エントリー

ファイル sea20071222.jpg

◎千石丘:
(天候)雨
(水底温度)19.5℃
(透明度)15~20m
(主な生物)イサキ大群、スジアラ、カゴカキダイ群れ、キハッソク、イシダイ、アオブダイ、シラコダイ、サツマカサゴ、キンチャクダイ、キンギョハナダイ、レンテンヤッコ、クロホシイシモチ群れ、ハタンポ群れ、ウメイロモドキ、ハナミノカサゴ、キイロハギ幼魚、ツユベラ幼魚、トゲチョウチョウウオ、アマミスズメダイ、オヤビッチャ、ソラスズメダイ、オニカサゴ、ヘラヤガラ、オトヒメエビ、モクズショイ、ニシキウミウシ、ミヤコウミウシ、アカテンミノウミウシ、アカセンミノウミウシ、アオウミウシ、ウミウサギガイ幼体 など
◎M:
(天候)雨
(水底温度)19.1℃
(透明度)15~20m
(主な生物)アジ群れ、イサキ群れ、オビテンスモドキ幼魚、ハリセンボン、ヌノサラシ、フタスジタマガシラ、オオモンハタ、イシダイ、クマノミ、フタスジリュウキュウスズメダイ、ミツボシクロスズメダイ、イセエビ、オトヒメエビ、サラサウミウシ、アオウミウシ、ムカデミノウミウシ、シロギヌミノウミウシ、キイロウミウシ など

朝からシトシトと雨・・
風も冷たい・・
中でのボートダイブ。
こうなると、ボート移動中は冷え冷え。
でも、水に入ってしまえば、体感ではポカポカ暖かくて温泉に浸かったような感じになります。

昨日に続いて透明度も抜群。
海況も穏やかで水中はとっても気持ちよかったです(^^♪

今日は美味しそうな魚やエビ達が満載!
スーパーマクロなウミウシもたくさん!
そういえば、小さなウミウシと思って手のひらに乗せて撮影してものを拡大してみたら、ウミウサギガイの幼体でした。
指紋2行分程の体の大きさでした。
なのにしっかり貝ガラ包んでえビックリ!

明日も海綺麗だといいなー・・・

 

※下部「コメント(0)」クリックでコメント投稿もできます。是非一言!
※その他の掲載しきれなかった水中等の画像は写真集へ掲載しています。

ページ移動

他にもこんな記事があります


トラックバック

  • トラックバックはまだありません。

トラックバックURL

http://blog.spadive.com/trackback/249

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限
「南紀」のよみは?ひらがな3文字で(スパム対策)


正当なHTMLです! 正当なCSSです!

ユーティリティ

archive/過去ログ

No Data
ブックマークはありません。

page

  • ページが登録されていません。
102017/1112
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -