エントリー

カテゴリー「ファンダイブ」の検索結果は以下のとおりです。

ファイル sea20070520.jpg

◎色津?沈船:
(天候)くもり
(水底温度)17.8℃
(透明度)5~8m
(主な生物)キンメモドキ大群、ハナミノカサゴ、イサキ群れ、クロホシイシモチ群れ、トラウツボ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイ、キンギョハナダイ、ソラスズメダイ、グレ、ニザダイ、ブダイ、イロイザリウオ(カエルアンコウ)、カゴカキダイ、オオモンハタ、コロダイ、シラユキウミウシ、キイロウミウシ、シロウミウシ、キイロウミウシ、など
◎M?色津横穴:
(天候)くもり・晴れ
(水底温度)17.6℃
(透明度)6~9m
(主な生物)イサキ群れ、タカベ群れ、コブダイ、キンギョハナダイ、ミナミハタンポ群れ、ミギマキ、イシダイ、グレ、など

予想に反し、朝から風波とうねりが強めで曇り空。
予定の湾外へ出るのは断念し、湾内ポイント限定になりました・・

昨日に引き続いてK目さんとボートファンダイブ。
折角四国からきてくれてるのに、白浜でのここ数ダイブは何故かいつも波の影響で沈船ばかりに・・・

ということで、時間を調整して湾内ではあるけど沈船以外のポイント潜ることに。
でも、マンツーマンダイブだし、今回は特別に普段あまり出来ないスタイルで2ダイブしてきました。

1本目は1ダイブで「色津」から「沈船」までの範囲の水中移動ダイブ。
2本目は水中スクーターを使って、「M」から行き当たりバッタリダイブ(!?)をすることに。

これまた前回のK目さんとの水中スクーターコースダイブの時も沈船で、諸事情により殆どスクーター使えなかったこともあって特別(^^♪

スクーターが使えることで、帰りのことを気にせずに、気分の向くまま移動するという、一種の冒険ダイブが可能です。

「M」の大きな根を先端までグルッと回って、時間の許す限り興味が沸く地形を伝って・・・
っと、ハタンポが群れている綺麗なアーチが現れて興奮!

後で確認したら、「色津横穴」という、また別の設定ポイントでした。
(このポイントはうちが利用するボートでは標準設定ポイントではなくて、今まで行ったことが無かったんですが・・)

いやー気持ちよかったです。
久しぶりに寒さも吹き飛ぶ(?)興奮でした。
たまには知らない海中で、有るか無いかわからないサプライズに期待してドキドキするような冒険ダイブも楽しいです。

これがまた水中スクータダイブの一つの醍醐味だな(^^♪
アッもちろん、こういったダイビングをする時には、「シグナルフロート」の携行は必須です。

K目さん!また海況が芳しくなくて残念でした・・・
でも、2ダイブ中に4ポイントを巡ったってのは中々出来ない貴重な経験というか思い出になったのではと(^^♪

また夏に!

 

※下部「コメント(0)」クリックでコメント投稿ができます。是非一言!
※その他の掲載しきれなかった水中等の画像は写真集へ掲載しています。

ファイル sea20070519.jpg

◎権現崎:
(天候)晴れ
(水底温度)19.0℃
(透明度)3~6m
(主な生物)クマノミ、ソラスズメダイ、ワニゴチ、クロホシイシモチ群れ、チョウチョウウオ、ニセカンランハギ、オトメベラ、ヒメジ、トラギス、クサフグ など
◎円月島:
(天候)晴れ
(水底温度)19.3℃
(透明度)3~6m
(主な生物)イシダイ、カゴカキダイ群れ、カマス、チョウチョウウオ、ニセカンランハギ、ニザダイ、ワカウツボ、シマウミスズメ、アオリイカ卵、キイロウミウシ、イシサンゴ類群生 など

昨晩の豪雨・雷の影響が心配された朝一のダイブでしたが、想像していたよりは視界は良く、また天候に恵まれたこともあって、寒さもそれほど。

午前中は体験ダイビング。
兵庫からダイビング初体験ペアのM田さんとY根さん。
それと、2ヶ月ぶりに再会のK目さんも一緒に。

ちょっと長めの、かなり楽しい1ダイブでした。

今年は海草の量が多い。
海草群を掻き分け掻き分け移動するうちに、髪の毛と海草が一体化していたり・・・

興奮する度に(?)マスクが水を吸入したように・・・
その仕草と表情がなんとも言えず・・・(^^♪
終わる頃には、マスククリアはお手の物?状態。

僕も久しぶりにマスククリアの連発でした。

午後からはK目さんと二人で、2年ぶりの円月島ダイブ。

こちらはまた、午前中に輪をかけたようにエントリーエリアが海草の海。
まさしく「海草の塩漬け状態」の水面を移動し水中へ。

円月島の背面沖側はイシサンゴ類の群生がたくさんあってとてもきれいです。
でも、やっぱりここのサンゴもあちこちで死骸に・・・

かな~りのんびりしまくりの楽しい1日でした。

 

※下部「コメント(0)」クリックでコメント投稿もできます。是非一言!
※その他の掲載しきれなかった水中等の画像は写真集へ掲載しています。

ファイル sea20070505.jpg

◎権現崎:
(天候)くもり
(水底温度)19.7~19.9℃
(透明度)3~5m
(主な生物)サザナミフグ、コブダイ、カゴカキダイ、イシダイ、グレ群れ、アジ群れ、クロホシイシモチ群れ、ニセカンランハギ、タカノハダイ、ハリセンボン、テンクロスジギンポ、クマノミ、ソラスズメダイ、チョウチョウウオ、ヤドカリ、キイロウミウシ、アオウミウシ など

天気予報では朝から雨・・・ということで、覚悟してたんですが、結局日中は雨にあたらなくて良かったです。

とはいえ、殆ど丸1日水の中・・・
さすがに冷えました(^_^;)

M村さんとのレスキューコースはこの日が最終日で内容もハードに。
そういえば、ここんとこレスキューコース中には、何故か"マジ捜索"事態が発生します。

今回も、僕のウエイトベルト、それから奥さんのマスクが・・・
まあすぐに見つかりましたが、こんなちょっとしたアレンジ(?)もコースの価値が高まって、いいような気がします。
(自分の道具を探すときは、さすがにみんなマジです)

A村さんも2日目。
最後のダイブではウエイトを減らしたことも功を奏して、かなり楽になった感がありました。

2日間ありがとうございました。
また夏にお待ちしてます!

 

※下部「コメント(0)」クリックでコメント投稿もできます。是非一言!
※その他の掲載しきれなかった水中等の画像は写真集へ掲載しています。

ファイル sea20070504.jpg

◎三段壁:
(天候)晴れ
(水底温度)19.4℃
(透明度)3~6m
(主な生物)キンギョハナダイ、クマノミ、スズメダイ、ソラスズメダイ、アラリウミウシ など
◎ペイマンケーブ:
(天候)晴れ
(水底温度)19.2℃
(透明度)4~8m
(主な生物)シラユキモドキ、イガグリウミウシ、ニシキウミウシ、オトヒメエビ、クマノミ、シラコダイ、ソラスズメダイ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイ、など
◎権現崎:
(天候)晴れ
(水底温度)19.3℃
(透明度)3~6m
(主な生物)イザリウオ(15cm)、ハリセンボン、クマノミ、ハナミノカサゴ、コケギンポ、ソラスズメダイ、チョウチョウウオ、アジ群れ、クロホシイシモチ群れ、ヨコスジイシモチ、オオスジイシモチ、ニザダイ、ニセカンランハギ、キタマクラ、アオウミウシ など

午前中はボートでファンダイブ2本。
去年の夏以来の再会になった、北海道のA村さんといってきました。

朝一の三段壁はウネウネの海況。
それと正味去年の夏以来のブランクということもあって、アッ!?という間の潜水時間でした(^_^;)

二本目は、少し落ち着きを取り戻して挑んだペイマンケーブ。
僕もこのポイント久しぶり。

三段より海況は全然良かったです。
水中は、中層あたりは結構視界よかったのですが、水底は・・・
少し洞窟の形が変わった気がする。

午後からは権現崎ビーチで、先日のM村さん夫妻とのレスキューコース。
それから、A村さんに加え、Y本さん夫妻とO島さんK藤さんペアとの体験ダイビング。

ビーチも濁りが強くなっててちょっと残念。
それでも、体験では全員ドラ○もんにも会いに行けたし、岩の小穴からピョコッと小さな頭を出していた、小さなコケギンポを自分で発見して喜んでいる顔が観れたり(^^♪

レスキューコース中には、捜索練習中に、砂地を這って歩いているイザリウオを発見して嬉しそうな笑顔で知らせてくれたり・・・

自分で見つけることが出来たら、喜びも倍増です。

今日は久しぶりのバタバタで、お待たせしてしまったりがあってごめんなさい。
また是非、違ったのんびりしたダイビングもご一緒しましょう!
ありがとうございました!

 

※下部「コメント(0)」クリックでコメント投稿もできます。是非一言!
※その他の掲載しきれなかった水中等の画像は写真集へ掲載しています。

ファイル sea20070503.jpg

◎権現崎:
(天候)晴れ
(水底温度)18.7~20.0℃
(透明度)5~10m
(主な生物)マトウダイ、クマノミ、ヒメユリハゼ、ソラスズメダイ、ミツボシクロスズメダイ、アジ群れ、クロホシイシモチ群れ、グレ群れ、ニザダイ群れ、ニセカンランハギ、キタマクラ、オオスジイシモチ、ハリセンボン、タカノハダイ、チョウチョウウオ、スズメダイ、ユビノウハナガサウミウシ、など

白ら浜では朝から海開きイベント。
浜のクリーンナップにも2名ほど参加し・・
水着姿のちびっ子達が、並んで元気に海に駆け込んでいく様子も観られました。

それを横目に、朝から権現崎で3ダイブ。
午前中はY田さんN村さんとファンダイブ。
天気は良かったけど、ちょっと水が冷たく感じたかな。

午後からは、T橋さん母子も加わって体験ダイビング。
初め嫌だ嫌だっていってただいちくんでしたが、イザ海は入ってみるとなんおなんの、すっかり楽しんでいってくれました。

こんなに若いときにダイビングが出来るなんて羨ましい限りです。

みなさんまた潜りに来てくださいね。

 

※下部「コメント(0)」クリックでコメント投稿もできます。是非一言!
※その他の掲載しきれなかった水中等の画像は写真集へ掲載しています。

ファイル sea20070429.jpg

◎三段壁:
(天候)快晴
(水底温度)18.3℃
(透明度)10~15m
(主な生物)クマドリイザリウオ(イエロー、4cm)、シロミノウミウシ、キンギョハナダイ群れ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイ、ソラスズメダイ、ツノダシ、チョウチョウウオ、ハナミノカサゴ、ニザダイ、キビナゴ群れ、など
◎沈船:
(天候)快晴
(水底温度)18.5℃
(透明度)7~12m
(主な生物)キンメモドキ群れ、イサキ群れ、アジ群れ、クロホシイシモチ・ネンブツダイ群れ、ヨスジフエダイ群れ、ブダイ、コロダイ群れ、ハナミノカサゴ、ウツボ、オオモンハタ、ニザダイ など

朝からめちゃめちゃいい天気!
空は真っ青、海面は穏やか。
海中は昨日の影響でちょっと濁り気味。

今日は全員ウエットスーツ。
個人的には、ちょー寒がりの僕としては寒かった感があるのですが、ご一緒した二人は寒さは無かったみたいです。

今回初めてご一緒したお二人、N村さんとI井さんは、神戸と神奈川からきてくださいました。

三段壁では黄色のクマドリイザリウオ!
この色のはかなり久しぶり(3年ぶりくらいじゃないかな?)でした。
ちょっと大き目の4cmほど。
体の表面にツブが出始めてます。
しばらく居ついてくれるといいなー。

続く沈船は、キンメモドキがまた増えてきてます。
入るたびに増えてます。
いい感じです。

途中はお二人と話していると、どうやら好きな音楽に共通部分があるような感じ。
DREAM・THEATERやNUNOなんかの名前が出てきたので嬉しくなりました。

二人とも学生時代はバンドマンだったようで、ベースとギター。
バンドでDREAM・THEATERやってたっていうのにはビックリしました。

ということで、ダイビングを終えて、温泉入って、食事した後はお店に戻って3人でギター遊び。
ベースが無いのがちょっと残念。
ギターでEROTOMANIAのイントロ聴かせてもらいました。
結構興奮しました。
ちょっとだけ耳コピにチャレンジしてみるかな。

ベースとドラム(せめてスネアだけでも)もあったらなー・・・
誰か持ってるけど眠ってて処分を考えてる人がいたら寄付してください!(^_^;)

お二人ともまた遊びに来てください。
とりあえず次回はベースは持参で(^_-)-

そういえば、どこかの船でダイバー事故があった。
船が応援に向かったので、少しだけお手伝いしたけど、救急車がきていたのでお任せ。
吐血してたけど、大丈夫だったのかな?

みなさん気をつけましょうね。
守るべき安全ルールについての意識が薄くなってきた頃、安易な気持ちで未経験なことにトライすることに過信状態になっているような時、安易に「インストラクターがいるから大丈夫!」って命を人任せにしてしまったり・・・
おきるときはおきます。

ああいう場に立ち会うと、自分が選んだ仕事がリスクの大きな仕事だなーと再認識させられます。
明日は我が身・・気が引き締まります。

 

※下部「コメント(0)」クリックでコメント投稿もできます。是非一言!
※その他の掲載しきれなかった水中等の画像は写真集へ掲載しています。

ファイル sea20070427.jpg今日は午前中ボートダイブ。
今週ずっとご一緒しているM島さんと二人で、ボート貸切ダイブでした。
久しぶりに自分で操船していったので、正味二人っきりのゆったりダイブ。

朝から水面は鏡のようなべた凪、流れもなし、弱風・・・
ということで、迷うことなく「カスミの根」へ!

実はM島さんとのボートダイブは、海況の都合でこれまで沈船ばかり。
ほんと違うとこ行けて良かったです。

やっぱりカスミの根はいいです。
春特有のもやはありますが、他のポイントとは明らかに海の青さが異なります。

目玉のオオカワリギンチャクにも再会して、帰りにはレアな綺麗どころのウミウシ達や、イザリウオ、それに沈船とは種類の違う熱帯魚達の群れも。

1ダイブを終えると、通常では港へ戻るのですが、今日は貸切だし、海は凪いでるし、そのまま船の上で休憩。

2本目は帰路途中にある、これまた普段あまり行かない「浅エビセ」へ。
「エビセ」の方が海は青かったのですがね。
1本目も深さが30m超えてたし、深さ20m程度の浅エビセにしました。

ここはほんと久しぶり。
2年ぶりくらいじゃないかな。
こっちはおいしそうな魚が色々観れました。
ハタ系、イシダイ、フエフキ・・
ウミウシもカワイイのがいました。

東京からきてもらって、4度目の正直!?でやっと沈船以外のいい海にいけました(^^♪
片手間(?)でディープSPの講習もできたし。

午後からは、ビーチでナビゲーションの仕上げと体験ダイブ。
ロシアのNさんの体験ダイビングは、ついに4本目となりました。
でも今回がラストダイブ。
なんだか寂しいかぎりですが、
ほんと喜んでもらえて良かったです。

最後にロシアのプレゼントいただきました。
宝物にします。
ありがとう!Спасибо!
またいつか再会できるといいなー。

1週間ありがとうございました。

 

※下部「コメント(0)」クリックでコメント投稿もできます。是非一言!
※その他の掲載しきれなかった水中等の画像は写真集へ掲載しています。 

◎カスミの根:
(天候)晴れ・くもり
(水底温度)18.6℃
(透明度)17~20m
(主な生物)オオカワリギンチャク、アマミスズメダイ群れ、コガネスズメダイ群れ、キホシスズメダイ、ウメイロ、シラコダイ群れ、タキゲンロクダイ、スズメダイ、キンギョハナダイ群れ、レンテンヤッコ、オオモンハタ、イロイザリウオ(20cm)、クマノミ、ミツボシクロスズメダイ、アオリイカ卵、サラサゴンベ、キャラメルウミウシ、ヒプセロドリスクラカトア、不明ウミウシ、ゾウゲイロウミウシ など
◎浅エビセ:
(天候)くもり
(水底温度)18.6℃
(透明度)15~17m
(主な生物)アマミスズメダイ群れ、スジアラ、アカハタ、イシダイ、ハマフエフキ、コロダイ群れ、シラコダイ、レンテンヤッコ、ニザダイ、ミナミハタンポ群れ、クラゲウオ、アカクラゲ、イガグリウミウシ、ヒロウミウシ、シロウサギウミウシ など
◎権現崎:
(天候)晴れ・くもり
(水底温度)19.2℃
(透明度)8~12m
(主な生物)アナゴ、ソラスズメダイ、ニジギンポ、チョウチョウウオ、テンクロスジギンポ、ミナミコブヌメリ、クマノミ、オトメベラ、キタマクラ、シマウミスズメ、アカフチミドリガイ など

 

ファイル sea20070425.jpg

◎権現崎-黄色浮標下:
(天候)くもり
(水底温度)19.7℃
(透明度)3~8m
(主な生物)クエ、コブダイ、イシダイ、アオブダイ群れ、キンメモドキ群れ、クロホシイシモチ群れ、ニザダイ群れ、ニセカンランハギ、グレ、ヒラスズキ、ツノダシ、ハリセンボン、チヌ、モンハナシャコ、ハナミノカサゴ、ウツボ、シマアジ、アジ、イワシ群れ、ミギマキ、タカノハダイ、コロダイ、クマノミ、ソラスズメダイ、キンギョハナダイ、キュウセン など
◎権現崎:
(天候)くもり
(水底温度)19.9℃
(透明度)5~7m
(主な生物)ソラスズメダイ、クマノミ、ハナミノカサゴ、クロホシイシモチ、チョウチョウウオ、ニザダイ、ハナハゼ、ヨコスジイシモチ、オオスジイシモチ など

今日もM島さんと水中スクーターでいってきました。
黄色浮標下まで。

一昨日より一層魚増えてました。
沈船でお馴染みのキンメモドキとイシモチの群れが沸いてました。
そして、大きなクエがペアで!!

残念なことに、今日はカメラを持って入るの忘れた・・・
M島さんが持っててくれたので画像拝借。

いやー、しつこいようですが、クエ。
2体ともちょうど食べごろサイズで、体の模様もくっきりとても綺麗でした。

それにしても水中スクーター楽チン楽チン(^^♪
40分の潜水時間内で余裕で往復。
足ヒレに内蔵したくなってしまいます。

悠々と浜へ帰ってきたところへ、ドンピシャのタイミングでロシアのNさんと合流。
一昨日に引き続いて2度目の体験ダイビングしてきました。

よっぽど気に入ってくれたみたいです。
明日もするかもしれません。

今日は一昨日より水中でリラックスできたみたい。
フィンキックがうまく出来ないのがもどかしいみたいで、「足ヒレの使い方を教えてくれ」とのことです。

明日入るなら、フィンキックレクチャーかな??

明日は午前中M島さん達と一緒に、アドヴェンチャーワールドへいくつもり。

実は僕のダイビングの教え子二人が、数ヶ月前から晴れて、アドヴァンチャーワールドのイルカとアシカの調教師に昇格になったみたいなので、ちょっと応援にいってきます。

久しぶりの再会も楽しみ(^^♪

 

※下部「コメント(0)」クリックでコメント投稿もできます。是非一言!
※その他の掲載しきれなかった水中等の画像は写真集へ掲載しています。

ファイル sea20070423.jpg

◎権現崎→南人工島:
(天候)くもり
(水底温度)18.9℃
(透明度)4~6m
(主な生物)アカエイ(あちこちに)、アジ群れ、グレ、ニザダイ、クロホシイシモチ、ソラスズメダイ、ハリセンボン、ハナミノカサゴ など
◎権現崎→黄色浮標下:
(天候)くもり
(水底温度)18.7℃
(透明度)4~6m
(主な生物)グレ群れ、ニザダイ群れ、ニセカンランハギ、キビナゴ群れ、アオブダイ群れ、ヒラスズキ、クロホシイシモチ群れ、ソラスズメダイ、キンギョハナダイ、クマノミ、トラウツボ、ハナハゼ、ツマジロモンガラ、スズメダイ、ブダイ、タカノハダイ、など
◎権現崎:
(天候)晴れ
(水底温度)18.9℃
(透明度)5~7m
(主な生物)キビレミシマ、マダイ、ソラスズメダイ、チョウチョウウオ、クマノミ、コロダイ幼魚、クサフグ、キタマクラ、キュウセン、ツマジロモンガラ、カサゴ、アオウミウシ など

半月ぶりに東京のM島さんと潜ってきました。
元々ボートでディープダイブの予定だったけど、海況の関係で沈船・色津のみとのことだったので、ビーチで水中スクーターダイブすることに。

この1年間で、何度もボートダイブご一緒してますが、何故かいつも海況悪くて沈船ばかり・・・
そして今日も。
今回は白浜に1週間近く滞在とのことなので、是非とも希望の三段壁他ディープポイントいきたいものです。

水中スクーター。
今までで最高移動距離達成。
というのは、1本目南対岸の人工島までいくつもりが、途中コンパス紛失に気付いて少し探した結果、案の定微妙に進路がズレちゃいまして。
なんと湯崎港の防波堤手前あたりまでいってしまいました。

ちなみにあのあたり、結構地形があって魚もたくさんいます。
帰り着く頃には既にバッテリー切れでした。

バッテリーを交換して続く2本目。
二人乗りで移動したのですが、それでもさすがスクーター。
気がついたら、楽々黄色浮標下手前の漁礁までいってしまってました。
今回は魚いっぱい群れてました。
気持ちよかったです。

昼からはM島さんと一緒に白浜にお越しの、ロシアのNさんが加わって体験ダイビング。
背は高くないのですが筋肉モリモリ。
水中でもとっても力強くて・・・

ウエットスーツはどうやら寒くなかったようです。
こっちにいる間にまたもう1度したいなっていってくれました。
楽しみに待ってます。

 

※下部「コメント(0)」クリックでコメント投稿もできます。是非一言!
※その他の掲載しきれなかった水中等の画像は写真集へ掲載しています。

ファイル sea20070418.jpg

◎三段壁:
(天候)くもり
(水底温度)17.6℃
(透明度)10~15m
(主な生物)イワシ群れ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイ、イサキ群れ、ソラスズメダイ、ツノダシ、キンギョハナダイ、アオブダイ、アラアリウミウシ、イガグリウミウシ、キイロイボウミウシ、など
◎沈船:
(天候)くもり→雨
(水底温度)17.6℃
(透明度)4~8m
(主な生物)イサキ群れ、アジ群れ、キンメモドキ群れ、ネンブツダイ群れ、アカヒメジ群れ、ヨスジフエダイ群れ、オオモンハタ、ハナミノカサゴ、イシダイ、グレ、ニザダイ、イロイザリウオ、ヒレナガハギ、ブダイ、トラウツボ、キンギョハナダイ、クマノミ、トウモンウミコチョウ、ムラサキウミコチョウ、イチゴミルクウミウシ、アオウミウシ、キイロウミウシ、など

昨日に引き続きAOW二日目のM辺さんとのボートダイブ。
久しぶりにオーシャンハウスの下川原さんも一緒に2ダイブ。

今日は朝から寒かったです。
ボート上の風もまたとっても。

1本目の三段壁は水中透明度が想像してたより良くて、ここの売りである地形も楽しめました。

2本目の沈船の方は、透明度も水の色も昨日と大差なくて、最初別のポイントにしとけば・・・と思ったのですが、中に入ってみるとキンメモドキの数も増えてたし、イザリウオは二体いたし、無脊椎動物は無限にあるし、水中ナチュラリストテーマにはぴったりで結果オーライでした。

ボート移動中が特にですが、寒い寒いの連発だったけど、水中では昨日と違って魚とか観て楽しめた様子のM辺さん。
昨日練習した中性浮力も所々でしっかり応用し始めてるのが見受けられたりで嬉しかったです。

夏になるのかな。またご一緒できるの楽しみにしてます。

 

※下部「コメント(0)」クリックでコメント投稿もできます。是非一言!
※その他の掲載しきれなかった水中等の画像は写真集へ掲載しています。

ページ移動

ユーティリティ

archive/過去ログ

No Data
ブックマークはありません。

page

  • ページが登録されていません。
122019/0102
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -