エントリー

ファイル music20070323.jpg

ノイズ対策やってみたけど・・・。

1)ボディーの電気パーツ格納ザグリ部に、導電塗料を上塗り。

2)ボディーへ塗布した導電塗料にリード線(太目のワイヤー)を接続し、ブリッジ背面経由でVo.ポットへアース接続。

3)ピックアップのポールピースを背面側で導電塗料を塗りつなげ、そのままアース端子まで直結。

4)ピックアップの一つ(センター用)のリード線をシールド線に交換。

5)ピックアップの一つ(リア用)のリード線を出来るだけ捩る。

6)アルミピックガードとブリッジをリード線接続し、アースポットへ。
(でも、アルミ板へ半田付けはできなかった・・・)

7)その他、SW等金属類は全てアースポットへ。

組立に無理がでていた部分にザグリ加工を加えて再組立し音出し。

ノイズは少し低減された感はあるけど、劇的ではなかった。
やはり、ハムバッカーと同レベルにするのは物理的に無理なのか!?

ところが、今度は困ったことに、センターセレクト時に「恐怖のハウリング」が!!

どういうことなんだろう・・・
違いはリード線をシールド線に変えたこと。
でもこれは実例があるし、おかしいことではないはず。
ただ、半田付けするときにロウを擦り取ったのでそれが原因かな?と思って、上から手持ちのロウをたらして固めてみたけど駄目・・・

シングルコイルの最大のネックはこれなんだよねー。
ノイズとハウリング。

思えば昔、初ライブでハウリングに泣かされて、Vo絞ってスカスカの音でやらざるを得なくなったことがあった。
あのときもシングルコイルのストラト。
泣きべそかきながら30分過ごした嫌な記憶が・・・

今回はステージでもスタジオでもないのにハウリングなんて。
アンプは、歪をチューブプリアンプ(ADA MP-1)で作って、クリーンセッティングのfender15W小型アンプで鳴らしてるだけなのに・・・

ちょっと保留する。

明日は久しぶりにダイビング。

午前中は白崎プールで「器材モニター会」へ参加し、午後から白浜で水中スクーター。
天気がどうかな。

 

※下部「コメント(0)」クリックでコメント投稿ができます。是非一言!
※その他の掲載しきれなかった水中等の画像は写真集へ掲載しています。

ページ移動

他にもこんな記事があります


トラックバック

  • トラックバックはまだありません。

トラックバックURL

http://blog.spadive.com/trackback/407

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限
「南紀」のよみは?ひらがな3文字で(スパム対策)


正当なHTMLです! 正当なCSSです!

ユーティリティ

archive/過去ログ

No Data
ブックマークはありません。

page

  • ページが登録されていません。
082017/0910
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30