エントリー

ファイル sea20060129.jpg

◎沈船:(天候)快晴(水底温度)14.7℃(透明度)15~20m
(主な生物)キンメモドキ群れ。ネンブツダイ群れ、アジ群れ、タカベ、ハナミノカサゴ、トラウツボ、ワカウツボ、オオモンハタ、マトウダイ、ダイナンウミヘビ、キンギョハナダイ、ソラスズメダイ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイ、ツノダシ、ツバメウオ、ミアミラウミウシ、ヒョウモンウミウシ、サラサウミウシ、ムラサキウミコチョウ、アオウミウシ、コイボウミウシ など
◎梶原島沖:(天候)晴れ(水底温度)17.4℃(透明度)15~20m
(主な生物)イサキ群れ、グレ群れ、ニザダイ群れ、キンギョハナダイ、ツノダシ、クマノミ、レンテンヤッコ、シラコダイ、ハコフグ、ハリセンボン、キッカミノウミウシ(Phyllodesmium magnum)、タマゴイロイボウミウシ、 など

すばらしいダイビング日よりでした。
透明度もgood!水面から沈船の砂地が見えるくらい。
ボートの運転もたまにはいいもんです。
沖へ出ると釣り船がわんさか!
漁師船、個人所有船etc・・・
天気・海況もいいし、釣りにも環境だったみたいです。ハマチがあがっているみたいですね。
あちこちで撒きえされてたからか、残念ながら沈船でハマチ系には出会えなかったです。
しかし、沈船のマトウダイの数は異常です。

1年ぶりの梶原ではキッカミノウミウシ(のはず)を始めてみて一人喜んでました。

 

※下部「コメント(0)」クリックでコメント投稿もできます。是非一言!
※その他の掲載しきれなかった水中等の画像は写真集へ掲載しています。

ページ移動

他にもこんな記事があります


トラックバック

  • トラックバックはまだありません。

トラックバックURL

http://blog.spadive.com/trackback/637

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限
「白浜」のよみは?ひらがな4文字で(スパム対策)


正当なHTMLです! 正当なCSSです!

ユーティリティ

archive/過去ログ

No Data
ブックマークはありません。

page

  • ページが登録されていません。
072017/0809
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -