エントリー

カテゴリー「上級:レスキュー」の検索結果は以下のとおりです。

ファイル sea20110620.jpg 引き続きレスキュー2日目。2人加わり、AOWのナビゲーション&ナチュラリストもしながら・・・という形となりました。

朝から、ジャジャ降りのなかスタートとなりましたが、1本目は昨日よりも透明度は良かったようです( ^ω^ )ニコニコ

水温は、さほど変わらないんですが、やっぱり太陽が照っていないと...(^O^;)

ファイル sea20110620-2.jpg 午後からは、わたしもスノーケリングで応援役をしました。

ファイル sea20110620-3.jpg

昨日も今日も、私だけはドライスーツ!!
寒さが苦手な私・・・ドライスーツのおかげで、とっても快適な水中世界でございました(´∀`*)ウフフ

最後の最後まで雨続きでしたが、無事修了!!
レスキューダイバーコース。すごく意味のある内容の濃いコースだなぁ~と、あらためて感じる2日間でした!!

◎権現崎:(天候)雨のち曇り(水温)21.4℃(透明度)①5~8m ②1~4m
(主な生物)オニカサゴ、ニジギンポ、カサゴ、ソラスズメダイ、アオリイカ、アオリイカ卵、ダテハゼなど

 

※下部「コメント(0)」クリックでコメント投稿もできます。是非一言!
※その他の掲載しきれなかった水中等の画像は写真集へ掲載しています。

ファイル sea20110619.jpg 朝から梅雨空一色の1日となりました。海は、とっても穏やかでしたが、透明度は・・・#kaikyo
あまり良くなくて残念(;´д`)トホホ…ですが、たくさんの生物たちが顔を見せに来てくれましたよ(´∀`*)ウフフ

そして、私も今日はレスキューダイバーコースのアシスタント?!ってな感じで久しぶりに潜って参りました!!

ファイル sea20110619-2.jpg 役目は溺れた人や意識不明の役をするため・・・
ファイル sea20110619-3.jpgいろんな意味で、すごく勉強になりました。

レスキューダイバーコースを受けられた方は、絶対に、こういう最悪な状況にならないためには・・・って事を考えるのがベストなんだろうなと思います(,,゚Д゚)∩ハイッ!!

明日もレスキューダイバーコース2日目。
明日は人数が増えるので楽しくなりそうです( ^ω^ )ニコニコ

◎権現崎:(天候)曇り時々雨(水温)21.7℃(透明度)3~5m
(主な生物)ニジギンポ、ソラスズメ、チョウチョウウオ、ハリセンボン、アカエイ、キリンミノカサゴ、イシモチ群、カマス、チヌ、グレ、ニザダイ、マダラエソなど

 

※下部「コメント(0)」クリックでコメント投稿もできます。是非一言!
※その他の掲載しきれなかった水中等の画像は写真集へ掲載しています。

ファイル sea20090614.jpg いい天気が続いてますね~。
太陽の日差しは暖かく(暑いけど)、風が程ほど涼しく、水に浸かると気持ちいい。
そんなダイビング日和なコンディションになりました。

今日は、途中で上半身裸で海に入ってみたのですが全然大丈夫でしたよ。
ていうか気持ちよかった(^^♪
実際海水浴してる人達がみんな水着で泳いでいるのを横目で見て、「まだ水着は冷たいヤロ~・・・」なんて心中では思ってたんですが改めます。
水温は24.1℃でウエットスーツで全く快適でした。
透明度も10m前後はあり、青い熱帯魚やアジの群れが沸いてました。
アオリイカの卵の房が岸へ打ちあがってたり・・・

さて、今日はPADIのレスキューダイバーコース初日。
予定では「午前中早くに学科の答えあわせを済ませて昼前から海に入り、夕方前に解散」という感じだったのですが、「仕事が忙しくて・・(僕的には羨ましいかぎりですが(^_^;)」ということで、受講生の予習が不十分かつ、前夜遅くまで勉強されていて体調もいまいち、な状態でスタート。

結果、遅れ遅れの上、昼過ぎから開始した海の方でもつまずいたり・・・
ということで、1日延長が確定してしまいました。
(あと30分あれば・・・な状態までは持っていったのですが時間切れで)

ここで、これからダイビングのライセンス取ったりする予定の方に宛てて少し。

PADIのダイビングスクール全般にいえることですが、「基本的な知識を身に入れる方法として、事前に適切な教材を活用して自宅で予め学習し、”知識的な準備が整った状態”でスクールに参加していただく」
というシステムになっています。
オープンウォーターダイバーコース案内-FAQ参照)

こうなった経緯としては、10時間以上におよぶ古くからの座学講習による知識習得方法の場合の非効率性を解消し、同時に講習日数を短縮できるという利点があったからです。

人間の頭が長時間集中を持続できないことは周知の事実です。
新しい知識を頭に入れていく上で、「各自が集中できる時間内に出来る範囲で」学習し、それを数日に分けるという形が効率的な学習方法であり、個人個人の都合にも合わせやすいという利点を取り入れられている訳です。

そういった形で「十分に事前準備が整った」受講生を受け入れることが出来た担当インストラクターは、当日のスクールでは、より現実的でより密度が濃く、且つそれを「楽しみながら」受講生の方それぞれに合ったコースを開催することができます。

そうでない場合は、受講生からみると、時間に追われ、やることが一杯あって、お尻をつつかれ、こなすことに一杯一杯で、しんどくて、おもしろくない、という状態になってしまうのです。
(インストラクターは、精一杯スケジュール日程の範囲で修了させてあげようって思うので)

ということで、自宅学習(予習)の完成度は非常に重要です。

一方、うちもそうですし他のどこも同様だと思いますが、
「コース日数は○○日間、料金は○○」と謳っているのは、自宅学習が完了した状態(既に受講する準備が整っている)状態でスタートするというのが大前提での日数であり、料金です。

準備が整っていなければ、本来のスタートは遅れます。
また、準備が整ってなければ当日のストレスが増え、大概は海の実技もスムーズには運ばなくなります。
そうなると必然的に、修了までの時間(日数)は増えることになります。

それでも、担当するインストラクターとしては、できるだけ当初の日数・費用のまま、なんとかかんとか進めようと、ケースバイケースでベストを尽くしますが、結局のところ「何かに答え、何かを実演」したりするのは受講される方本人。
出来なくちゃいけないことを、出来ないまま進めて終わることはできません。
なぜなら、ダイビングは生死に即直結する水中で行う遊びだからです。
(実際、自宅学習が完璧だったとしても、海での実技がクリヤ出来なくて、日数がオーバーするケースもあります)

日数が増えるということは、
設定日数で終われないということだから、設定料金をオーバーするということに繋がります。
繰り返しますが、「コース日数と料金は、自宅学習が完了した状態でのスタートが前提で設定されています」

まあ、そういうことは少し考えてみると当然のことだと理解いただけると思うし、一般論として頭に入れておいてもいいと思います。

重い文章になってしまいましたが、
折角高いお金を支払って当日の海へ望むのです。

予定を決めて申し込んでお金を払ったらまず、きっとみなさん「当日が楽しみ!」気分になるんだと思います。
そして「何をするんだろう?」「することが知りたい!」っていう”好奇心”が必ず産まれると思います(だって強制されて決めたんじゃなくて、やりたくて決めたんだから)。
その好奇心のうちのかなりな部分を満たしてくれるのが予習教材!って発想で考えられたら!

教材を開いてはやく中を見たくなりませんか?
ご飯食べながらでもビデオのダイビングシーンなんか観たくなりませんか?
休み時間や、電車の中でも読みたくなりませんか?

しないといけない!させられる!的発想とはずいぶん違いますよね(^_-)

end1(最下部に右記コピペして下記チェック)[$end1]
&nbsp;</p><p class="end1">※下部「コメント(0)」クリックでコメント投稿もできます。是非一言!<br />※その他の掲載しきれなかった水中等の画像は<a href="http://spadive.com/photlibrary/">写真集</a>へ掲載しています。

ファイル sea20081106.jpg 前日に引き続き抜群のコンディションでのレスキューコース。
透明度も良く、波も流れも無く・・・
レスキューコースのシチュエーションとしては全く物足りない海・・・

順調に進行し昼過ぎには海洋講習修了!

学科テストも難なくクリアし無事全行程修了しました。
おめでとうございます!M川さん。
若い頃はともかく、こんなに全身をつかったのも久しぶりでは?
今朝も早速筋肉痛が!との声が・・
(しかし、ということはまだまだ肉体も若いということなのでは・・・)

とはいえ有意義な3日間に感じていただけたようで幸いです。
この3日間の経験をうまく活かし、M川さんがダイビングするときは、
みんな楽しく且つ自然に事故が未然に防がれている、ようないいダイビングライフを送っていただけると嬉しいです。

またご一緒できる日を楽しみにしてます!

 

※下部「コメント(0)」クリックでコメント投稿もできます。是非一言!
※その他の掲載しきれなかった水中等の画像は写真集へ掲載しています。

◎権現崎:
(天候)晴れ、(水底温度)23.0~23.2℃、(透明度)10~15m
(主な生物)ミナミハコフグ幼魚、ハタタテダイ、キリンミノカサゴ、ハナミノカサゴ、アオヤガラ、クマノミ、ソラスズメダイ、トゲチョウチョウウオ、オニオコゼ、キビナゴ群れ、テンクロスジギンポ、ニジギンポ、タコクラゲ、イソギンチャクエビ など

ファイル sea20081105.jpg 今日もまた朝から絶好のダイビング日和。
昨日、一昨日の状況からすると上手く調整がついたもんで・・・

昨日から始まったEFR&レスキューコース。
学科的な部分は昨日殆ど済んだので今日は朝から海洋実習。

ご一緒したのは三重県からお越しのM川さん。
同世代で少年時代は野球小僧!
当時のヒーロー清原ネタで盛り上がったことはおいといて。

とにかく日中は殆ど海に使ってた感じでした。
ちなみに二人ともウエットスーツ。
太陽の恵みのお陰か、今日は全く寒い!という感じは無かったです。

コースは順調に進行。
海の方は明日の早いうちに終わりそうです。
また明日よろしくお願いします!

 

※下部「コメント(0)」クリックでコメント投稿もできます。是非一言!
※その他の掲載しきれなかった水中等の画像は写真集へ掲載しています。

◎権現崎:
(天候)快晴、(水底温度)23.2~23.5℃、(透明度)6~10m
(主な生物)ハタタテダイ、アオヤガラ、ホウセキキントキ、アジ、チヌ、マダイ、ソラスズメダイ、クマノミ、チョウチョウウオ、ヒラメ、キリンミノカサゴ、ハナミノカサゴ、イシモチ群れ など

ファイル sea20080616.jpg 昨日とは逆、予想外(?)に今日は朝から天気良く絶好のダイビング日和でした(^^♪

レスキューコースがちょっと運動よりな内容なので、暑くも無く寒くも無くちょうど良かったです。
水中視界も良くて海も穏やかだったのがレスキュー的には裏目(!?)に出た感もあり。

水中の視界が良くて、何の捜索スキルを使うことなく水面から発見されてしまって・・・
(まあ、その後しっかり水中での捜索スキルの練習しましたけどね)

そうそう。
僕たちがレスキュースキルの最終段階に入り、意識不明ダイバーの救助練習部分をやってたときに、ちょうど海の反対側で保安庁か消防隊かが水難救助訓練(もしかしたらマジ救難だったかも??)をやってて、救助ヘリコプターが海の上を回ってきまして、これがまたタイミングよく我々の訓練上の”助けて!”サインを出したと同時にヘリコプターが目前にいて・・・

私たちの真上でそのヘリコプターが、3回程旋回したりホバリングしたりしながらこちらを監視していたような状況になってしまいました。
陸に引き上げて心肺蘇生訓練をするところまでずーっとそんな感じで、あまりにもアレだったんで、訓練中だということを知らせるために、起き上がって中断せざるを得なかったんですが・・・

その後、ヘリコプターは反対側の岸の方へ向かい、水面の遭難者をロープで引き上げてました。
(そちらも訓練だと思うのですが・・・)

何かとリアルで中身の濃いレスキューコースになりました。

N間さん!H本さん!それから復習がてら応援に入ってくれたO堂さん!お疲れ様でした。
コース受講のお二人は今日で見事レスキューダイバー認定です。
おめでとうございます。
この3日間のことをいい意味で活かし、これからも安全で楽しいダイビングライフをおくってください!

 

※下部「コメント(0)」クリックでコメント投稿もできます。是非一言!
※その他の掲載しきれなかった水中等の画像は写真集へ掲載しています。

◎権現崎:
(天候)晴れ・くもり、(水底温度)24.1~24.2℃、(透明度)8~10m
(主な生物)ハタタテダイ群れ、アジ群れ、ネンブツダイ群れ、アオヤガラ、チヌ、イシダイ、アオリイカ、クマノミ、ソラスズメダイ、チョウチョウウオなど

ファイル sea20080615.jpg 今日は予想外の雨・雨・・・
折角朝から1日中海なのに^_^;

でも海は穏やかで視界もまずまず、水温もホドホドでレスキューやることで考えるなら快適でした。

昨日から引き続いてN間さん橋H本さんとのレスキューコース。
先週もご一緒した岐阜のtakaさんとDMになったばかりのO堂さんも駆けつけてくれて5人で1日中やってました。

中々中身の濃いこのコース。
最後の方はちょっとバテ気味のお二人でした・・

水中は視界も良くて快適。
なんだか久しぶりに権現でハタタテダイの群れをみたような気がしました。

 

※下部「コメント(0)」クリックでコメント投稿もできます。是非一言!
※その他の掲載しきれなかった水中等の画像は写真集へ掲載しています。

◎権現崎:
(天候)雨、(水底温度)23.6~23.9℃、(透明度)6~8m
(主な生物)アジ群れ、イシモチ群れ、ハタタテダイ群れ、ハナミノカサゴ、カマス、アオリイカ、オニオコゼ、チヌ、ハナハゼ、ニセカンランハギ、ソラスズメダイ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイ、チョウチョウウオ、アオヤガラ、アオウミウシ、シロウミウシ など

ファイル sea20080212.jpg

◎権現崎:
(天候)雨→晴れ
(水底温度)15.9~16.2℃
(透明度)8~15m
(主な生物)アジ群れ、トゲチョウチョウウオ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイ、スズメダイ、ハリセンボン、タカノハダイ、ニセカンランハギ、コケギンポ、シロウミウシ、ニシキウミウシ、など

うーん・・・昨日はあんなにいいコンディションだったのに。
朝から雨、風、波(といってもしれてるけど)・・
海況的にはレスキューコースにはちょうどいい感じの中で2日目開催でした。

水中は一部浮遊物が大方ところをのぞいて、結構クリア。

といったこのコンディションは、技術的には全く苦にならないレベルで問題なしのO堂さんでしたが、アドリブ・応用が入ると手こずってました(^_^;)

テストも問題なくクリアし見事コース修了です。

新しいレスキューダイバーの誕生!とともに、既に8つのSPを保有するO堂さんですので、これで見事マスタースクーバダイバーです。

2重におめでとうございます。

これからは、ダイビングのおもしろさを追求する中で、これまでとこの2日間の経験を活かし、レスキューされないダイバーで居続けると同時に、実際にレスキューを実践する必要などないようなダイビングを続けつつ、存分に一生楽しんでいってもらえると僕も幸せです。

また今度はMSDとしてご一緒できる日を楽しみにお待ちしてます。

 

※下部「コメント(0)」クリックでコメント投稿もできます。是非一言!
※その他の掲載しきれなかった水中等の画像は写真集へ掲載しています。

ファイル sea20080211.jpg

◎権現崎:
(天候)晴れ
(水底温度)16.5℃
(透明度)15~20m
(主な生物)アジ群れ、ソラスズメダイ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイ、ヌノサラシ、カレイ、アカエイ、マダコ、コケギンポ、ニセカンランハギ、ヒメフエダイ、カサゴ、コブヌメリ、など

めっちゃいい天気!
ペタペタな海面!
抜群の透明度!

レスキューコース開催には最も甘い(?)条件のような気はしますが、でもその分ドライスーツということで相殺かな(^^♪

とってもいい海でした。

いい海でした。

いい海でした。

ほんと水面講習が殆どで・・・

お疲れ様でした!O堂さん。
また明日。

 

※下部「コメント(0)」クリックでコメント投稿もできます。是非一言!
※その他の掲載しきれなかった水中等の画像は写真集へ掲載しています。

ファイル sea20071014.jpg

◎権現崎:
(天候)くもり
(水底温度)25.5℃
(透明度)10~15m
(主な生物)キビナゴ群れ、アジ、シマアジ、アオヤガラ、アカハチハゼ、メガネスズメダイ、ミヤコキセンスズメダイ、ソラスズメダイ、スズメダイ、ロクセンスズメダイ、フウライチョウチョウウオ、トゲチョウチョウウオ、チョウチョウウオ、クマノミ、グレ群れ、チヌ、ニセカンランハギ群れ、ハナミノカサゴ、オニカサゴ、テンクロスジギンポ、ケサカケベラ幼魚、ハタタテダイ、クロホシイシモチ など

REDコース最終日。
雨の1日かと思われたのですが、雨はなく昨日より若干暖かめのくもった1日でした。

海の方はまた透明度が上がってますます気持ちいい感じに!

朝一は体験スノーケリング。
浅場ですが水がクリアでほんとに綺麗でした。
熱帯魚やグレの群れなんかがたくさんで、天気が良ければスノーケリングでも1日楽しめそうないい海でした。

昼前からREDコースの続き。
内容は徐々に現実的なものに。
大変な部分もありますが、全員たくさんの意味ある新しいものを持って帰ってくれたと思います。

お疲れ様でした。
ほんと今回のことをうまく活かし、トラブルを未然に防いだり、安全意識を深めつつ、視野を広げてみんながより楽しくダイビング出来るような楽しみ方を見つけくれればと思います。

また是非ファンダイブでお会いしましょう!

 

※下部「コメント(0)」クリックでコメント投稿もできます。是非一言!
※その他の掲載しきれなかった水中等の画像は写真集へ掲載しています。

ページ移動

  • ページ
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4

ユーティリティ

archive/過去ログ

No Data
ブックマークはありません。

page

  • ページが登録されていません。
052017/0607
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -