エントリー

ファイル sea20081221.jpg 日中は程よい天気、程よい暖かさの風でドライスーツダイブにはちょうど日和でした。

水中の透明度も程よく、20℃は切ってしまいましたが、18℃代後半の水温、魚も程よくたくさんいてくれて快適な2ダイブでした(^^♪

今日は「魚の見分け方」テーマのファンダイブ2本!
ということで、1ヶ月半ぶりのY田さんN村さんと3人で、魚が集まってるエリアのみ、止まるでもなく進むでもなく!ってな感じのちょ~のんびりダイブでした。

普段見慣れている魚達でも、ちょっと突っ込んで観察してみると、色々おもしろい発見があったりして、ダイビング中の「程よい興奮感」が味わえて楽しいものです。

その記憶が新しいうちに図鑑片手にログ付け!
教えてもらうばかりじゃなく、観察しながら自分自身に生まれた好奇心・疑問を自分自身で解決する満足感もいいものです。
そして、目安となる系列(?)が分かれば調べる速度もあがって・・・

お二人にとっての今年最後のダイブは、見事

 「PADIマスター・スクーバ・ダイバー」

となることで締めくくることが出来ました!

おめでとうございます\(^o^)/

これまでの経験を上手く生かして、来年はどっぷりダイビングを楽しんでください!!
また年明けにお待ちしてます!

 

※下部「コメント(0)」クリックでコメント投稿もできます。是非一言!
※その他の掲載しきれなかった水中等の画像は写真集へ掲載しています。

◎権現崎:
(天候)晴れ・くもり、(水底温度)18.9~19℃、(透明度)10~15m
(主な生物)ヒョウモンダコ、モンツキハギ、ニセカンランハギ、ツノダシ、ハタタテダイ、キンギョハナダイ、ヌノサラシ、フウライチョウチョウオ幼魚、トゲチョウチョウウオ、チョウチョウウオ、マダイ、コロダイ、ヒメフエダイ、ソラスズメダイ、ナガサキスズメダイ、ミツボシクロスズメダイ、スズメダイ、アマミスズメダイ、クマノミ、キタマクラ、ホンソメワケベラ、シマウミスズメ、ハコフグ、ハリセンボン、コケギンポ、テンクロスジギンポ、イシモチ類 など

ページ移動

他にもこんな記事があります


トラックバック

  • トラックバックはまだありません。

トラックバックURL

http://blog.spadive.com/trackback/140

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限
「和歌山」のよみは?ひらがな4文字で(スパム対策)


正当なHTMLです! 正当なCSSです!

ユーティリティ

archive/過去ログ

No Data
ブックマークはありません。

page

  • ページが登録されていません。
042017/0506
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -