インフォメーション

エントリー

2006年11月の記事は以下のとおりです。

ファイル music20061128.jpg

やっと雨が上がって・・・
今一寒さはやってこず、中途半端に冬モードに入り、気分が乗らずに更新を怠ってました。
(ネタが無いわけではないんだけど・・・^^;)

ヒマです。
でも焦りは禁物。
焦っては何も生まれません。ということで、ヒマに託けて、ここんとこギターいじってばかり。
ここ数年ご無沙汰ギター熱が戻ってきました。
手入れして「弾きまくる」。
奏でるのではありません。シールドをアンプに差し込んで、我流スケールをキュルキュルシャコシャコしまくりです。

とここで今お店に置いてるギターの紹介(自慢?)でもしようかと・・

ファイル sea20061123.jpg

◎権現崎:(天候)雨(水底温度)22℃(透明度)10~12m
(主な生物)ハタタテダイ、キリンミノカサゴ、クロユリハゼ、ハナハゼ、トゲチョウチョウオ、フウライチョウチョウウオ、ハリセンボン、クマノミ、ソラスズメダイ、ヨコスジイシモチ、オオスジイシモチ、クロホシイシモチ、キビナゴ大群、カンパチ など

今日も穏やかな海、澄んだ水、たくさんの魚・・水に入ってしまったらいうことなしでした。
でも水から上がったら雨。
ご一緒したT井さんにとっては約1年ぶりのドライスーツ。
首のサイズが変わったのか?スーツネックが縮んだのか?
体調のことやナビゲーションコースということ等も重なって、ちょっときつかった様子。
予定していたナイトダイブは延期となりました。

ナビゲーションの方は!
専用ツールを使用して複雑なターンを繰り返したにも関わらず、スタート地点のブイまで寸分違わず帰還!!
見事(^-^)//"" でした。

最終ダイブの課題の水中地図作成も順調に完成かと思われたちょうどその時・・・
力尽きたみたいでした_| ̄|○
残りは次回、といっても潜りながら自分で作成した地図の特徴を見て回るだけなので、次回は楽勝です。
お疲れ様でした。
また予定決まったらお待ちしてます。

それにしても、1本目のナビゲーションは見事だったなー(^-^)

 

※下部「コメント(0)」クリックでコメント投稿もできます。是非一言!
※その他の掲載しきれなかった水中等の画像は写真集へ掲載しています。

ファイル sea20061119.jpg

◎権現崎:(天候)雨(水底温度)22.5℃(透明度)15~20m
(主な生物)カワハギを食事中のツバクロエイ、カンパチ、キリンミノカサゴ、クマノミ、アカホシカクレエビ、トゲチョウチョウウオ、ソラスズメダイ、キビナゴ群れ、カマス群れ など

生憎1日中雨でした。
が、水中透明度は抜群でした。
ビーチの透明度としては、今年1番ではないかな?

今日はドライスーツ講習。
毎回エントリー前だけ一時的に雨が上がっていたりと、あまり雨を感じることなく過ごせたのはラッキー。
昨日から引き続きのK目さんは、全く初めてのドライスーツダイブだったので、条件としてはとても良かったです。
でも、おもしろいくらいコロコロしてました。
ライセンス取った頃を思い出すかのように・・・

一方、2週間ぶりのN口さんは初ドライではないものの、前回残してしまったナビゲーションダイブも。

二人とも特別水没もなく2ダイブ終られて、まずは◎では?
あとは自分の身体に合わせたスーツで潜ったら課題は解決するでしょう。
お疲れ様でした。

しかし今日の水中はきれいだった!!!

 

※下部「コメント(0)」クリックでコメント投稿もできます。是非一言!
※その他の掲載しきれなかった水中等の画像は写真集へ掲載しています。

ファイル sea20061118.jpg

◎エビセ:
(天候)晴れ・くもり(水底温度)23.8℃(透明度)15~18m
(主な生物)フエヤッコダイ、キンチャクダイ幼・成魚、レンテンヤッコ、キハッソク、アカハタ、キンギョハナダイ、タキゲンロクダイ、ツノダシ、ウイゴンベ、オキゴンベ、イシダイ、スズメダイ、アマミスズメダイ、コガネスズメダイ、シコクスズメダイ、ナガサキスズメダイ、ミツボシクロスズメダイ、ソラスズメダイ、クマノミ、クダヤギクモエビ など
◎沈船:
(天候)くもり(水底温度)23.5℃(透明度)15~18m
(主な生物)カンパチ、ハマチ、キンメモドキ大群、イサキ大群、アカヒメジ群れ、クロホシイシモチ群れ、タカベ、アジ、キンギョハナダイ、ヨスジフエダイ、ヒレナガハギ、オオモンハタ、ハナミノカサゴ、コブダイ、アオブダイ、グレ、トラウツボ、コロダイ、キンセンイシモチ、オオスジイシモチ、ナガサキスズメダイ、ソラスズメダイ、アオリイカ、クマノミ、など

午前中は晴れ間もうかがえる天気の中、ベタ凪の海へボートを滑らせ、土日には珍しくエビセへ。
透明度もまあまあで流れも殆ど無し。
海中は深さ40mを超える水底から立ち上がるダイナミックなウォール沿いに熱帯魚達がワンサカ!
気持ちよかったです。

午後からは曇り空=寒い・・
(水の中に入ると大丈夫なのですが)
沈船の魚群はさらに増え続けている模様。加えて飛び回るカンパチによって美しい水中ショーが!

今日はお馴染み岐阜からtakaさん、高松からK目さんとファンダイブ。
二人とも今年はこれがウエットスーツの潜り収めになるのかな?
海が良くて良かったです(^^♪

明日はK目さんの初ドライスーツダイブ。
・・・雨   かな?

 

※下部「コメント(0)」クリックでコメント投稿もできます。是非一言!
※その他の掲載しきれなかった水中等の画像は写真集へ掲載しています。

ファイル blog20061117.jpg

昨日までお店をお休みしてました。
期間中、お問い合わせ等でご迷惑をお掛けしたかもしれません。
ごめんなさい。

実家は大阪ですが、祖父母のお墓は九州の熊本にあります。
中々お墓参りにいくとなると・・・
という訳で長い長い間、おそらく15年ほどご無沙汰になってました。
今回両親と弟も休みをとってみんなで熊本へ。
車での長距離移動も運転手が3人もいればかなり楽。

夜中に運転を交代しながら中国道を走りに走って、あっという間に(?)九州入り。
ちょっと時間が早かったので、博多で下りて屋台でラーメン。
ちょっとアッサリ目だったけど、朝方だったのでそれがちょうど良くて、美味かった(^^♪

またまた移動の末、熊本は山鹿入り。
まだ朝早かったので、両親の母校(小学校)を観に。(母は30年ぶりだったらしい・・)
これがまたグランドの広いこと広いこと( ゜_゜;)
高校野球のグランドが十分入る。
サッカーゴールとサッカーボールが転がっていたので、当然弟とビシッ!ドシュッ!とやってると、学校の先生がテクテクやってきて・・・
(平日なので学校は当然授業中)

グランドの横に大きな木々に囲まれた神社があり、有名な山鹿燈籠が祭ってある燈籠殿があったので見学。
中の展示物は毎年毎年その年の分に入れ替わるらしい。

近くで温泉に入って丁度頃合の時間になったので、鹿央町の父の実家へ。
お参り~ペチャクチャ~食事~ペチャクチャ・・・
途中、庭でまだ残ってるクローバーに目がいってしまいウロウロ。
で、見つけた!4つ葉\(^o^)/

宿に入って温泉~食事~速攻で爆睡!

翌日、お寺~散歩。
江戸時代の姿を残した数少ない芝居小屋という八千代座をブラブラして、父の実家へ。
昼食~ペチャクチャ~・・・
どうもやはり居心地がいいらしい父は、中々離れたがらない・・・
いつになっても生まれ育った我が家は違うのだ。

とばかり言ってられないので出発。
途中母の姉のところでまたペチャクチャ・・
日暮れ前に出発。
目的は山口県下関・川棚温泉。
我が母校へは寄るヒマはなく、当時よく食べに行った名物「瓦そば」を食べに。
これまた久しぶり。瓦の上で焼いたそばや肉を特性のつゆにつけて食べます。
帰りは高速に乗るまでの間、なつかしの峠道へ乗り入れアドレナリンが!と思う間もなく高速乗り場が。
(15年もたつと当然道路が整備されており・・)

帰りは山陽道。
途中の徳山で大学時代の友人宅へおじゃま。
ちょっとだけだったけど、奥さんと二人のちびっ子も起きててくれて、主にみんなで野球談義。小学生の二人はすでに野球小僧化されている様子。
さすがに夜中にキャッチボールはできないので、次回に約束。

いよいよ帰り。
なんだかその後は虚ろねしながら座ってただけのような・・・

今まであまり行けなかったお墓参りだけど、今回色々思うところがあった。
ご先祖を大切にするというのももちろんだけど、こういう機会をたまに(定期的に?)持って、仕事やらなんやらから離れて心身を癒すという意味でも重要なんだなーとつくづく思った。

ファイル sea20061112.jpg

◎沈船:(天候)晴れ(水底温度)22.5℃(透明度)10~15m
(主な生物)ブリ、キンメモドキ大群、クロホシイシモチ群れ、イサキ群れ、アカヒメジ群れ、タカベ、オオモンハタ、ハナミノカサゴ、ヨスジフエダイ、ヒレナガハギ、ヘラヤガラ、イシダイ、キンギョハナダイ、ソラスズメダイ、ナガサキスズメダイ、シコクスズメダイ、ミツボシクロスズメダイ、クマノミ、コロダイ、トラウツボ、ミアミラウミウシ幼体、など
◎沈船⇔色津:(天候)晴れ(水底温度)22.7℃(透明度)10~15m
(主な生物)キンメモドキ群れ、キビナゴ群れ、ハナミノカサゴ、ソラスズメダイ、ニザダイ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイ、ツノダシ、キンギョハナダイ、シラコダイ、ヨスジフエダイ、キカモヨウウミウシ、ウミウサギガイ など

予想通り強風!
気持ちいい青空が広がっていただけに残念。
危ぶまれていたボート出港の方は!?
午前中のみ出港ということで続けて2本いってきました。

ポイントは沈船限定。
ということで、2本目は沈船でエントリーして色津へ水中移動ということに。
昨日のナビゲーション講習を早速活かせるチャンス到来!っと思ったら、T内さん全くコンパス見なかったとか・・・
今日は四日市よりK田さんも合流してのファンダイブでした。

透明度は思ったより良くて、うねり等も殆どなく、寒さもそれほど感じなくて、「水中は」とても気持ちいい快適なダイブでした。
沈船の魚群と色津の地形を余すことなく満喫できて良かったです。

ただ!
ボート上が・・・
北からの冷たい強風と風波が・・
反面ダイブ後の温泉がより気持ちよくて、昼食後には完全復活!

お二人ともまた再会できるの楽しみにしてます。

 

※下部「コメント(0)」クリックでコメント投稿もできます。是非一言!
※その他の掲載しきれなかった水中等の画像は写真集へ掲載しています。

ファイル sea20061111.jpg

◎権現崎:(天候)雨→くもり(水底温度)23.8℃(透明度)5~8m
(主な生物)アカエイ、イサキ群れ、クロメガネスズメダイ、ナガサキスズメダイ、シコクスズメダイ、ソラスズメダイ、ミツボシクロスズメダイ、クマノミ、ハナミノカサゴ、タカノハダイ、フウライチョウチョウウオ幼魚、トゲチョウチョウウオ幼魚、チョウチョウウオ、キヘリモンガラ、ニセカンランハギ、ニザダイ、チヌ、コロダイ、ワカウツボ、クロホシイシモチ、ヨコスジイシモチ、タコ、ニジギンポ、など

やっぱり雨・・
でも気温はそんなに低くなかったので、あまり寒さは感じなかったですが、晴れ間がさし始めた夕方の方が気持ちよかったです。
先日に比べると透明度が落ちてはいましたが、ドラえもんは見渡せます。

今日・明日とアドヴァンスコース。
初日のビーチをT内さんとご一緒してきました。
高速バスで到着後の昼から3ビーチだったので、ちょっと詰めつめでしたが、マンツーマンならでは??のスケジュール。
でも、1本目と3本目では水中での様子がかなり変化!
良かったです。

明日はボート。
風が心配・・・

 

※下部「コメント(0)」クリックでコメント投稿もできます。是非一言!
※その他の掲載しきれなかった水中等の画像は写真集へ掲載しています。

ファイル sea20061109.jpg

◎権現崎:(天候)晴れ(水底温度)23.2~23.9℃(透明度)5~10m
(主な生物)クロメガネスズメダイ、ナガサキスズメダイ、テンジクスズメダイ、ソラスズメダイ、ミツボシクロスズメダイ、オヤビッチャ、クマノミ、スズメダイ、ミナミハコフグ幼魚、アケボノチョウチョウウオ幼魚、フウライチョウチョウウオ幼魚、トゲチョウチョウウオ幼魚、チョウチョウウオ、ハタタテダイ、クロユリハゼ、ダテハゼ、アオヤガラ、カマス群れ、キビナゴ群れ、イワシ群れ、イシダイ、ハマフエフキ、チヌ、ニセカンランハギ、ニザダイ、キリンミノカサゴ、ハナミノカサゴ、オニカサゴ、オニオコゼ、キヘリモンガラ、クロホシイシモチ、オオスジイシモチ、ヨコスジイシモチ、アオブダイ、ホウセキキントキ、ヨスジフエダイ、コロダイなど

今日もいい天気(また少し日焼け・・)。
昨日から引き続きI橋さんとのOWDコース2日目→最終日。
例によって、午前中に学科テストまで無事修了。
午後の日差しが強くなってから海。
最後の1ダイブはのんびりたくさんの魚を観察できました。
ただ・・・
カメラが「電池を充電してください!ブチッ!」
殆ど撮影できず・・_| ̄|○

I橋さんは、生物の専門家といっていい人なので、一緒にあちこち魚を観て回り、「アレはおいしい!これは・・・」の話しができて面白かったです。

ということで、1名の新しいダイバーが誕生!おめでとうございます。
今後はお仕事に、プライベートにうまく活かして楽しんでいってください!

 

※下部「コメント(0)」クリックでコメント投稿もできます。是非一言!
※その他の掲載しきれなかった水中等の画像は写真集へ掲載しています。

ファイル sea20061108.jpg

◎権現崎(天候)晴れ(水底温度)23.2℃(透明度)8~10m
(主な生物)アカエイ、ハリセンボン、ムラサメモンガラ、キヘリモンガラ、カゴカキダイ、ソラスズメダイ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイ、カマス群れ、イワシ群れ、フウライチョウチョウウオ幼魚、トゲチョウチョウウオ幼魚、チョウチョウウオ、チヌ、カサゴ、ゴンズイ、など

昨日の暴風高波の影響も何のその!
天候も海も極めて穏やか。
透明度も嘘のように良かったです。
(噂では昨日の透明度2m・・)
水温も思ったより下がってなくて一安心。

しかし朝方は冷えます・・
昼前くらいから日差しがかなり強くなり、久しぶりに顔が日焼けてヒリヒリ。

今日は大阪よりお越しのI橋さんとのオープンウォーターダイバーコース初日。
午前中は学科で午後から海洋。
山登りが好きで体力にもある程度自信があったとのことでしたが、水中は勝手が違うようです。

明日も昼頃から海。

 

※下部「コメント(0)」クリックでコメント投稿もできます。是非一言!
※その他の掲載しきれなかった水中等の画像は写真集へ掲載しています。

ファイル sea20061105.jpg

◎三段壁:
(天候)晴れ(水底温度)24.5℃(透明度)20~25m
(主な生物)クマドリイザリウオ、ハタタテハゼ、イロブダイ幼魚、フタスジタマガシラ、ムスジコショウダイ幼魚、レンテンヤッコ、ガラスハゼ、イサキ群れ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイ、スズメダイ、アマミスズメダイ、コガネスズメダイ、キンギョハナダイ、など
◎沈船:
(天候)晴れ(水底温度)24.8℃(透明度)15~20m
(主な生物)キンメモドキ大群、クロホシイシモチ群れ、イサキ群れ、グレ群れ、アカヒメジ群れ、タカベ、ヨスジフエダイ、オオモンハタ、ハナミノカサゴ、ブダイ、イシダイ、コロダイ、キンギョハナダイ、ソラスズメダイ、スズメダイ、クマノミ、ニシキウミウシ、ムラサキウミコチョウ(1mm)幼体羽ばたき、キイロウミウシ など

昨晩~朝方まで降ったり止んだりの雨。
でもちょうどボート出港時間が近づくにつれ太陽の日差しが強くなり、昼間はちょっと暑かった・・

海は最高のコンディションといってもいいほど。
ベタ凪で軽い潮があり、透明度は抜群。
ボート移動中に「浅エビセ」ポイント付近で、上から底が見えてたので「ヤッタ透明度20m以上!」って嬉しくなりました(^^♪

案の定、三段壁の海中はほんとに透き通っててきれいでした。
心なしか熱帯魚の湧き具合も多め。
クリアな地形を眺めつつ、いなくなった!との噂のクマドリイザリウオを探しに。結構始動してましたがまだ居ました。

そして沈船は、またキンメモドキが増えてる感じです。
たくさんいすぎて逆に「酔いそう」との声も・・・

今日は1年ぶりの再会となったこなりさんと二人でボートダイブ。
夏にオープンをご一緒したかっちゃんも白浜まで一緒に来てくれたのですが、今回は別件の用事があり見送り。
(少しの間だったけど、お話したりギターで遊んだりできて良かったです)
そうそう二人ともaikoお大ファンとのこと。クリスマスにaikoコピーバンドライブイベントを開催・出演するそうです。場所は大阪。二人はそれぞれギターとボーカル。
興味ある方ご一報ください。

ところで今日の2ダイブ。
1本目はエントリー直前のこなりさん→フィンストラップ陸に忘れ→紐で結んでGO!
2本目はブーツを陸に忘れた僕→素足でブカブカのフィン履いてGO!
揃ってちょっとづつ抜けてた二人でした^^;

 

※下部「コメント(0)」クリックでコメント投稿もできます。是非一言!
※その他の掲載しきれなかった水中等の画像は写真集へ掲載しています。

ページ移動

  • ページ
  • 1
  • 2

ユーティリティ

archive/過去ログ

No Data
ブックマークはありません。

page

  • ページが登録されていません。
102006/1112
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -