エントリー

カテゴリー「ファンダイブ」の検索結果は以下のとおりです。

ファイル sea20070904.jpg

◎権現崎:
(天候)晴れ
(水底温度)28.8~29.0℃
(透明度)6~10m
(主な生物)クロユリハゼ、ソラスズメダイ、ハナハゼ、トゲチョウチョウウオ、チョウチョウウオ、クロホシイシモチ、クマノミ、ニジギンポ、キヘリモンガラ、カゴカキダイ、ハタタテダイ など
◎千石丘:
(天候)晴れ
(水底温度)26.0℃
(透明度)10~15m
(主な生物)タテジマキンチャクダイ幼魚、ユカタハタ、レンテンヤッコ、キンメモドキ群れ、イサキ群れ、ハナミノカサゴ、アジ、ハタタテダイ、ツノダシ、ソラスズメダイ、キンギョハナダイ など
◎沈船:
(天候)晴れ
(水底温度)27.6℃
(透明度)7~10m
(主な生物)イサキ群れ、アジ群れ、オオモンハタ、イシダイ、ブダイ、キンセンフエダイ、グレ、トラウツボ、ワカウツボ、クロホシイシモチ、キンギョハナダイ、など

午前中は近畿北部から社員旅行でお越しの飲食店ご一同様と体験ダイビングでした。
うまくいった人、いかなかった人・・色々でしたが、たくさんの表情、反応を感じながら一緒に楽しめました。
また是非ご一緒しましょう!

午後からは、約1年ぶりのお二人とAOWボートダイブ。
いっぱいいっぱいもありましたが、きれいな海、たくさんの魚達にあえて、また、時間をのんびり使いながらのい2ダイブが出来ました。
是非もう少しつめて潜りましょう!

 

※下部「コメント(0)」クリックでコメント投稿もできます。是非一言!
※その他の掲載しきれなかった水中等の画像は写真集へ掲載しています。

ファイル sea20070902.jpg

◎三段壁:
(天候)晴れ
(水底温度)25.8℃
(透明度)12~17m
(主な生物)レンテンヤッコ、キンギョハナダイ群れ、イケカツオ群れ、イサキ群れ、ルリハタ、キハッソク、ハマフエフキ、ニザダイ、ツマジロモンガラ、ケサカケベラ幼魚、イセエビ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイ、ソラスズメダイ、スズメダイ、コガネスズメダイ幼魚、シラコダイ、ツノダシ、アカマツカサ、ワカウツボ、ウミウサギガイ、タコ、など
◎権現崎:
(天候)晴れ
(水底温度)28.6℃
(透明度)4~6m
(主な生物)トゲチョウチョウウオ幼魚、ハタタテダイ群れ、チョウチョウウオ、ソラスズメダイ、ウミスズメ、クロホシイシモチ、アカエイ、アオヤガラ、タイワンガザミ、ニジギンポ、クサフグ幼魚群れ、アジ、マダイ、チヌ、ボラ、コロダイ、ホンソメワケベラ など

9月に入って水がきれいになってきました。
特に午前中のビーチはキラキラと美しく、さながら海外南国リゾート気分。

ボートも南側ポイントになる三段壁は水の色が明らかに違います。
K目さんと二人で、気持ちよく三段壁の地形三昧ダイブ堪能してきました。
水温低目なのは、29m付近とちょっと深めのエリアまで移動したので。

ビーチの方は、先週に引き続きS吉さんK崎さんのライセンス取得コース。
分割日程の2日目。
のんびりとはいえないまでも、急がず確実に着々と進行中。
来週に残り1日で修了予定。
またよろしくです。

 

※下部「コメント(0)」クリックでコメント投稿もできます。是非一言!
※その他の掲載しきれなかった水中等の画像は写真集へ掲載しています。

ファイル sea20070901.jpg

◎権現崎:
(天候)晴れ
(水底温度)29.0~29.2℃
(透明度)5~8m
(主な生物)ハタタテダイ群れ、ソラスズメダイ、クマノミ、キヘリモンガラ、チョウチョウウオ、コロダイ、ホンソメワケベラ、アジ、シマアジ、ツノダシ、アオヤガラ、イシダイ幼魚、ニセカンランハギ、クロホシイシモチ、ニザダイ、グレ群れ、ニシキウミウシ、ユビノウハナガサウミウシ など

とうとう9月になってしまいました。
でも土日ということからか、海水浴客等思ったより人は多め。

海の方は、浅場の透明度が抜群!
キラキラとすごく綺麗でした。
(深場の方はまだ・・・)

今日は1日体験ダイビング。
お馴染みの四国のK目さんも加わって、とよく考えると、午前中はなんと5人全員が香川県よりのご参加!
約1名の途中リタイヤがありましたが、全員香川県民で白浜ダイブ慣行できました(^^♪
またの機会も楽しみです。

午後からは大阪よりのお二人とK目さんとでゆっくり潜れました。
想像以上に楽しんでもらえたみたいで良かったです。
是非またご一緒しましょう。

 

※下部「コメント(0)」クリックでコメント投稿もできます。是非一言!
※その他の掲載しきれなかった水中等の画像は写真集へ掲載しています。

ファイル sea20070815.jpg

◎三段壁:
(天候)晴れ
(水底温度)
(透明度)10~15m
(主な生物)イサキ群れ、チョウチョウウオ、クマノミ、ツノダシ、ミギマキ、キンギョハナダイ、ソラスズメダイ、など
◎沈船:
(天候)晴れ
(水底温度)27.2℃
(透明度)10m
(主な生物)キンメモドキ群れ、クロホシイシモチ、ゴンズイ、アジ、タカベ、オオモンハタ、イサキ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイ など
◎権現崎:
(天候)晴れ
(水底温度)27.7℃
(透明度)4~7m
(主な生物)シマアジ幼魚群れ、セミホウボウ、ツマジロモンガラ、キヘリモンガラ、ムラサメモンガラ、ソラスズメダイ、ニジギンポ、ハリセンボン、イサキ群れ など

非常にアレなんですが、お盆前後の期間はコメント割愛させていただいてます。
ホームページ更新が追いつかなくなってしまってますので。
ご理解くださいませm(__)m

 

※下部「コメント(0)」クリックでコメント投稿もできます。是非一言!
※その他の掲載しきれなかった水中等の画像は写真集へ掲載しています。

ファイル sea20070814.jpg

◎権現崎:
(天候)晴れ
(水底温度)27.0-27.5℃
(透明度)4~7m
(主な生物)ミナミハコフグ幼魚、ハタタテダイ、アジ群れ、アオヤガラ、ハリセンボン、クマノミ、チョウチョウウオ、ソラスズメダイ、テンクロスジギンポ、アオリイカ卵、クロホシイシモチ、ハナミドリガイ、キヘリモンガラ など
◎権現崎 黄色浮標下:
(天候)晴れ
(水底温度)27.1℃
(透明度)5~8m
(主な生物)ミナミハコフグ幼魚、キンメモドキ群れ、ハタンポ群れ、クロホシイシモチ群れ、アジ群れ、イサキ、タカベ、グレ群れ、ニザダイ、アイゴ、ハナミノカサゴ、カゴカキダイ、チョウチョウウオ群れ、イシダイ、アオブダイ、ウツボ、サツマカサゴ、オトメベラ、ツノダシ など

非常にアレなんですが、お盆前後の期間はコメント割愛させていただいてます。
ホームページ更新が追いつかなくなってしまってますので。
ご理解くださいませm(__)m

 

※下部「コメント(0)」クリックでコメント投稿もできます。是非一言!
※その他の掲載しきれなかった水中等の画像は写真集へ掲載しています。

ファイル sea20070811.jpg

◎権現崎:
(天候)晴れ
(水底温度)27.0~27.7℃
(透明度)3~10m
(主な生物)ミナミハコフグ幼魚、トゲチョウチョウウオ幼魚、チョウチョウウオ、クマノミ、ソラスズメダイ、ハタタテダイ、ハナハゼ、ダテハゼ、アジ群れ、アオリイカ卵 等

この日以降、ホームページを毎日更新するには、ちょっと手が回らなくなってきたので、コメントは割愛させていただきます。

ご来店いただいた皆様。
ありがとうございます。

 

※下部「コメント(0)」クリックでコメント投稿もできます。是非一言!
※その他の掲載しきれなかった水中等の画像は写真集へ掲載しています。

ファイル sea20070809.jpg

◎権現崎:
(天候)快晴
(水底温度)24~25.5℃
(透明度)3~8m
(主な生物)カンパチ群れ、イサキ群れ、アジ群れ、グレ群れ、ソラスズメダイ群れ、クロホシイシモチ群れ、イシダイ、ニセカンランハギ、ニザダイ、イッテンフエダイ、コロダイ、チヌ、マダイ、クマノミ、チョウチョウウオ、カゴカキダイ、タキゲンロクダイ幼魚、ハナハゼ、ハタタテダイ、ホンソメワケベラ、キヘリモンガラ、ツマジロモンガラ、オオモンハタ、テンクロスジギンポ、など

雲一つない青空とさんさんと降り注ぐ太陽に心地よくふきつける海風・・・
今日も「THE夏の海」な1日でした。

午前中はファンダイブ。
今だけ地元のO村さんと二人で、のんびりビーチダイブ。
ひさしぶりに潜堤付近までいってきましたが、ちょうどブリーフィングで話してたはなからカンパチの群れに遭遇。
いよいよ回遊魚も入ってきていい感じです。

アジやイサキもたくさんでした。
それからソラスズメダイも沸いてます。

午後からは大阪よりお越しのY崎さんF川さんと体験ダイビング。
午前中より水中視界は落ちてましたが、のんびりたくさんの魚達を観てもらえました。

9~10、11月までがダイビングのベストシーズン!
その頃にまたお会いできるの楽しみにしてます(^^♪

 

※下部「コメント(0)」クリックでコメント投稿もできます。是非一言!
※その他の掲載しきれなかった水中等の画像は写真集へ掲載しています。

ファイル sea20070728.jpg

◎権現崎:
(天候)快晴
(水底温度)25.7~27.6℃
(透明度)5~10m
(主な生物)セミホウボウ、ハタタテダイ、カゴカキダイ、イワシ大群、アジ群れ、イサキ群れ、ソラスズメダイ群れ、チョウチョウウオ、クマノミ、オトメベラ、ニシキベラ、キヘリモンガラ、オニハゼ、ダテハゼ、グレ群れ、タカノハダイ、ニセカンランハギ、など

相変わらずの晴天としらら浜を埋め尽くし始めた蟻のような海水浴客の数・・・
水の中は、ここ最近コンディションいいです。

午前中に中性浮力テーマ、午後からナビゲーションテーマのビーチダイブ。

前回同様のテーマを既に殆ど終えているS谷さんK杉さんに対し、一人取り残されていた状態(?)のO島さんの追いつき追い越せテーマダイブでしたが・・・

久しぶり感や気負い等からか悪戦苦闘・・・
最後の方はとうとう力尽きてしまったかな・・・
またリベンジ待ってます。

最後に3週間ぶりのK目さんと少しブラブラしてきましたが、久しぶりにセミホウボウくんに。
彼女いわくエリマキトカゲらしいです。
そういえば、動きもなんとなく・・・

 

※下部「コメント(0)」クリックでコメント投稿もできます。是非一言!
※その他の掲載しきれなかった水中等の画像は写真集へ掲載しています。

ファイル sea20070721.jpg

◎権現崎:
(天候)くもり
(水底温度)23.9℃
(透明度)4~7m
(主な生物)イサキ群れ、チョウチョウウオ、オトメベラ、ニザダイ、グレ、アジ群れ、クロホシイシモチ、ソラスズメダイ、アオリイカ卵など
◎千石丘:
(天候)くもり
(水底温度)22.5℃
(透明度)5~8m
(主な生物)ハタタテハゼ、ウツボ、レンテンヤッコ、シラコダイ、イソギンポ、クマノミ、イソギンポ、セムシカサゴ、ミギマキ、コマチコシオリエビ、クチナシイロウミウシなど
◎沈船(跡):
(天候)くもり
(水底温度)23.3℃
(透明度)5~8m
(主な生物)イサキ群れ、クロホシイシモチ群れ、オオモンハタ、イラ、ブダイ、オキゴンベ、など

今日は朝からちょっと(いやかなり?)バタバタ。
そしてずっと海へ出てました。

朝一は雨が降ってるのか降ってないのか微妙な天気でしたが、水中視界は格段に良くなってきてました。
やっとドラ○もんの全身がくっきり見えます(^_^;)
イサキの群れが印象的でした。

そのままボートで三段壁へ!
ところが結構水面が上り潮で流れてて・・・
ポイント変更し千石丘へ。
AOWのディープ講習も含めてのファンダイブだったのですが、降りていっていきなり今年初の、

ハタタテハゼ!

まさしく台風の効用(^^♪
今日のダイビング中に出会った一番嬉しい魚でした。
沖縄とかでは良く見かけるのですが、南紀では貴重。
それに色といい姿といい動きといい、可愛くて個人的に大好きなハゼです。

カメラには・・・ピントが全く合ってなくて全然駄目でした。

他にもイソギンポやクチナシイロウミウシ等可愛いやつがちょくちょく。

午後からの沈船は!

一応きいてはいたけど・・・

無いんです。

全長28m高さ10mの鉄の沈んだ船が・・・
もちろん原因はタイフーン!

大自然の力っていうのは・・・

いやね、数メーターの移動どころじゃないんです。
数十メーターのレベルで移動してしまっているようで・・・
砂地コンパス移動を少し試みましたが、諸事情により探すの断念しました。

イサキやイシモチの大群は観れたんですがね。
やはり消化不良です。
次回は沈船から直接あがってる梵天まで水面移動して潜水開始しようと硬く思いました。
今のところ・・・

今日ご一緒した6名の皆様。
バタバタになってしまってごめんなさい。
そして色々ありましたが、価値ある経験として今後のプラスに生かしていただけると幸いです。
お疲れ様でした。

 

※下部「コメント(0)」クリックでコメント投稿もできます。是非一言!
※その他の掲載しきれなかった水中等の画像は写真集へ掲載しています。

ファイル sea20070708.jpg

◎権現崎:
(天候)晴れ
(水底温度)24.1℃
(透明度)3~5m
(主な生物)クマノミ、アオリイカ、コロダイ群れ、アジ群れ、クロホシイシモチ、ソラスズメダイ、ハリセンボン、スズメダイ、チョウチョウウオ、ヨコスジイシモチ など
◎沈船:
(天候)晴れ
(水底温度)24.3℃
(透明度)5~10m
(主な生物)シマアジ(A型)群れ、キンメモドキ大群、クロホシイシモチ群れ、アジ群れ、イサキ群れ、ヨスジフエダイ群れ、イシダイ、グレ、アオブダイ、ブダイ、ハナミノカサゴ、オオモンハタ、クエ、キンギョハナダイ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイ、コロダイ、オニカサゴ、ヒョウモンウミウシ、キイロウミウシ など

昨日ご一緒したT崎さんの晴れ女ぶりが見事発揮され(?)、今日もいい天気。
2年ぶりのS木さんご夫妻と、初めてご一緒するM折さんを加えた5人でビーチとボートを1本ずつ潜ってきました。

ビーチでは水中視界は・・・でしたが、肩慣らし敵にプカプカ浮遊し、午後からボートへ。

沈船の小魚の大群はもう言うまでもなく・・

今日は、ちょっと興奮しました(メ゚皿゚)

最初は、「アッ、カンパチの群れかな?」

でも、「銀色な光り方が違う!」

「ギンガメアジ??」

みたいな5~60cmサイズの7,8尾の回遊魚の群れがグルグル・・・

ある人は、「カツオ!?」
とおもったくらいギラギラの光り方。

この系の群れを観るのは、実は初めてでした!
当然、興奮度は最高潮V(^0^)

カメラの小さな液晶画面では判断が難しく、みんなでイケカツオでは?みたいな落ち着き方をしたのですが、調べてみると「シマアジ」

シマアジはA型とB型に大別されるようで、今回のは黄色の体帯の無いA型のようです。

気持ちよかったです!
これだから止められない(^^♪

 

※下部「コメント(0)」クリックでコメント投稿もできます。是非一言!
※その他の掲載しきれなかった水中等の画像は写真集へ掲載しています。

ページ移動

ユーティリティ

archive/過去ログ

No Data
ブックマークはありません。

page

  • ページが登録されていません。
052019/0607
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -