エントリー

カテゴリー「ファンダイブ」の検索結果は以下のとおりです。

ファイル sea20080723.jpg 昼前からビーチでファンダイブ!

雲一つない真ーっ青な空と心地よい風の中、
水曜しか休みが取れない!というS原さんと

二人でのんびり半日3ダイブでした。

台風直後に比べて水の色は良くなってきました。
(浮遊物はあるけど)

S原さんがレスキューダイバーだし、マンツーマンということもあって、久しぶりに2本目は黄色浮標までいってきました。
一番の大きい群れは今回はニザダイ。
あとアジはあちこちで群れてます。

一定区間ごとに現れるクマノミは、ミディアムサイズの手ごろで綺麗なオレンジのヤツが目立ってきました。

長距離移動あり動かずプカプカありで気持ち良かったです。

 

※下部「コメント(0)」クリックでコメント投稿もできます。是非一言!
※その他の掲載しきれなかった水中等の画像は写真集へ掲載しています。

◎権現崎:
(天候)快晴、(水底温度)24.8~25.9℃、(透明度)5~10m
(主な生物)アジ群れ、ソラスズメダイ群れ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイ、ロクセンスズメダイ、クロホシイシモチ群れ、オニオコゼ、グレ群れ、チョウチョウウオ、タカノハダイ、アオヤガラ など
◎権現崎 黄色浮標下:
(天候)快晴、(水底温度)25.2℃、(透明度)5~10m
(主な生物)アジ群れ、ニザダイ群れ、ヨスジフエダイ、ハナミノカサゴ、イスズミ、キンギョハナダイ、ソラスズメダイ、カゴカキダイ群れ、ヒレナガハギ幼魚、オヤビッチャ、イシダイ幼魚、ウツボ、コブダイ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイ、ハタタテダイ、チョウチョウウオ、シマキンチャクフグ、イセエビ など

ファイル sea20080720.jpg 朝一番にスノーケリング、その後アドバンスコースを兼ねてボートダイブいってきました。

台風の影響で水は濁り気味・・・
でも、どちらかというとビーチの海の方が良かったかな。

いやはやこの日の白ら浜は、朝7時前から大入り!
天気もよくて、お盆前後と見間違えるほどでした。

朝一番はちょっと早めの時間にビーチでご家族7人の方とスノーケル。
朝早めなので、ちょっとひんやりめの水に入り、背中から太陽の陽射しを受けて・・・
濁りは前日に比べるとだいぶ回復。

ボートダイブは岐阜のtakaさんに加え、約10ヶ月ぶりのS吉さん夫妻と先週ご一緒したY田さんとお子さんこうすけくんのアドバンスコース。

1本目は千石丘へ行ってみたものの、水面が流れてたので色津へ変更。
水面付近は5m以上の視界でしたが、水底付近は・・・
ボート初めて!のS吉さんにとってはちょと厳しい海中だったようでした。

午後からは沈船。
同じく水底付近は濁りが・・・
ここはそれまでにも何十名ものダイバーが潜ってたので、ダイバーが水底をかき混ぜた分も合わさってます。
それと水底付近の水温が低い・・・

良かったのは最後の5m安全停止中。
ツバメウオがおしりにくっついてきてたんです(^^♪
サービス満点なツバメウオくんでした。

 

※下部「コメント(0)」クリックでコメント投稿もできます。是非一言!
※その他の掲載しきれなかった水中等の画像は写真集へ掲載しています。

◎権現崎:
(天候)晴れ、(水面温度)26℃、(透明度)2~5m
(主な生物)アジ、ソラスズメダイ、チョウチョウウオ、カゴカキダイ、ゴマモンガラ、カマス、グレ幼魚群れ、チヌ など
◎色津:
(天候)晴れ、(水底温度)21.9℃、(透明度)3~5m
(主な生物)コロダイ、イサキ群れ、アジ群れ、チョウチョウウオ、ツユベラ幼魚、ソラスズメダイ など
◎沈船:
(天候)晴れ、(水底温度)19.0℃、(透明度)2~5m
(主な生物)ツバメウオ、イサキ、アジ群れ、サツマカサゴ、ブダイ、イラ、ソラスズメダイ、イシモチ、 など

ファイル sea20080628.jpg いい海でした(^^♪

太陽の恵みはほんのりでしたが、最後まで雨にはあたらずでした。
海の方はグッドコンディション!

地形、造形物、魚群(それなり)、レア物と堪能できました。

半年ぶりの再会となったS谷さんK杉さんO島さんとのボート。
出発前は、忘れ物やなんやで若干ドタバタしたけど、1日のんびり気持ちよかったですね~。

お昼は自家製カレーを食べていただいて・・
飲食の方も色々考え中なので、また今度来ていただいた時は、変化があると思われます(^^♪

また夏にお待ちしてますね。

そういえば、今日はしらら浜では「ビーチフットボール大会」やってました。
かなりの人数です。
周辺はにぎやかでした。
みんな雨に当たらなくてよかったね。

 

※下部「コメント(0)」クリックでコメント投稿もできます。是非一言!
※その他の掲載しきれなかった水中等の画像は写真集へ掲載しています。

◎三段壁:
(天候)くもり、(水底温度)24.5℃、(透明度)15~17m
(主な生物)キンギョハナダイ群れ、スズメダイ群れ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイ、ガラスハゼ、アオヤガラ、キツネベラ幼魚、イサキ、イチゴミルクウミウシ など
◎沈船:
(天候)くもり、(水底温度)24.0℃、(透明度)12~15m
(主な生物)イサキ群れ、アジ群れ、ヨスジフエダイ、オオモンハタ、ハナミノカサゴ、ハナハゼ、ヒメユリハゼ、ヒレナガネジリンボウ、マダイ、コロダイ、コブダイ、イシダイ、イラ、ブダイ、グレ、オニカサゴ、チョウチョウウオ、クマノミ、イセエビ など

ファイル sea2008062202.jpg ボートファンダイブ2本行ってきました。
朝から土砂降りの雨・・・
でもお店を出る頃には小ぶりになり、昼から晴れ間が出始め、そしてダイビングを終えてから強い日差しの晴れとなりました^_^;

今日は地元和歌山より久しぶりのT中さんと、同僚Mさんとでボート。
Mさんは1年ぶりくらいと思ってたら、実は前回のアドバンスコースをしてからちょうど2年ぶり(潜るの自体も)。

はじめ、ちょっと心配でしたが潜ってみると、しっかり2年前にやったアドバンスの中性浮力テーマを思い出しながら、自分なりに試行錯誤してる様子が見えて安心でした。
気持ちよさそうにプカプカしてましたよ。

ただ、やっぱり緊張してエアは消費したようです。
2年ぶりだし、前線が影響しての大きな水面のうねりも・・・

水の中に入ってしまえば快適。
今回はニューカメラに魚眼レンズを組み込んでのダイブ。
やっぱり水中で観ための感じそのままに近い状態の画像を残せる感じがよいです。
操作もちょっとづつ慣れてきたような。

 

※下部「コメント(0)」クリックでコメント投稿もできます。是非一言!
※その他の掲載しきれなかった水中等の画像は写真集へ掲載しています。

◎千石丘:
(天候)雨→くもり、(水底温度)23.7℃、(透明度)6~12m
(主な生物)カゴカキダイ群れ、イサキ、クマノミ、キンギョハナダイ群れ、スズメダイ群れ、アマミスズメダイ、ソラスズメダイ、イシダイ、コブダイ、チヌ、グレ、ニザダイ、ニセカンランハギ、トゲチョウチョウウオ、ハナミノカサゴ、ハタンポ、キイロウミウシ、アオウミウシ、オニヒトデ、ヒトデヤドリエビ など
◎沈船:
(天候)くもり、(水底温度)23.8℃、(透明度)6~12m
(主な生物)アジ群れ、ネンブツダイ群れ、イサキ、オオモンハタ、コブダイ、ヨスジフエダイ、アカヒメジ、ブダイ、ハナミノカサゴ、キンギョハナダイ、アイブリ、ソラスズメダイ、コロダイ、ホンソメワケベラ、アオリイカ卵など

ファイル sea20080608.jpg 今日は朝からしらら浜で「海人祭」!
それを横目に午前中はビーチ、お昼は少し海人祭見学しつつ配布されていた「海人丼」をご馳走になった後、午後からボートダイブいってきました。

昨晩から早朝にかけての豪雨が嘘のようにいい天気な1日でした。
海の中の視界も良好!
ビーチでは昨日手こずった海草群も減ってて透明度もUP!
久しぶりのtakaさんと2人で黄色浮標下まで長距離ダイブ。
リフレッシュというには移動距離的にはハードだったかも(?)

少し時間のゆとりがあったので、お昼は海人祭を観に行きつつ「先着1000名まで・・」の海人丼をいただきに列に並んでギリギリゲットV(^0^)

食後のボートは沈船北でしたが、これも二人で長距離移動。
新漁礁の魚の付き具合も見てきました。
沈船本体の魚群のイメージがあるだけに、まだ魚群というには程遠いですが、魚は着実につき始めてるようでした。

takaさんは来週もレスキューコース応援がてら来てくれる予定。
また来週もよろしく(^_-)-☆

 

※下部「コメント(0)」クリックでコメント投稿もできます。是非一言!
※その他の掲載しきれなかった水中等の画像は写真集へ掲載しています。

◎権現崎浮標下:
(天候)晴れ、(水底温度)23.2℃、(透明度)10~13m
(主な生物)ハリセンボン、ミナミハコフグ幼魚、キタマクラ、コケギンポ、テンクロスジギンポ、コロダイ、ホンソメワケベラ、ニザダイ、グレ群れ、アジ群れ、イシモチ群れ、ハタンポ群れ、カゴカキダイ群れ、クマノミ、チョウチョウウオ、ハナミノカサゴ、オニカサゴ、ソラスズメダイ、オトヒメエビ、アオウミウシなど
◎沈船北:
(天候)晴れ、(水底温度)22.1℃、(透明度)10~13m
(主な生物)アジ群れ、イサキ群れ、グレ群れ、キビレカワハギ、ミシマオコゼ、ブダイ、オオモンハタ、ハナミノカサゴ、イシダイ、キンギョハナダイ、クマノミ、ソラスズメダイ、イラなど

ファイル sea20080518.jpg はるか南の海では台風が早くも4号に。
白浜の海への影響はほとんど無し。
ただ、昨晩の波の関係からか場所により濁りが強めでした。

今日は2年ぶりにmiwaちゃんが友人のK原さんと一緒に潜りにきてくれました。
午前中は体験ダイビングで午後からボートダイブ。

ビーチは浅場の濁りが強くてアレでしたが、水深3mを越えた辺りから視界はまずまず。
全くダイビングが初めてで、呼吸と耳抜きが思うようにいかず不安顔だったK原さんでしたが、時間とともに少しづつ慣れてくるともにかなり安定。
同時に魚達も色々出てきてくれて後半は楽しんでくれたようです。

午後からはmiwaちゃんと二人でボート-沈船へ。

底の方は結構ひんやりでしたが、イサキなどの群れや広範囲の移動等楽しかったとのこと。
これからどんどん魚の量は増えてきます。
またアングリするほどの魚群に囲まれにきてください!

 

※下部「コメント(0)」クリックでコメント投稿もできます。是非一言!
※その他の掲載しきれなかった水中等の画像は写真集へ掲載しています。

◎権現崎:
(天候)晴れ、(水底温度)21.1℃、(透明度)3~6m
(主な生物)ハナミノカサゴ、ソラスズメダイ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイ、グレ群れ、アジ群れ、ニザダイ、チョウチョウウオ、アオウミウシなど
◎沈船:
(天候)くもり、(水底温度)19.5℃、(透明度)4~6m
(主な生物)イサキ群れ、アジ群れ、コロダイ群れ、クエ、ヨスジフエダイ、オオモンハタ、ハナミノカサゴ、ゴンズイ群れ、タカノハダイ など

ファイル sea20080505.jpg 生憎の小雨の中、午前中はボートダイブいってきました。
想像に反し、結構水中視界が良かったです。
水温も21℃超で、個人的にはウエットでも殆ど問題なかったです。

やっぱり綺麗な海の中で、プカプカの気持ちよさを体感するのはウエットスーツがベストです(^^♪
これでもう少し水温が上がるということなしです。

千石丘では相変わらずカラフルな熱帯魚が、そして沈船の魚群は徐々に増えつつあります。

午後からはビーチで仲良し親子3名様と一緒に体験ダイビング。
しっかり全員にドラえもんや熱帯魚達を紹介できました。
今度は今回遠慮されてたダイバーのお父さんも加えて、一緒に潜りましょう!

 

※下部「コメント(0)」クリックでコメント投稿もできます。是非一言!
※その他の掲載しきれなかった水中等の画像は写真集へ掲載しています。

◎千石丘:
(天候)雨、(水底温度)22.1℃、(透明度)12~15m
(主な生物)サザナミヤッコ幼魚、タカベ群れ、キンギョハナダイ群れ、クマノミ、ソラスズメダイ、ハタンポ群れ、ハナミノカサゴ、イサキ、カゴカキダイ群れ、ユカタハタ、ニザダイ、ソラスズメダイ、ヒバシヨウジ、オトヒメエビ、サラサウミウシなど
◎沈船:
(天候)雨、(水底温度)21.3℃、(透明度)12~15m、
(主な生物)クエ、オオモンハタ、ハナミノカサゴ、アジ群れ、イシモチ群れ、イサキ、ヨスジフエダイ、アカヒメジ、ウツボ、シマウミスズメ、アオウミウシ など
◎権現崎:
(天候)くもり、(水底温度)20.5℃、(透明度)5~7m
(主な生物)チョウチョウウオ、アジ群れ、タカノハダイ、ソラスズメダイ、ニザダイ、ニセカンランハギ、タツナミガイ など

それと、29日から連日ダイブマスターコースでご一緒していたO堂さんですが、一応この日で無事日程終了。
残すは400m水泳のみで、これはまた別の日にプールで計測予定ですが、それ以外はオールクリア!
お疲れ様でした。

最初の訓練的な講習はきつかったみたいですが、後半のインターンシップは有意義な経験に加えて、楽しめたとのこと。
一通り課程は終了してはいますが、これっきりといのでなく、まだまだたくさんいい経験を積みにきてください!

ファイル sea20080408.jpg

お昼前くらいから日差しが入り始め、午後からは気持ちいいポカポカ天気でした。

久しぶりのボートは、東京からのM島さんとマンツーマンダイブ。
冬場からしたら春にごりが入ってますが、それにしては色津の方はまあまあ。
水中では、ちっちゃなアジの大群と大きなアオリイカが目立ちました。
三段壁はまだまだウミウシがたくさん。
ピカチューまでいたり・・・

M島さんは今日でマスタースクーバダイバー!
一昨年からご一緒させていただくようになって、その後コツコツボチボチ積み重ねていった結果の到達点です。
おめでとうございます!
ダイブマスターっていう声も出始めてましたが、そんときはまた一緒にやりましょう!

 

※下部「コメント(0)」クリックでコメント投稿もできます。是非一言!
※その他の掲載しきれなかった水中等の画像は写真集へ掲載しています。

◎色津:
(天候)くもり
(水底温度)16.9℃
(透明度)7~10m
(主な生物)アジ群れ、イワシ群れ、イサキ群れ、イシモチ群れ、ヨスジフエダイ、オオモンハタ、イシダイ、コブダイ、ヘラヤガラ、サツマカサゴ、チョウチョウウオ、シラコダイ、ハタタテダイ、アオリイカ、ムラサキウミコチョウ、ユビノウハナガサウミウシなど
◎三段壁:
(天候)晴れ・くもり
(水底温度)16.9℃
(透明度)5~8m
(主な生物)ピカチューウミウシ、マダライロウミウシ、センテンイロウミウシ、セトイロウミウシ、アカテンミノウミウシ、シロミノウミウシ、サガミコネコウミウシ、イサキ群れ、アオブダイ、クマノミ、キンギョハナダイ、ミツボシクロスズメダイ、ソラスズメダイなど

ファイル sea20080203.jpg

◎権現崎:
(天候)雨→くもり
(水底温度)15.5~16.1℃
(透明度)8~15m
(主な生物)スウィートジェリーミドリガイ、アカエイ、アジ群れ、クロホシイシモチ群れ、ソラスズメダイ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイ、ハタタテダイ、ハナミノカサゴ、サツマカサゴ、カサゴ、キヘリモンガラ など

1本目は雨、水面にもうねり少々・・ということで、一部浮遊物が巻き上がってたりしましたが、そこ以外は視界良好。
水温ちょっと下がり気味ですが、熱帯魚たちは健在です。
かなり久しぶりにちっちゃくてかわいいスウィートジェリーとも会えました。

今日はドライスーツが初めてという大阪のベテランダイバーO野さんと二人でビーチダイブ。

最初の講習中は、長年で身についたウエットスーツの感覚と勝手が違う感じに手こずってた様子でしたが、2本目にはかなり感覚をつかみはじめてました。
予定している流氷ダイビングの前哨戦とのことからすると、まずまずではないでしょうか(^^♪

また暖かくなったら(?)お待ちしてますね。

 

※下部「コメント(0)」クリックでコメント投稿もできます。是非一言!
※その他の掲載しきれなかった水中等の画像は写真集へ掲載しています。

ファイル sea20080127.jpg

◎千石丘:
(天候)晴れ
(水底温度)17.6℃
(透明度)15~20m
(主な生物)ニシキフウライウオ、タテジマキンチャクダイ幼魚、コブダイ、クエ、スジアラ、オオモンハタ、フエヤッコダイ、チョウチョウウオ、トゲチョウチョウウオ、レンテンヤッコ、イシダイ、イサキ群れ、サツマカサゴ、アカヒメジ群れ、キンギョハナダイ、ハタンポ群れ、オヤビッチャ群れ、クマノミ、アマミスズメダイ、コガネスズメダイ、ソラスズメダイ、ハナミノカサゴ、ハリセンボン、ウミウサギガイ、サキシマミノウミウシ、アオウミウシ など
◎沈船北:
(天候)晴れ
(水底温度)17.3℃
(透明度)15~20m
(主な生物)クマドリカエルアンコウ、ヒラメ、ホシテンス、ハタタテダイ、アジ群れ、クロホシイシモチ群れ、イサキ群れ、ヨスジフエダイ群れ、キンセンフエダイ、オオモンハタ、グレ、ニザダイ、ニセカンランハギ、コロダイ、ハナミノカサゴ、ダイナンウミヘビ、トゲイバラウミウシ、アオウミウシ など

今日は朝から風が強く手水面は波もあり、千石では流れも少々・・
でも透明度は抜群で水温も少し戻してきてました。

K目さんにとっては、昨日のフィンキック練習の成果(?)を早速試す機会が訪れた様な感あり。
が、ちょっとしんどかったみたい(^_^;)

水中景色は暖かいシーズン中と遜色ないです。
特に千石丘。
南国の熱帯魚もたくさん観れたし、魚群にレア物・・・

沈船北にも親指先サイズのクマドリイザリがずっと居ついててくれてます。
南側の新しい漁礁の方は、魚群はまだだけどグレがたくさんいました。
今後の変化が楽しみです。

ところで、
愛用カメラはもう駄目っぽい・・・
今後しばらくレンタル用の古いオリンパス使用となりそうです。
マクロが全く・・・

K目さんにとってはちょっとハードな2日間(?)お疲れ様でした。
今度は是非ポカポカ暖かいときに!

 

※下部「コメント(0)」クリックでコメント投稿もできます。是非一言!
※その他の掲載しきれなかった水中等の画像は写真集へ掲載しています。

ページ移動

ユーティリティ

archive/過去ログ

No Data
ブックマークはありません。

page

  • ページが登録されていません。
022019/0304
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -