エントリー

ファイル sea20070924.jpg

◎Wアーチ:
(天候)晴れ
(水底温度)27.9℃
(透明度)15~20m
(主な生物)ボロカサゴ、イセエビ、ルリハタ、キハッソク、レンテンヤッコ、キンチャクダイ幼魚・成魚、シラコダイ、セナキルリスズメダイ、スズメダイ、アマミスズメダイ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイ、など
◎沈船:
(天候)晴れ・くもり
(水底温度)28.0℃
(透明度)15~20m
(主な生物)カンパチ群れ、アジ群れ、クロホシイシモチ群れ、ヘラヤガラ、ヨスジフエダイ、キンセンフエダイ、オオモンハタ、テンス幼魚、ハナミノカサゴ、ウツボ、ブダイ、ソラスズメダイ、コロダイ、タコ、オキゴンベ、イガグリウミウシなど
◎権現崎<黄色浮標下>:
(天候)くもり
(水底温度)28.2℃
(透明度)4~10m以上
(主な生物)フタスジタマガシラ、メガネゴンベ、ミナミハコフグ幼魚、クエ、オオモンハタ、クロユリハゼ、イセエビ、イシダイ、アジ群れ、グレ群れ、ニザダイ、ヒラメ、ハナミノカサゴ、アオヤガラ、キンセンフエダイ、イッテンフエダイ、ヨスジフエダイ、ハマフエフキ、チヌ、マダイ、カマス群れ、カゴカキダイ、ハタタテダイ、ツノダシ、ニセカンランハギ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイ、ウツボ など

幼馴染みの友人紹介で、大阪からT中さんT本さんが潜りにきてくれました。
午前中に2ボート。

両ダイブとも海況穏やか透明度goodで、気持ちいいダイブでしたが、
1本目のWアーチでは、なんといっても「ボロカサゴ」。
ボロボロのカサゴという訳ではありません。
美しくて可憐です。
あとは、穴の全周にひしめき合っていたイセエビでしょうか。

2本目の沈船では、ひたすらカンパチ!
寄っていかなくても寄ってきます。
視界が良好だったので、台風移動する前の場所まで水中移動。
途中でテンス幼魚がいたり。

午後からは、3年ぶりのkazuちゃんを加えて権現崎。
みんなエアが長そうだし、三十路だし・・ということで、黄色浮標下まで完全水中往復にトライ。
なんとかギリギリ(?)水中を帰ってこれました。

ここでもクエやミナミハコフグ幼魚など色々な魚に出会えて、ほんと満喫3ダイブでした。

T中さんT本さんは今回強行準日帰り3ダイブでしたが、また泊まりでのんびりしにきてください。

 

※下部「コメント(0)」クリックでコメント投稿もできます。是非一言!
※その他の掲載しきれなかった水中等の画像は写真集へ掲載しています。

ページ移動

他にもこんな記事があります


トラックバック

  • トラックバックはまだありません。

トラックバックURL

http://blog.spadive.com/trackback/288

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限
「温泉」のよみは?ひらがな4文字で(スパム対策)


正当なHTMLです! 正当なCSSです!

ユーティリティ

archive/過去ログ

No Data
ブックマークはありません。

page

  • ページが登録されていません。
032017/0405
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -