エントリー

ファイル sea20070721.jpg

◎権現崎:
(天候)くもり
(水底温度)23.9℃
(透明度)4~7m
(主な生物)イサキ群れ、チョウチョウウオ、オトメベラ、ニザダイ、グレ、アジ群れ、クロホシイシモチ、ソラスズメダイ、アオリイカ卵など
◎千石丘:
(天候)くもり
(水底温度)22.5℃
(透明度)5~8m
(主な生物)ハタタテハゼ、ウツボ、レンテンヤッコ、シラコダイ、イソギンポ、クマノミ、イソギンポ、セムシカサゴ、ミギマキ、コマチコシオリエビ、クチナシイロウミウシなど
◎沈船(跡):
(天候)くもり
(水底温度)23.3℃
(透明度)5~8m
(主な生物)イサキ群れ、クロホシイシモチ群れ、オオモンハタ、イラ、ブダイ、オキゴンベ、など

今日は朝からちょっと(いやかなり?)バタバタ。
そしてずっと海へ出てました。

朝一は雨が降ってるのか降ってないのか微妙な天気でしたが、水中視界は格段に良くなってきてました。
やっとドラ○もんの全身がくっきり見えます(^_^;)
イサキの群れが印象的でした。

そのままボートで三段壁へ!
ところが結構水面が上り潮で流れてて・・・
ポイント変更し千石丘へ。
AOWのディープ講習も含めてのファンダイブだったのですが、降りていっていきなり今年初の、

ハタタテハゼ!

まさしく台風の効用(^^♪
今日のダイビング中に出会った一番嬉しい魚でした。
沖縄とかでは良く見かけるのですが、南紀では貴重。
それに色といい姿といい動きといい、可愛くて個人的に大好きなハゼです。

カメラには・・・ピントが全く合ってなくて全然駄目でした。

他にもイソギンポやクチナシイロウミウシ等可愛いやつがちょくちょく。

午後からの沈船は!

一応きいてはいたけど・・・

無いんです。

全長28m高さ10mの鉄の沈んだ船が・・・
もちろん原因はタイフーン!

大自然の力っていうのは・・・

いやね、数メーターの移動どころじゃないんです。
数十メーターのレベルで移動してしまっているようで・・・
砂地コンパス移動を少し試みましたが、諸事情により探すの断念しました。

イサキやイシモチの大群は観れたんですがね。
やはり消化不良です。
次回は沈船から直接あがってる梵天まで水面移動して潜水開始しようと硬く思いました。
今のところ・・・

今日ご一緒した6名の皆様。
バタバタになってしまってごめんなさい。
そして色々ありましたが、価値ある経験として今後のプラスに生かしていただけると幸いです。
お疲れ様でした。

 

※下部「コメント(0)」クリックでコメント投稿もできます。是非一言!
※その他の掲載しきれなかった水中等の画像は写真集へ掲載しています。

ページ移動

他にもこんな記事があります


トラックバック

  • トラックバックはまだありません。

トラックバックURL

http://blog.spadive.com/trackback/343

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限
「赤」のよみは?ひらがな2文字で(スパム対策)


正当なHTMLです! 正当なCSSです!

ユーティリティ

archive/過去ログ

No Data
ブックマークはありません。

page

  • ページが登録されていません。
102017/1112
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -