インフォメーション

エントリー

タグ「ダイビング」の検索結果は以下のとおりです。

ファイル sea20051127.jpg

◎エビセ:(天候)晴れ(水底温度)22.6℃(透明度)10~15m
(主な生物)スズメダイ群れ、ニザダイ群れ、コガネスズメダイ、キンチャクダイ、レンテンヤッコ、イシダイ、スジアラ、キンギョハナダイ、シラコダイ、タキゲンロクダイ、フルーツポンチウミウシ幼体(2mm) など
◎沈船:(天候)晴れ(水底温度)21.8℃(透明度)15m前後
(主な生物)アジ群れ、ネンブツダイ群れ、キンメモドキ群れ、ツバメウオ、キンギョハナダイ、ハナミノカサゴ、コロダイ、ツノダシ、アオリイカ、キイロイボウミウシ、ムラサキウミコチョウ、シロタエイロウミウシ など

今日は朝から快晴!
悩んだ挙句、ウエットスーツにしました。
1本目は「エビセ」ということで、ご一緒したtakaさんのかねてからの念願-深度30m越え(39m)を決行!
無事ディープSP-ダイブ3クリアできました。(結構潮の流れが速かったですが・・・)
ウエットはちょっときついかなー?という心配はすっかり裏切られ、とても快適でした。

2本目は沈船。小魚の大群はもちろん、ツバメウオもまだしっかり居ついていました。

今日の目玉ウミウシは1本目の「フルーツポンチ」と2本目はハートのマークが目印の「シロタエイロ」。
両方とも実は久しぶりでした。

takaさんエビセいけて良かったですね。
年内にもう1回ご一緒できるかな??
(たぶん次はさすがにドライ?)
またお待ちしてます。

 

※下部「コメント(0)」クリックでコメント投稿もできます。是非一言!
※その他の掲載しきれなかった水中等の画像は写真集へ掲載しています。

ファイル sea20051124.jpg

◎カスミの根:
(天候)晴れ(水底温度)21.5℃(透明度)15~20m
(主な生物)オオカワリギンチャク群生、シラコダイ群れ、スズメダイ群れ、コガネスズメダイ、キンギョハナダイ、キハッソク、オオモンハタ、グレ、サラサゴンベ、モヨウモンガラドオシ、ウデフリツノザヤウミウシ(ピカチュー)、カンナツノザヤウミウシ、ニシキウミウシ など
◎沈船:
(天候)晴れ(水底温度)21.2℃(透明度)12~15m
(主な生物)ツバメウオ、タカベ、イサキ、アジ群れ、ネンブツダイ群れ、クロホシイシモチ、キンメモドキ群れ、ハナミノカサゴ、オニカサゴ、イッテンフエダイ、イセエビ、ダイナンウミヘビ、ヒラメ、クチナシイロウミウシ、ムラサキウミコチョウ、クロモドリスヒントゥアネンシス、キイロウミウシ など

とってもとっても久しぶりに「カスミの根」にいってきました。
天気も良く海も「青い」!流れも無しでいうこと無しでした。
太陽の光は30m地点までしっかり注ぎ込み、オオカワリギンチャクは輝いてました。
ピカチューとピカチューもどき(?)もわんさか!が、残念ながらクダゴンベは隠れちゃってて会えずじまい・・

沈船もコンディションよく、ツバメウオもまだ居ついています。
両ポイントとも水底で21度以上の水温があり、水中で寒さは感じません。

今日は、2ヶ月ぶりにS峰さんと、そしてオーシャンハウスの下川原さんと一緒にいい海満喫でした(^^♪
ありがとうございました。

 

※下部「コメント(0)」クリックでコメント投稿もできます。是非一言!
※その他の掲載しきれなかった水中等の画像は写真集へ掲載しています。

ファイル sea20051123.jpg

◎権現崎:(天候)晴れ(水底温度)20.5℃(透明度)15m以上
(主な生物)アジ群れ、キビナゴ群れ、ソラスズメダイ、キヘリモンガラ幼魚、クマノミ、チョウチョウウオ、トゲチョウチョウウオ幼魚、コブダイ雄、クロホシイシモチ、ハタタテダイ、ハリセンボン、ギンガメアジ幼魚、グレ群れ など
◎沈船:(天候)晴れ(水底温度)21.5℃(透明度)12~15m
(主な生物)ネンブツダイ群れ、キンメモドキ群れ、アジ群れ、タカベ群れ、キンギョハナダイ、ソラスズメダイ、カンパチ、アオリイカ、ツノダシ、コブダイ雄&雌、ブダイ、アオブダイ、オキゴンベ、ハリセンボン、コロダイ など

ちょっと間あいての権現崎。
ピカイチの透明度でした。
まだまだソラスズメダイなどの熱帯魚もたくさんいるので、水中の景色はさながら海外リゾートビーチのよう!!

沈船の小魚の群れも相変わらずで、今回は単発のカンパチが何度かかき回していました。

今日は初ドライスーツのS司さんと9月以来のI江さんとのファンダイブでした。
初ドライスーツで水没も全く無し。
(やっぱりドライは最初からマイドライがBESTですねー)
水から上がってからも楽チン(^^♪

お二人ともまた来月お待ちしてます。

 

※下部「コメント(0)」クリックでコメント投稿もできます。是非一言!
※その他の掲載しきれなかった水中等の画像は写真集へ掲載しています。

ファイル sea20051116.jpg

◎三段壁:
(天候)晴れ(水底温度)21.6℃(透明度)12~14m
(主な生物)イサキ群れ、キンギョハナダイ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイ、ソラスズメダイ、ルリスズメダイ、トラウツボ、ワカウツボ、レンテンヤッコ、ツノダシ、キンチャクダイ、アオリイカ、ハマフエフキ、スジアラ、ヘラヤガラ、ニシキウミウシ、イガグリウミウシ、ムスメハギ、ミギマキ、ガラスハゼ、アカホシカクレエビ、イソギンチャクエビ など
◎沈船:
(天候)晴れ(水底温度)21.6℃(透明度)15~17m
(主な生物)キンメモドキ群れ、ネンブツダイ群れ、クロホシイシモチ群れ、アジ群れ、タカベ群れ、キンギョハナダイ、ハナミノカサゴ、オオモンハタ、ツバメウオ、コロダイ、アオリイカ、ニシキウミウシ、ヒロウミウシ、ムラサキウミコチョウ、ハナガサウミウシの仲間、ヨウジウオ、イロイザリウオ、クマノミ、ミナミハコフグ幼魚、ハコフグ幼魚 など
◎千石丘:
(天候)晴れ(水底温度)21.2℃(透明度)10~12m
(主な生物)アジ群れ、ハマチ(ブリ)群れ、レンテンヤッコ、イシダイ、スジアラ、ハタンポ群れ、オニカサゴ、クロホシイシモチ、クマノミ、キンギョハナダイ、ソラスズメダイ、オトヒメエビ など

今日は石川県よりはるばる「能登島ダイビングリゾート」のスタッフ全員が潜りに来てくれました。
みなさんありがとうございました。
僕の恩師の一人であるオーナーのK村さんとは約1年ぶりの再会でしたが、その間にいい若手スタッフを新しく二人も育てておられました。
(うらやましいかぎりです。うちもそろそろ・・・)

風が少し強かったものの、日本海とは違った熱帯魚達や小魚の魚群、イザリウオなどをのんびり楽しんでもらえたみたいで何よりでした。
そして僕も一緒に楽しませていただきました。(ありがとうございます)

またスパダイブでも能登島へダイビングツアーなど企画できればと思ってます。
野生のイルカと一緒に泳げる貴重な日本海ポイントへ!
特に地元メンバー主体で希望者募ります。

 

※下部「コメント(0)」クリックでコメント投稿もできます。是非一言!
※その他の掲載しきれなかった水中等の画像は写真集へ掲載しています。

ファイル sea20051113.jpg

◎千石丘:(天候)晴れ(水底温度)22.5℃(透明度)10~12m
(主な生物)イサキ大群、タカベ群れ、アジ群れ、クエ、スジアラ、アザハタ、オオモンハタ、アオブダイ、コブダイ、イシダイ、イセエビ、キハッソク、キンギョハナダイ、クマノミ、ヘラヤガラ、ハタンポ群れ、クロホシイシモチ群れ、ニシキウミウシ、サラサウミウシ、キカモヨウウミウシ、アオウミウシ幼体、白いミノウミウシ、ヒトデヤドリエビ など
◎沈船:(天候)晴れ(水底温度)22.4℃(透明度)6~10m
(主な生物)キンメモドキ群れ、クロホシイシモチ群れ、アジ群れ、タカベ群れ、ハナミノカサゴ、キンギョハナダイ、オオモンハタ、ワカウツボ など

先週に引き続き千石丘いってきました。透明度は下がってましたが、やはり生物はたくさん見れて面白いです。
クエ、スジアラ等色んなハタ類やでっかいコブダイ、イサキの大群などおいしそう(?)な魚から小さなウミウシまで堪能できました。

沈船はキンメモドキが少しずつ増えてきているようで入るたびに楽しみです。今回はレックSPダイブだったので船の周りから離れなかったのですが、近くの根にはイザリウオなども出てきている様子。

今回は昨日から引き続きのtakaさんとのバディーダイブ。
2日間ありがとうございました。
また楽しみにしてます。

 

※下部「コメント(0)」クリックでコメント投稿もできます。是非一言!
※その他の掲載しきれなかった水中等の画像は写真集へ掲載しています。

ファイル sea20051112.jpg

◎権現崎:(天候)晴れ(水底温度)22.3℃(透明度)4~8m
(主な生物)ソラスズメダイ、キヘリモンガラ幼魚、ムラサメモンガラ幼魚、トゲチョウチョウウオ幼魚、チョウチョウウオ、ニザダイ、ニセカンランハギ、ボラ、ニジギンポ、テンクロスジギンポ、マダイ、ホウセキキントキ、ミツボシクロスズメダイ、クマノミ、ユビノウハナガサウミウシ など

風がちょっとあったもののいい天気。
のんびりビーチで2本潜ってきました。
軽く白にごりがかかってましたが、視界は十分。
生物観察に浮力遊びをテーマにゆったり楽しめました。

今日ご一緒したのは、和歌山市からのT中さんとMさん同僚(?)コンビと、お馴染みtakaさん&僕でオールサーティーズ。
まだまだこれからもよろしくお願い致します。

 

※下部「コメント(0)」クリックでコメント投稿もできます。是非一言!
※その他の掲載しきれなかった水中等の画像は写真集へ掲載しています。

ファイル sea20051109.jpg

◎権現崎:(天候)晴れ(水底温度)22.3℃(透明度)6~8m
(主な生物)キヘリモンガラ幼魚、ムラサメモンガラ幼魚、クロホシイシモチ群れ、イワシ群れ、ハタタテダイ、ツノダシ、ホウセキキントキ、カサゴ、セムシカサゴ、チョウチョウウオ、トゲチョウチョウウオ幼魚、フウライチョウチョウウオ幼魚、ハリセンボン、オグロクロユリハゼ、ハナハゼ、ダテハゼ、テッポウエビ、カザリイソギンチャクエビ、イソギンチャクもエビ、ニザダイ、ニセカンランハギ、ユビノウハナガサウミウシ など

海のほう落ち着いてきました。
心配されていた「冷たい」北風はいうほどでもなく、暖かい日差しの下ウエットで潜ってきました。

まだまだ熱帯魚の量は夏場より多いです。一昨日は引っ込み気味だったソラスズメダイやチョウチョウウオ達が賑やかでしたよ。

一昨日から引き続きA立さんのOWDコース海洋2日目は朝から予定通り3ダイブ。無事海洋実習終了となりました。
残るは学科テストのみとなりました。
A立さん。お疲れ様でした。

 

※下部「コメント(0)」クリックでコメント投稿もできます。是非一言!
※その他の掲載しきれなかった水中等の画像は写真集へ掲載しています。

ファイル sea20051107.jpg

◎権現崎:(天候)晴れ(水底温度)23.9℃(透明度)3~5m
(主な生物)キヘリモンガラ幼魚、トゲチョウチョウウオ幼魚、フウライチョウチョウウオ幼魚、ソラスズメダイ、キビナゴ群れ、ギンガメアジ幼魚、タカノハダイ、クサフグ、ボラ、ニセカンランハギ、ニザダイ、ニシキベラ など

もっと荒れるかと思われた今日の海でしたが、意外と問題なかったです。
午前中はうねりも残っていましたが、午後にはそれも回復。
透明度も戻り始めていました。

今日から地元A立さんとのOWDコース。
DM講習中のS司さんとビーチでの講習タダイブとなりました。
続きは1日あけて明後日。
またよろしくお願いします。

 

※下部「コメント(0)」クリックでコメント投稿もできます。是非一言!
※その他の掲載しきれなかった水中等の画像は写真集へ掲載しています。

ファイル sea20051106.jpg

◎千石丘:(天候)雨(水底温度)23℃(透明度)20~25m
(主な生物)アジ群れ、ツムブリ、クエ、スジアラ、レンテンヤッコ、ハマフエフキ、ハナミノカサゴ、キンギョハナダイ、ニザダイ、チョウチョウウオ、クマノミ、クロホシイシモチ、ニザダイ、イシガキダイ、ピカチユー(ウデフリツノザヤウミウシ)、シロミノウミウシ など
◎権現崎;(天候)雨(水底温度)23.4℃(透明度)8~10m
(主な生物)キヘリモンガラ幼魚、ムラサメモンガラ幼魚、トゲチョウチョウウオ幼魚、フウライチョウチョウウオ幼魚、クマノミ、ソラスズメダイ、コロダイ、オニオコゼ、ハタタテダイ、ハリセンボン、コロダイ幼・成魚 など

今日の千石丘は軽い潮の流れがあったものの(あったから?)海中コンディションは最高級でした。(雨じゃなくて太陽が降り注いでいればもっと・・・)
青く抜けた透明度の中、終始ツムブリがグルグルとアジの群れを追い掛け回している下、海底ではクエやスジアラなどおいしそうな大魚から今シーズン初のピカチユーまで見れました。

ビーチでは体験ダイビング。
折角このダイビングのためだけに電車日帰りできてくれたI嵐さんとK谷さんでしたが外は雨。
でも水中では色々おもしろかったですね。また近々お会いできるのを楽しみにしてます。

それと、9月から始まったDM講習の最後の課題を今日無事クリアし、H野さんがコース修了!
おめでとうございます。
まだまだこれからもよろしくお願いします。
お店のお手伝いの方等もしっかり当てにしてますね(^^ゞ
またみなさんと顔をあわせる機会が増えると思います。楽しみにしてます。

 

※下部「コメント(0)」クリックでコメント投稿もできます。是非一言!
※その他の掲載しきれなかった水中等の画像は写真集へ掲載しています。

ファイル sea20051105.jpg

◎三段壁:(天候)快晴(水底温度)24.4℃(透明度)18~20m
(主な生物)イサキ群れ、スズメダイ、コガネスズメダイ、クマノミ、キンギョハナダイ、クロホシイシモチ、クロホシフエダイ、トラウツボ、ツノダシ、レンテンヤッコ、クチナシイロウミウシ、タマゴイロイボウミウシ など
◎沈船:(天候)快晴(水底温度)24.1℃(透明度)15~18m
(主な生物)キンメモドキ群れ、クロホシイシモチ群れ、アジ群れ、タカベ、コロダイ、ハリセンボン、オオモンハタ、ハナミノカサゴ、クマノミ、キンギョハナダイ、ブダイ、ソラスズメダイ、ツノダシ、ワカウツボ、ニザダイ、グレ、ムラサキウミコチョウ、ミアミラウミウシ、キイロウミウシなど
◎権現崎(ナイト):(天候)晴れ(水底温度)23.3℃(透明度)10m
(主な生物)マダコ、アカエイ、オオスジイシモチ、ソメンヤドカリ、タツナミガイ、カワハギ、コロダイ、ハリセンボン、ツノウシノシタ、オニオコゼ など

今日も絶好のダイビング日和。
朝からボートで三段壁へ。
透明度も良く青い海と地形を満喫できました。
午後からの沈船ではやはり増えてきているキンメモドキの玉になった群れが印象的でした。
まだまだ増えるハズ!
さらに久しぶりにビーチでナイトダイブ。
タコだらけでした。

1年ぶりの再会となったI田さんは奥様を連れて潜りに来てくれました。
いつまでの仲良くダイビング続けていってくださいね。
また楽しみにしてます。

 

※下部「コメント(0)」クリックでコメント投稿もできます。是非一言!
※その他の掲載しきれなかった水中等の画像は写真集へ掲載しています。

ユーティリティ

archive/過去ログ

No Data
ブックマークはありません。

page

  • ページが登録されていません。
032018/0405
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -