インフォメーション

エントリー

タグ「天の川」の検索結果は以下のとおりです。

ファイル sea20070707.jpg雨の七夕・・・のはずだったのに。

朝から1滴の雨ツブにもあたらなかったです。

でも、水中はうねりがあって近場ポイントのみでした。

が、2本とも小魚の大群に取り囲まれて・・・

沈船のキンメモドキは圧巻!
初めて体験する人はさぞかし魂げることと思います。
実際、初めてご一緒した京都のT崎さんはかなりの驚きを表明してくれました(^^♪

バディはお馴染みK目さん。
前回は5月だったけど、その時の沈船からしたら激変。

昼食後は久しぶりの千石丘。
水底にいってしまうと透明度も良く、水の動きも気にならないくらいだけど、浅場は中々のうねり・・・
流れも少し合わさって、エキジットは結構な運動になったみたい(^_^;)

でも、千石丘のキビナゴも凄かった。
キラキラとどこまでも続く流星群のような・・・
そうそう、まるでまさしく

  天の川!!!

といった、七夕のダイビングでした。

 

※下部「コメント(0)」クリックでコメント投稿もできます。是非一言!
※その他の掲載しきれなかった水中等の画像は写真集へ掲載しています。

◎沈船:
(天候)くもり
(水底温度)24.1℃
(透明度)5~10m
(主な生物)キンメモドキ大群、クロホシイシモチ群れ、イサキ群れ、ヨスジフエダイ群れ、アジ群れ、ハナミノカサゴ、オオモンハタ、ブダイ、グレ、オニカサゴ、キンギョハナダイ、ソラスズメダイ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイ、コロダイ、サラサゴンベ、アイゴ、ミズダコ、ヒョウモンウミウシ、センテンイロウミウシ、キイロウミウシ など
◎千石丘:
(天候)くもり
(水底温度)22.3℃
(透明度)4~8m
(主な生物)キビナゴ大群、イサキ群れ、アオブダイ、スジアラ、レンテンヤッコ、シラコダイ、チョウチョウウオ、クマノミ、ハナミノカサゴ、オニカサゴ、ウツボ、キンギョハナダイ、など

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

archive/過去ログ

No Data
ブックマークはありません。

page

  • ページが登録されていません。
082017/0910
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30