エントリー

ファイル music20070226.jpg

また始めてしまった・・・

20年前に、fender JAPAN製ストラトの指板を改造したくて、彫刻刀とサンドペーパー片手に、根気と体力を駆使して3ヶ月間格闘したスキャロップ加工。

もうあんな大変な改造は懲り懲り!
って思ってたハズなのに・・・

そういえば、あのストラト。
前にも書いたけど、バイト先のマスターから譲ってもらったときに「これUSA製だから」、って言ってたのに、ネックの裏には”made in japan”って刻印されてたから、てっきり嘘だとばかり思ってたのですが・・・

ところが、最近そのストラトのネックプレートに刻印されてる「JV54569」について、ネットで調べてみたら。

なんとfender japan創設期(25年近く前)に生産されたシリアルNo.らしく、当時は材料をUSAから入れて日本で組立てられてたみたいなことが書かれてた!(嘘じゃなかったのか!)

さらに、当時のFender JAPAN製はつくりが良く、程よい経年の為、この"JVシリアル"は”JAPANオールドビンテージ”として高値で取引されてきている、とのこと・・・

残念ながら、思いっきり彫刻刀で指板を痛めつけてしまったので価値無しってところですが(^_^;)

何でこんなこと調べることになったかというと、別のリッチーコッツェンモデル・テレキャスターがどうしても音が気に入らなくて、アレコレ考えた挙句、このストラトのネックに付け替えてみたところ音が激変!
(めっちゃ良くなった)

両方ともfender japan製。
ストラトの方はローズ指板で、テレの方はメイプル指板とはいえ、なんでこんなにも??と思ったのがことの始まり(これにより、今までの経験と合わせて、自分がメイプル指板の音を好きじゃないということが確定的!)。

音は良くなったけど、ネック全体が変形してるし、フレットも減り減りなので、現在ドック入り中。
とりあえず、ストラトにはテレのネックをつけてるけど、デザイン的にはこっちの方が好きなので、自分の中では当分このストラトボディーにテレキャスターネックが流行しそう。

と、おおーきく話が逸れてしまいましたが、全然別のシャーベル/ジャクソンのストラトタイプの改造を始めてしまいました。

学生時代だった1987年頃、当時一番好きだったギタリストWarren DeMartiniに憧れて、なけなしのお金
を叩き新品として初めて購入した記念すべきこのギター。

仕様は、バスウッドボディー、極薄メイプルネック&指板、1ボリューム、1ハムキックアップ。

当時はLAメタル全盛期で、Van Halenを筆頭にこのタイプのギターもおおはやり。

確かロゴはシャーベルだけど、ネック以外はジャクソン製。
さすがにネックは良くて、今まで反りの修正をした記憶がない。

今回は、塗装を剥がしてナチュラルオイルフィニッシュ(orラッカー極薄)にし、両サイドを削って形状をN4に近づけ、フロントピックアップを追加取付加工し、ピックアップセレクターも取付加工する予定。

まず最初は、ボディーの塗装はがしを!
と、いきなり壁に。

ポリウレタン塗装・
塗装硬すぎ!&分厚すぎ!

刃物で削ったり、ペーパーでやすったりだと、果てしなく時間かかりそう・・・

そこで「強力 塗装はくり剤」なる液体を表面にベタベタ塗り捲り、ステンレス製のスクレイパーで削り取る。
っていうか、パワーにまかせて「叩き削る」ように、はくり開始。

何度か繰り返すと、

「アレッ!? 黒い板が!!」

バスウッド(もしくはアルダー)は、白っぽい色なのに何故???

削り進むうちに、黒い板は天面平坦部のみ貼り付けてあって、厚さは1mmあるかないか。

「どういうこと???」

まだちゃんと剥がしきってないので、なんともいえませんが、明らかにバスウッドより硬質で、叩くと木の音が全然違う!

ローズウッドのように感じるけど、材は何なんだろう??

レスポールみたいに、トップにメイプル&バックにマホガニータイプや、EVHみたくトップ=メイプル&バック=バスウッド、リッチーはトップメイプル&バック=スワンプアッシュ等、
トップに別材を貼り付けてるモデルは色々あるけど、全部メイプルなんだよねー・・・

でも、もしローズなら、ナチュラルフィニッシュにした場合、デザイン的なはかっこ悪いけど、音には興味ある。

何の材なのか、知ってる人いたら誰か教えてください!!
(当時のシャーベル関係者等)

とまあ、まだまだ先は長くなりそう・・・

<教訓その1>メイプル指板のギターに音質を期待してはいけない!
<教訓その2>木目が見えないほど分厚くポリウレタン塗装されたギターは避けるべし!

ある程度の想像はしてましたが、木材の木目がなくなる程塗装されている商品の、カタログ謳い文句(○○材)を鵜呑みにしてはいけません。

 

※下部「コメント(0)」クリックでコメント投稿ができます。是非一言!
※その他の掲載しきれなかった水中等の画像は写真集へ掲載しています。

ページ移動

他にもこんな記事があります


トラックバック

  • トラックバックはまだありません。

トラックバックURL

http://blog.spadive.com/trackback/419

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限
「南紀」のよみは?ひらがな3文字で(スパム対策)


正当なHTMLです! 正当なCSSです!

ユーティリティ

archive/過去ログ

No Data
ブックマークはありません。

page

  • ページが登録されていません。
062017/0708
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -