インフォメーション

エントリー

タグ「サッカー」の検索結果は以下のとおりです。

昨日の夜、テレビのチャンネルを変えたらなんと

” ジダン ”がヒデと対談してて・・・

「ジダンと中田英寿 特別会談」

思わずビデオ録画して何度か見直してしまいました。

そういえば、ジダンをテレビ画面でまともに見たのは例のワールドカップ決勝での衝撃的な”ジダン頭突き騒動(ジダンの頭突き問題 - Wikipedia)”以来のような気がする。
「7/10/06 ワールドカップ イタリア優勝! -スパダイブログ」

もう少しよく考えてみると、個人的にあれ以来サッカー熱が急に下がってしまっていたみたい。
で、久しぶりにジダンを見たらサッカーかフットサルがしたくなってきた!

ジダンがユベントスにいたときはイタリアのサッカー最高だったな~・
今はレアルの仕事しているそうなんだけど、なんらかの形でもっと露出してくれるといいのに・・・

ファイル blog20060710.jpg

眠い目をこすりながらということもなく、テレビにかじりつきながらの観戦でした。
コニャックをちびちびやりつつ、カンパリを飲み干しながら・・・

鉄壁な守備を誇る両チームが同じシステムで対戦、ということでどちらが1点とれるのか!というような試合を予想してましたが、開始早々あっさり覆されてしまった。

序盤から両チームとも攻める攻める!
いきなりアンリがぶつかって失神したかと思うと、フランスのPKチャンスが生まれ、これをジダンがイタリアのトッティーの十八番のチップキックでゴール!
落ち着かない混戦状態がしばらく続いたかと思うと、ピルロのピンポイントコーナーキックはドンピシャでマテラッツィの頭に向かい、豪快なヘディングでのゴール!

なんとフランスとイタリアが点の取り合い!?
予想を裏切る面白い試合内容でのスタートでした。
その後は結局延長終了まで両チームとも得点無し。

ファイル sea20060705.jpg

◎臨海ビーチ:(天候)雨(水底温度)24.4℃(透明度)2~6m
(主な生物)ソラスズメダイ、クマノミ、チョウチョウウオ、タツノイトコ、クロホシイシモチ、カマス、アジ、カゴカキダイ、アオリイカ など

豪雨、強風、それからうねりを伴う波・・・
特に雨の方は記録的な豪雨とのこと。
台風の位置的にはまだ直接的な影響がでる位置ではないのですが、この強い前線の影響で沖の方は波・うねりがガンガン・・・

よってあっさりボートダイブはクローズ・・
今日は、午前中でライセンスコースを修了し、午後からボートでの沈船ダイブを楽しみにしていたのですが・・・
ボートはあえなく断念。
また次回のお楽しみ!ということで。

ファイル sea20060702.jpg

◎権現崎:(天候)くもり(水底温度)25.1℃(透明度)3~5m
(主な生物)ハタタテダイ幼魚、ソラスズメダイ、クマノミ、チヌ、コロダイ、ハリセンボン、コブヌメリ、ハナハゼ、ゴンズイ、ボラなど

強い風とうねりを伴う波。
予想以上に今日は朝から海況が芳しくなかったです・・・
四国から遠方はるばるお越しくださったのは同級生4人組みのY原さん、O智さん、S石さん、Mさん!
想いの強さが今日のダイビングを実現させてくれたんだと思います。

ファイル sea20060625.jpg

◎権現崎:(天候)雨(水底温度)23.5℃(透明度)4~7m
(主な生物)ソラスズメダイ群れ、コブヌメリ、コロダイ幼魚、アオリイカ卵、クマノミ、ニジギンポ、オオスジイシモチ、クロホシイシモチ、クロイシモチ など

またまた雨。それもさあこれから海へ!というところで・・・
でも寒くは無かったし、海況も昨日より回復してたし、2回目の体験ということですぐに水の中に入ったことだし、水に入ってしまえば雨は気にならない。

ということで、昨年9月24日以来の再会を果たせたのはayakoちゃんとtakakoちゃん!
今回もマスクにたくさん水が入る楽しいダイビングでした。

シーズン中にこんなに体調崩したのは初めてかな。
ちょっと体力が落ちてるのかな?
しっかり調整しないと・・・

2日間休ませていただいたお陰で少し復活!
といきたいところですが、色々重なるもんですね。こんな時に限って精神的にダメージを受けたりするようなことが重なったりする・・・

体調を崩すきっかけは、サッカークロアチア戦観戦の時からはじまったような気がする。
そして今朝のブラジル戦で仕上げ!みたいな。

玉田の一発には日本中がひと時の希望に胸膨らませたのでは?
ところがその後のブラジルの怒とうラッシュ!
個人的には大好きなロナウドが大記録に並んだことは嬉しかったけど、逆にブラジルからしたら、ロナウドの記録達成と調子を上げるための相手として、ちょうどいい調整相手くらいにしか見られていなかったようで悔しいですね~。
でも実力差ははっきり浮き彫りにされてしまった。

ワクワクドキドキ息を呑みながらテレビに噛り付いてました。
序盤から厳しいオーストラリアのプレッシャーの中、中沢と川口の守りはグレイト!!すばらしかった!
そして俊輔のゴールのときには喚起!
日本中がどよめいたのでは?

WBCもそうでしたが、やっぱり国をあげての代表チーム戦というのは、自分のことのように入り込んでしまいます。

結果は変えられないのは仕方が無い。
惜しいのは、選手をはじめメディア等全体的に「負けるはずが無い」的雰囲気で試合が始まり、最後までがむしゃらさも無ければ、プレーを楽しんでいる風も無かったことかな・・

世間では選手交代のタイミングや身長差等を言い訳(?)にして、人のせい、物のせいにしたがっているように感じるけど、メキシコなんか、センターバックが174cmをはじめ、173cmの選手など背は低い選手が遜色なく活躍してる。

ファイル sea20060610.jpg

◎権現崎:(天候)くもり(水底温度)23.8℃(透明度)3~8m
(主な生物)アカエイ、アイブリ、ヒメユリハゼ、ハナハゼ、アジ群れ、カマス幼魚、マダイ幼魚、チヌ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイ、ソラスズメダイ、グレ群れ、ニザダイ、スズメダイ、チョウチョウウオ、クロホシイシモチ、オオスジイシモチ、カサゴ、アオリイカ卵、カザリイソギンチャクエビ、ユビノウハナガサウミウシ など

前日までのうねり等の影響で、浅場はよく濁ってました・・
ドラえもんを超えて沖の方へいくときれいになってきていて、8mくらいは見えてました。
反面、水温は快適。寒さは全然感じなかったです。

今回は東京と岡山とそれぞれ遠方からお越しいただいたカップルS藤さんN廻さんに、地元T中さんを加えて4人で「中世浮力」テーマのファンダイブ!
とにかく水中で、のんびりフワフワ浮遊を楽しむことをテーマにした2ダイブでした。

水の中で浮きながら遊覧するのと、水底を這いずりながら移動するのとでは気持ち的にも体力的にもずいぶん違うはず。
時間が経つにつれN廻さんの表情が気持ち良さそうな表情に変わっていっててたのも嬉しかったです。
二人ともウエイトは2~3kg減。
あと、自分に合ったフィンを使ってキックをもう少し効率よく出来るともっと楽になって移動範囲も増えると思います。
フィンとか欲しくなったらまたご相談ください。

T中さん!遅くまで色々ありがとうございました。
慣れない事務ごとに時間をとらせてしまいましたm(__)m
また入ったら連絡します。
次回が楽しみですね。

ちょっと五つ葉のクローバーの恩恵(?)を感じて感謝感謝(^^♪

 

※下部「コメント(0)」クリックでコメント投稿もできます。是非一言!
※その他の掲載しきれなかった水中等の画像は写真集へ掲載しています。

帰宅すると、サッカーのイングランド戦やってました。
ワールドカップがいよいよ開幕しましたね~。
開幕セレモニーはなんとも壮大だった・・
さすがヨーロッパ開催!歴史と観衆の熱狂振りが前回大会とは大違い!?
テーマ曲も良かった!
また寝不足の日々が続きそう・・・
どこが優勝するかな?
ブラジル?イングランド?それとも日本??
どこでもいいけど、たくさん感動シーンを届けてくれるといいなー。

今日は世界中で大きな事件が3つありましたねー。

{その一}:!祝!白浜に沈船ポイント復活!

本日昼前に漁礁としての鉄船が無事入水を済ませました!
まずは、白浜漁協を筆頭に関係者の皆様。本当にお疲れ様でした。

そして、入水から約4時間後の夕方にmissoceanのスタッフと一緒に水中確認に!
まだ4時間しかたっていないので、水中視界は良くないということは分かってはいてもやっぱり・・・
それでも6~8mくらいの透明度はありました。

まずびっくりしたのは、アジやイシモチ類等の小魚達が既に居座り始めていたこと!
正直魚群がつくには相当期間が必要かも?なんてちょっと心配だったのですが、そこはさすが魚群日本一!?だった旧沈船の実績を感じました。
この調子だとあの魚の渦巻きに再開出来るのももうじきって感じです。
沈船全景をクリアに確認できるのは、魚群が未熟な今の内です(透明度し次第ですが)。

そして、今度の沈船の新しい目玉は「レックスペシャルティ」コースの開催が可能だということです。
つまり、船内へペネトレーション(進入)するスペースが十分にあり、コース開催に必要な、船内進入の際の危険性の認識、安全を高めるためのテクニックの実習が完全に可能になりました。
といってもタイタニックのような豪華客船ではなく、全長約30m、砂地からの最大高約10mというまずBESTな大きさです。
昨年はお問い合わせで何件もレックSPコース開催希望があったのですがお断りせざるをえなくって残念でしたが、今後は出来ます!
色々楽しみになってきました(^^♪

◎今日の沈船:(天候)晴れ(水温)23.4℃(透明度)6~8m
(主な生物)アジ群れ、ネンブツダイ群れ、クロホシイシモチ群れ、ブダイ、コロダイ、ゴンズイ など

※沈船で潜るにあたって、協力金として別途一人300円が必要になります。

{その2}:ドイツ サッカーコンフェデ杯

日本代表がヨーロッパチャンピオンのギリシャを見事撃破!
深夜でしたが、興奮して今回は全く眠くならなかったです!
まあ相手がいい状態では無かったということもありますが・・
でもめでたい!

{その3}: F1アメリカGP

サッカーの勝利の余韻を感じながら画面をF1に変えると、ななな~んとスターティンググリットには、3チーム6台のマシンしかいないではないですか!
しかもそのままレーススタート。
こんなF1今まで見たことも聞いたことも無い!事件だアー!

事情は、高速サーキット場とタイヤの耐久・信頼性に関連する問題。

このサーキットのDATAが不十分なミシュランタイヤを履くマシンの全7チーム14台がレース開始前の練習走行を終えた時点で棄権・・・
レース出走したのはブリジストンタイヤを履く3チーム6台だけ・・・

17日の練習走行で、ミシュラン製タイヤを使うラルフ・シューマッハー(トヨタ)らがタイヤ破裂に起因するとみられる激突事故を起こしたことが発端のようです。

そういえば数年前にもタイヤブランドのグッドイヤーとピレリでの争いをちらっと思い出しました。

僕たちが水中で使用不可欠な器材の重要部分には全てゴム系部品が使われています。レギュレータ内部には数十箇所もゴム系Oリングが使われています。
ゴムは永久に使用できるものでは無く、タイヤのように磨耗・劣化します。
みなさん器材オーバーホール/メンテナンスしてますか?!

日本代表勝利\(^o^)/

昨晩はすっかり興奮しながら結局最後まで観戦・・
しかし、あんなに動きにキレのあるヒデは、もうかれこれペルージャ~ローマ時代以来ないのでは???
北朝鮮戦は残念なことになってしまったけど、その後のコンフェデ杯が楽しみ(^O^)

◎権現崎ビーチ:(天候)くもり(水温)19.8℃(透明度)5~6m
(主な生物)アジ群れ、ネンブツダイ・イシモチ群れ、ソラスズメダイ、チョウチョウウオ、マトウダイ、アカエイ、タコ など。

ファイル sea20050604.jpgそして今日、DAN酸素プロバイダーが誕生\(^o^)/
お昼は講習で、その後ののんびりした1ダイブでした。
(何故かこの時期ドライスーツ講習兼でした。やっぱり陸上では暑い^^;)

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

archive/過去ログ

No Data
ブックマークはありません。

page

  • ページが登録されていません。
112017/1201
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -