモンハタ、コロダイ、ハナミノカサゴ、キリンミノカサゴ、チョウチョウウオ、ソラスズメダイ、ニザダイ、アオウミウシ、イガグリウミウシ、ムラサキウミコチョウ など

天気は良かったのですが、風が強くて近場オンリーのボートダイブでした。
そして透明度が・・・

先週パラオで潜ってきた後というM島さん。
折角東京からお越しいただいたのに残念でした。

でも、沈船には魚群が戻りつつあるし、今の色津アーチ内は沈船より魚がいっぱい。
光も差し込んできていたので、水がきれいだったらさぞかしきれいな写真がとれたことだろう・・・

二人であまり時間を気にせずゆっくり潜れたのは良かったです。
M島さん、今月後半また楽しみにしてます。

 

※下部「コメント(0)」クリックでコメント投稿もできます。是非一言!
※その他の掲載しきれなかった水中等の画像は写真集へ掲載しています。

ファイル sea20070325.jpg

沈船:
(天候)くもり
(水底温度)18~18.2℃
(透明度)3~7m
(主な生物)ヨスジフエダイ、ハナミノカサゴ、カサゴ、ブダイ、オオモンハタ、アカヒメジ群れ、クロホシイシモチ群れ、キンメモドキ群れ、カワハギ、オニハゼ、アカクラゲなど

予定通りボートダイブいってきましたが、今日は沈船ポイントオンリー。

昨日心配していた程の悪海況ではなかったですが・・・
表面上の波はさほどでもなかったけれど、残っていたうねりにてこずった1本目でした。
やんごとなき諸事情(?)から5m付近の安全停止バー付近で色々やってるうちに終わってしまったみたいな(^_^;)
透明度もよくなくて・・

午後から望んだ2本目は風向きが変わり、うねりも少し収まり、透明度もちょっと良くなって、無事沈船へ。
最近お目にかかれなかったキンメモドキの群れに飛び込めて嬉しかったです。

ご一緒したのは、昨日に引き続きK目さんに加え、初めてのS谷さんK杉さんO島さんトリオ。
残念ながらK杉さんは2本目リタイアでしたが、それ以外の3方とキンメに飛び込めて良かったです。

今回はやることが多すぎな上に時間に追われて大変だったと思います。
今度はビーチでのんびりじっくりテーマを絞って潜りましょう。
K目さんありがとうございました。
いいダイバーになっていってる様子を今回はっきり感じ取れて、嬉しくもあり誇らしくもありでした(^^♪

そういえば昨日今日とクマノミ観にいかなかったなー。
たくさんいるのに。
こんなこともあるんだなー。

アカクラゲの餌食になってしまいました・・・
僕と約2名。
みんなおんなじ唇を。

今現在はなんともないけど、数日後カイカイが現れて思わず唇に手がいってしまう頃。
「今頃は揃ってあの二人も!」
と想像すると、今から可笑しくって(^-^)

 

※下部「コメント(0)」クリックでコメント投稿もできます。是非一言!
※その他の掲載しきれなかった水中等の画像は写真集へ掲載しています。

ファイル sea20070324.jpg

◎白崎プール 器材モニター会
急遽この毎年参加しているモニター会へ参加してきました。
四国のK目さんと一緒に。

二人で色々試しながら半日プールで泳いだり浮かんだり遊べました。
もちろんウエットスーツで。

今年はちょっとメーカーが少なかったかな。
でも気になってた新商品を早速試してみることができて良かった。
中でもあのフィンは相当良かったなー。
何れ自分で使うと思う。
色待ちってとこかな。

ファイル sea20070304.jpg

◎三段壁:
(天候)晴れ
(水底温度)17.9℃
(透明度)6~10m
(主な生物)クマドリイザリウオ、キンチャクダイ、イシダイ、イサキ群れ、ハナミノカサゴ、ニザダイ、キンギョハナダイ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイ、スズメダイ、ヒトデヤドリエビ、コモンウミウシ、イガグリウミウシ、コイボウミウシ、アオウミウシ など
◎沈船:
(天候)晴れ
(水底温度)18.2℃
(透明度)8~12m
(主な生物)クロホシイシモチ群れ、イサキ群れ、アジ群れ、アカヒメジ群れ、ヨスジフエダイ群れ、コロダイ、オオモンハタ、ハナミノカサゴ、キンギョハナダイ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイ、ムラサキウミコチョウ、ニシキウミウシ、キイロウミウシ など

昨日に引き続いて、春らしい!?気持ち良い天候の中、K安さんとボートダイブ。
今日のSPはボートとフォトそれぞれダイブ2。

残念ながら水は濁りが・・・定例の春にごりのようです。はやくも。
しかも三段ではツノクラゲがわんさか!
アカクラゲじゃないのが救い。
水温は昨日より高くて18度前後でした。
水の中はすっかり春模様です。

初っ端から絶好の被写体クマドリイザリウオがズリズリ歩いてました。
それにしても今年はこのクマドリはアチコチでよく出没したなー。
沈船ではいつもの魚達がいつものように健在でした。

K安さん2日間ありがとうございました。
今度は是非バイクツーリングも兼ねて、「楽器持参で」潜りにきてください!

 

※下部「コメント(0)」クリックでコメント投稿もできます。是非一言!
※その他の掲載しきれなかった水中等の画像は写真集へ掲載しています。

ファイル sea20070225.jpg

◎権現崎:
(天候)くもり
(水底温度)13.1~15.3℃
(透明度)6~10m
(主な生物)ヨスジフエダイ、アカエイ、ソラスズメダイ、スミツキトノサマダイ幼魚、トノサマダイ幼魚、フウライチョウチョウウオ、トゲチョウチョウウオ、チョウチョウウオ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイ、チヌ、グレ、ニザダイ、ニセカンランハギ、カサゴ、メバル、クロホシイシモチ、オオスジイシモチ、ヨコスジイシモチ、サラサエビ、アオウミウシ、シロウミウシ、ユビノウハナガサウミウシ、など

心なしか日照時間が長くなってきたような???
でも、冷たい空気の1日でした。
水中の景色も前回のときとは一新。
春前の景色になってきました。

急遽昨日の今日でご一緒することができたのはK西さん。
明日からタイということで、リフレッシュがてら潜りにきてくださいました。

初めてのドライスーツということで、1本目は講習しながらのファンダイブでしたが、上がってきて一言
「ウエットよりドライの方が楽!」
とのこと。
大概は逆だけど、まれに色んなことがマッチするとこうなることもあります。

明日は楽しんできてください!

 

※下部「コメント(0)」クリックでコメント投稿もできます。是非一言!
※その他の掲載しきれなかった水中等の画像は写真集へ掲載しています。

ファイル sea20070212.jpg

◎沈船(南の根&アーチの根):
(天候)晴れ(水底温度)16.5℃(透明度)20m以上
(主な生物)イロイザリ(カエルアンコウ)ウオ、クマドリイザリウオ、ミドリリュウグウウミウシ、イチゴミルクウミウシ、ムラサキウミコチョウ、ニシキウミウシ、アオウミウシ、キイロウミウシ、アジ群れ、イサキ群れ、タカベ群れ、クロホシイシモチ群れ、ヨスジフエダイ群れ、アカヒメジ群れ、ハナミノカサゴ、オオモンハタ、マダイ、チヌ、キンギョハナダイ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイ、ソラスズメダイ、不明スズメダイ、コロダイ、ダイナンウミヘビ、イラ、ブダイ、オトヒメエビ、ガラスハゼ、ゴンズイ、ウツボ、オキゴンベ など

この日は風波が強く、また風が冷たい・・・ということで沈船オンリーの2ダイブでした。
南側の根と北側のアーチの根側に分けてじっくり潜ってきました。

エントリーすると、意外と透明度はよくて、水面から水底が見渡せ一気に気分は・・・
浮遊物は多かったのですが、1日安定して視界は良かったです。

昨日に引き続いてM島さんとのマンツーマンダイブ。
スロー&マイペースでのんびり出来ました。
魚もたくさん観察できたし。

水から上がると冷たい風に吹かれて体が冷え冷え。
ですが、M島さん。
1本目と2本目のオーシャンハウス食事休憩の間に、温泉に浸かって体を温めてからドライスーツ着用。
ポカポカ感を閉じ込めた状態で2本目に突入したところ、冷え込みに犯されることなく最後までもったみたいです。
温泉効果さすが!!

これは実行する価値ありです。
早速今度やってみよう!

 

※下部「コメント(0)」クリックでコメント投稿もできます。是非一言!
※その他の掲載しきれなかった水中等の画像は写真集へ掲載しています。

ファイル sea20070128.jpg

◎千石丘:(天候)晴れ(水底温度)17.5℃(透明度)12~15m
(主な生物)ピカチューウミウシ、センテンイロウミウシ、ムラサキウミコチョウ、アオウミウシ、ヒョウモンダコ、ネジリンボウ、オグロクロユリハゼ、セナキルリスズメダイ、ソラスズメダイ、レンテンヤッコ、ツノダシ、イサキ大群、タカベ群れ、キンギョハナダイ、ネンブツダイ、ハナミノカサゴ、サツマカサゴ、クマノミ、など
◎沈船:(天候)くもり(水底温度)16.4℃(透明度)12~15m
(主な生物)ハナイカ、ミドリリュウグウウミウシ、ムラサキウミコチョウ、ウミウサギガイ、イロイザリウオ、ヨスジフエダイ群れ、アカヒメジ群れ、イサキ群れ、タカベ、ネンブツダイ、クロホシイシモチ、ハナミノカサゴ、フサカサゴ、ミギマキ、トラウツボ、ウツボ など

天気も良く、透明度は良かったですが、今日は冷えました・・・
ちょっと薄着すぎたかもしれない。

昨日から引き続きK目さんが50本記念ダイブ。おめでとう!
ネジリンボウやピカチュー、イザリウオなど、初対面の魚とも色々会えたし、いい記念ダイブになった!?

沈船はやっぱり魚群の量が激減。
その代わり船の前景がよく観れます。
それと大好きなヨスジフエダイもよく目立つ。

昨日とは違って楽チンダイブだったけど、昨日の筋肉痛がねー(^_^.)
実は僕も左ふくらはぎだけとても・・・

ダイビングを終えて、温泉入って、ログ付けして・・・
そして、早速お店のTTRITONくんと二人でお遊び(^^♪
ギターは物理的に一人でしか弾けないけど、鍵盤は二人同時に弾いて遊べるということも発見。
あと、やっぱり人が弾いてるのみれると色々勉強になります。
鍵盤弾ける人、遠慮なく遊んでいってください。

 

※下部「コメント(0)」クリックでコメント投稿もできます。是非一言!
※その他の掲載しきれなかった水中等の画像は写真集へ掲載しています。

ページ移動

ユーティリティ

archive/過去ログ

No Data
ブックマークはありません。

page

  • ページが登録されていません。
052019/0607
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -