エントリー

ファイル eiga20060127.jpg

後回しになっていたお店の期末棚卸。
この週初めにそれが終わってバンザーイ!というのもつかの間。
続く決算処理の細かいチェックをしていくと・・・部分的に右と左が!!?
問題はシーズン中の8月~10月あたり。う~ん合わない(^_^;)
日々日々を確実に処理していれば問題無いんだけど、あの時期の確認不足のツケが今頃・・

やっぱりいつになってもお金の計算というのは苦手だなぁ~・・
お金が必要の無い世界は無いのか!!(なんていってられないけど・・)

拉致があかない状況になったので、昨日の休みに久しぶりに映画館へ。
最近はほとんど家でDVDだったけど、たまには映画館もよい。

で、ちょっと遅ればせながら”男たちの大和”を。
僕の小さい頃は「宇宙戦艦ヤマト」の最盛期だったので、戦艦大和には少なからず憧れのようなものがありました。

始まってしばらく・・なんだか映画タイタニックのような感じを受けて。
さらにあっちは「世界最大の豪華客船」でこっちは「世界最大の戦艦」。
そして思い出したのが、タイタニックのシーンで「どうして男たちは大きさ一番にこだわるのか~」というローズの一言。
「男たち」が人を巻き込んで色んな世界一をめざすとロクなことが無い!?

まあそれはおいといて、感動シーンは何回かでてきた別れの場面等でありました。
でも、一番悲しくなったのは、西君の母親のところへ戦死報告にいった神尾が、「なんであんた一人だけ生きて帰ってきたん?・・・」
の一言には参りました。
人間極限状態になるとこうなるのか・・・

沈没前の攻撃を受けているシーンは・・
はっきりいって「不快」でした。というか嫌悪感のような。
延々と続く殺戮シーン。
殆ど動けず逃げることも出来ない戦艦上の人達は、無数に飛び回る敵の戦闘機からはただの標的。
またこれがリアルで・・・
「戦争なんかやっちゃいけない」ということは十分に伝わりましたが、僕個人的には、昔を思い出してしまって非常に苦痛でした。
幼い頃にいじめられてた経験があるんですよねー。
同じように、逃げることが出来ない状態で寄ってたかって複数で。
それに中学・高校のクラブ活動。
失敗したりミスをすると寄ってたかって先輩たちから攻撃を受けていた時代でしたから。

野球部だったんですが、この映画中でもあったみたいに、先輩のいうことは絶対!逆らうとリンチのようなものです。バットでお尻を殴られたり、無茶なトレーニングや辱めを強要されたり・・・

あの頃は戦時中と何も変わってなかったんだなーと思いました。
文字通り「軍隊式トレーニング(というかいじめ)」
今はそんなことないんですよね?きっと。
練習中もしっかり水分補給できるみたいだし。

何をいいたいのか解らなくなってしまいましたが、お金や権力や争いの無い、自由で平和で幸福な世の中で生きて生きたいものです。ほんとに。

ページ移動

他にもこんな記事があります


トラックバック

  • トラックバックはまだありません。

トラックバックURL

http://blog.spadive.com/trackback/638

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限
「和歌山」のよみは?ひらがな4文字で(スパム対策)


正当なHTMLです! 正当なCSSです!

ユーティリティ

archive/過去ログ

No Data
ブックマークはありません。

page

  • ページが登録されていません。
062017/0708
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -