インフォメーション

エントリー

2006年05月の記事は以下のとおりです。

ファイル sea20060531.jpg

◎権現崎:
(天候)晴れ(水底温度)23.0℃(透明度)10~15m
(主な生物)アカエイ、ツノダシ、アオリイカ、アオリイカの産みたて卵、クマノミ、チョウチョウウオ、サツマカサゴ、アジ群れ、ニザダイ群れ、グレ群れ、クロホシイシモチ、ニジギンポ、ハナハゼ、ダテハゼ、オニハゼ、タカノハダイ、ミギマキ、コロダイ幼魚、ソラスズメダイ、ハコフグ、タコ、アイゴ、アオウミウシ など
◎権現崎-黄色浮標下:
(天候)晴れ(水底温度)23.1℃(透明度)10~15m
(主な生物)ヒラメ、ヒメユリハゼ、ハナミノカサゴ、ロクセンスズメダイ、ニセカンランハギ、羽ばたきムラサキウミコチョウ、キンギョハナダイ、シマアジ、アジ群れ、グレ群れ、ニザダイ群れ、アオブダイ、ブダイ、ハタンポ群れ、アオリイカ、オトヒメエビ、サラサエビ、キビナゴ群れ、アイゴ、チョウチョウウオ、テンクロスジギンポ、キタマクラ、シマキンチャクフグ、コロダイ、ワカウツボ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイ、スズメダイ、など

昨日から引き続きのインストタクターコース海洋は、ファンダイブ参加のO森さんを加えて開催。
午前中の前半で無事終了。

ファイル sea20060530.jpg

◎権現崎:(天候)快晴(水底温度)22.3(透明度)8~10m
(主な生物)アジ幼魚群れ、マダイ幼魚、チヌ、キビナゴ群れ、イシモチ稚魚群れ、クマノミ、チョウチョウウオ、ハナハゼ、ダテハゼ、ニジギンポ、クロホシイシモチ、ソラスズメダイ、コブヌメリ、ハリセンボン など

今日はちょっと朝早くからの体験ダイビング。
天気が良くて良くて(^^♪
水温も快適、透明度も上がってとっても気持ちいい1日でした。

ファイル sea20060528.jpg

◎沈船:(天候)晴れ(水底温度)22.3℃(透明度)8~12m
◎沈船→色津→沈船:
(天候)晴れ(水底温度)22.2℃(透明度)5~8m
(主な生物)キンメモドキ大群、ネンブツダイ群れ、アジ群れ、タカベ群れ、イサキ群れ、ブリ、オオモンハタ、ハナミノカサゴ、ブダイ、ワカウツボ、トラウツボ、グレ群れ、ニザダイ、ハナイカ、ソラスズメダイ、キンギョハナダイ、コロダイ、など

沈船のキンメモドキが激増!!
水温も程よく寒さも感じることは無かったのですが、午後からうねりが大きくなり、砂や海草がユラユラ巻き上がって・・・

今日は先週ご一緒したM島さんと、お馴染みtakaさん、kayoちゃんとの2ボートダイブ。
ありがとうございました。
午後からのうねりにより、2ダイブ共沈船エントリーになってしまいました。
とはいえ折角だからということで、2本目はエントリー後水中移動で色津へいってきました。

全体的に魚のボリュームがUPしてきているのがとても気持ちいいです。
さらに、1日中太陽も照ってくれていてゆったり日焼けも!
仕上げは、しらら浜で行われていた「砂祭り」。
潜った後にお店へ戻ってくると、しっかり色んな砂景色が出来上がってました。
(ちょっと去年より精巧度が下がってるような気も・・)

みなさんお疲れ様でした!

 

※下部「コメント(0)」クリックでコメント投稿もできます。是非一言!
※その他の掲載しきれなかった水中等の画像は写真集へ掲載しています。

ファイル sea20060524.jpg

◎権現崎 黄色浮標下:(天候)快晴(水底温度)22.1℃(透明度)10~12m
(主な生物)ハタタテダイ群れ、カゴカキダイ群れ、ヒメユリハゼ、ハナハゼ、ダテハゼ、グレ群れ、チヌ、ニザダイ群れ、アオブダイ群れ、コブダイ、スズキ、アイゴ、チョウチョウウオ、クマノミ、アオリイカ卵、アジ群れ、カマス稚魚群れ、クロホシイシモチ、ネンブツダイ、オオスジイシモチ、ヒラメ、オトメベラ、コモンウミウシ など

朝から空はスーパー快晴!海も比較的穏やかで、水中も暖かで気持ち1日でした。
水中は昨日の雨の影響か、浮遊物は多かったですが、何しろ暖かくて・・・
昼間は久しぶりに、1日上半身はだかんぼうですごせました。

水中がまた一段と色んな稚魚・幼魚達で賑やかになってきてます。ハタタテダイやカゴカキダイの群れも見れるようになりました。
さー夏本番!?

ご一緒したのは東京から接待でお越しのM島さん。
のんびり且つ水中長距離移動も楽しい2ダイブでしたね。
ありがとうございました。
また28日のボートもいけるといいですね。

さて、明日の定休日と明後日昼過ぎか夕方くらいまでお店をお休みさせていただきます。

 

※下部「コメント(0)」クリックでコメント投稿もできます。是非一言!
※その他の掲載しきれなかった水中等の画像は写真集へ掲載しています。

ファイル eiga200605221.jpg

昨日の5月20日が全国一斉上映日だった映画「ダ・ヴィンチ・コード」。
早速夜の映画館で観てきました。

おもしろかったです。
原作本は読まずにいきました。
レオナルド・ダ・ヴィンチについてのミステリー映画かと思いきや、もっと壮大な!一つの宗教国バチカン(ローマカトリック教皇庁)を根底から覆してしまいそうな・・・
そんなミステリーでした。

終盤に主人公役のトムハンクスがいいます。
「結局、人は何を信じるかだ」と。

僕はキリスト教徒ではありませんが、中世ヨーロッパを舞台にした小説や歴史なんかが好きで、よくその時代の本も読んでます。
どの本でも必ずキリスト教のことが出てくるので、理解に努めざるをえなかったのですが、それにしても我々日本人からすると理解に苦しむ様なことも多々・・・(難しいです)

ファイル sea20060518.jpg

◎権現崎:(天候)くもり(水底温度)20.9℃(透明度)7~9m
(主な生物)シマウシノシタ、アオリイカ、ソラスズメダイ、チョウチョウウオ、クロホシイシモチ、コブヌメリ、アジ群れ、カマス赤ちゃん群れ、キビナゴ群れ など

所々晴れ間も見られた曇り空。
雨が降っていないと陸上の暖かさがだいぶ違います。
海も絶好のコンディション。
浮遊物は残っているものの水面からドラえもんが見える程に回復。

今日は昨日から引き続きK木さんとのAI海洋実演講習。
K子ちゃんも引き続き応援参加(ありがとう)。

ファイル sea20060517.jpg

◎権現崎:(天候)雨(水底温度)20.7℃(透明度)3~5m
(主な生物)ソラスズメダイ、ハリセンボン、コブヌメリ、マトウダイ幼魚、チョウチョウウオ、ニザダイ、アジ群れ、キビナゴ群れ、クロホシイシモチ など

昨日でAIコースの机上講習等を全て修了したK木さん。
今日は生憎の雨ではありますが、海での実演講習。

地元K子ちゃんとアルキメデスのスタッフお二人にも参加応援いただきました。
感謝感謝。

ファイル blog20060515.jpg

朝一番からすばらしい日差しで絶好のダイビング日和。
そして、今日は天気の影響は全く関係の無い店内での終日ディスカッション。
ほとんど1日K木さんとしゃべり通しで喉はカッラカラ・・・

コースは順調に進行中。
明日もう1日店内ディスカッションをクリアすれば明後日は海!
あさって天気にな~れ♪

ファイル eiga20060512.jpg

先日東京からお越しいただいたプレリュード田中さんのお勧め映画「冒険者たち」。
早速昨日のお休みを利用してレンタル鑑賞。
折角だからいい音で!と、また少し引越荷物を整理して、オーディオセットを接続。
これでしっかり家でも5.1chサラウンドで音が聴けるようになりました。
(やっぱり五感に対して「音」が齎してくれる影響は大きいですからね~)
準備万端で映画を3本も観てしまいました^_^;

冒険者たち:
これ僕が生まれる前の映画なんですよね~。
若き日のアランドロンかっこいい!

で、中身は。
非常にテンポ良く進行します。
飛行機で「空を」自由自在に!
車で誰よりも早く!
芸術を誰よりも美しく!
という若者の夢の典型を歩む3人の主人公。
(何を隠そう僕も車・バイク・音楽・ゴルフ・・・「よりはやく」「より遠くへ」「よりかっこよく」を夢見たものですが・・・)

ファイル eiga20060509.jpg

やっぱり行ってきました。
昨日お店を閉めてから夜の海猿を観に!

素直に「良かった!」
です。

「トップガン」を思わせる前回の映画版のストーリーとは違って、今回は純粋に感動物の大道をいくようなストーリー。

「人を信じること」「最後まで諦めないこと」の、美しさ・尊さを改めて実感しました。

実際に十分有り得る海上事故現場での救助作業がどれほど命がけの作業なのか。事故に遭遇した人々の不安・怒り・恐怖などの心理描写等も真に迫っててすっかり引き込まれてしまいました。

仙崎と環菜の愛の結末も良かったですが、船内で一人閉じ込められて身動きできず、仙崎が救助に戻ることを信じて待つしかなかった吉岡の所に、約束どおり救助に戻った仙崎が二人で握手する場面は涙物の感動です。

ページ移動

  • ページ
  • 1
  • 2

ユーティリティ

archive/過去ログ

No Data
ブックマークはありません。

page

  • ページが登録されていません。
042006/0506
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -