エントリー

カテゴリー「ファンダイブ」の検索結果は以下のとおりです。

ファイル sea20080408.jpg

お昼前くらいから日差しが入り始め、午後からは気持ちいいポカポカ天気でした。

久しぶりのボートは、東京からのM島さんとマンツーマンダイブ。
冬場からしたら春にごりが入ってますが、それにしては色津の方はまあまあ。
水中では、ちっちゃなアジの大群と大きなアオリイカが目立ちました。
三段壁はまだまだウミウシがたくさん。
ピカチューまでいたり・・・

M島さんは今日でマスタースクーバダイバー!
一昨年からご一緒させていただくようになって、その後コツコツボチボチ積み重ねていった結果の到達点です。
おめでとうございます!
ダイブマスターっていう声も出始めてましたが、そんときはまた一緒にやりましょう!

 

※下部「コメント(0)」クリックでコメント投稿もできます。是非一言!
※その他の掲載しきれなかった水中等の画像は写真集へ掲載しています。

◎色津:
(天候)くもり
(水底温度)16.9℃
(透明度)7~10m
(主な生物)アジ群れ、イワシ群れ、イサキ群れ、イシモチ群れ、ヨスジフエダイ、オオモンハタ、イシダイ、コブダイ、ヘラヤガラ、サツマカサゴ、チョウチョウウオ、シラコダイ、ハタタテダイ、アオリイカ、ムラサキウミコチョウ、ユビノウハナガサウミウシなど
◎三段壁:
(天候)晴れ・くもり
(水底温度)16.9℃
(透明度)5~8m
(主な生物)ピカチューウミウシ、マダライロウミウシ、センテンイロウミウシ、セトイロウミウシ、アカテンミノウミウシ、シロミノウミウシ、サガミコネコウミウシ、イサキ群れ、アオブダイ、クマノミ、キンギョハナダイ、ミツボシクロスズメダイ、ソラスズメダイなど

ファイル sea20080203.jpg

◎権現崎:
(天候)雨→くもり
(水底温度)15.5~16.1℃
(透明度)8~15m
(主な生物)スウィートジェリーミドリガイ、アカエイ、アジ群れ、クロホシイシモチ群れ、ソラスズメダイ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイ、ハタタテダイ、ハナミノカサゴ、サツマカサゴ、カサゴ、キヘリモンガラ など

1本目は雨、水面にもうねり少々・・ということで、一部浮遊物が巻き上がってたりしましたが、そこ以外は視界良好。
水温ちょっと下がり気味ですが、熱帯魚たちは健在です。
かなり久しぶりにちっちゃくてかわいいスウィートジェリーとも会えました。

今日はドライスーツが初めてという大阪のベテランダイバーO野さんと二人でビーチダイブ。

最初の講習中は、長年で身についたウエットスーツの感覚と勝手が違う感じに手こずってた様子でしたが、2本目にはかなり感覚をつかみはじめてました。
予定している流氷ダイビングの前哨戦とのことからすると、まずまずではないでしょうか(^^♪

また暖かくなったら(?)お待ちしてますね。

 

※下部「コメント(0)」クリックでコメント投稿もできます。是非一言!
※その他の掲載しきれなかった水中等の画像は写真集へ掲載しています。

ファイル sea20080127.jpg

◎千石丘:
(天候)晴れ
(水底温度)17.6℃
(透明度)15~20m
(主な生物)ニシキフウライウオ、タテジマキンチャクダイ幼魚、コブダイ、クエ、スジアラ、オオモンハタ、フエヤッコダイ、チョウチョウウオ、トゲチョウチョウウオ、レンテンヤッコ、イシダイ、イサキ群れ、サツマカサゴ、アカヒメジ群れ、キンギョハナダイ、ハタンポ群れ、オヤビッチャ群れ、クマノミ、アマミスズメダイ、コガネスズメダイ、ソラスズメダイ、ハナミノカサゴ、ハリセンボン、ウミウサギガイ、サキシマミノウミウシ、アオウミウシ など
◎沈船北:
(天候)晴れ
(水底温度)17.3℃
(透明度)15~20m
(主な生物)クマドリカエルアンコウ、ヒラメ、ホシテンス、ハタタテダイ、アジ群れ、クロホシイシモチ群れ、イサキ群れ、ヨスジフエダイ群れ、キンセンフエダイ、オオモンハタ、グレ、ニザダイ、ニセカンランハギ、コロダイ、ハナミノカサゴ、ダイナンウミヘビ、トゲイバラウミウシ、アオウミウシ など

今日は朝から風が強く手水面は波もあり、千石では流れも少々・・
でも透明度は抜群で水温も少し戻してきてました。

K目さんにとっては、昨日のフィンキック練習の成果(?)を早速試す機会が訪れた様な感あり。
が、ちょっとしんどかったみたい(^_^;)

水中景色は暖かいシーズン中と遜色ないです。
特に千石丘。
南国の熱帯魚もたくさん観れたし、魚群にレア物・・・

沈船北にも親指先サイズのクマドリイザリがずっと居ついててくれてます。
南側の新しい漁礁の方は、魚群はまだだけどグレがたくさんいました。
今後の変化が楽しみです。

ところで、
愛用カメラはもう駄目っぽい・・・
今後しばらくレンタル用の古いオリンパス使用となりそうです。
マクロが全く・・・

K目さんにとってはちょっとハードな2日間(?)お疲れ様でした。
今度は是非ポカポカ暖かいときに!

 

※下部「コメント(0)」クリックでコメント投稿もできます。是非一言!
※その他の掲載しきれなかった水中等の画像は写真集へ掲載しています。

◎円月島:
(天候)晴れ
(水底温度)15.9℃
(透明度)10~15m
(主な生物)イワシ群れ、クマノミ、ソラスズメダイ、フウライチョウチョウウオ、トゲチョウチョウウオ、ツノダシ、など
◎権現崎:
(天候)晴れ
(水底温度)15.7℃
(透明度)10~15m
(主な生物)ソラスズメダイ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイ、グレ、ニザダイ、フウライチョウチョウウオ、カサゴ、サラサウミウシ、ハナミドリガイ、アオウミウシ、ユビノウハナガサウミウシ、ニシキウミウシ など

前日までの冷気のせいで水温が急降下。
一気に例年並みに。
それでも15℃を割るところまではいってないけど・・・

今日もまたカメラの調子が悪く、画像が無いです(^_^;)

2ヶ月ぶりのK目さんとは殆どフィンキック練習がメインの2ダイブでした。

end1(最下部に右記コピペして下記チェック)[$end1]
&nbsp;</p><p class="end1">※下部「コメント(0)」クリックでコメント投稿もできます。是非一言!<br />※その他の掲載しきれなかった水中等の画像は<a href="https://spadive.com/photlibrary/">写真集</a>へ掲載しています。

ファイル sea20080122.jpg

◎三段壁:
(天候)くもり
(水底温度)18.1℃
(透明度)15~20m
(主な生物)イサキ群れ、スジアラ、フタスジタマガシラ、ツノダシ、ヘラヤガラ、キンギョハナダイ、ソラスズメダイ、スズメダイ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイ、ピカチューウミウシ、オトヒメウミウシ、アオウミウシ、など
◎中島観測塔:
(天候)くもり→雨
(水底温度)18.3℃
(透明度)12~18m
(主な生物)ブリ、コブダイ、イサキ群れ、アジ群れ、キビナゴ群れ、アオリイカ、クロホシイシモチ群れ、ハタンポ群れ、キリンミノカサゴ、ハナミノカサゴ、オヤビッチャ、スズメダイ群れ、キンギョハナダイ群れ、レンテンヤッコ、カゴカキダイ、キンチャクダイ、シラコダイ、ツノダシ、ハタタテダイ、クマノミ、ソラスズメダイ、など

今日はあいにくの曇り空でしたが、海の方はすこぶる穏やかで透明度も良くすばらしいコンディションでした。

三段壁では綺麗な地形、魚群の行列、ピカチュー・・・
中島では夏場を思わせる熱帯魚の種類の多さ、魚群を追い回すブリ、白浜一の量の多いソフトコーラル・・・

なのに!

カメラが!!

という訳で、1本目の途中までは撮れてるんですが、その後からはO堂さんのデジカメにお任せ(^^♪
なれない中一生懸命撮ってたのを拝借公開。

2日間ありがとうございました。

さて。
また間開きます。
次は26日かな。

 

※下部「コメント(0)」クリックでコメント投稿もできます。是非一言!
※その他の掲載しきれなかった水中等の画像は写真集へ掲載しています。

ファイル sea20080102.jpg

新年初潜りのビーチダイブでした。

◎円月島:
(天候)晴れ
(水底温度)16.3℃
(透明度)10~15m
(主な生物)ツノダシ、トノサマダイ、トゲチョウチョウウオ、チョウチョウウオ、ミスジリュウキュウスズメダイ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイ、オヤビッチャ、ソラスズメダイ、アオヤガラ、キス、コノハミドリガイ など
◎権現崎:
(天候)晴れ
(水底温度)17.1℃
(透明度)10~15m
(主な生物)アジ群れ、クロホシイシモチ群れ、グレ群れ、カマス群れ、コブダイ、イシダイ、ニセカンランハギ、ニザダイ、モンツキハギ、アオヤガラ、サツマカサゴ、ハリセンボン、クマノミ、ミツボシクロスズメダイ、ソラスズメダイ、フウライチョウチョウウオ、トゲチョウチョウオ、チョウチョウウオ、 など

今年初ダイブは天気も良く、透明度も良好で想像以上に熱帯魚や魚群にも会えました。
ただ空気は冷たくて・・・

ご一緒したのは初来店のY田さん。
埼玉から帰郷してきての和歌山初ダイブ。
伊豆に比べてやっぱり魚の種類が違うとのこと。
まだまだ熱帯魚がたくさん観れるので(^^♪

また帰郷の際にはもぐりに来てくださいね。

 

※下部「コメント(0)」クリックでコメント投稿もできます。是非一言!
※その他の掲載しきれなかった水中等の画像は写真集へ掲載しています。

ファイル blog20071223.jpg

◎色津:
(天候)くもり
(水底温度)19.6℃
(透明度)12~15m
(主な生物)イサキ群れ、タカベ群れ、アジ群れ、イシモチ群れ、ハタタテダイ群れ、ヨスジフエダイ群れ、コロダイ、オオモンハタ、イシダイ、ブダイ、キリンミノカサゴ、ハナミノカサゴ、オキゴンベ、カゴカキダイ、イセエビ、オトヒメエビ、トラウツボ、クマノミ、キンギョハナダイ、キカモヨウウミウシ、アオウミウシ など
◎沈船:
(天候)くもり→晴れ
(水底温度)19.4℃
(透明度)12~15m
(主な生物)アジ群れ、イサキ群れ、イシモチ群れ、クマドリカエルアンコウ、ヨスジフエダイ、イッテンフエダイ、キンセンフエダイ、ハナミノカサゴ、キンギョハナダイ、ソラスズメダイ、ナガサキスズメダイ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイ、ブダイ、コロダイ、ゴンズイ群れ、など

今日はO堂さんのエンリッチドエアSPコース兼ボートダイブ。
海の方は少しうねりが入っていて近場ポイント限定になりましたが、天候は回復し昼からは晴れてポカポカ暖かかったです。

色津は今回いつものルートはとらず、地形に沿って西側へ移動。
途中、破壊された沈船(おそらく)の破片が流れ着いて停留している場所がいくつかあって、結構タカベやイサキ、ヨスジフエダイ等魚が集まってて良かったです。
現時点では色津はこっち側の方がいいかも(^^♪

沈船はかなり台風対策の改良がされてます。
それと、南の根の先端付近に新たに巨大な漁礁が設置されました。
まだ魚は付いて無いけど、見た感じ間違いなく魚群が形成されそう(^^♪
ただ、沈船とでどちらかに分散されそうな気もする。

O堂さん3日間ありがとうございました。
今回はちょっと勉強要素の多いエンリッチSPに四苦八苦な感じになりましたが、その分得られたものは大きいはず。
また来年楽しみにお待ちしてます!

 

※下部「コメント(0)」クリックでコメント投稿もできます。是非一言!
※その他の掲載しきれなかった水中等の画像は写真集へ掲載しています。

ファイル sea20071222.jpg

◎千石丘:
(天候)雨
(水底温度)19.5℃
(透明度)15~20m
(主な生物)イサキ大群、スジアラ、カゴカキダイ群れ、キハッソク、イシダイ、アオブダイ、シラコダイ、サツマカサゴ、キンチャクダイ、キンギョハナダイ、レンテンヤッコ、クロホシイシモチ群れ、ハタンポ群れ、ウメイロモドキ、ハナミノカサゴ、キイロハギ幼魚、ツユベラ幼魚、トゲチョウチョウウオ、アマミスズメダイ、オヤビッチャ、ソラスズメダイ、オニカサゴ、ヘラヤガラ、オトヒメエビ、モクズショイ、ニシキウミウシ、ミヤコウミウシ、アカテンミノウミウシ、アカセンミノウミウシ、アオウミウシ、ウミウサギガイ幼体 など
◎M:
(天候)雨
(水底温度)19.1℃
(透明度)15~20m
(主な生物)アジ群れ、イサキ群れ、オビテンスモドキ幼魚、ハリセンボン、ヌノサラシ、フタスジタマガシラ、オオモンハタ、イシダイ、クマノミ、フタスジリュウキュウスズメダイ、ミツボシクロスズメダイ、イセエビ、オトヒメエビ、サラサウミウシ、アオウミウシ、ムカデミノウミウシ、シロギヌミノウミウシ、キイロウミウシ など

朝からシトシトと雨・・
風も冷たい・・
中でのボートダイブ。
こうなると、ボート移動中は冷え冷え。
でも、水に入ってしまえば、体感ではポカポカ暖かくて温泉に浸かったような感じになります。

昨日に続いて透明度も抜群。
海況も穏やかで水中はとっても気持ちよかったです(^^♪

今日は美味しそうな魚やエビ達が満載!
スーパーマクロなウミウシもたくさん!
そういえば、小さなウミウシと思って手のひらに乗せて撮影してものを拡大してみたら、ウミウサギガイの幼体でした。
指紋2行分程の体の大きさでした。
なのにしっかり貝ガラ包んでえビックリ!

明日も海綺麗だといいなー・・・

 

※下部「コメント(0)」クリックでコメント投稿もできます。是非一言!
※その他の掲載しきれなかった水中等の画像は写真集へ掲載しています。

ファイル sea20071206.jpg今日は予報どおり昨日とは打って変わって快晴&凪ぎ(^^♪

朝方は風の冷たさがアレでしたが、1ダイブ後の帰りにはけっこう暖かくなって中々快適でした。

エビセではボートダイブが久々のayanoちゃんがドタバタ(?)するうちに終わってしまったような・・・
でも、流れもなく視界も良好でよかったです。

午後からの三段壁の方も、ダイナミックな地形を堪能できて、可愛いウミウシ等マクロ系も観れて・・
でも今回はウミガメ!!

海がめ観たのは個人的にも何年ぶりだろう・・・
かなり興奮して追いかけてるうちにエア消費が(^_^;)

O堂さん!3日間ありがとうございました。
年内にも一度またご一緒しましょう!

 

※下部「コメント(0)」クリックでコメント投稿もできます。是非一言!
※その他の掲載しきれなかった水中等の画像は写真集へ掲載しています。

◎エビセ:
(天候)快晴
(水底温度)20.8℃
(透明度)15~20m
(主な生物)シラコダイ群れ、キンギョハナダイ、スズメダイ、コガネスズメダイ、アマミスズメダイ、マツバスズメダイ、ウイゴンベ、アカハタ、グレ、タカノハダイ など(イトヒキアジがいたらしい・・)
◎三段壁:
(天候)快晴
(水底温度)20.8℃
(透明度)15~20m
(主な生物)ウミガメ、カンナツノザヤウミウシ、トルンナ・ダニエラエ、セトイロウミウシ、イガグリウミウシ、タマゴイロイボウミウシ、イサキ群れ、ニザダイ群れ、ヘラヤガラ、キンチャクダイ、レンテンヤッコ、ガラスハゼ、トラウツボ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイ、など

ファイル sea20071205.jpg

◎沈船 北の根:
(天候)くもり
(水底温度)19.6℃
(透明度)10~15m
(主な生物)イロカエルアンコウ、アジ群れ、イサキ群れ、ミナミハコフグ幼魚、コロダイ、ヨスジフエダイ、クマノミ、ソラスズメダイ、シロミノウミウシ など
◎沈船:
(天候)くもり
(水底温度)19.5℃
(透明度)19.5℃
(主な生物)クマドリカエルアンコウ、アジ大群、イサキ群れ、クロホシイシモチ群れ、クエ、オオモンハタ、ハナミノカサゴ、ウツボ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイ、ソラスズメダイ、アマミスズメダイ、金魚鼻材、タカサゴ、ウメイロモドキ、イシダイ、ヨスジフエダイ、アカヒメジ、アオリイカ群れ、など

昨日から引き続きO堂さんとボートダイブ。
今日も風波が強く、近場の内湾ポイントのみでしたが、両ダイブとも一番手ごろで可愛らしいサイズのカエルアンコウが観れました。
そおれにしても、今年は去年にも増してカエルアンコウがよく観れる。

明日は天候・海況ともよさそう(なハズ)なので、沖へ出れたらなー。
ちなみにエビセ予定なんだけど・・・

 

※下部「コメント(0)」クリックでコメント投稿もできます。是非一言!
※その他の掲載しきれなかった水中等の画像は写真集へ掲載しています。

ページ移動

ユーティリティ

archive/過去ログ

No Data
ブックマークはありません。

page

  • ページが登録されていません。
052019/0607
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -