インフォメーション

 FeedアイコンRSS1.0 、 FeedアイコンRSS2.0 、 Feedアイコンfeedburner最適化Feed


☆Facebookページ開設しました!
Facebookロゴ Facebookページ内の「いいね!」を
 ポチッと..よければ一つよろしくです^^;

エントリー

2006年02月の記事は以下のとおりです。

大阪での学科・実技講習は昨日で終了。
あっという間でした。
笑いあり、涙あり(?)、居眠りあり、事件ありで中身満載の通学生活がとうとう終わってしまいました・・
同級生(?)のみなさんお疲れ様でした。
たった一つ心残りがあるんでけど、お陰さまで最高の数週間でした。
この後それぞれの研修場所に分かれての現場実習。
また新しい不安・興味・緊張ですね。
3/16に無事実習を終えたみなさんとの再会が楽しみです。

恒例!?の飲み会・カラオケの方も俄然ヒートアップ!
オールナイトとまではいかなかったけど、しっかり日が変わってました・・・

二日酔いの中目覚めてみると、なんと”荒川静香金メダル~!”
美しい舞でしたねー。おめでとう!
安藤美姫ちゃんも不調の中果敢に4回転にチャレンジは立派!
よかったよかった。

お店の方は明日からもうしばらくお休みさせていただきます。

2月に入って始まった通学生活も残すところあとわずか。
こんなに楽しく有意義に過ごせたことに自分でもびっくりするほど。
反面、もう終わってしまうのが非常に非常に寂しい・・・

なんて話をしながら学校終了後、一番仲良くなったHさんと今回は男二人でのラブラブデート。
バッティングセンターでボール相手に60球ほど素振りしてきました。

これ以上は体が痛くなりそうなので、あっさり引き上げてまたまた中古レコード屋あさりに。
ヴァンデンバーグ、ジェフベック、ビートルズにレインボー。
レコードは200~500円。懐かしさのあまり買ってしまった・・
さらに、ラウドネスの前身で我が母校の大先輩達の大昔のバンド「レイジー」のDVDが目に入りつい・・・
で、びっくり。
レイジーって再結成していたんだァ!
しかもウルトラマンのエンディングソングまでだしていたってことも知らなかった。

早速帰って鑑賞したDVDは2002年のライブ。
あれっ!?タッカン、耳どうかしたんでは?といいたくなるほどギターサウンドが不協和音になっているように感じたのは僕だけ?
新境地に入って凡人には理解不能な領域に向かっているのかな~^_^;

明日は大阪での通学最終日(現場実習がその後に控えてます)につき、オールナイトな1日になりそう

いよいよ終盤に差し掛かろうとしているホームヘルパー講座。
昨夜は講座終了後に飲み会。
同じ目的で集まっている人間ばかり総勢9名での飲み食いカラオケ。
とっても楽しかったです。

考えてみると、あれだけのメンバーで上司-部下あるいはスタッフ-お客様など上下の様な関係が全く無いナチュラルな間柄での飲み会というのは何年ぶりだろう・・・
たくさんの新鮮な会話。それにカラオケ!4年ぶり?5年ぶり?
案の定せっかく自分の選んだ曲が流れだしても「あれっ?どんなメロディーだっけ?」「こ声がでない!」等など問題はありましたが、それもこれもひっくるめて楽しいひと時でした。
ありがとです。
勢い余って懲りもせずに歌えもしない「Highway Star」でシャウトまでしたりして・・・

さすがにオーディションを受けた女性の歌は見事でした。
なによりほんとに歌が好きというのが伝わってきて気持ちよかった。
オーディション受かるといいなー。

それにしても、カラオケBOXの選曲タッチパネルには関心しました。
(相当笑われましたが・・)
あれば便利!それに曲数の多いこと。
HR/HM系も盛りだくさんだったのにもびっくり。
またそれ系の人ばかりでいくのもおもしろそう。

ファイル eiga20060215.jpg

雨が降ると暖かい・・・
ホームヘルパー講習の方は、今日からいよいよ実技に。
昨日までの座学講座の方も十分によい学びになったし、なによりおもしろかったので大満足!

実技講習初日からコスチュームはエプロンにジャージに。
ベッドを利用しながらの介護演習を丸1日やっておりました。
聞いてはいましたが腰に来ますね~。
ちょっと横着姿勢で行うときます。教わったとおりにやると全然違う。
でもやっぱり体を動かのは楽しい(^^♪

さてさて映画。
今日はイギリスの映画「プライドと偏見」観てきました。
原作もTVドラマ(?)も観てなくて全くの初。

結論としては、いい映画でした。
み終わった後がとっても優しい気持ちになりました。

始まりましたね~冬季オリンピック。
上村愛子ちゃんの「コークスクリュー720」かっこよかった!
エアーとかっこよさは金メダルでした。
ボードのハーフパイプ優勝のショーン・ホワイト!
ダントツで決まってました。
(日本勢は残念でしたが・・・)
こんなのを観るとボードに行きたくなります。
ということで、2月の最終週の土日もお休みいただいて、今年初のボードいってきます。(家族慰安旅行というっことで個人的に)
今年こそ「180」くらいは決めたいものですが・・・

それと、原田さん・・・ショーック!
ラージヒルでは弾けてくれるのを楽しみにしてますよ。

とこの辺で明日に備えて。

ファイル blog20060211.jpg

外に出るとあれっ?暖かい!
やっぱり大阪より白浜の方が暖かいのかな?
でも今日は外ではなく、お店の中でEFRコースを開催してました。

EFRコースは、「市民の救助者」たる、私達のような一般の医療の専門家ではない人々による緊急ケアの基礎となるもので、「エマージェンシー・ファースト・レスポンス」と読みます。
ダイバーじゃなくても世界中で通用する認定カードを取得することができます。

今日のお二人はAOWダイバー。
ダイビングは水中で行う遊びなので、通常生活以上に緊急ケアを知っておく必要性が高いです。
或いは、高齢者の方がおられるご家族の方などもこのコースを受けておくと、特に効果大。

takaさんfumiさん。今日は渋滞の中にも関わらず、ほんとにありがとうございました。
また海でご一緒出来る日を楽しみにお待ちしてます。

昨日は現役ケアマネージャーの講師の方からのたっぷりの体験談を通しての講義。実際の状況がイメージできるとわかりやすい。教科書どおりのことは教科書を読めばわかりますからね。

最近は同じ受講生達との会話もはずんできて楽しい。
受講生は19歳~56歳の方まで様々の思いの方が参加されてます。
56歳という年齢の方がいらっしゃることにびっくりしました。

結構ロック好き、バンド経験者、或いはDJ候補等もいます。
僕も20年程前ですが、ちょっとだけレコード回しをかじってたり、ギターが好きだったりで、話に無理やり(?)参加。一緒にレコード屋へでもいこうかということになって3人で梅田中古レコード屋さんへ。
ひたすらレコードを物色(何年ぶりだろう)。
もう今のヒップホップはわかりません。
古い所でボビーブラウンやデッドオオアアライブなんかを見つけては「懐かしい~」と一人うなってました。しかし中古レコードなのに3000円とか5000円くらいのもあったりして・・・
買うというところまではどうも。
一方で、ナイトレンジャーやラットなんかのハードロック系LPレコードは500円とか800円。この差は・・・
(ちなみにジョージリンチのソロアルバムをつい衝動買いしてしまった)

ファイル blog20060207.jpg

今日でホームヘルパー講座5日目。
毎日朝から満員電車に揺られながら通学してます。
読書好きな僕は、電車の中ではだいたいいつも読書。

ホームヘルパー講座の方は、今週に入ってから概論や計画、福祉制度など座学続きでやや辛い気味。
さけては通れない部分ではありますが、慣れない用語のオンパレードに僕の頭の記憶域は溢れはじめて・・・

帰りの電車では活字を見る気にもなれずに、周りの人の表情を見回してみると、眉間にしわ寄せて考え事をしている人、目をつぶっている人、携帯電話を操作している人、漫画を読んでる人・・・
楽しそうな顔してる人が殆どいないんですよねー。

そんな中、これから待ち合わせに向かう途中なのか、妄想にふけって嬉しそうな顔で微笑んでいる女性の顔が目に入ったことが嬉しくなって、しばらくその女性を見つめてニコニコしていたら、そばにいた別の女性が僕を観てニコニコしてました。目が合ってお互いにクスリ。
つかの間の楽しい時間でした。

ファイル sea20060205.jpg

◎権現崎:(天候)晴れ(水底温度)14.6℃(透明度)8~10m
(主な生物)マトウダイ、コケギンポ、ソラスズメダイ、クマノミ、アジ群れ、チョウチョウウオ、ニザダイ、カサゴ、カゴカキダイ、ホオセキキントキ、オオスジイシモチ、ハリセンボン、ゴンズイ、テンクロスジギンポキタマクラ、ユビノウハナガサウミウシ、アオウミウシ、クロヘリアメフラシ、アメフラシ、カザリイソギンチャクエビ、ガンガゼカクレエビ、サラサエビ など

天気は抜群。たまに雪。寒い・・・
ちょっと濁りがありましたが、透明度は10m近くあって良好。
ただ、さすがに水からあがると手がかじかんでブルブル・・

のんびりユラユラT中さんと二人で水中を漂ってきました。
T中さん今日はたくさん写真撮れて良かったですね。
それと、音楽の趣味が非常に近いことがわかって話が盛り上がりました。
ギターの趣味も(^^♪
分かり合えるものが増えるとその分だけ楽しさも増えます。
いつかフェンダーUSAのテレキャス弾かせてほしいです!
そんときは、僕のミュージックマンEヴァンヘイレンモデル(USA)と、フェンダーUSAのスキャロップ自力改造ストラトを披露しますね。

ではまた3月に楽しみにお待ちしてます。

 

※下部「コメント(0)」クリックでコメント投稿もできます。是非一言!
※その他の掲載しきれなかった水中等の画像は写真集へ掲載しています。

びっくりしました!
僕も結構色んな経験してきたつもり。
中学や高校野球、工学系の大学をなんとかクリア、バイトで肉体労働から飲食・接客なんかの仕事、、楽器や車やゴルフなんかの趣味に没頭、サラリーマン時代には数社で10年間設計開発業務。そして、脱サラしてこの業界へ来て雇われから自営へ。

考えてみると、全て競争化社会の中で企業戦士!?として、「勝ち組に入らないと生きてる価値は無い」というような世間の常識に縛られ、自然とそういう教育を受けながら過ごしてきていたんですよねー。

脱サラするときの理由には色々あったけど、その一つが「一般の生活用品や娯楽商品を今以上便利にする必要あるの?」という考えから開発意欲が薄れたから。
仕事はずっと一生懸命がんばって貢献もできたと思ってるけど、今やってる商品の開発がほんとに必要なものなの?という疑問がどうしても離れなくなっていた。
好きなことで、比較的文明を追いかけず、環境のことを考られる仕事をしたいということで、ダイビングを仕事にしたものの、働いてみると経営者からの売上売上プレッシャー(当然なんだけど)。
なら経営者になったら・・・結局お金という利益を上げないとこの国では、食べることも出来ない・・(当たり前のことですが)

民主主義国家の民間企業やお店というのは、金銭的利益を上げ続けなければその存在価値はない。ゆえに製造メーカーは常に新商品を開発し続け、お店は商品やサービスを売り続けるのが宿命。
そして企業戦士たちは、自分が自然界の動物であることも忘れたかのように、自分や家族のためと錯覚しながら、企業やお店のために、ライバル他社に負けないように働き続ける。

気でも狂ったのか?と思われるかもしれませんね・・
気も頭も狂ってませんが、心の悩みはある。特に数ヶ月前からかなり人生について考えることが多くなったけどいたって正常。宗教家でもないし、特に偏った政党応援者でもないです。
サービス業の人間が天下国家や宗教などの話をするのはタブーといわれているのは知ってますが、前から思っていて、最近たくさん悩み考え、冒頭の講座を受けてみて、とうとうあえていってみたくなってしまいました。

日本はもうそろそろ金儲け主義の社会から脱却して、人間という動物の本来の幸福を第1に考える社会に本気で切り替えるべきなのでは?

現在の日本の民主主義は戦後の高度成長期には最高のシステムだったと思う。でも、今の日本の人間にとっては??

僕は、上のとおり競争化社会を常識として生きてきたから、今まで「福祉」について理解が出来てなかった。
だって、サラリーマンのときにバリアフリー等福祉的なことが騒がれたときも「これからは福祉やからその方向の開発であたったら儲かる」という民間企業サイドからの見方しかできなかった。
だから、ナチュラルな気持ちで福祉関連の世界に飛び込むのは初めて。
(こんな訳のわからん小難しいことばっかり書いてたらお客さん来てくれなくなるかな??)

ニュース等では高齢化高齢化といってますが、日本は今や高齢化どころか、来年にも「”超高齢”社会」へ世界で一番乗りだそうです。
これは、世界で一番早く、家族や人間らしさそっちのけで金儲けが生きがいという人間が大多数をしめる国になったということを証明することになるんですよね。
このまま僕たちの世代が65歳を迎えるころには、働き盛りの年頃の人間より介護を受ける人の方が多くなり、時代についていけない精神病患者が後をたたなくなり、・・・

まあその頃には、開発国家日本のことだから、まだまだ文明は発達するだろうし、高度に自動化された福祉施設では介護ロボットみたいなのがたくさん活躍し、僕たち人間はみんな介護ロボットに管理されながら終生を送っているんだろう。
またその頃には尊厳死が許可され、ロボットに殺される高齢者がロボットによって埋葬される・・・・

こんなの嫌だー・・

もっと日々を人間らしく楽しく生きようよ!
電車の座席に座った「おばん」が、バシャバシと弁当を広げて食べながら一人笑いをしている。
「なんやこのおばはん!常識考えろや!」と思うのが殆どの人達。
もしくは、「あぶない精神病患者かもしれんから近づかんとこう」と思う人も多いと思う。
でも、この「おばん」は実は、電車の中でそんなことをしながら回りの人達の様子を観察し、周りの人の反応が楽しくって本気で一人笑いしている!
この状況の中では「おばん」だけが楽しんで生きている。

この「おばん」は人生が楽しくってしょうがないっていってました。
せかせかと楽しむことも出来ずに、取り付かれてしまった社会の常識にとらわれている我々の方が人間らしくない
のでは?

「おばん」は僕たちの講座の「障害・疾病の理解」の講師で今は6●歳。
無一文から看護婦をされ、多数の大学病院の総婦長などを歴任し、今も現役で協会指導員や講師、不動産経営などまでしておられるそうです。
戦争・貧困~この世の中のありとあらゆる過酷・非人間的なことを経験してきたとおっしゃってました。

びっくりしました。
いい講義だった。この講義だけでも大金はたいて参加した価値があると思いました。
教科書を開いたのはごくわずか。
でも実際の体験談などをあらゆる感情表現やコミニュケーションによって、たくさんの大切なことを伝えていただきました。

「障害・疾病の理解」は、あらゆる状態の人に接することから始まり、受容し、共感し、共有していく。
一人として同じ人はいないし、毎日接している相手から名前さえ覚えてもらえず、つばをかけらて殴られるかもしれない・・・
また自分の仕事の成果は全くゼロで誰からも評価されないかもしれない・・
教科書の薀蓄ではないと!全て「個別」で日々変化すると。

介護の最前線での仕事は金儲け目的ではとても出来ることではないです。
でも実際に介護者も、その講座受講者もたくさんおられます。
そんな人達はみんなこういうことを学んできているのか!
これが衝撃でした。
すごいねー・・

一般の大学で、企業の研修でetc・・・研修やディスカッションなどたくさんやったけど、考えてみれば全て利益追求ノウハウの教育。
このまま年月が過ぎ、利益追求で生きてきた高齢者や障害者で世の中溢れ返ったら・・・
心で介護してくれる介護者はやっぱりいなくなるだろうなー・・・

まだ3日目でこんなこといってしまうのもなんですが、ホームヘルパー講座の受講は日本人全員に義務付けたらいいのに!
と思うくらい受講して良かった!(~_~)

ページ移動

  • ページ
  • 1
  • 2

ユーティリティ

archive/過去ログ

No Data
ブックマークはありません。

page

  • ページが登録されていません。
012006/0203
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -