インフォメーション

エントリー

タグ「anime」の検索結果は以下のとおりです。

久しぶりに、お店をしめてお出かけしてきました!!
パパとデート?!ってやつなんですかね(´∀`*)ウフフ

台風で、外は風と雨がスゴイので、屋内でリフレッシュと行ったら、私たちは映画鑑賞♪

”ライフ”とどっちみるか悩みましたが、今回はジブリに・・・
でも、見終わってから映画館でみなくても良かったんじゃないかと少し後悔。

簡単にいうと、昔話なのかな?
私が期待していたジブリのお話とは違いました(´▽`*)アハハ

そして昼食には、トマト&オニオン(唯一?のファミレス)でランチ♪
お昼から、ガッツリとステーキをいただき帰宅~

台風が気になるところですが、明日も、まだまだ影響が大きそうです!!
皆さんも、お気をつけ下さい☆

「なんと「コードギアス 反逆のルルーシュ」が復活、新プロジェクトの始動決定 - GIGAZINE」

ファイル blog20091206.jpg だそうです。
2010年に続報があるとのことで、楽しみです。

R1、R2と、たった2シーリーズで終わってしまうのが惜しいと思える面白いアニメだったので、ホント嬉しいです。
R2では主人公のルルーシュが死んでしまっているので、どういう形でストーリーが組まれるのか興味深々です。

発表でも「新コードギアス プロジェクト~」ってなっています。
「コードギアス 反逆のルルーシュ プロジェクト」では無いのに「ZERO」は映ってる。
まあ、ZEROはR2最終話でスザクに受け継がれているので矛盾はないんだけど、スザクはギアス保持者ではなかった(R2では)。
あと、ルルーシュ意外のギアス保持者も確かみんないなくなってしまったような・・・でもC2が健在だからそれはなんとでもなるのか。

ほんと楽しみです。
コードギアス 反逆のルルーシュR2 公式サイト

さて、このアニメをご覧になっていない人へ向けて少し。

個人的には、この「コードギアス反逆のルルーシュR1、R2」は、「ガンダムSEED、SEED DESTINY」と並んで、ここ数年内のテレビアニメの中では最高のアニメだと思います。

詳しいストーリー等は、Wikipedia他でググッたらいくらでもでてくるのでそちらで。

両方共、
「すべての人間が争うことなく、悩まず、苦しまず”幸福”に暮らせる」究極の手法が提起されていて、そういう意味では似てます。

かたや、
「ラグナレクの接続」
{皇帝 シャルル、V.V.が幼少時より悲願としてきた、「嘘のない世界」を創生する計画。思考エレベーターで人間の思考=Cの世界に干渉し、不老不死のコードの力を使って全人類を集合無意識へと回帰(個人の意識と全人類の意識を強制的に共有)させるというもの。接続が完了すると、全人類が他人に思考をさらけ出す状態となり、さらにはCの世界に残る、過去に死んだ人間の記憶や思念までもが感知できるようになるとされていた}
により。

かたや、
「デスティニープラン」
{プラント最高評議会議長ギルバート・デュランダルにより提唱された社会システム構想。人間の遺伝子を解析する事でその人が持つ先天的な適性と能力を調査し、その解析結果を基にその人を最適な職業や役割に就け、より効率的な社会運営を目指すと言うもの。その結果として国家間の争い事が無くなるという人類救済措置であるが、一方でこれが実現すれば職業選択における個人の自由意志が一切認められない徹底的な管理社会となる。}

という遺伝子操作により。

「デスティニープラン」の方が解りやすいんだけど、要するにに人々がその日その日を決められたことを達成し、その達成感や満足感に対してだけ「幸福」を得られるように遺伝子なり思考を操作される。
すると、明日や未来への不安等から完全に開放されるため、人類は争うことなくみんなが毎日幸せに暮らせる、というもの。

いっけん確かにそうなれば争いごとなくみんなが幸せに暮らせると思える。

そして、人類社会全体をコントロールするのは、不老不死のシャルル皇帝であり、或いは、遺伝子操作により優れた頭脳・肉体を持たされて生まれてきた人間である「コーディネイター」の首長デュランダル議長である。
現代までの歴史で例えるなら宗教なんかがこれにあたり、シャルル皇帝やデュランダル議長はまさしく宗教指導者にあたると思います。

確かに、遺伝子なりを操作されて決まったことだけ、例えば朝起きて、ご飯を食べて「幸せ!」、今日の「決められた仕事」を達成して「これ以上の達成感はない!」、手を合わせることで「幸福!」・・・それらの決まりごとだけでしか幸福感を得られないようになったら、争いごとは起こらないだろう(きっと)。
でも、仕事でも子育てでも、明日や未来という未知の世界へ向かって行きたい!現実の問題を乗り越えたい!といった

「希望」を持つ人間がどこにも、誰一人存在しない世界・・・

そんな世界は嫌だ!明日が欲しい!

主人公のルルーシュもキラやアスラン、シン達は、何れもそういいながら戦い、自らが犠牲になり・・・

というのが最終的な結びのストーリーです。

最近のアニメはとっても深いんです。
はっきりいって、ちょっとしたサスペンス小説なんかより遥かに難しい。
昔のように「正義の味方」と「悪」の対決のように単純ではないですよ。

ライブに関する面白い記事がありました。

「マキシマム ザ ホルモン : マキシマム ザ ホルモンの夏祭り、2009年の参加条件はヴィジュアル系 / BARKS ニュース」

アニメのDEATH NOTEのエンディングソングで曲の展開やシャウト声とそうじゃない時の歌声のギャップがおもしろいな~・・・いつかカラオケで歌ってやろう!などとおもいながら聴いてました。

私がこのバンドで知っている曲は実はこれだけ。
このあたりの曲はデスメタルとかハードコアとかの部類じゃないかと思うんですが、正直このへんのジャンルは全く興味がないし、このバンドも好きではない。

上の記事のなにが面白かったかというと、

Wikipediaによると、
等価交換(とうかこうかん)とは等しい価値を有するものを相互に交換すること。

アニメ『鋼の錬金術師』でよく出てくる台詞にこの「等価交換」があります。

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 1 [DVD]
アニプレックス (2009-08-26)
売り上げランキング: 267
おすすめ度の平均: 3.5
4-1 今後に期待
4-2 この評価の低さは何でしょう?
4-3 DVDで充分
3 分析すると
1 今後の展開…

このアニメ。テレビ放映され始めてからよく観てます。

「錬金術」といえば、初めてこの言葉を知ったのはだいぶ昔に読んだ小説(今も持ってるけど)でした。

ファイル blog20090615.jpg 実物大ガンダムがついに大地にじゃなくて台場にたつ!

「ガンダム、お台場に立つ!五輪招致にも出動 - MSN産経ニュース」

展示期間は7月11日から8月31日までで
場所は東京の潮風公園とのこと。

テレビのニュースでも騒がれてましたね。

羨ましいです・・・

是非是非観に行きたいけどダイビングシーズン真っ只中。
残念。
関西にも飛んできて!

それよりも白浜の海の中に「シャア専用ズゴック」でも作って、水中起動させるか!?

全く話はかわって。

このブログに変える前に違うスタイルの「日記」を書いてました。
期間は2005年3月~2008年4月の約3年間分。

ちょっと前まで、別のサイトにそれを写してリンクを貼り、一応過去ログという形にしてたんですが、ちょっと不具合があって無くなってます。

このまま昔のデータは諦めて!?
とも考えたのですが、一応ご一緒した方々との3年間もの歴史が詰まってまして・・・

で、完結できるかどうかはわからないけど、時間を見つけて一つ一つこのブログへ移植していこうかと・・・
データは手元に残ってるので、コピペコピペの繰り返しでいけると思うから、難しい作業ではないと思ってるんだけど、量が結構なもので。

地道にやれるだけやってみます。

ファイル blog20090604.gif あのコミック漫画「BECK」がイケメンキャストで実写映画化らしい。

「BECK映画化-関心空間」
「水嶋ヒロがイケメンバンド結成!漫画「BECK」映画化:芸能:スポーツ報知」

主人公はコミックではコユキ(配役:佐藤健)だったけど、映画ではリュウスケ(配役:水嶋ヒロ)とのこと。
コミックは結構長いので、2,3時間内で収めなきゃいけない映画だとリュウスケを主人公にした方がかっこよく仕上がるんだろう。

こんな記事がでてますね~。

「アンドロイド先生SAYA、小学校で授業 - ITmedia News」

「小学校の先生にロボットが登場!? 開発者に話を聞いてきたゾ[動画有り] - Ameba News」

開発担当の教授は、「介護や心理カウンセラーなどに応用していければと考えています」、「ロボットと聞いたら、どうしてもアニメを思い浮かべてしまうけれど、本来は人間の暮らしを便利にする道具なんですよね。」とのこと。

う~ん、どこかできいたことがあるような・・・
特に後者の方。

僕、アニメ・ロボット世代?です(マジンガーZからはじまり・・・)。

こういう話題を聞くと必ず頭に浮かぶのが「新造人間キャシャーン」。
(つい先ごろも「キャシャーンsins」って続編モドキやってましたけど)

その30年ほど前にやってた「新造人間キャシャーン」の最初の1話~2話あたりで、まさしく「ロボットは人間に役立つ道具なんだ!」的な台詞がたくさんでてきて、、
ロボットを開発した博士がロボットにやっつけられた挙句に乗っ取られて、、
そのロボット達から人間を守るために、自分の息子をロボットにして戦わせ、奥さんもロボット鳥にして諜報活動をさせつつ、、
(自分が造りだした)ロボットから世界を守るためにいのちをかけて戦う!
みたいなアニメなんです。

アニメってすごいです。
その時代には「ありえない非現実的」なことを物語にしているんだけど、ちゃんと未来の現実を見据えている!?

アニメの予言を教訓にして、生物らしく自然でいようよ自然に。

歳とって体が動かなくなって、会話する相手も介助してくれる相手もロボットだなんて寂しすぎる(このままだと、たぶん僕たちの世代はそうなる)。

もっと人間-生物-自然に目をむけようよ。

ここんとこ音楽ネタから遠ざかってる気がするので久しぶりに。

「けいおん!」効果か、澪のつけていた超高級ヘッドホンの売り上げが爆増、売り切れる店が続出

ファイル blog20090512.jpg
AKG (2006-04-10)
売り上げランキング: 11638
おすすめ度の平均: 4.0
4 AKGらしい作品
5 澪ファンなら買うしか!
3 けいおん効果でバカ売れとかww
5 常用してます
4 すばらしいのだが無難すぎ?

も一つ。

アニメ「けいおん!」人気でAmazonに“異変” 登場楽器の関連商品、けいおんグッズだらけに

あの~、実はなんだかわからないんだけど、このアニメ観てます。

週末になると荒れる日が続いてましたが今日はいい感じ(^^♪
でも、今日も海の方はヒマでした・・・
潜りにきてくださ~い!

さて、ここんとこ毎日のようにテレビで流れてるオバマ大統領の演説シーン。
みなさんはどう感じたんだろう。

個人的にはかなり感動しましたね~。

単純に、あんだけたくさんの人達が集まって、一緒に同調して、歓声ををあげてることに。

誰かの音楽ライブを観るために集まったとかじゃないんですよ。
(フレディーマーキュリーの追悼ライブよりすごいんじゃない?)

演説してる内容も、「国民のために◎◎します」とか損得利害を説明してるんじゃなくて、世界への大義名分のために「立ち向かおう!」「責任をもとう!」「義務を果たそう!」等、どちらかというと要求されることばかり。
それを受けて団結している(ように見える)観衆。

一方、日本ではいまだに国会やメディア等では、
「漢字が読めるかどうか」とか「数年後に消費税を引き上げることがどうとか」「誰が失言したから辞任すべきだ」或いは「学校に携帯を持ってくかどうか」とか・・・
そして「これはダメだ!あれはダメだ!」って反対ばかり。
さらに反対に対抗する反対論議に明け暮れて・・・

なんか地球レベルで考えたらほんとちっちゃなことでちんたらグーたら。

い~かげんにウンザリ!!

国や機関の代表者がやってることですからね~。
恥ずかしい。情けない・・・

ああいう演説を日本に置き換えて考えてみると・・・
ありえないですよね~。
空しくなります。
同じ人間なのに、なんでこんなに差がでるんだろうね。

まあ、国のできかたから何から歴史が違うからね~。
明治維新以降の日本は、常に「猿真似競争」で国際的にのし上がった国だからなんだろう。
常に「あの国を見習ってさらに強力に!」とか「あの会社のものよりもいいものを!」とかが発想の根源。

そういう意味では、明治維新の時代の日本人たちは、根源に日本のオリジナリティーがあった上で進化していったんだろうけど、現代の日本人には本当のオリジナリティは存在しなくなってしまっている。

だから困難に立ちふさがれたときに、立ち向かう理由が見つからない。
「なんのために」がんばらなくちゃいけないんだろう・・・って意義が見いだせなくて苦しんだり破壊的になったり、「あいつが悪い!」「こうやったのが悪かった」とか、すぐ人のせい、物のせいにして自分を正当化しようとする。
そういった人間の集合体。それが今の日本国民なのでは?

我々の心底・根底に、「アメリカの大義名分」のような、「日本オリジナルの自身と誇り」がしっかり根付いていたなら、ちゃんと目的をもって困難に立ち向かえるだろうし、国会も今みたいなしょーもないやりとりを見せられることもないように思うのは僕だけかな?

な~んて過去の「タラレバ」をいっても仕方ない。
事実これが我々の歴史なんだから。

じゃあ今後は!?

上記の通り、現代の日本人に「愛国心」はほとんど無い。
ということは、「国家」という「しばり」を開放する、ということを本気で考えて行動出来るとしたら、その魁は日本人が最適なのでは?
と思ってしまう。

漫画「沈黙の艦隊」や「ガンダム」、ちょっと遡って「宇宙戦艦ヤマト」等、日本発でヒットした戦い物アニメでは、「地球連邦」という国家から脱却した「地球・世界レベル」の組織の提唱があったり、または既にそうなっていたりしている。

「愛”国”心」ではなく「愛”地球(世界)”心」を持ち、それに基づいた信念と誇りを持って行動できるようになれたら!?
世界平和もあり得るのではないかな。

ちなみに、オバマ大統領の演説内容。
自由、平等、愛国心、世界平和、責任・・・
すばらしいことを言ってる。

でも、あの国は「国家」という概念からどうしても離れられない。
(インターネットの世界ではとっくにワールドワイドで国境なんてないのにね・・)
彼らは「世界一強い力(軍事力・経済力)持つ国家の国民で、自分たちが世界平和のためにその力を行使している」という大義名分と強者の誇りの上に成り立っているから。

世界平和はアメリカ(という国)が実現させるものだと思ってる。

その視点からだと、
そういう強者が弱者を守る、とか正義が悪を倒すとかのやり方だと、必ず反抗心を持つ人がでる。

まあ、圧倒的な力で世界を征服してしまったとしたら、見せ掛けの平和は訪れるだろうけど、アメリカは自国の誇りからそれはしない。

一方、宗教等の「思想」では、世界平和や全人類の幸福、をもたらすことはできない、ということも現時点に至るまで宗教戦争や民族紛争が絶えないことから歴史が証明している。

とすると、その他の”自欲を持たない”圧倒的な力=海江田艦長やソレスタルビーング等、を期待してしまう、というのが漫画の世界。

とまあ、またえらく長文になってしまいましたが・・
(たまには評論家みたいなのも書いてみたくなります)
地球人として地球を平和に!幸せに!いきましょうよ、というのが言いたいこと(なのかな?)

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

archive/過去ログ

No Data
ブックマークはありません。

page

  • ページが登録されていません。
112017/1201
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -